iPhone14シリーズにminiは出る?出ない?iPhone13 miniを最後に廃止か

  • 2022年9月6日
  • by.nuko

iPhone 13 miniのミッドナイト

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2022年9月8日午前2時にAppleの新製品発表イベントが開催され、例年通りならここでiPhone14シリーズが発表されます。

女性など手の小さな方や取り回しを重視する方は、iPhone14シリーズでもminiモデルの登場を願っているのではないでしょうか。

しかし、小型のminiモデルは、iPhone13 miniが最後で廃止されるとの噂が多く出回っています。

この記事では、「iPhone14 miniがでるのか?でないのか?」について、情報をまとめます。

iPhone14 miniは出る?出ない?
  • iPhone14 miniは出ない可能性が高い
  • 原因:iPhone12 mini・13 miniは売れ行きが悪かった
  • iPhone14 miniに変わりiPhone14 Maxが登場
  • 今後のiPhone SEがminiモデルの筐体を採用する可能性が残っている

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

主要な情報源が「iPhone14 miniは出ない」と予想

iPhone13シリーズ グリーン

画像引用元:Apple(日本)

有名なリーカーや主要な海外テックメディアでは、軒並み「iPhone14 miniは出ない」と予想しています。

iPhone14 miniか出ない噂はかなり前からある

iPhoneの有名リーカーであるMing-chi Kuo氏(@mingchikuo)は、2022年3月にiPhone14のラインナップを予想しています。

この段階で、すでにiPhone14 miniはラインナップから外れており、代わりにiPhone14 Maxが出ると予想しています。

他にも、9to5Macなど海外の主要なテックメディアも、同時期にiPhone14 miniは廃止され、iPhone14 Maxが登場すると予想しています。

以前から確度の高いリーク情報を発信しているリーカーやテックメディアが同じ見解を出していることから、「iPhone14 miniは出ない可能性が高い」と捉えた方がいいでしょう。

ソース:iPhone 14 coming in four models without ‘mini’ version, more – 9to5Mac

iPhone14 miniが出ない代わりに6.7インチのiPhone14 Maxが登場

iPhone14シリーズでは、miniモデルに代わりiPhone13 Pro Maxと同じ6.7インチの「iPhone14 Max」が登場すると予想されています。

スペックはiPhone14と同等になるでしょうが、ディスプレイが大きくなり、さらにバッテリーも大容量になると予想されます。

海外ショップのラインナップにもiPhone14 miniはない

また、国内から海外モデルのスマホ購入時によく利用される通販サイト「EXPANSYS」では、iPhone14シリーズが既に在庫なし販売されています。

事前に購入手続きをしておくことで、在庫が入荷次第即発送される形ですね。

ここでも、やはりiPhone14シリーズにminiモデルは掲載されず、iPhone14/14 MaxとiPhone14 Pro/14 Pro Maxのみの掲載です。

iPhone14 miniが出ない理由は「売れなかった」から

iPhone 13 miniのミッドナイト

iPhone14 miniが「出ない」と予想されている理由は、主に次の2つが考えられます。

  • iPhone12 mini・13 miniが売れなかったから
  • 電池持ちが悪いと感じる人が多い

iPhone12 mini・13 miniの売れ行きが低迷

iPhone14 miniが出ないとされる1番の理由は、単純にAppleの想定より「売れなかった」ためです。

全画面かつminiモデルのiPhoneは、2020年発売のiPhone12シリーズから追加されました。

Appleの発表前のリーク情報の段階から、小型iPhoneを欲していた方から注目され、発売前の盛り上がり方から「かなり売れるのでは?」と予想されていました。

しかし、実際に発売されると、iPhone12シリーズ・iPhone13シリーズ全体と比べると、miniモデルの売れ行きはかなり低迷しています。

シリーズ全体の約6%しか売れなかった

調査会社「CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)」のレポートによると、iPhone12 miniの発売から2ヶ月間の売り上げは、iPhone12シリーズ全体の僅か6%と報告されています。

また、アメリカの2022年3月のスマホ総販売台数の71%がiPhone13シリーズにも関わらず、iPhone13 miniは僅か3%しか売れていないというレポートもあります。

このように、海外ではminiモデルの売れ行きが低迷していることが、iPhone14 miniが出ないと予想される最大の理由となっています。

ソース:CIRP

日本国内は特殊でそこそこ売れている

ただし、日本のiPhoneシェアは少々特殊で、海外よりminiモデルの需要が高いようです。

MMD研究所が2022年5月に公開したデータによると、国内のiPhoneシェアの6位にiPhone 12 miniがランクインしています。

1位はiPhone SE(第2世代)で圧倒的なシェア率になっていますが、iPhone 13よりiPhone 12 miniの方が売れている状況は、世界的に見てレアケースと言えるでしょう。

日本では「miniモデルが欲しい」と思っている方が比較的多くいるにも関わらず、海外では想定外に売れていないため、iPhone14 miniが出ないという情報の信憑性はかなり高いと言わざるを得ません。

電池持ちが悪いと感じる人が多い

また、miniモデルは本体サイズが小さいことで、必然的にバッテリー容量も少なくなっています。

Appleの仕様表では、バッテリー容量の表現が連続使用時間なので、パッと見た感じではあまり大きなデメリットに感じないかもしれません。

しかし、実際にminiモデルを利用している方の声を見ると、電池持ちが悪いという声が多く見受けられます。

Appleは製品の品質に関する評判には敏感なので、海外での売れ行きだけでなく、電池持ちの評判もminiモデルを廃止する1つの理由かもしれません。

今後のiPhone SEでminiモデルの筐体が採用されるかも?

iPhone SE3 グリップ

ここまでお伝えした通り、海外での売れ行き低迷や電池持ちに不満がある人が多いことから、iPhone14 miniは出ない可能性が極めて高いと考えられます。

miniモデルのサイズ感を気に入っている方は、「やはり出ないのか…。」とがっかりしてしまいますよね。

しかし、以下の理由から今後登場するiPhone SEの新モデルに、miniモデルの筐体が採用される可能性が残っています!

