iPhone14の電池持ちはどれくらい?バッテリー性能をまとめてみた

  • 2022年9月13日
  • by.affiprecious

iPhone 14 Proシリーズ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「最新iPhone」と言われると、つい最高峰の性能や新しいカメラ機能に目がいってしまいますよね。

しかし、いくら高性能だったとしても、ちょっと使っただけで電池が切れてしまうようなiPhoneは、不便極まりないでしょう。

「電池持ち」は地味な要素ではありますが、iPhoneを便利に利用するためには絶対に無視できないものです。

そこで、本記事ではiPhone 14のバッテリー性能についてご紹介。

電池持ちにおいて高い評価を得ているiPhone 13シリーズや過去モデルとの比較も行います。

iPhone 14バッテリー性能まとめ
  • iPhone 14 Plusの最大ビデオ再生時間は26時間。スタンダードモデルでは最長
  • iPhone 14 Pro Maxの最大ビデオ再生時間は29時間。iPhone史上最長
  • 6.7インチの大型iPhoneは年々バッテリー容量が増加している
  • 6.1インチのiPhoneは、バッテリー容量こそ変わらないものの、CPUの消費電力改善などにより、電池持ち性能を向上させている

トップ画像引用元:Apple公式サイト

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhone 14の電池持ちはどのくらい?

auのiPhone14

画像引用元:iPhone 14・iPhone 14 Plus 余裕たっぷりのバッテリー|au

Appleの公式サイトによれば、iPhone 14 Plusに搭載されたバッテリーの駆動時間はiPhone史上最長です。

では、iPhone 14シリーズのバッテリー性能とはどのくらいのものなのでしょうか。

そこで、下表では歴代iPhoneのバッテリー容量と最大ビデオ再生時間をまとめました。

iPhone機種バッテリー容量
(非公式)
最大ビデオ
再生時間
iPhone 14-20時間
iPhone 14 Plus-26時間
iPhone 14 Pro-23時間
iPhone 14 Pro Max-29時間
iPhone SE(第3世代)2,018mAh15時間
iPhone 133,227mAh19時間
iPhone 13 mini2,406mAh17時間
iPhone 13 Pro3,095mAh22時間
iPhone 13 Pro Max4,352mAh28時間
iPhone 122,815mAh17時間
iPhone 12 mini2,227mAh15時間
iPhone 12 Pro2,815mAh17時間
iPhone 12 Pro Max3,687mAh20時間
iPhone SE(第2世代)1,821mAh13時間
iPhone 113,110mAh17時間
iPhone 11 Pro3,046mAh18時間
iPhone 11 Pro Max3,969mAh20時間
iPhone XS2,658mAh14時間
iPhone XS Max3,174mAh15時間
iPhone XR2,942mAh16時間
iPhone X2,716mAh13時間
iPhone 81,821mAh13時間
iPhone 8 Plus2,675mAh14時間
iPhone 71,960mAh13時間
iPhone 7 Plus2,900mAh14時間
iPhone SE1,624mAh13時間
iPhone 6s1,715mAh11時間
iPhone 6s Plus2,915mAh14時間
iPhone 61,810mAh11時間
iPhone 6 Plus2,915mAh14時間

今回調査したのは最新機種からiPhone 6シリーズまでのバッテリー性能です。

AppleはiPhoneのバッテリー容量を公表していないため、これらは非公式の情報となります。

ただし、「最大ビデオ再生時間」は公式サイトからの情報です。

Appleは以前から、最大ビデオ再生時間をバッテリー性能の指標の1つとして用いています。

では、上表の内容について細かく見ていきましょう。

iPhone 14のバッテリー性能はどのくらい進化した?

