iPhone13 mini 評価レビュー|発売日・予約開始日・スペックまとめ

  • 2021年9月15日
  • by.a-sato

iPhone 13

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone13シリーズの情報がついに発表となりました!

今回は、iPhone13シリーズの中でもiPhone13 miniのスペックや評価をレビューしていきます。

最新チップのA15 Bionicチップやシネマティックモードなど、注目するべき点がたくさんあります!

発売日や価格についても触れていくので、是非参考にしてください。

iPhone13 miniの評価レビューまとめ
  • 予約開始日は9月17日21時・発売日は9月24日
  • 価格は86,800円~
  • カラーバリエーションは5色
  • A15 Bionicチップ搭載
  • 超広角・広角のデュアルカメラ
  • 新機能「シネマティックモード」と「フォトグラフスタイル」
  • 5.4インチのSuper Retina XDRディスプレイ

※本記事の価格は全て総額表示

トップ画像引用元:Apple

iPhone13 miniの発売日・予約開始日

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

まず、iPhone13 miniの予約開始日と発売日について解説していきます。

iPhone13 miniの予約開始日と発売日
  • 予約開始日:2021年9月17日21時
  • 発売日:2021年9月24日

予約開始日は9月17日21時からとなります。

予約が殺到すると発売日当日に手に入れられない可能性が高くなります。

発売日当日にiPhone13 miniをゲットしたい人は、なるべく予約開始日当日に予約を入れるようにしましょう。

iPhone13をお得に予約する方法|発売日当日にスムーズに受け取るコツ

iPhone13 miniの端末価格

iPhone13 通信事業者

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

次に、iPhone13 miniの端末価格についてです。

iPhone 13 mini128GB256GB512GB
ドコモ通常98,208円120,384円151,272円
いつでもカエドキプログラム49,368円60,984円77,352円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常101,070円115,020円143,040円
スマホトクするプログラム54,510円62,100円77,280円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常101,520円115,920円144,000円
トクするサポート+50,760円57,960円72,000円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常86,780円98,800円122,800円
アップグレードプログラム43,368円49,392円61,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常86,800円98,800円122,800円
詳細Apple公式サイトを見る

取り扱いはAppleの他に、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4キャリアとなります。

そのうち、Appleと楽天モバイルのiPhone13 miniはSIMフリーモデルなので、SIMフリーが欲しい人はAppleか楽天モバイルのどちらかで購入することをおすすめします。

※ソフトバンクで購入した場合も、事前にSIMロック解除された状態で機種を受け取ることが可能です。

キャリアには、「スマホおかえしプログラム」のように、次回の機種変更と端末回収を条件に格安価格で使うことができるサポートがあります。

なるべく価格を抑えてiPhone13 miniを購入したい人は、条件に問題がなければ利用すると良いでしょう。

iPhone13 miniの端末価格
  • 128GB:86,800円~
  • 256GB:98,800円~
  • 521GB:122,800円~

iPhone13 miniのスペックを評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple

次に、iPhone13 miniのスペックについて見ていきましょう。

スペック表は下記の通りです。

iPhone 13 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.65mm
重さ140 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13 miniのレビュー

iPhone 13 miniという名前でわかる通り、iPhone12 miniの後継機でもあります。

そのため、サイズはほぼiPhone12 miniと同じ(重さと厚さはiPhone13 miniの方が多い)であり、基本的なスペックはiPhone13と変わりません。

この章では、A15 Bionicチップについて解説していきます。

最新のA15 Bionicチップ

iPhone13 miniには、A15 Bionicチップという最新のチップが搭載されています。

主な特徴は下記の通りです。

A15 Bionicチップの特徴
  • 個人情報を守るSecure Enclave
  • 他の機種よりも50%速いCPU
  • 他の機種よりも30%速いグラフィックス

A15 Bionicチップでは、Face IDや連絡先などの個人情報がSecure Enclaveによってより強固に守られるようになります。

さらに、どのスマホよりもCPUやグラフィックスの処理速度が速くなっており、Apple公式では「これよりも速いスマホはiPhone13 Proのチップだけ」と言っています。

処理速度の性能を重視したい人にぴったりな機種ですね。

iPhone13 miniのデザイン・カラーを評価レビュー

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

次に、iPhone13 miniのデザインとカラーについて解説していきます。

iPhone12/miniでも色鮮やかなカラーバリエーションが特徴的でしたが、iPhone13/miniでも全5色のカラーが用意されています。

iPhone13 miniのデザイン・カラー
  • デザインはiPhone12シリーズと同じく角ばった旧モデル仕様
  • ノッチが20%小さくなった
  • カラーは5色
  • 新色のピンク・ミッドナイト・スターライトが追加

iPhone13 miniのデザイン

まず、iPhone13 miniのデザインから見ていきましょう。

iPhone12シリーズより、これまでの丸みを帯びたフォルムから一転、昔の機種のような角ばったデザインに変更となりましたが、それはiPhone13でも変わりません。