※リーク情報ではなく著者の予想です。

iPhone SEにminiモデルが採用される可能性
  • iPhone SE(第2・3世代)とiPhone 12mini・13 miniの本体サイズはほぼ同じ
  • 過去の傾向からAppleが同じ筐体を使い回すのは2〜3モデル
  • miniモデルの方がiPhone SE(第2・第3世代)よりバッテリー容量が多い
  • Face IDがマスクに対応したことでホームボタンを残す必然性が減少

miniモデルはiPhone SEとほぼ同じサイズ

iPhone SEにminiモデルの筐体が採用されると予想する最大の理由は、miniモデルの本体サイズがiPhone SEとほぼ同じということです。

iPhone SEは日本で1番売れているiPhoneですが、購入する方の多くはスペックより「安くiPhoneが持てる」ことを重視しています。

また、一部のユーザーは、iPhone SEが小さくて取り回しがいいことを理由に選んでいるようです。

メインのナンバリング機種で廃止となったminiモデルも、iPhone SEになら気軽に流用できると考えられます。

AppleはそろそろiPhone SEの筐体を見直す時期

iPhone SEは第2世代・第3世代にiPhone 8をベースにした筐体を採用しています。

しかし、過去の傾向から、Appleは2〜3モデルで新しい筐体にデザインを採用する可能性が高いと言えます。

ほぼ同じ筐体を採用したモデル
  • iPhone 5・iPhone 5s・iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6・iPhone 6s
  • iPhone 7・iPhone 8
  • iPhone X・iPhone Xs・iPhone 11
  • iPhone 12・iPhone13・iPhone14(予想)

iPhone SEの筐体は、早ければ次回モデルで新しくなる可能性があるということです。

また、今までのようにホームボタンを採用している筐体は、iPhone 8以降は登場していません。

そのため、iPhone SEに新たな筐体を採用するには、iPhone X以降の全画面モデルを利用するか、新たなデザインを作らないといけません。

しかし、iPhone SEは価格を抑えていることが売りなので、製造コストが上がる新デザインは現実的とは言えないでしょう。

ここ最近は半導体不足も相まって製造コストが高くなっているため、Appleは今まで以上にコストダウンに奔走すると考えられます。

先にお伝えした同等サイズということも考慮すると、iPhone SEのデザインが変更される際に、miniモデルの筐体が選ばれる可能性が高いと考えていいのではないでしょうか。

既存のiPhone SEよりminiモデルの方がバッテリーが大容量

先ほど、iPhoneのminiモデルはバッテリー容量が小さいため、電池持ちの評判は芳しくないとお伝えしました。

しかし、iPhone SEの既存モデルと比較すると、miniモデルのバッテリー容量は最も大きくなります。

モデルバッテリー容量
(非公式)
連続使用時間
iPhone SE(第2世代)1,821mAhビデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
iPhone SE(第3世代)2,018mAhビデオ再生:最大15時間
オーディオ再生:最大50時間
iPhone 12 mini2,227mAhビデオ再生:最大15時間
オーディオ再生:最大50時間
iPhone13 mini2,406mAhビデオ再生:最大17時間
オーディオ再生:最大55時間

そのため、iPhone SEとしてminiモデルが登場しても、既存のiPhone SEより電池持ちは改善されると言えるでしょう。

Face IDのマスク対応でホームボタンが無くなっても困らない

また、iPhone SEは今までホームボタンを搭載していることでも人気がありました。

特に新型コロナウイルスが流行してからは、マスクを着用中はFace IDが利用できないことから、iPhone SEの方がいいと感じる方も多かったのではないでしょうか。

しかし、iOS15.4以降かつiPhone12シリーズ以降のFace IDなら、マスク着用中でもFace IDが使えるようになりました。

そのため、iPhone SEにminiモデルの筐体が採用されたとしても、生体認証で困ることは無くなります。

ホームボタン有無で使い勝手も多少変わりますが、利用者の不便を取り除いたことで、iPhone SEでも全画面モデルを採用しやすくなったと言えるでしょう。

今後のminiモデルはiPhone14 miniではなくiPhone SEに期待

いつでもカエドキプログラム 機種

画像引用元:iPhone 13・iPhone 13 mini | iPhone | NTTドコモ

今回は、「iPhone14 miniが出るのか?出ないのか?」について解説しました。

iPhone14 miniは出る?出ない?
  • iPhone14 miniは出ない可能性が極めて高い
  • 原因:iPhone12 mini・13 miniは売れ行きが悪かった
  • iPhone14 miniに変わりiPhone14 Maxが登場
  • 今後のiPhone SEがminiモデルの筐体を採用する可能性が残っている

以前から噂されている通り、iPhone14 miniは出ないと考えておいた方がいいでしょう。

その代わりに大型のiPhone14 Maxが登場するとされ、iPhone14シリーズは6.1インチの6.7インチの2パターンのサイズとなります。

しかし、小型のminiモデルはiPhone SE(第2・3世代)と同じサイズ感のため、今後iPhone SEの筐体として採用される可能性が残っています。

iPhone SEは3月〜4月に発表される傾向にあり、最近は発売スパンが短くなっています。

miniモデルファンの方は、次回以降のiPhone SEにminiモデルが採用されることに期待しましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!