iPhone13の防水性能が進化、水深8メートルで30分以上耐えられるみたい

iPhoneは新機種が発売されるたびに、防水防塵性能が高くなっていますが、iPhone 13はiPhone史上最高の防水性能を持つという情報が流れています。その防水性能は水深8mで30分間のテストに耐えたというもの。果たして噂の真偽は本当でしょうか。
  • 2021年8月30日
  • by.sekai

水に濡れるiPhone

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone13の防水性能が、iPhone12のものよりも進化するのではと予想されています。

具体的には水深8メートルで30分以上耐えられるといわれており、これが実現すればiPhone12シリーズの水深6メートルよりもパワーアップすることになります。

トップ画像引用元:Apple(日本)

人気記事

Appleは新製品発表イベントを開催し、iPhone13を発表しました。 シネマティックモードに対応し、バッテリー時間もiPhone12より2.5時間持ちがよくなりました。 この記事では、iPhone13の発売日や予約開始日、ス[…]

iPhone13

iPhone13の防水性能が進化か

iPhone 13/13 Proのストレージ容量 アイキャッチ

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

海外メディアMIN.NEWSは、iPhone13の防水性能はiPhone12シリーズの性能を上回ると報じました。

より厳しい環境に対応できるようになった新型iPhoneに期待が寄せられています。

ソース:MIN.NEWS

水深8メートルで30分間のテストをクリア

MIN.NEWSは、iPhone13の防水性能はIP68等級だと報じています。

水深8メートルで30分間耐えるというテストをiPhone史上初めてクリアしたようで、その防水性能の高さがうかがえます。

iPhone12の限界は水深6メートル

2021年現在の現行モデルであるiPhone12シリーズの防水性能は、IP68等級でiPhone13でも等級は変わりません。

しかしその耐水性能は水深6メートルで最大30分間というものでした。(防水等級が同じでも耐えられる浸水性能が違う)

iPhone13はより厳しい条件でのテストをクリアしており、iPhone12よりも耐水性能がアップするといわれています。

向上を重ねる防水・防塵性能

iPhoneは、新しいモデルが登場するたびに防水・防塵性能が向上しています。

iPhone11は水深2メートルで最大30分間の防水性能、iPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxは水深4メートルで最大30分間の防水性能でした。

どんどん深く潜れるようになるiPhone防水性能が、今度はどのような形で登場するのか楽しみですね。

iPhoneシリーズの防水性能
  • iPhone11:水深2メートルで最大30分間の防水性能
  • iPhone11 Pro/Max:水深4メートルで最大30分間の防水性能
  • iPhone12シリーズ:水深6メートルで最大30分間の防水性能
  • iPhone13シリーズ:水深8メートルで最大30分間の防水性能
iPhone12の防水性能は?お風呂や海やプールで使ってもOKなのか解説

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sekai
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。