iPhone14に搭載のCPU、中身はA15でも名前はA16になる可能性

  • 2022年8月31日
  • by.Fenway2

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 14シリーズのシステム・オン・チップ(SoC)に、A16 Bionicが搭載されるのはiPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのみで、iPhone 14とiPhone 14 MaxにはA15 Bionicが搭載されるといわれています。

中身がA15・A16で異なる場合でも、名前はA16で統一されるのではないかとの見解を、iOSアプリの開発者がTwitterに投稿しています。

トップ画像引用元:How the A16 chip could be a game-changer for the iPhone 14 Pro | Macworld

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

A15/A16より、A16/A16Proの方が戦略上有効か

iPhone14リーク

画像引用元:Apple is determined expunge the notch – testing 120Hz punch-hole screen – Gizchina.com

この開発者は、チップの中身が「A15 Bionic」と「A16 Bionic」であっても、名前はA16で統一する方が、競合他社との競争に勝つために有効ではないかと指摘しています。

そのため、iPhone 14/iPhone 14 Max用が「A16」、iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Max用が「A16 Pro」という名前になる可能性があるようです。

以前から同様の見方はあり、A15 Bionicの名前を「A15X Bionic」にするのではないかといわれていました。

Apple Watch Series 8用S8は、S7・S6と中身が同じとの噂

Apple Watch

画像引用元:Apple Watch – モデルを比較する – Apple(日本)

Apple Watch Series 7のCPUに採用されている「S7 SIP」は、Apple Watch Series 6に搭載された「S6 SIP」と同じもので名前のみ変更されています。

そのため、Series 8に搭載される「S8 SIP」もS7・S6と同じものを使用し、名前のみ変更されるのではないかと噂されています。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。