iPhone14 Proシリーズには2TBモデルが登場?価格は26万円越え

  • 2022年8月21日
  • by.nuko

iOS16

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

多くのサプライチェーンが工場を構える中国・台湾の主要新聞「中国時報」が、iPhone14シリーズの最大ストレージ容量が2TBになると報じました。

画像引用元:iOS 16プレビュー – Apple(日本)

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

2TB搭載はカメラ性能が向上するため

iPhone14 Pro リーク画像

画像引用元:MacRumors

iPhone14 Pro/14 Pro Maxは4,800万画素のカメラが搭載され、最大8Kのビデオ撮影が可能になると予想されています。

画質が向上することで、撮影した写真・動画の容量が増えることは言うまでもありません。

今回の最大ストレージ2TB対応は、iPhone14でのスペックアップに必須の変更と言えるでしょう。

ソース:時新聞網

iPhone14 Proモデルは最小容量256GB〜?

また、MacRumorsによると、iPhone14 Pro / 14 Pro Maxの2モデルは、128GBが廃止されて256GBからになる可能性があるとのことです。

2TBになるとの情報もあわせると、iPhone14 Pro / 14 Pro Maxは、256GB・512GB・1TB・2TBが発売されそうです。

また、Proモデルは高額化するとの予想が出ていますが、MacRumorsは最小のストレージ容量が増えることから、同容量ならiPhone13 Proモデルと同額になると予想しています。

ソース:MacRumors

iPhone14 Pro Maxの2TBは26万円超えか

iPhone13 Pro Max購入ページ

iPhone14 Proモデルに追加される2TBの販売価格は、26万円を超えるかもしれません。

2022年8月現在、すでにM1搭載iPad Proに2TBモデルが登場し、512GB・1TB・2TBの価格差はそれぞれ6万円です。

一方で、iPhone13 Proは512GBと1TBの価格差は3万円となっています。

  • M1搭載iPad Proと同じように1TBと2TBの価格差が3万円
  • iPhone14 ProモデルはiPhone13 Proモデルと同価格

以上の条件を仮定すると、iPhone14 Pro 2TBは249,800円、iPhone14 Pro Max 2TBは264,800円になるはずです。

参考:iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

QLCフラッシュメモリに変更される?

なお、iPhone14シリーズのストレージ容量増加は、2022年2月にもMyDriversがリークしていました。

MyDriversの情報によると、ストレージに採用されるNANDフラッシュメモリが、TLCからQLCに変更されるとのことです。

  • TLC:一般的なストレージで、書き込み速度が早く耐久力が高い
  • QLC:TLCより低価格かつ大容量で読み込みが早いが、耐久力が低い

NANDフラッシュメモリのレベルについて他の情報は見つかりません。

しかし、最近の高額化の流れに反してiPhone13 Proと同じ容量を同価格で販売するなら、製造コストが抑えられるQLCへの変更は現実的かもしれません。

ソース:科技改变未来

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!