iPhone15 Plus実機レビュー

iPhone15 Plus 実機レビュー|大画面を求めるすべての人へ

  • 更新日:2023年10月6日
  • 本記事には広告が表示されます

アップルのiPhone15シリーズが2023年9月22日(金)、アップルストア及び各キャリアから発売されました。

今回、iPhone15 Plus(ピンク)を購入しましたので、実機レビューしていきます。

また、iPhone15 Plusの価格や外観、スペック、サイズ、機能など、実際に使用して感じたメリット・デメリットも解説するので、購入参考にしてください。

結論として、iPhone15 Plusはデザインもスペックも満足いく一台に仕上がっています!

iPhone15 Plus以外のおすすめiPhoneランキングはこちらからご確認ください。

iPhone15 Plus実機レビューまとめ
目次

iPhone15 Plusの発売日・価格

iPhone 15

画像引用元:Apple(日本)

iPhone15 Plusの発売日・価格からチェックしていきます。

iPhone15 Plusの発売日と価格は以下のとおりです。

iPhone 15の発売スケジュール
  • 発表日:2023年9月13日(水)
  • 予約開始日:2023年9月15日(金)21時〜
  • 発売日:2023年9月22日(金)
iPhone15の発表日・予約日・発売日スケジュール

予約開始日は2023年9月15日(金)21時〜、発売日は2023年9月22日(金)に発売されました。

iPhone15 PlusのApple Store及び各キャリアの端末価格は以下になります。

iPhone15 Plusの価格

iPhone 15 Plusの価格128GB256GB512GB
ドコモ通常168,740円190,080円230,890円
いつでもカエドキプログラム85,580円96,360円116,050円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常163,490円184,850円 225,360円
スマホトクするプログラム(※1)74,790円85,830円106,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常163,440円184,320円224,640円
新トクするサポート(※2) 89,040円99,360円120,840円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常146,800円167,800円204,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
73,392円83,880円102,384円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常139,800円154,800円184,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

やや値上げされましたが、キャリアのキャンペーンや割引を併用することで、実質58,730円〜購入できます。

iPhone15との価格差は約1万円ほどなので、「大画面を手に入れたいか」でどちらにするか検討するとよいでしょう。

iPhone15 Plusの外観をレビュー

iPhone15 Plus

今回購入したのは新色であるiPhone15 Plusのピンクになります。

パッケージはAppleらしくシンプルで、表にはiPhone15 Plusが実寸でプリントされています。

同梱物は4つ

iPhone15 Plusパッケージ
iPhone15 Plusの同梱物は、以下の4つだけです。

iPhone15 Plusの同梱物
  • マニュアル
  • USB-Cケーブル
  • SIMピン
  • ステッカー

電源アダプタやイヤホンは付いていないので注意しましょう。

そして、iPhone15シリーズからUSB-Cケーブルが採用されました。

Lightningケーブル、おつかれさまです。

USB-Cケーブルになったことで、買い替えや購入を検討する方もかなりいそうです。

iPhone15 Plusのディスプレイ面

iPhone15 Plusのディスプレイ

iPhone15 Plusの外観をざっとみていきましょう。

iPhone15 Plusのディスプレイ面は物理キーなどはなく、ノッチからDynamic Islandに変更になりました。

指紋認証は非対応、Face ID(顔認証)のみです。

iPhone15 Plusの背面

iPhone15 Plus
iPhone15 Plusはカラーインフューズドガラスを採用しており、背面がサラサラして指紋が気になりません。

実機を見るまではiPhone14 Plus同様にツルツルしたガラスだと思い込んでいましたが、いい意味で裏切られました。

磨りガラス越しのピンクといった感じで、とても上品な色合いです。

背面の左上には広角と超広角カメラがあります。

iPhone15 Plusレンズ

カメラ部分は出っ張っているので、机などに置いた場合には傾きます。

iPhone15 Plusの側面

iPhone15 Plusの右側面

iPhone15 Plusの右側面に中央上に電源キーがあります。
iPhone15 Plusの左側面
左側面は、上からサイレントモーに切り替えるスイッチ、音量キー、SIMスロットが並んでいます。

