iPhone13 ProとiPhone14 Proを比較|違いは何?どっちが買い?

  • 2022年9月9日
  • by.yairo

iPhone13 ProとiPhone14 Proを比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2022年9月8日午前2時から行われたAppleのイベントで『iPhone14・iPhone14 Plus』および『iPhone14 Pro・iPhone14 Pro Max』が発表されました!

そんな最新iPhone 14シリーズの中でも、iPhone 14 ProはiPhone 14の進化を実感できる上位機種のひとつです。

機種変更を考えている人の中には、最新のiPhone 14にするか、それとも値下げが期待される前モデルiPhone 13にするかで迷っている人も多いのではないでしょうか?

本記事では、高性能機種であるiPhone 14 ProとiPhone 13 Proを比較。価格、スペック、カメラなど気になる部分をチェックしました。

iPhone 13 ProとiPhone14 Proの7つの違い
  • 価格はiPhone 13 Proが5,000円安い
  • iPhone 14 Proには最新の「A16」チップ搭載
  • カメラ性能はiPhone 14 Proで更に向上
  • iPhone 14 Proは「常時点灯ディスプレイ」に
  • iPhone 14 Proはノッチがなくなり新機能「Dynamic island」搭載
  • カラーはゴールド・シルバー以外はすべて違う
  • バッテリー性能はiPhone 14 Proで若干向上

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhone 13 ProとiPhone14 Proの違いは7つ!

iPhone 13

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone 13 ProとiPhone14 Proの大きな違いは全部で7つです。

特に注目したいのは、新機能「Dynamic island」とカメラ性能の向上です。

iPhone 13 ProとiPhone 14 Proを比較:価格

iPhone 14 Proシリーズ

画像引用元:Apple公式サイト

それぞれの価格は以下のようになっています(iPhone 14 Proのキャリア販売価格は予想価格です。

iPhone 13 Proの価格
iPhone 13 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常172,810円195,030円232,650円267,410円
いつでもカエドキプログラム89,650円101,310円120,450円139,370円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,040円160,040円190,060円220,075円
スマホトクするプログラム78,200円86,480円102,580円118,795円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常169,920円-222,480円257,760円
新トクするサポート72,000円-93,240円107,280円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常144,800円159,800円189,800円219,800円
アップグレードプログラム61,392円67,392円79,392円91,392円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常144,800円159,800円189,800円219,800円
詳細Apple公式サイトを見る
iPhone 14 Proの価格
iPhone 14 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常174,130円198,880円238,480円 275,220円
いつでもカエドキプログラム87,370円99,880円 120,400円139,260円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常175,860円201,925円238,555円275,415円
スマホトクするプログラム78,700円91,925円110,555円129,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常175,680円201,600円238,320円275,040円
新トクするサポート87,840円100,800円119,160円137,520円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常164,800円181,800円214,800円247,800円
アップグレードプログラム82,392円90,888円107,400円123,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常149,800円164,800円194,800円224,800円
詳細Apple公式サイトを見る

Appleの公式の日本円価格では、価格差は5,000円となっています。

各キャリアでの販売価格は2022年9月8日時点ではまだ未定ですが、そこまで大きな価格差は出ないでしょう。

また、iPhone 13 ProはすでにApple公式ストアでは取り扱っていないため価格はiPhone 14 Proのキャリア販売価格が決定するまでははっきりしません。

iPhone13 ProとiPhone14 Proを比較:スペック

画像引用元:How the A16 chip could be a game-changer for the iPhone 14 Pro | Macworld

一番気になるのは、やはり基本の処理性能ですよね。次は、iPhone13 ProとiPhone14 Proのスペックを比較します。

iPhone 13 Proのスペック
iPhone 13 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・
シルバー・シエラブルー・
アルパイングリーン
詳細iPhone 13 Proのレビュー
iPhone 14 Proのスペック
iPhone 14 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.5mm
幅:71.5mm
厚さ:7.85mm
重さ206 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラースペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル

