iPhone14とiPhone15を比較

iPhone14とiPhone15を比較|違いは何?どっちが買い?

  • 更新日:2024年4月17日
  • 本記事には広告が表示されます

この記事では、iPhone15とiPhone14を徹底比較し、違いとどちらを買うべきか解説します。

結論、Phone15とiPhone14の違いは5つです。

Phone15とiPhone14の違い

iPhone14とiPhone15を比較

「最新のiPhone15と値引き狙いのiPhone14どっちにするか…」と悩む人多いのではないでしょうか。

例年通り、iPhone15の発表後にiPhone14は値下げされ、Apple Storeの価格が7,000円安くなりました。

とはいえ、iPhone15は新たな機能が多く迷う人が多いようです。

iPhone15とiPhone14で迷っている人は、ぜひ本記事を参考にどちらを買うか決めてください。

吹き出しアイコン

カメラの強化やUSB Type-C採用のiPhone15の方がおすすめです。

iPhone15とiPhone14比較
  • iPhone15がおすすめな人
    →新型iPhoneが欲しい人
    →写真・動画をより高画質で撮りたい人
  • iPhone14がおすすめな人
    →最新モデルでなくてもOKな人
    →少しでも安くiPhoneが欲しい人
  • スペックはA16 Bionic搭載のiPhone15
  • iPhone15はメインカメラ4,800万画素に強化
  • iPhone15はDynamic Island搭載
  • iPhone15はUSB Type-C搭載
  • iPhone14はiPhone15発表で7,000円値下げ

auならiPhoneの下取りがおトク!

  • iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxがポイント増額中!
  • 最大20,900円相当増額!
  • その他のiPhoneも高額下取り!
  • 6月30日(日)まで期間限定!

iPhone15とiPhone14の違いは5個!

iPhone15とiPhone14の違い
iPhone15とiPhone14には、5個の違いがあります。

iPhone 15とiPhone14の違い

項目iPhone15iPhone14
SoCA16 BionicA15 Bionic
カメラメイン4,800万画素
デュアルカメラ
メイン1,200万画素
デュアルカメラ
ディスプレイセラミックコーティング
ピーク輝度:2,000ニト
ピーク輝度:1,200ニト
前面センサー部Dynamic Islandノッチ
充電端子USB Type-CLightning

スペックやカメラ性能はiPhone15の方が優秀で、Dynamic Islandが搭載されることからiPhone14 Proに近い印象です。

バッテリー持ちは変わっていませんが、USB Type-C対応や画面のピーク輝度向上など、iPhone15は多くの機能がよくなっています。

以上のことを総合的にみて、これからiPhoneを購入するならiPhone15がおすすめです。

この後の比較で細かな違いを押さえて、iPhone15とiPhone14のどちらがご自身の使い方に合っているのかを見極めてください。

【結論】iPhone14とiPhone15はどっちが買い?

iPhone14とiPhone15はどっちが買い
最新のiPhone15とiPhone14の値下げを狙うか迷う人も多いようです。

しかし、結論からお伝えすると多くの人にはiPhone15の購入がおすすめです。

スペック・カメラ重視ならiPhone15

iPhone15には、iPhone14 Proと同じA16 Bionicが搭載されます。

1世代前のSoCですが、最新ゲームも高画質動画もサクサク快適に使える処理能力です。

また、iPhone15はメインカメラが4,800万画素に強化され、望遠レンズが不要ならProモデルを選ばなくても良くなりました。

以上の2点を考えるだけでも、次のような人にはiPhone15の方がおすすめです。

iPhone15がおすすめな人
  • 最新のiPhoneが欲しい人
  • 望遠レンズは不要でもカメラ性能を求める人
  • ゲームや動画編集を快適に楽しみたい人

また、iPhone15からは、iPhone14 Proに搭載されたDynamic Islandも追加され、USB Type-C搭載で充電環境・アクセサリの対応も幅が広がります。

iPhone14より5,000円高くなりましたが、総合力が強化されたiPhone15を選んだ方がいいでしょう。

型落ちで安くiPhoneを買うならiPhone14

iPhone14は、iPhone15発表に伴いApple Storeの販売価格が7,000円安くなりました。

各キャリアの販売価格も2年返却で実質2万円台と大幅に安くなりました。

さらに、他社から乗り換えなら実質24円〜と激安です。

iPhone14がおすすめな人
  • 確実にキャリアで2年で返却できる値引き狙いの人
  • 最新モデルでなくてもOKな人
  • 従来通りのカメラ性能で不満がない人