iPhone15 PlusはデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)、デュアルeSIMに対応です。

iPhone15 Plusの上部と下部

iPhone15 Plusの上部

iPhone15 Plusの上部にはイヤホンジャックなどはありません。

iPhone15 Plusの下部

下部はUSB-Cケーブルの差し込み口、左に4つ右に6つのスピーカーの穴があります。

サイズが大きい分、iPhone15よりもスピーカーの穴が2つ多いです。

空間オーディオ再生、ドルビーアトモスにも対応しています。

iPhone15 Plusのサイズ感をレビュー

iPhone15 Plus

iPhone15 PlusはiPhone14 Plusとほぼ同じサイズの大型スマホです。

iPhone15 Plusのサイズ

項目iPhone 15 Plus
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80 mm
重量201g

iPhone15 Plusは6.7インチSuper Retina XDRディスプレイで、高さ160.9 mm×幅77.8 mm×厚さ7.80mmです。

高さや幅はiPhone14 Plusよりほんの少しだけ小さくなっています。

重さは201gで、iPhone14 Plusよりも2g軽くなりました。

iPhone15 Plusをグリップしてみた

iPhone15 Plus

iPhone15 Plusは6.7インチと大型スマホですが、とても軽く感じます。

厚みも7.80mmと薄いので、グリップしやすい印象です。

iPhone15 Plus

側面はアルミニウムを使用しており、マットで滑りにくく手にフィットします。

左手で持つと人差し指が電源キーあたりにくるので、無理なく操作できました。

ただしコントロールセンターを表示するのは、片手では厳しいサイズです。

iPhone15シリーズのサイズ比較

モデル高さ厚さディスプレイサイズ重さ
iPhone15147.6 mm71.6 mm7.80 mm6.1インチ171 g
iPhone15 Plus160.9 mm77.8 mm7.80 mm6.7インチ201 g
iPhone15 Pro146.6 mm70.6 mm8.25 mm6.1インチ187 g
iPhone15 Pro Max159.9 mm76.7 mm8.25 mm6.7インチ221 g

iPhone15 Plusは大型スマホであるため、持ちにくいと思われがちですが、iPhone15と厚さが同じため、グリップしやすい印象です。

同じディスプレイサイズのiPhone15 Pro Maxと比べて、20g軽いのもメリットですね。

iPhone15 Plusのスペックをレビュー

iPhone15のA16 Bionic

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15 Plusのスペック
  • A16 Bionicチップ搭載
  • RAMは6GBと変わらず
  • ROMは128GB・256GB・512GBの3種類

iPhone15 Plusのスペック

iPhone 15 Plusのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.9mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80mm
重さ201 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15 Plusの評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.5
コストパフォーマンス4.0

A16 Bionicチップに順当に進化

iPhone15 PlusはA16 Bionicチップを搭載しています。A16 BionicチップはiPhone14 Proモデルに搭載された1世代前のチップです。

ですが、2023年現在でもトップクラスの性能を誇ります。

1週間使用しましたが、WEBブラウジングやアプリ、カメラの切り替えなど、特にもたつきなどなくスムーズに操作できました。

iPhone15 Plusのベンチマークを測定

AnTuTu(Ver10.0.2)を利用して、ベンチマークを測定しました。

ベンチマークとは、スマホの性能を数値化した「戦闘力」のようなものです。

数値が高ければ高いほど高性能なスマホということになります。

iPhone15 Plusのベンチマーク

iPhone15 Plusベンチマーク

ベンチマークテストの結果、iPhone15 Plusは130万を超える結果に。

以下はiPhoneシリーズのベンチマークテストの結果です。

iPhoneシリーズのベンチマーク
  • iPhone15 Plus:1,376,087
  • iPhone15:1,274,377
  • iPhone14:813,546
  • iPhone SE(第3世代):734,035
  • iPhone12 Pro:700,896