最新チップA16が搭載されているのはiPhone 14 Proのみ

iPhone 14シリーズでは上位2機種のProモデルにのみ、最新チップとなる6コアCPU&5コアGPUの「A16 Bionicチップ」が搭載されました。

A16はApple史上初となる4nmのプロセスルールで製造されています。

A16搭載により、競合機種に比べて40%の高速化、消費電力の20%削減を実現。

一方のiPhone 13 Proには、6コアCPU&5コアGPUの「A15 Bionicチップ」が搭載されています。

iPhone 14の無印・iPhone PlusにはiPhone 13 Proと同じ強化型の「A15」が採用されました。

eSIMへの対応

iPhone 13 Pro、iPhone 14 Proどちらも、デュアルSIM(nano‑SIMとeSIM)とデュアルeSIMに対応しています。

iPhone13 Proに引き続き、iPhone 14 Proも5Gのミリ波には未対応です。

ストレージ容量

ストレージ容量は、iPhone 14 ProとiPhone 13 Proどちらも最大1TBまで選択可能です。

iPhone 13は「A15チップ」、iPhone 14 Pro最新の「A16チップ」を搭載!

iPhone13 ProとiPhone14 Proを比較:カメラ性能

iPhone 14 Proの側面

画像引用元:iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

続いて、カメラ性能を比較します。

iPhone 13では「シネマティックモード」の登場で話題になったiPhoneのカメラですが、iPhone 14では更に性能が向上しています。

以下、基本性能の比較表です。

項目iPhone 13 ProiPhone 14 Pro
基本性能広角:1,200万画素(F1.5)
超広角:1,200万画素(F1.8)
望遠:1,200万画素(F2.8)
広角:4,800万画素(F1.78)
超広角:1,200万画素(F2.2)
望遠:1,200万画素(F2.8)
Photonic Engine搭載
静止画撮影3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
6倍光学ズームレンジ
最大15倍デジタルズーム
光学式手ブレ補正
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 4
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
6倍光学ズームレンジ
最大15倍デジタルズーム
光学式手ブレ補正
ナイトモード
ポートレートモード
ナイトモードのポートレート
スマートHDR 4
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
動画撮影シネマティックモード
ProResビデオ撮影
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大9倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
ProResビデオ撮影
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
アクションモード
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
フロントカメラ(インカメラ)TrueDepthフロントカメラ
シネマティックモード
(1080p、30fps)
絞り値F2.2
オートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラ
シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
絞り値F1.9

iPhone 14 Proの新機能

iPhone 14 Proで新たに搭載されたカメラ機能・向上した性能は以下の通りです。

iPhone 14のカメラのポイント
  • 4800万画素のメインカメラ
  • クアッドピクセルセンサー方式を採用
  • 新たに2倍の望遠オプションが追加
  • 再設計された高性能フラッシュ
  • 新たな画像処理技術Photonic Engineを搭載
  • インカメラに初めてオートフォーカスを搭載
  • 激しい動きにも対応できる「アクションモード」
  • 「シネマティックモード」も更にパワーアップ
  • マクロ撮影の性能も向上

まず、メインカメラ画素数がiPhone 13 Proの1200万画素から4800万画素にグレードアップしました。

また、iPhoneとしては初となるクアッドピクセルセンサーを採用。

暗い場所では4つのピクセルを結合することで、より大きなセンサーでより明るい画像の撮影を可能にします。

このセンサーを利用して、iPhone 13 Proにはなかった2倍の望遠オプションが新たに追加。デジタルズームなしで2倍の4K動画が撮影できます。

暗所撮影・動きのある動画撮影により強くなった

iPhone 14では全機種に新たな画像処理エンジンPhotonic Engineを搭載。

iPhone 13 Proにも搭載されているDeep Fusion技術をより早い段階で適合されるようになりました。

暗い場所でも高度な質感や色合いの表現ができるようになりました。

iPhone 13 Proの目玉だった「シネマティックモード」や「マクロ撮影」はiPhone 14 Proではより進化。

4K解像度で毎秒30フレーム(30fps)のビデオ撮影に対応する他、映画で標準的な毎秒24フレーム(24fps)での撮影も可能です。

また「アクションモード」という、まるでジンバルを装着しているかのような高性能な手振れ補正付きの動画撮影モードも搭載。

運動会やスポーツの撮影などでも活躍してくれそうです。

iPhone 14 Proはメインカメラの画素数が4800万画素に。その他、全体的に性能が向上し新機能も追加!