iPhone15と比較しなければ、iPhone14も十分に優秀な1台です。

Apple Storeの販売価格では差し引き12,000円安くなるだけですが、キャリアの2年返却なら激安です。

型落ちでも安くiPhoneを手に入れるなら、キャリアの割引をフル活用して購入しましょう。

iPhone15とiPhone14を比較:価格

iPhone15とiPhone14を価格で比較

iPhone15・iPhone14のApple Store価格

機種名容量機種代金(税込)
iPhone 15128GB124,800円
256GB139,800円
512GB169,800円
iPhone 14128GB112,800円
256GB127,800円
512GB157,800円

iPhone15は、iPhone14より5,000円高くなりましたが、Apple Store価格で128GB 124,800円〜と比較的買いやすい価格帯です。

一方で、iPhone14はiPhone15の発表後にApple Store価格が7,000円安くなっています。

吹き出しアイコン

スペック・カメラ性能はiPhone15が優れますが、コスパ重視なら値下げされたiPhone14を狙いましょう。

以下はキャリア版も含めた端末価格です。

iPhone15の価格

iPhone15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム(※1)18,898円29,040円45,540円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※2)32,740円65,630円85,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※3)14,160円39,192円81,816円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※4)
53,880円64,896円81,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 5G WELCOME割を利用した場合
※2 au Online Shop お得割を利用した場合
※3 オンラインショップ割を利用した場合
※4 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone14の価格

iPhone14128GB256GB512GB
ドコモ通常124,465円161,480円販売終了
いつでもカエドキプログラム(※1)12,133円71,780円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常127,900円販売終了販売終了
スマホトクするプログラム(※2)47円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常127,440円販売終了販売終了
新トクするサポート(※3)48円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常120,800円135,900円165,900円
アップグレードプログラム(※4)48,384円67,944円82,944円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常112,800円127,800円157,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 5G WELCOME割を利用した場合
※2 au Online Shopお得割を利用した場合
※3 オンラインショップ割を利用した場合
※ 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

キャリアのiPhone15価格はApple Storeより高額ですが、2年後に返却OKなら実質約半額になります。

さらに乗り換えでの割引も適用されるため、キャリアへの乗り換え可能なら最大44,000円お得になります。

iPhone14もさらに実質価格が安くなったので、スペック・機能と価格を吟味してどちらを購入するか決めてください。

iPhone15とiPhone14を比較:スペック

iPhone15とiPhone14をスペックで比較

項目iPhone 15iPhone 14
SoCA16 BionicA15 Bionic
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g172g
ストレージ容量128GB
256GB
512GB
アウトカメラ48MP(メイン)
12MP(超広角)
12MP(メイン)
12MP(超広角)
インカメラ12MP
Dynamic Island
12MP
生体認証Face ID
防水・防塵IP68
充電USB Type-CLightning

iPhone15とiPhone14のスペックを比較すると上記の通りです。

iPhone15は、iPhone14 Proと同じA16 Bionicが搭載で処理能力に優れ、さらにDynamic Islandや4,800万画素のカメラなど、iPhone14 Proで新たに搭載された機能も有しています。

性能・機能共にiPhone14より大きく進化しているので、スペックで選ぶならiPhone15と断言していいでしょう。

iPhone15とiPhone14を比較:カメラ性能

iPhone15とiPhone14をカメラ性能で比較

項目iPhone 15iPhone 14
基本性能広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
静止画撮影2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍デジタルズーム
センサーシフト式光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 5
2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
センサーシフト式光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 4
動画撮影シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
アクションモード
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正

iPhone15では、標準モデルもメインカメラが4,800万画素に強化されています。

長らく通常モデルのメインカメラは1,200万画素だったので、この強化を待っていた人も多いのではないでしょうか。

なお、4,800万画素での撮影はProRAWとなります。

iPhone15とiPhone14を比較:ディスプレイ性能

iPhone15とiPhone14をディスプレイ性能で比較

項目iPhone 15iPhone 14
サイズ6.1インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,556 x 1,179ピクセル
460ppi
2,532×1,170ピクセル
460ppi
輝度最大2,000ニト最大1,200ニト
種類Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
フロントセンサー類Dynamic Islandノッチ

iPhone15とiPhone14のディスプレイサイズは6.1インチで同じです。

解像度は若干iPhone15の方が多くなっていますが、実際に使う上では違いを感じないでしょう。

また、iPhone15からはDynamic Islandが搭載され、体感では表示領域が若干広く感じるでしょう。

iPhone15とiPhone14を比較:サイズ・重量

iPhone15とiPhone14をサイズで比較:

項目iPhone 15iPhone 14
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g172g

iPhone15のサイズ・重量は、iPhone14とほぼ同じです。

ただ、ベゼルが曲面になったことで、持ちやすさはiPhone15の方がしっくりきます。

とはいえ、手に持った感覚は人それぞれなので、気になる人は店頭のデモ機を持ってチェックしましょう。

iPhone15とiPhone14を比較:カラー・デザイン

iPhone15とiPhone14をカラーで比較:

項目iPhone15iPhone14
前面センサー類Dynamic Islandノッチ
カラーブラック
グリーン
ブルー
ピンク
イエロー
ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ブルー
パープル
イエロー
デザインベゼルが曲面フラット
素材カラーインフューズドガラスの背面と
アルミニウム
ガラスの背面とアルミニウム

iPhone15のカラーは、従来のiPhoneより淡い色合いになりました。

全体的にパステルなこともあり、ピンクやブルーがかわいいと好評です。

また、ブラックは以前のモデルで人気の高いグラファイトに近い印象で、かわいい色を避けたい人におすすめです。

iPhone15とiPhone14を比較:バッテリー持ち

iPhone15とiPhone14をバッテリー持ちで比較

項目iPhone15iPhone14
連続ビデオ再生20時間20時間
搭載チップA16 BionicA15 Bionic
充電端子USB Type-CLightning

Apple公式ではバッテリー容量を公開せず、ビデオ再生時間で電池持ちの目安としています。

ビデオ再生時間はiPhon15もiPhone14も同じく20時間なので、利用する上で電池持ちはほぼ同じと考えていいでしょう。

しかし、iPhone15は充電端子がUSB Type-Cになったことで、外出先で電池がなくなっても気軽に充電できるようになっています。

吹き出しアイコン

正直、USB Type-C搭載というだけでiPhone15を選んでもいいくらいです。

iPhone15とiPhone14の比較でよくある質問

よくある質問

最後に、iPhone15とiPhone14に関してよくある質問に回答します。

iPhone14はいつ値下げする?

Apple StoreのiPhone14はiPhone15発表後すぐ7,000円値下げされました。

iPhone15が5,000円高くなっているので、差額としては12,000円です。

キャリアのiPhone14は、通常価格に大きな値引きはありませんが、2年返却する際の実質価格が2万円台〜と激安になっています。

さらに、乗り換えなら実質24円〜になったので、iPhone14値下げ狙いをするならキャリアの乗り換えを検討しましょう。

iPhone15を買ったほうが良い?

はい。これからiPhoneを購入するなら、iPhone15を優先して検討しましょう。

スペックが高くなったことはもちろん、USB Type-C対応や4,800万画素カメラ、Dynamic Island搭載とProモデルとの差が少なくなっています。

総合的に見て、とにかく価格重視という人以外はiPhone15を購入した方が満足できるでしょう。

今iPhoneを買うならiPhone15がおすすめ

iPhone15ディスプレイ

今回は、iPhone15とiPhone14を比較し、どっちを買うべきか解説しました。

iPhone15とiPhone14比較まとめ
  • iPhone15がおすすめな人
    →新型iPhoneが欲しい人
    →写真・動画をより高画質で撮りたい人
  • iPhone14がおすすめな人
    →最新モデルでなくてもOKな人
    →少しでも安くiPhoneが欲しい人
  • スペックはA16 Bionic搭載のiPhone15
  • iPhone15はメインカメラ4,800万画素に強化
  • iPhone15はDynamic Island搭載
  • iPhone15はUSB Type-C搭載
  • iPhone14はiPhone15発表で7,000円値下げ

iPhone15はスペック強化に加え、カメラ性能の大幅進化やDynamic Island搭載とProモデルとの差が少なくなったため、これから買うなら強くおすすめします。

一方で、iPhone14はApple Storeで7,000円値下げ、キャリアの実質価格が24円〜と激安価格に値下げされています。

型落ちでも十分高性能なので、安さ重視ならiPhone14を狙うのもありです。

iPhone15とiPhone14で迷っている人は、今回の解説を参考にどちらを購入するか決めてください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。