iPhonw14のバッテリーはiPhone13に比べ、最大ビデオ再生時間が1時間伸びました

バッテリーは本体サイズが大きいほどに性能も高くなります。

つまりiPhoneの筐体サイズが大きくなるほどに、電池持ちも向上する傾向にあるということです。

そこで画面サイズごとに、過去のiPhoneシリーズとiPhone 14シリーズのバッテリーについて比べてみました。

iPhone 14 / 14 Proのバッテリー性能比較

まずは、iPhone 14と同じ6.1インチサイズのiPhoneのバッテリー性能を比較していきます。

今回はiPhone X/XS/11 Proの5.8インチも、同じサイズとして比較対象としました。

なお、iPhone 14シリーズはまだ発売されていないため、バッテリー容量は不明です。

iPhone機種バッテリー容量
(非公式)
最大ビデオ
再生時間
iPhone 14-20時間
iPhone 14 Pro-23時間
iPhone 133,227mAh19時間
iPhone 13 Pro3,095mAh22時間
iPhone 122,815mAh17時間
iPhone 12 Pro2,815mAh17時間
iPhone 113,110mAh17時間
iPhone 11 Pro3,046mAh18時間
iPhone XS2,658mAh14時間
iPhone XR2,942mAh16時間
iPhone X2,716mAh13時間

基本的にバッテリー容量は増加傾向にありますが、機種ごとにそこまで大きな差があるわけではありません。

一方で、最大ビデオ再生時間はどんどん長くなっていますね。

iPhone Xでは最大13時間だったのに対し、最新モデルのiPhone 14では最大20時間に。

上位機種であるiPhone 14 Proは、さらにその上をいく最大23時間です。

また、前機種のと比較しても、iPhone 14とiPhone 14 Proの再生時間はそれぞれ1時間アップしています。

バッテリー性能で高い評価を得たiPhone 13の上をいくiPhone 14。

そのバッテリー性能はかなり優秀だと言えるでしょう。

iPhone 14 Plus / 14 Pro Maxのバッテリー性能比較

次は、大型iPhoneである6.7インチディスプレイを搭載した機種同士を比較してみましょう。

今回は、6.5インチのiPhone XS MaxやiPhone 11 Pro Max、5.5インチのiPhone 8以前のPlusモデルも比較対象に加えています。

iPhone機種バッテリー容量
(非公式)
最大ビデオ
再生時間
iPhone 14 Plus-26時間
iPhone 14 Pro Max-29時間
iPhone 13 Pro Max4,352mAh28時間
iPhone 12 Pro Max3,687mAh20時間
iPhone 11 Pro Max3,969mAh20時間
iPhone XS Max3,174mAh15時間
iPhone 8 Plus2,675mAh14時間
iPhone 7 Plus2,900mAh14時間
iPhone 6s Plus2,915mAh14時間
iPhone 6 Plus2,915mAh14時間

6.1インチモデルの比較結果とは違い、バッテリー容量が明らかに進化していますね。

iPhone 6 Plusは2,915mAhでしたが、iPhone 13 Pro Maxでは4,352mAhに大幅アップしています。

多少の例外はあれど、シリーズを重ねるごとに進化し続けていることがわかりますね。

また、これは最大ビデオ再生時間にも言えることです。

iPhone 6 Plusは14時間だったのに対し、iPhone 13 Pro Maxではなんと28時間に。2倍もの成長です。

さらに、iPhone 14 Pro Maxの最大ビデオ再生時間はその上をいく29時間!

さすがにiPhone 14 Plusはそれには及ばないものの、最大26時間という数値はスタンダートモデルとしては十分な性能です。

iPhone 14 PlusやiPhone 14 Pro Maxは、過去モデルと比べても十分なバッテリー性能を持っているといえますね。

iPhone 14のバッテリーが進化した理由

iPhone 14

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone 14シリーズのバッテリーは順当に進化していることがわかりました。