また、フロントカメラがつけられているノッチが20%小さくなり、よりオールスクリーン仕様となりました。

前面はセラミックシールド加工されており、他のスマホに比べて耐久性に優れているといわれています。

iPhone13 miniのカラー

iPhone13 miniのカラーは下記の通りです。

iPhone13 miniのカラー
  • ピンク
  • ブルー
  • スターライト
  • ミッドナイト
  • (PRODUCT)RED

iPhone13 miniでの新色はピンクといわれていますが、過去に「ホワイト」「ブラック」と呼ばれていたものがスターライト・ミッドナイトに名称が変更されています。

名称だけでなく、色味も多少は変更になったのではないかと予想されます。

ブルーについては、公式サイトの画像を見る限りiPhone12と同じだと思われます。

(PRODUCT)REDは、収益を団体に寄付をするという慈善事業の一環であるため、チャリティーに興味がある人におすすめです。

iPhone 13シリーズの色は9種類!新色のピンク・シエラブルーが人気のカラー?

iPhone13 miniのカメラを評価レビュー

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

次に、iPhone13 miniのカメラについて見ていきます。

新型iPhoneが登場する度に進化しているカメラですが、今回も新たな機能が用意されています!

超広角・広角のデュアル仕様

画素数は1,200万画素で、超広角・広角のデュアルカメラ仕様なのはiPhone12 miniと変わりません。

ただし、これまでの広角カメラよりも47%多く光を取り込むようになったなど、カメラ自体が大きく進化しています。

より速いセンサーを持つ超広角カメラも使えるので、より幅広い撮影シーンで活躍するでしょう。

さらに、iPhone12 Pro Maxに搭載されていたセンサーシフト光学式手ぶれ補正機能が採用されているため、どれだけ動いても写真がぶれることはないといわれています。

最大2倍の光学ズームレンジ

画質が劣化しないと定評のある光学ズームレンジは2倍となっています。

これもiPhone12の時と同じです。

デジタルズームは最大5倍となっています。

シネマティックモード

iPhone13シリーズから新たに「シネマティックモード」という機能が搭載されました。

この機能は、動画撮影時に被写体から別の被写体へフォーカスを切り替える「フォーカス送り」であり、まるで映画のような撮影テクニックを自分の撮影する動画で使うことができるのです。

目立つ被写体を事前に予想し、自動的にフォーカスしてくれるので、こちらで操作する必要は一切ありません。

もちろん、撮影後に自分好みに調整することも可能です。

フォトグラフスタイル

さらに、「フォトグラフスタイル」という機能も追加されています。

フォトグラフスタイルとは、肌のトーンを保ちながらその他の色の調整を行うことができます。

肌のトーンを保ちながら調整できるので、普段私たちが使っているようなフィルターとはまた一味違う機能となります。

普段からSNSなどで写真をアップする機会が多い人は、是非試してみてください。

ちなみに、これまで紹介したカメラ機能は全てインカメラでも利用できます。

iPhone13 miniのディスプレイを評価レビュー

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

次に、iPhone13 miniのディスプレイについて解説していきます。

iPhone13 miniのディスプレイサイズはiPhone12 miniと同じです。

iPhone13 miniのカメラ・ディスプレイ
  • 超広角・広角のデュアル仕様
  • 被写体から別の被写体へフォーカスできるシネマティックモード
  • 肌のトーンを保ちながら適切に調整できるフォトグラフスタイル
  • ディスプレイサイズは5.4インチ
  • 超鮮明・超多彩・超精細のSuper Retina XDRディスプレイ

画面サイズは5.4インチ

iPhone13 miniのディスプレイサイズは5.4インチで、前章でも述べた通りiPhone12 miniと同じです。

搭載されるチップやカメラが異なるため、若干サイズの違い(重さと厚さ)はありますが、全体的にほぼiPhone12 miniと同じサイズ感だと思ってください。

片手でも扱えるコンパクトな仕様となっているので、大画面スマホよりも持ち歩きやすさ・片手での使いやすさを重視したい人におすすめです。

超鮮明・超多彩・超精細のSuper Retina XDRディスプレイ

iPhone13 miniにはSuper Retina XDRディスプレイが搭載されています。

28%明るくなったAppleのOLEDディスプレイが採用されているため、日差しの強い場所でもより画面が見やすくなりました。

また、映画レベルの広色域なので、あらゆるものの色味を正確に自然な状態で再現することが可能です。

さらに、ピクセル密度もかなり高くなっているため、これまで以上に映像や写真がシャープに表示されます。

これまで以上に電力の節約も可能になっているので、バッテリーの持ちも良くなりました。

iPhone13シリーズのサイズを比較してみた。大きさは全部で3種類!

