iPhone14 Pro、天体写真の撮影性能が向上する?

  • 2022年9月1日
  • by.Fenway2

Apple発表イベントFar Out.

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Notebookcheckは、現地時間2022年9月7日にAppleが開催する発表イベント「Far Out.」の招待状やハッシュフラッグから、iPhone 14 Proシリーズのカメラ性能が向上する可能性があると予想しています。

宇宙をイメージさせるデザインの招待状やハッシュフラッグにより、天体写真の撮影性能の向上が期待できるとのことです。

トップ画像引用元:Apple公式サイト

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

低照度下での天体写真の撮影性能向上か

iPhone14 Pro Max モック

画像引用元:Twitter

Appleはすでに発表イベント「Far Out.」の招待状を配布し、ハッシュフラッグも配信しており、そのデザインが、何かを示唆しているのではないかとの推測が話題になっています。

単なる魅力的なデザインである可能性はありますが、宇宙や夜空をイメージさせる背景に星空が描かれたデザインから、Notebookcheckは、低照度下での天体写真の撮影における画質向上を予想しています。

なお、iPhoneは近々、望遠鏡レンズを搭載するとの噂もありますが、2023年モデルに採用される可能性が高いようです。

ソニー製のクアッドベイヤー配列イメージセンサーを採用との噂

iPhone14

画像引用元:iPhone 14 Pro Rumored to Have 6GB of Faster RAM – MacRumors

iPhone 14 Proシリーズのリア広角カメラには、ソニー製の4,800万画素クアッドベイヤー配列のイメージセンサーを採用するとの噂があります。

同イメージセンサーでは、夜空・夜景など低照度下で撮影すると、隣接する4画素の信号を加算し、画素サイズ1.6μm相当に感度が向上。

低ノイズにより、夜間でも明るい写真や動画の撮影が可能になると、ソニーは説明しています。

iPhone 14 Proシリーズではカメラの画素数を1,200万画素から、4,800万画素に引き上げるという噂は以前からあり、より優れた低照度性能と組み合わせることで、夜景や夜空でも鮮明な写真を撮影できるようになるとのことです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。