iPhone14シリーズ全4種類を比較!どれがおすすめ?人気機種を解説

  • 2022年9月9日
  • by.yairo

iPhone14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Maxを比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2022年9月8日午前2時から行われたAppleのイベントで『iPhone14・iPhone14 Plus』および『iPhone14 Pro・iPhone14 Pro Max』が発表されました!

シリーズの機種数はiPhone 13と同じく4種類。

本記事では、iPhone 14シリーズ4機種を価格、カメラ性能、スペック、サイズなどで徹底比較。

その上で、Twitter上の反応を元にどの機種の人気が高そうか・どの機種がおすすめなのかを見ていきます。

iPhone 14シリーズについて詳しく知りたい、どの機種を買えばいいか迷っているという人は要チェックです。

iPhone 14シリーズの比較まとめ
  • ディスプレイサイズの大きいiPhone 14 Plusが登場
  • Proの2機種には最新チップA16 Bionicを搭載
  • iPhone 14 PlusとiPhone 14 Pro Maxは画面が大きく・バッテリー持ちが良い
  • 全機種のインカメラにオートフォーカス搭載
  • 全機種に激しく動きながらの動画撮影でもぶれない「アクションモード」搭載
  • Proのカメラは4800万画素で、クアッドピクセルセンサーを採用
  • Proはノッチが廃止されパンチホールに変更
  • パンチホール部分が「Dynamic Island」という独自UIに
  • Proのディスプレイは常時点灯ディスプレイになり、屋外輝度は最大2000ニト
  • 全機種に衝突事故検出機能が搭載
  • 全機種が人工衛星経由の緊急救難信号に対応予定

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhone 14シリーズ4機種はどれがおすすめ?

iPhone14 Pro Dynamic Island

画像引用元:Apple

iPhone 14シリーズは以下の4機種が発表されました。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

これまであった小さめサイズのminiは廃止。

その代わりとして、スタンダードモデルのiPhone 14と同じ性能ながら、画面サイズ・バッテリーサイズがより大きくなったiPhone 14 Plusが登場しました。

上位機種のiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxもサイズが違うだけで、基本的な性能は同じです。

ここでは4機種の特徴を踏まえつつ、各機種がどんな人におすすめなのかご紹介していきます。

iPhone 14シリーズのおすすめは?
  • iPhone 14:価格と持ちやすさを重視する人
  • iPhone 14 Plus:大きな画面とバッテリー持ちを重視する人
  • iPhone 14 Pro:iPhoneの最新機能を使いたい人
  • iPhone 14 Pro Max:機能とバッテリー持ち両方気になる人

iPhone 14がおすすめの人

iPhone 14をおすすめしたいのは、価格と持ちやすさを重視する人です。

iPhone 14 Plusの6.7インチは、他メーカーのスマホと比べてもかなりの大画面。

その分コンテンツを快適に楽しめますが、手の小さい人や女性だと片手で持って操作するのは難しいかも知れません。

6.1インチサイズが丁度良いと感じる方、画面が大きくなくても構わない方、そして価格の安さを重視したい方はiPhone 14がおすすめです。

上位機種に比べると性能は劣りますが、それでもiPhone 13 Proと同じチップが搭載され、カメラ性能も向上するなどiPhone 13からは確実にグレードアップしています。

iPhone 14 Plusがおすすめの人

iPhone 14 Plusをおすすめしたいのは、画面の大きさとバッテリー持ちの良さを重視する人です。

これまでは上位機種でしか選べなかった6.7インチサイズが、低価格モデルでも選べるようになったことはiPhone 14の大きな変化のひとつ。

Proほどのハイスペックは不要だけど、折角のシネマティックモードで撮影した動画を大画面で楽しみたい方、できるだけ充電せずに長く使いたい方は、Plusのメリットをかなり実感できるはず。

15,000円の価格差が画面サイズ・バッテリーと見合っていると感じるのであればiPhone 14 Plusがおすすめです。

また、iPhone 14 Plusだけ他の機種に比べて発売日が遅くなっているので、iPhone 14をできるだけ早く使ってみたい!と思っている人は注意しましょう。

iPhone 14 Proがおすすめの人

iPhone 14 Proをおすすめしたいのは、iPhone 14シリーズの最新機能を使いたい人です。

iPhone 14シリーズの目玉とも言える新機能のほとんどは、上位機種であるiPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxのみに搭載されています。

