iPhone13 Pro Max 評価レビュー|発売日・予約開始日・スペックまとめ

  • 2021年9月15日
  • by.araki

iPhone 13のラインナップ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、2021年9月15日に発表されたiPhone13 Pro Maxについて解説します。

発売日や価格はもちろん、スペックや新機能、iPhone12 Pro Maxと比較してどうなのかも見ていきましょう。

iPhone13 Pro Maxまとめ
  • 価格は134,800円~
  • 新機能「シネマティックモード」搭載
  • 念願のリフレッシュレート120Hzを実現
  • iPhone12 Pro Maxから変わらない点も多々

トップ画像引用元:Apple公式サイト

iPhone13 Pro Max 評価レビューまとめ

iPhone 13

画像引用元:Apple

最初に要点を一気にまとめます。

iPhone13 Pro Maxの発売日は2021年10月24日、予約開始日は2021年10月17日です。

最新のA15 Bionicを搭載し、その高い処理能力によって「シネマティックモード」という新しい撮影モードを利用できるようになりました。

この「シネマティックモード」が、iPhone13 Pro MaxひいてはiPhone13シリーズの一番の目玉といえそうです。

またディスプレイのリフレッシュレートがついに120Hzになりました。

一方、それ以外にiPhone12 Pro Maxから大きく変わった点をあげるのは、残念ながら難しいです。

iPhone13 Pro Maxの発売日・予約開始日

iPhone 13 Proのカラー

画像引用元:Apple Event — September 14 – YouTube

iPhone13 Pro Maxの発売日は2021年9月24日です。

2021年9月17日午後21時から予約開始となります。

iPhone13 Pro Maxの端末価格

iPhone 13

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone13 Pro Maxは134,800円から購入できます。

価格は容量ごとに4段階あります。

Apple StoreでのiPhone13 Pro Maxの価格は、以下の通りです。

容量機種代金(税込)
128GB134,800円
256GB146,800円
512GB170,800円
1TB194,800円

iPhone13 Pro Maxのスペックを評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple

iPhone13 Pro Maxは、iPhoneシリーズの中でも、最高峰のモデルになります。

iPhone13 Pro Maxのスペック

iPhone 13 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.65mm
重さ238 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB・1TB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーグラファイト・ゴールド・シルバー・シエラブルー
詳細iPhone13 Pro Maxのレビュー

iPhone13 Pro Maxには、最新のA15 Bionicが搭載されます。

もちろんiPhone史上最高の処理能力を誇るチップです。

iPhone12シリーズはAnTuTuベンチマークスコアだと約60万点ですが、それを上回ることは間違いありません。

処理能力は「頭の良さ」のような万能の指標ですので、これが高いほどカメラ性能にしてもゲーム性能にしても高性能になります。

iPhone13 Pro Maxがスペックで不自由することはないでしょう。

iPhone13 Pro Maxのデザイン・カラーを評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone13 Pro Maxの本体サイズは160.8mm×71.5mm×7.65mmとかなり大型で、重量も238gと非常に重たいです。

見た目はiPhone12 Pro Maxとほとんど変わらず、フラットなデザインです。

カラーはシエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトの4色展開となります。

シエラブルーは、iPhone12 Pro Maxのパシフィックブルーより淡い色合いですね。

またノッチがわずかながら小さくなりました。

iPhone13 Pro Maxのカメラを評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple

iPhone13 Pro Maxには、広角(F1.5)・超広角(F1.8)・望遠(F2.8)の3つのカメラが搭載されています。

有効画素数はいずれも約1,200万画素です。

超広角カメラでは2倍の光学ズームアウトができます。また、2センチの距離でもピントを合わせられるようになったので、マクロ撮影も可能になりました。

望遠カメラは6倍の光学ズームレンジと最大15倍のデジタルズームに対応しています。

ちなみにiPhone12 Pro Maxは5倍の光学ズームレンジと最大12倍のデジタルズーム対応でした。

奥行きを測るための「LiDARスキャナー」も搭載しています。

さらに年内には映像コーデック「ProRes」にも対応します。これはiPhone13とiPhone13 miniでは対応しません。

「シネマティックモード」追加

iPhone13 Pro

画像引用元:Apple

iPhone13 Pro Maxでは、新たな撮影モード「シネマティックモード」を利用できます。

「シネマティックモード」なら映画のようなフォーカス送りが可能になります。

フォーカス送りとは、カメラを動かさずにピントの位置を変える撮影テクニックです。

奥にいる人物から手前にいる人物にピントが切り替わる、なんてシーンを映画ではよく見かけると思います。

また、このモードで撮影した動画は、後から深度エフェクトを編集できます。

これによりピントやボケ具合を後から調整可能です。

Apple曰く、この機能は非常に重たいため、iPhone13シリーズに搭載されているA15 Bionicでしか処理できないとのこと。

つまり、過去のiPhoneでは今後も「シネマティックモード」は使えるようにならないことが濃厚です。

このことが過去のiPhoneと比べてもっとも大きな点になるのではないでしょうか。

iPhone13 Pro Maxのディスプレイを評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple

iPhone13 Pro Maxには6.7インチの有機ELディスプレイが搭載されます。

解像度は2,778×1,284で、458dpiとなっています。

またリフレッシュレートが最大120Hzになります。

状況に応じてリフレッシュレートが自動調整される「ProMotion」機能にも対応します。

iPhone13とiPhone13 miniは60Hzです。

ついに念願の120HzをiPhoneも手に入れたのが大きいですね。

iPhone13 Pro Maxの5G性能を評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone13 Pro MaxもiPhone12シリーズと同様、ミリ波には対応しません。

Sub6のみ対応です。

iPhone13シリーズでのミリ波対応を信じて疑わなかった人は多いと思うので、がっかりポイントかもしれませんね。

iPhone13 Pro Maxのバッテリーを評価レビュー

iPhone 13

画像引用元:Apple公式サイト

Apple曰く、iPhone13 Pro Maxのバッテリーは「iPhone史上最長」です。

従来のiPhoneより「最大2.5時間長く」稼働するとのこと。

iPhone13 Proの場合は「最大1.5時間長く」と、iPhone13 Pro Maxと比べると控えめな表現になっています。

Appleはバッテリー容量を公表していないので断言はできませんが、これまでのどのiPhoneよりも大容量なのではないかと思います。

iPhone13 Pro Maxは買うべきか?

iPhone13 Proのディスプレイ

画像引用元:iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)

最後に、iPhone13 Pro Maxは買うべきなのか、筆者なりの観点で記述します。

「大画面が欲しい人におすすめ」など当たり前すぎることは割愛します。

iPhone13 Pro Maxがおすすめできる人

iPhone13 Pro Maxがおすすめなのは、iPhone史上最高のカメラを求める人です。

A15 Bionicによる画像・映像処理や「シネマティックモード」は、これまでのiPhoneでは味わえません。

「カメラにこだわりたいけど、一眼カメラなどを買うほどではない」というような人にぴったりです。

もちろん高い処理能力はカメラ性能だけでなく、ゲーム性能などあらゆる動作に影響しますので、そういう意味では万人向けでもあります。

iPhone13 Pro Maxがおすすめできない人

iPhone13 Pro Maxをおすすめできないのは、iPhone12 Pro Maxを持っている人です。

iPhone13 Pro Maxには元々、以下のようなことが期待されていました。

iPhone13 Pro Maxに期待されていたこと
  • Touch ID
  • マスク着用時でも認識するFace ID
  • リフレッシュレート120Hz
  • LightningではなくUSB Type-C
  • ミリ波への対応

iPhone13シリーズではこれらが実現すると信じ、iPhone12シリーズをスルーした人も多かったことでしょう。

しかし蓋を開けてみれば、実現したのはリフレッシュレート120Hzのみ

このため、iPhone12 Pro Maxを持ってる人からすると、わざわざiPhone13 Pro Maxを買う理由を見つけづらい状態です。

毎年買い替えると決めているとかならいいのですが、そうでないならスルーでも問題ないのではないでしょうか。

一番の注目点は「シネマティックモード」

以上、2021年9月15日に発表されたiPhone13 Pro Maxについてでした。

iPhone13 Pro Maxまとめ
  • 134,800円~182,800円
  • 新機能「シネマティックモード」
  • 念願の120Hz
  • iPhone12 Pro Maxから変わらない点も多々

新機能「シネマティックモード」は、Apple曰く非常に重たい機能のため、最新のA15 Bionicでないと処理できないそうです。

つまり、これまでのiPhoneでは今後も利用できないことが濃厚で、これこそがiPhone13 Pro MaxひいてはiPhone13シリーズの最大の目玉といえるでしょう。

ただ相変わらずミリ波には非対応など、iPhone12 Pro Maxと変わらない点が多いのも確かです。

iPhone13シリーズは、iPhone12シリーズ発表直後から「iPhone13シリーズではここが進化する」とリークと称する噂がたくさん流れていましたが、ほとんどハズレという結果になりました。

このため、iPhone13 Pro Maxを購入するか今一度考え直す人も多いのではないでしょうか。

人気記事

発売日に受け取るコツを知りたい iPhone13の予約がスムーズにできるか不安 少しでもお得にiPhone13を予約したい このような人に向けて、iPhone13・iPhone13 mini・iPhone13 P[…]

iPhone 13の予約方法

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。