iPhone13 miniの5G性能を評価レビュー

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

次に、iPhone13 miniの5G性能について見ていきましょう。

iPhone13 miniは、iPhone12シリーズと同じくSub6波に対応しています。

ミリ波には対応していないので注意してください。

60ヶ国200キャリアの5Gに対応するとのことで、海外へ行った時にも幅広い地域で現地の5Gを使えるようになるでしょう。

また、5Gが不要な時に自動的にLTEに切り替わる機能も搭載されています。

iPhone13 miniのバッテリーを評価レビュー

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

次に、iPhone13 miniのバッテリーについてです。

iPhone13 miniでは、処理速度の高くなった最新チップと電力効率の上がったディスプレイが搭載されているため、これまでのiPhoneよりも充電の持ちが良くなっています。

Apple公式によると、iPhone12 miniと比べて1.5時間バッテリーの持ちが長くなったそうです。

より長時間の利用が可能になったので、バッテリーの持ちが気になる人にもおすすめです。

iPhone13 miniの5G性能とバッテリー
  • Sub6波対応
  • 60ヶ国200キャリアの5Gに対応
  • 5Gが不要な場所では自動的にLTEに切り替わる
  • iPhone12 miniに比べてバッテリーは1.5時間長持ちに

iPhone13 miniは買うべきか?

iPhone13

画像引用元:iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

ここまでiPhone13 miniの価格やスペック、特徴についてレビューしてきました。

次に、iPhone13 miniは買うべきなのかどうかについて考えていきます。

iPhone13 miniをおすすめできる人・できない人別に解説していくので、是非チェックしてください。

おすすめできる人

iPhone13 miniをおすすめできる人は下記の通りです。

iPhone13 miniをおすすめできる人
  • なるべくコストを抑えて最新iPhoneを購入したい
  • コンパクトなサイズのiPhoneが欲しい
  • 処理速度の速さを重視したい
  • 映画並の動画を撮影したい

画面サイズが小さいからか、iPhone13シリーズの4機種の中でiPhone13 miniは1番価格が安いです。

そのため、なるべくコストを抑えて最新のiPhoneを手に入れたい人におすすめです。

5.4インチと最近のスマホでは珍しいくらいにコンパクトなので、片手で扱えるようなスマホが欲しい人にも向いているでしょう。

どのスマホよりも処理速度が速いといわれているチップや、映画並の映像が撮影できる動画機能など、性能を重視する人にも魅力的な要素がたくさんあります。

おすすめできない人

次に、iPhone13 miniをおすすめできない人についてです。

iPhone13 miniをおすすめできない人
  • 性能よりも価格を重視したい
  • 大画面のスマホが欲しい

最小モデルの128GBでも最安8万円台と非常に高額なので、スマホの料金を抑えたい人にはおすすめできません。

スマホおかえしプログラムなどを使えば、最大半額まで機種代金を抑えることができますが、次回の機種変更と端末回収が前提となるので、よく考えて利用するべきでしょう。

また、5.4インチとディスプレイサイズも小さいので、大画面スマホを求めている人にも不向きです。

iPhone13 miniはコンパクトで高性能なスマホが欲しい人におすすめ!

iPhone 13

画像引用元:Apple

最後に、iPhone13 miniのポイントについてまとめます。

iPhone13 miniの評価レビューまとめ
  • 予約開始日は9月17日21時・発売日は9月24日
  • 価格は86,800円~
  • カラーバリエーションは5色
  • A15 Bionicチップ搭載
  • 超広角・広角のデュアルカメラ
  • 新機能「シネマティックモード」と「フォトグラフスタイル」
  • 5.4インチのSuper Retina XDRディスプレイ

iPhone13 miniは、サイズやデュアルカメラ仕様などiPhone12 miniと共通している点がいくつかあるものの、最新チップ搭載やシネマティックモードなど全体的に性能がパワーアップしています。

ディスプレイが5.4インチと他のモデルより小さくなっているので、コンパクトなスマホが欲しい人にもぴったりです。

予約開始日は9月17日21時です。発売日当日に端末をゲットしたい人はなるべく予約開始日当日に予約しましょう。

iPhone13をお得に予約する方法|発売日当日にスムーズに受け取るコツ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。