最新チップA16 Bionicの搭載、画面上部に新たに登場したDynamic Island、常時点灯ディスプレイ。

また、カメラ機能に関しても、4800万画素のメインカメラ搭載に2倍望遠対応などiPhone 13 Proからはかなりグレードアップしています。

最新機能を使ってみたいという方、大きい画面は必要ないという方はiPhone 14 Proがおすすめです。

iPhone 14 Pro Maxがおすすめの人

iPhone 14 Pro Maxをおすすめしたいのは、最新型iPhoneの機能を大画面で楽しみたいという人です。

高解像度で撮影した写真や動画を、iPhoneの画面上で見るのであればやはり画面が大きいに越したことはないでしょう。

ProMotionのパワーが最も発揮される負荷の高いゲームなども、大画面であればより楽しめます。

また、そうした高い処理能力が要求される作業をするのであれば、iPhone 14 Pro Maxバッテリー持ちの良さも大きなメリットとなります。

ただし、画面サイズの大きさが操作性や携帯性の悪さにつながる面もあります。

特に、新機能のDynamic Islandは画面サイズが大きすぎると手のサイズによっては使い辛く感じるかも知れません。

大画面・バッテリー持ちの良さを重視する方、また、これまでにiPhone 13 Pro Maxや他の大画面スマホなどで大きいサイズになれている方におすすめです。

iPhone14 / Max / Pro / Pro Maxで人気なのは?

iPhone14のカラーラインナップ

画像引用元:iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

ネット上でのiPhoneユーザーたちの反応を見る限り、どうやら現時点での人気順は以下の通りのようです。

iPhone14シリーズの人気予想
  1. iPhone 14 Pro
  2. iPhone 14
  3. iPhone 14 Plus
  4. iPhone 14 Pro Max

iPhone 14ならではの新機能を実感できてサイズも丁度良いiPhone 14 Proの人気が高そうです。

ちなみに、iPhone13シリーズの人気は以下の順でした。

iPhone13シリーズの人気ランキング
  1. iPhone13
  2. iPhone13 Pro
  3. iPhone13 Pro Max
  4. iPhone13 mini

情報引用元:iPhone 13 Models Have Biggest Share in Years

とはいえ、iPhone14でも同様の順になるとは限りませんし、こだわりたいポイントは人によっても違うはず。

そこで、Twitterでの反応を集めてみました。

どうやらノッチ廃止=Dynamic Islandの登場への注目度は高いようです。

また、Proの2機種のみに登場した新色「ディープパープル」に惹かれている人は多いようです。

iPhone 14シリーズの発売日・予約開始日

iPhone 14

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone 14の発売スケジュールは以下の通りです。

iPhone 14/14 Pro/14 Pro Maxの発売スケジュール
  • 予約開始日:2022年9月8日(金)午後9時
  • 発売日:2022年9月16日(金)
iPhone 14 Plusの発売スケジュール
  • 予約開始日:2022年9月8日(金)午後9時
  • 発売日:2022年10月7日(金)

各機種予約日は同じですが、iPhone 14 Plusだけ発売日が3週間遅れとなっています。

こちらのスケジュールはApple Storeのもので各キャリアからの発表はまだですが、例年通りであればドコモ・au・ソフトバンクでも同様のスケジュールで販売されるでしょう。

iPhone 14シリーズ比較:価格・ストレージ容量

iPhone 14シリーズの価格は以下の表の通りです。

機種名容量機種代金(税込)
iPhone 14128GB119,800円
256GB134,800円
512GB164,800円
iPhone 14 Plus128GB134,800円
256GB149,800円
512GB179,800円
iPhone 14 Pro128GB149,800円
256GB164,800円
512GB194,800円
1TB224,800円
iPhone 14 Pro Max128GB164,800円
256GB179,800円
512GB209,800円
1TB239,800円

ストレージ容量は通常モデルが最大512GB、Proモデルが最大1TBです。

iPhone 13に比べての低価格化こそありませんでしたが、少なくとも大幅な値上げはありませんでした。

価格差はiPhone 14とiPhone Plusが1万5,000円、iPhone 14とiPhone 14 Proが3万~6万円。

そしてiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの価格差が1万5,000円となっています。

iPhone 14シリーズ比較:サイズ・重さ

iPhone14 / 14 Plus / 14 Pro / 14 Pro Maxのサイズを比較

新しく登場したiPhone 14 Plusは、上位機種のiPhone 14 Pro Maxより高さ・幅共にわずかに大きいです。

機種名本体サイズ重さ
iPhone 14高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
172g
iPhone 14 Plus高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.80mm
203g
iPhone 14 Pro高さ:147.5mm
幅:71.5mm
厚さ:7.85mm
206g
iPhone 14 Pro Max高さ:160.7mm
幅:77.6mm
厚さ:7.85mm
240g

iPhone 13からの軽量化はせず

最も軽い機種がiPhone 14の172g、最も重い機種がiPhone 14 Pro Maxの240gです。

miniやSEのような、140g台の小型・軽量機種はiPhone 14ではラインナップからなくなりました。

iPhone 14はiPhone 13と比べて厚みが1.5mm厚くなっていますが、重さは1g軽くなっています。

iPhone 14 PlusはiPhone 14 Pro Maxとほぼ同じサイズながら重さは約35g軽いため、持った時の感覚としては軽く感じるかも知れません。

iPhone 14シリーズ比較:デザイン・カラー

iPhone14の色まとめ
iPhone 14シリーズのカラーバリエーションは以下の通りです。

iPhone 14、iPhone 14 Plusのカラー
  • ブルー
  • パープル
  • ミッドナイト
  • スターライト
  • (PRODUCT)RED
iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxのカラー
  • ディープパープル
  • ゴールド
  • シルバー
  • スペースブラック