iPhone13 ProとiPhone14 Proを比較:ディスプレイ

iPhone14 Pro Dynamic Island

画像引用元:Apple

続いて、ディスプレイの性能を比較していきます。

こちらが、ディスプレイ性能の比較表です。

機種iPhone 13 ProiPhone 14 Pro
ディスプレイ性能Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ1
2,556 x 1,179ピクセル2,532 x 1,170ピクセル
解像度460ppi
最大120Hz可変リフレッシュレートのProMotion
コントラスト比2,000,000:1
-常時表示ディスプレイ
ピーク輝度1,200ニト(HDR)ピーク輝度1,600ニト(HDR)
-ピーク輝度2,000ニト(屋外)

6.1インチSuper Retina XDRディスプレイ+120HzのProMotionテクノロジーという基本的な部分は同じですが、iPhone 14 Proではディスプレイの機能面が大きく変化しています。

常時点灯ディスプレイ

iPhone 14 Proは、ロック画面が消灯しない「常時点灯ディスプレイ」となりました。これはApple Watchと同じ仕様です。

iPhone 13 Proに引き続き、10Hz~120Hzの間で最適にリフレッシュレートが変化するProMotionnを採用。常時点灯ディスプレイになっても消費電力は抑えられます。

晴れた屋外でも見やすい最大輝度2,000ニト

iPhone 14 Proのディスプレイは、屋外でのピーク輝度が最大2,000ニトとスマホの中でも最も高いレベルとなっています。

通常時のピーク輝度(HDR)も向上しているため、どんな場所で使っていても画面が暗いと感じることはないでしょう。

iPhone 14 ProはiPhone初の「常時点灯ディスプレイ」に!輝度も大幅に向上!

ノッチはどうなったのか?

iPhoneというと、新シリーズが登場するたびに「フロントカメラのノッチ」がどうなるかが話題になっています。

iPhone 13 Proまでのノッチが、iPhone 14 Proではパンチホールに変化し、「Dynamic island(ダイナミックアイランド)」という新しいUIとしても機能するようになりました。

各種通知や音楽再生の状態を表示といった画面上部にあるサブディスプレイのような機能で、タッチや長押しで自由自在に形状が変化します。

iPhone 14 Proではノッチがなくなり、パンチホールと共に新機能「Dynamic island」が登場!

iPhone 13 ProとiPhone14 Proを比較:サイズ

iPhone 14 Pro

画像引用元:Apple

以下は、iPhone 12 ProからiPhone14 Proまでのサイズ・重さを比較した表です。

機種高さ厚さ重さ
iPhone 12 Pro146.7mm71.5mm7.4mmm187g
iPhone 13 Pro146.7mm71.5mm7.65mm203g
iPhone 14 Pro147.5mm71.5mm7.85mm206g

重さはiPhone 13 Proから微増、高さと厚みも若干増しています。

1.5mmの厚みの差が実際に持った時どの程度影響するかは、実機を触ってみるまでは判断が難しい部分です。

iPhone 13 Pro登場時にも「重くなった」という声が多く、実際重さから買うのを控えたという人もいたようですので、今回のiPhone 14 Proも「重い」と感じる人が多いかも知れません。