そこで、ここからはバッテリー性能の進化の理由について解説していきます。

iPhone 14のバッテリーが進化した理由
  • バッテリー容量の増加
  • CPUの消費電力が効率化した

バッテリー容量の増加

バッテリー性能を上げるために必要なのは、下記の2つです。

バッテリー性能を上げるための要素
  • バッテリーの容量を増やす
  • 消費電力を減らす

考え方としては非常に単純ですよね。しかし、実際にこれらのことをiPhone内で実現するのは非常に難しいことなのです。

特に、バッテリー容量の増加は難題です。

バッテリーの容量を増やせばバッテリーのサイズも大きくせざるを得ないため、必然的にiPhoneの本体サイズも大きくなってしまいます。

これは逆に言えば、もともと本体サイズが大きめのiPhoneは、バッテリー容量も比較的大きくしやすいということです。

実際、6.7インチの大型iPhoneは、世代を重ねるごとにバッテリー容量が順当に進化していましたよね。

iPhone 14 Proシリーズのバッテリー容量はまだ判明していませんが、恐らくiPhone 13 Proシリーズに近いものになることでしょう。

CPUの消費電力が効率化した

iPhone 14をはじめとする筐体サイズが小さめのスタンダードモデルは、バッテリー容量を増やすのが非常に困難です。

それよりは部品ごとの消費電力を改善した方が効率的といえます。実際、6.1インチiPhoneでは、こちらの方法が主流です。

iPhoneのプロセスルールの変遷

CPUは、iPhoneの端末の中でも特に大量の電力を消費するパーツです。

そんなCPUの消費電力に大きな影響を与える要素として、「プロセスルール」というものがあります。

「プロセスルールなんて聞いた事ない」という方は多いかもしれません。

が、「4nmプロセスで開発!」などといった文言を見たことがある方は、多いのではないでしょうか。

この「4nmプロセス」というのが、まさにプロセスルールのことなのです。

プロセスルールは、簡単にいえばCPUの配線の太さを表すもので、これが細くなるほどに消費電力は下がっていく傾向にあります。

ちなみに、これまでのiPhoneのCPUのプロセスルールは下記のとおりです。

CPU搭載機種プロセスルール
A16 BioniciPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
4nm
A15 BioniciPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 13シリーズ
iPhone SE(第3世代)
5nm
A14 BioniciPhone 12シリーズ5nm
A13 BioniciPhone 11シリーズ
iPhone SE(第2世代)
7nm
A12 BioniciPhone XS/XRシリーズ7nm
A11 BioniciPhone X
iPhone 8シリーズ
10nm
A10 FusioniPhone 7シリーズ16nm
A9iPhone 6sシリーズ16nm
A8iPhone 6シリーズ20nm

iPhone 6シリーズでは20nmだったプロセスルールは、iPhone 14 Proシリーズでわずか4nmに。

バッテリー容量がほとんど変わらない6.1インチのスタンダードシリーズも、このようなプロセスルールの改善などによって電池持ちを改善しているのです。

iPhone 14シリーズの電池持ちは期待できる!

本記事では、iPhone 14の電池持ちについて解説しました。

iPhone 14バッテリー性能まとめ
  • iPhone 14 Plusの最大ビデオ再生時間は26時間。スタンダードモデルでは最長
  • iPhone 14 Pro Maxの最大ビデオ再生時間は29時間。iPhone史上最長
  • 6.7インチの大型iPhoneは年々バッテリー容量が増加している
  • 6.1インチのiPhoneは、バッテリー容量こそ変わらないものの、CPUの消費電力改善などにより、電池持ち性能を向上させている

iPhone 14シリーズの電池持ち性能は、すでに高い評価を得ているiPhone 13シリーズの上を行きます。

わずかな進化ではあるものの、バッテリー性能が優れているのは嬉しいですね。

また、歴代モデルと比較すると、iPhone 14 Proシリーズのバッテリー容量は大きく向上しています。

iPhone 14シリーズはそれほど増量しないものと思われますが、CPUのプロセスルールは大きく向上しているため、電池持ちは優秀です。

間もなく発売されるiPhone 14シリーズ。バッテリー性能にはかなり期待できそうですね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。