注目の新色は、iPhone 14のパープルiPhone 14 Proのディープパープルでしょう。どちらも、iPhone 12のパープルとはちがう絶妙な紫色となっています。

iPhone 14のブルーは、iPhone 13のブルーよりはiPhone 13 Proで人気だったシエラブルーに近い水色っぽい青色です。

iPhone 14シリーズ比較:カメラ機能

iPhone 14 Pro

画像引用元:Apple公式サイト

iPhone 14ではカメラ機能が全体的にグレードアップしています。

それぞれのカメラ性能・機能の比較は以下の通りです。

項目iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
基本性能広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
静止画撮影2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 4
3倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
6倍光学ズームレンジ
最大15倍デジタルズーム
光学式手ブレ補正
ナイトモード
ポートレートモード
ナイトモードのポートレート
スマートHDR 4
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
動画撮影シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
アクションモード
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
ProResビデオ撮影
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
アクションモード
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大9倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正

全機種に共通の変化としては、次のポイントがあげられます。

iPhone 14のカメラのポイント
  • 新たな画像処理技術Photonic Engineを搭載
  • インカメラに初めてオートフォーカスを搭載
  • 激しい動きにも対応できる「アクションモード」動画撮影機能
  • 「シネマティックモード」も更にパワーアップ
  • マクロ撮影の性能も向上

全機種に搭載された新たな画像処理技術Photonic Engineによって、複数の画像を合成して最適な表現を行うDeep Fusion技術をより早い段階で適合。

暗い場所でも高度な質感や色合いの表現が可能になります。

iPhone 14・14 Plusのカメラは、メインカメラ+超広角のデュアルカメラ。

画素数もiPhone 13と変わらない1200万画素ですが、センサーサイズが大きくなり絞り値も向上しています。

iPhone 13で話題となったシネマティックモードも進化し、4K解像度で毎秒30フレーム(30fps)のビデオ撮影に対応。

映画撮影で標準的な毎秒24フレーム(24fps)での撮影も選ぶことができます。

Pro2機種のカメラ性能
  • 4800万画素のメインカメラ
  • クアッドピクセルセンサー方式を採用
  • 新たに2倍の望遠オプションが追加
  • 再設計された高性能フラッシュ

上位機種であるiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxでは、メインカメラ画素数がiPhone 13 Proの1200万画素から4800万画素にグレードアップしました。

また、iPhoneとしては初となるクアッドピクセルセンサーを採用。

暗い場所では4つのピクセルを結合することで、より大きなセンサーでより明るい画像の撮影を可能にします。

このセンサーを利用して、新たに2倍の望遠オプションが追加。デジタルズームなしで2倍望遠の4K動画が撮影できます。

また、再設計されたフラッシュライトは、最大2倍の明るさ、最大3倍均一に光が当たるようになりました。

iPhone 14の4機種を比較:スペック

画像引用元:How the A16 chip could be a game-changer for the iPhone 14 Pro | Macworld

4機種の基本スペックは以下の通りです。

iPhone 14のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重さ172g
アウトカメラ1,200万画素
(メイン、超広角)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブルー
パープル
ミッドナイト
スターライト
レッド
詳細iPhone14実機レビュー
iPhone 14 Plusのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1 mm
厚さ:7.80mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブルー
パープル
ミッドナイト
スターライト
レッド
iPhone 14 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.5mm
幅:71.5mm
厚さ:7.85mm
重さ206 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラースペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル
iPhone 14 Pro Maxのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.7mm
幅:77.6mm
厚さ:7.85mm
重さ240 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラースペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル

サイズ・重さ・バッテリー持ち以外の部分に関しては、iPhone 14とiPhone 14 Plus、iPhoe 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは同じスペックです。