ちなみにほぼ同じサイズのiPhone 14 Plusは同じサイズ感ですが重さは35gほど軽くなっています。

画面は大きくても軽い方が良い人はiPhone 14 Plusがおすすめです。

サイズ・重量はほぼ変わらず。iPhone 14 Proの厚み1.5mm増し。

iPhone 13 ProとiPhone14 Proを比較:カラー・デザイン

iPhone14のカラーラインナップ

画像引用元:iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

次にiPhone 13 ProとiPhone14 Proのカラーバリエーションを比較します。

iPhone 13 ProとiPhone14 Proのカラーラインナップ
  • iPhone 13 Pro:グラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー・アルパイングリーン
  • iPhone 14 Pro:ディープパープル、ゴールド、シルバー、スペースブラック

シルバーとゴールド以外はすべて違うカラーバリエーションとなっています。また、シルバー・ゴールドも見比べるとやや色味が異なっています。

素材はどちらもステンレススチール製で、全体のデザインとしては大きな変化はありません。

ただし、ノッチが無くなったiPhone 14 Proでは画面の見え方には違いがありそうです。

iPhone 14 Proでは背面がフラットになるという噂もありましたが、カメラやセンサーの出っ張りは変わっていません。

カラーバリエーションはゴールド・シルバーが共通している以外はすべて異なる

iPhone13 ProとiPhone14 Proを比較:バッテリー持ち

画面がロックされているiPhone

最後に、2機種のバッテリー持ちをチェックします。

iPhoneはバッテリー容量を公表していないため、仕様情報に記載されている再生時間を元に表をつくりました。

機種ビデオ再生ビデオ再生(ストリーミング)オーディオ再生
iPhone 13 Pro最大22時間最大20時間最大75時間
iPhone 14 Pro最大23時間最大20時間最大75時間

ビデオ再生で1時間ではありますが、確実にバッテリー性能は向上しています。

新型チップ「A16」の省電力性能がどの程度なのか、発売後実際に使ってみた結果も気になるところです。

なお、充電に使用するケーブルはどちらもLightningケーブルです。

バッテリー性能はiPhone 14 Proになって向上

【結論】iPhone13 ProとiPhone14 Proはどっちが買い?

iPhone 14 Pro

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone13 ProとiPhone14 Pro、今買い替えるのであればiPhone 14 Proがおすすめです。

ただし、人によっては他の機種が良いと感じる場合もあると思うので、重視するポイント別におすすめの機種を紹介します。

iPhone13 Proがおすすめの人

価格を重視するのであれば、今後の値下げが期待されるiPhone13 Proがおすすめです。

また、iPhone 13 Proと同じ強化版の「A15」チップを搭載したiPhone 14(無印)、もしくはiPhone 14 Plusもおすすめです。

ほぼ同じスペックでカメラが高性能化し、「アクションモード」や「Photonic Engine」の威力も確かめることができます。

価格は実際にキャリアから発表されるまで分かりませんが、iPhone 13 Proと同等・もしくは安くなる見込みです。

iPhone 14 Proがおすすめの人

iPhone 14 Proは、最新型iPhoneの機能・性能を試したい人におすすめです。

「Dynamic island」や「常時点灯ディスプレイ」といった分かりやすい新機能はもちろん、カメラやディスプレイもiPhone 14シリーズの上位機種ならではの高性能となっています。

バッテリー性能も向上しているため、電池持ちの良さにこだわりがある人もiPhone 14 Proがおすすめです。

iPhone 14 Proの新機能を楽しむかiPhone 13 Proの値下げを狙うか

2021年発売のiPhone 13 Proと2022年発売iPhone 14 Pro、どちらも高性能機種です。

が、やはりiPhone 14 Proは最新型ならではの目玉機能の搭載・全体的なグレードアップが目立ちます。

iPhone 13より前の機種から買い替えるのであれば、おすすめはiPhone 14 Pro

ただ、iPhone 13 Proが気になる人は、スペックがほぼ同等なiPhone 14(無印)・iPhone 14 Plusとの比較もしてみて下さい。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴8年。長年iPhoneを愛用していましたが、セールを機にOPPO Reno5 A(Y!mobile)に機種変し、久々のAndroidに。音楽・映画が好きでサブスクは複数併用しています。