iPhone 13のモック画像が公開。Proモデルのカメラは一回り大きい?

  • 2021年7月8日
  • by.sekai

iPhone13 モック

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年6月29日、iPhone 13と噂される次世代モデルスマホのモック画像が、DuanRui氏(@duanrui1205)によって公開されました。

画像によると、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxと予想される端末のカメラが一回り大きくなっているように見えます。

人気記事

Appleは新製品発表イベントを開催し、iPhone13を発表しました。 シネマティックモードに対応し、バッテリー時間もiPhone12より2.5時間持ちがよくなりました。 この記事では、iPhone13の発売日や予約開始日、ス[…]

iPhone13

トップ画像引用元:@duanrui1205

iPhone13 Proモデルのカメラは一回り大きくなる?

iPhone13 リーク

画像引用元:@duanrui1205

2021年6月29日に公開されたモック画像のカメラ配置やレンズサイズの見た目は、同年6月3日にDuanRui氏が公開したiPhone 13 Proのものとされる図面と酷似しています。

図面によると、iPhone 13 Proモデルのカメラレンズの大きさは17mmとのこと。

1世代前のモデルとなるiPhone 12 Proのカメラレンズの大きさは12mmです。

この図面が正しいものであれば、iPhone 13 ProのカメラレンズはiPhone 12 Proのものより5mmも大きくなることになります。

ノーマルモデルのカメラが斜めに

iPhone13 リーク

画像引用元:@duanrui1205

今回発表されたモック画像によると、iPhone 13、iPhone 13 miniとされる端末のカメラレンズの配置が斜めになっています。

この理由は、次世代から全機種に採用されると噂されるセンサーシフト光学式手ブレ補正機能にあります。

センサーシフト光学式手ブレ補正は、手ブレ補正をより幅広く機能させるものです。

この機能のためレンズが移動するスペースを拡張することが、レンズが斜めに配置される理由だと考えられます。

本体の厚みも増すと予想

macrumors

画像引用元:iPhone 13 Models Will Be Slightly Thicker and Will Have Larger Camera Bumps – MacRumors

Apple製品に関する情報を発信している海外サイトのMacRumorsは、iPhone 13モデルはiPhone 12モデルよりもわずかに厚くなると報じています。

iPhone 12モデルの厚さが7.4mmだったのに対し、iPhone 13モデルは7.57mmになると言われています。

カメラバンプが大きくて厚く、レンズの突出が少ない設計になっています。

iPhone 12‌のカメラバンプのサイズが1.5mmだったのに対し、‌iPhone 13‌は2.51mmになるとのこと。

また、iPhone 12‌ Proのカメラバンプのサイズは1.7mm‌ですが、iPhone 13‌ Proは3.65mmとかなり厚くなっています。

この設計は、先ほど述べたiPhone 13 Proモデルのカメラレンズが大きくなる予想も踏まえると、現実味のあるものだと考えられます。

ソース:MacRumors

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sekai
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。