最新チップA16が搭載されているのはiPhone 14 Proのみ

今回、上位2機種のProモデルには最新チップとなる「A16 Bionic」が搭載されました。

Apple史上初となる4nmのプロセスルールで製造されています。

これによって、競合機種に比べて40%の高速化、消費電力の20%削減を実現。より快適な使い心地とバッテリー持ちの良さが実感できそうです。

iPhone 14とiPhone 14 Plusの2機種にはiPhone 13 Proシリーズと同じ 6コアCPU&5コアGPUのA15 Bionicが搭載されています。

iPhone 14の4機種を比較:ディスプレイ

iPhone14 Pro 常時点灯ディスプレイ

画像引用元:Apple

ディスプレイに関しては、iPhone 14・iPhone 14 Plusの2機種はiPhone 13からほぼ変化はありません。

一方で、上位2機種のディスプレイは大きな変化を遂げています。

Proのディスプレイ性能
  • 新機能「Dynamic Island」登場
  • 最低10Hz~最大120Hzの可変リフレッシュレート
  • 常時点灯(Always-on)ディスプレイに
  • HDRのピーク輝度が1600ニト、屋外でのピーク輝度は2000ニトに向上

新機能「Dynamic Island」登場

iPhone Xからほぼ変わっていなかったフロントカメラのノッチ部分がパンチホールに。

そして同時に、ダイナミックアイランド(Dynamic Island)という新たな通知UIとしても機能するようになりました。

あらゆるアプリと連携し、各種通知、音楽の再生、通話など、あらゆる情報をミニディスプレイに表示。

タップや長押しでの操作にも対応していて、ディスプレイの幅や高さ、形がさまざまに変化します。

常時点灯ディスプレイ

iPhone 14Proは、Apple Watchと同じようにロック画面が消灯しない「常時点灯ディスプレイ」となりました。

iPhone 13 Proに引き続き、10Hz~120Hzの間で最適にリフレッシュレートが変化するProMotionを採用。常時点灯ディスプレイになっても消費電力は抑えられます。

なお、通常のiPhone 14にはPro Motionは搭載されませんでした。

晴れた屋外でも見やすい最大輝度2,000ニト

iPhone 14 Proの進化したSuper Retina XDRディスプレイでは、屋外でのピーク輝度が最大2,000ニトと、スマホの中でも最も高いレベルとなりました。

iPhone 14の4機種を比較:バッテリー持ち

iPhone 14

画像引用元:Apple公式サイト

最後に、気になるバッテリー持ちを比較します。

iPhone 14では、4機種とも前モデルであるiPhone 13に比べるとバッテリー持ちは向上しているようです。

iPhoneはバッテリー容量を公表していないため、仕様情報に記載されている再生時間を比較します。

機種ビデオ再生ビデオ再生(ストリーミング)オーディオ再生
iPhone 14最大20時間最大16時間最大80時間
iPhone 14 Plus最大26時間最大20時間最大100時間
iPhone 14 Pro最大23時間最大20時間最大75時間
iPhone 14 Pro Max最大29時間最大25時間最大95時間

iPhone 14 PlusはiPhone 14と比べると約1.3倍のバッテリー持ちの良さが期待できます。

また、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxもおよそ1.25倍の差があり、iPhone Pro Maxでは最大29時間のビデオ再生が可能となっています。

ただし、バッテリーのサイズが大きいためか、充電にかかる時間はiPhone 14 Plus・iPhone Pro Maxの2機種は若干長くなっています。

なお、充電・データ通信に使用するのは従来のLightningケーブルで、Type-Cへの対応は全機種で行われませんでした。

大画面のPlus、新機能満載のProに注目!

iPhone 14 Proシリーズ

画像引用元:Apple公式サイト

最新のiPhone 14シリーズは、miniが廃止されて登場した大画面のiPhone Plusや、上位機種に搭載されたさまざまな新機能など、注目度の高い内容となりました。

4機種の比較ポイントを改めてまとめます。

iPhone 14シリーズの比較まとめ
  • ディスプレイサイズの大きいiPhone 14 Plusが登場
  • Proの2機種には最新チップA16 Bionicを搭載
  • iPhone 14 PlusとiPhone 14 Pro Maxは画面が大きく・バッテリー持ちが良い
  • 全機種のインカメラにオートフォーカス搭載
  • 全機種に激しく動きながらの動画撮影でもぶれない「アクションモード」搭載
  • Proのカメラは4800万画素で、クアッドピクセルセンサーを採用
  • Proはノッチが廃止されパンチホールに変更
  • パンチホール部分が「Dynamic Island」という独自UIに
  • Proのディスプレイは常時点灯ディスプレイになり、屋外輝度は最大2000ニト
  • 全機種に衝突事故検出機能が搭載
  • 全機種が人工衛星経由の緊急救難信号に対応予定

新機能だけでなく新色のパープルとディープパープルも登場し、こちらの予約人気はかなり高そうですね。

機能、サイズ、バッテリー持ち、カラーなど、自分のこだわりたいポイントに注目して選んで下さい。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴8年。長年iPhoneを愛用していましたが、セールを機にOPPO Reno5 A(Y!mobile)に機種変し、久々のAndroidに。音楽・映画が好きでサブスクは複数併用しています。