同じチップを搭載したiPhone15よりも高いスコアが出ました。

一般的に50万を超えると普段使いで困ることはないとされるため、iPhone15 Plusがいかに高性能かわかります。

RAMは6GBと変わらず

iPhone15 PlusのRAMは6GBです。

RAMとは「メモリ」のことで、数値が大きいほどストレスなく複数の作業をこなせます。

RAMはアップルから公表されておらず、ベンチマークアプリでおおよそのRAMがわかります。

iPhone15 Plusメモリ

「5649M」がRAMとなり、6GBであることが分かります。

iPhone15 Plusの内蔵ストレージ

iPhone15 Plusの内蔵ストレージは、128GB・256GB・512GBの3種類です。

今回入手したのは128GBモデルになります。

ほぼアプリを入れていない状態で、残りは106GBほど利用できます。動画をいっぱい撮ったり編集したいという方でなければ、128GBモデルで十分でしょう。

iPhone15 Plusのディスプレイをレビュー

iPhone15 Plusのディスプレイ

iPhone15 Plusのディスプレイ
  • 6.7インチ OLEDディスプレイ
  • 2,796 x 1,290ピクセル解像度 460ppi
  • Dynamic Island搭載
  • 最大輝度1,000ニト(標準)

iPhone15 Plusのディスプレイは6.7インチの大画面で、Super Retina XDRを搭載しています。

iPhone15 Plusのディスプレイ

項目iPhone 15 Plus
サイズ6.7インチ
オールスクリーンOLED
種類Super Retina XDRディスプレイ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,796 x 1,290ピクセル
460ppi
コントラスト比2,000,000:1コントラスト比
最大輝度最大輝度1,000ニト
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
前面センサー類Dynamic Island

ノッチはなくなり、Dynamic Islandが搭載され、様々なアプリと連携して情報が表示され便利です。

常時表示ディスプレイは非対応、生体認証はFace IDのみ対応です。

残念なのはリフレッシュレートは60Hzところでしょうか。

屋外でも見やすいディスプレイ

最大輝度1,000ニト(標準)、ピーク輝度1,600ニト(HDR)、ピーク輝度2,000ニト(屋外)と、輝度に関しては、iPhone14から数字上はアップしています。

屋外でディスプレイが見えずらいということはなく、明るさMAXなら日光下でも綺麗に見えます。

ディスプレイサイズも大きいので、動画視聴などは迫力があります。

iPhone15 Plusのバッテリー性能をレビュー

スマホにとって、バッテリーがどのくらい持つのかは重要です。

iPhone15 Plusのバッテリー

項目iPhone15 Plus
連続ビデオ再生最大26時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大20時間
オーディオ再生最大100時間
高速充電30分で最大50%充電

アップルは他のメーカーのように、バッテリーサイズを公表していません。

iPhone15 Plusのビデオ再生は最大26時間、オーディオ再生は最大100時間としています。

YouTubeアプリでバッテリー性能を検証

iPhone15 Plusのバッテリー
  • iPhone14 Plusと変わらず
  • YouTube2時間視聴の消費量は12%
  • MagSafe&急速充電に対応

バッテリーがどのくらい持つのかは、バッテリー容量だけでは計れません。

以下の条件で実際にバッテリー性能を計測してみました。

実験環境
  • YouTubeアプリで2時間視聴(1,080p)
  • 明るさMAX
  • 音量半分

YouTubeで動画(1,080p)を2時間視聴する実験をして、バッテリー残量をチェックしました。

YouTubeアプリ使用、ディスプレイ輝度MAX、音量は半分、True Toneオフ、自動で明るさが変わる設定もオフにしています。

iPhone15 Plusバッテリー

YouTube2時間視聴した場合の電池残量は88%、消費量は12%です。

歴代iPhoneバッテリー比較
  • iPhone15 Plus:12%消費
  • iPhone15:11%消費
  • iPhone14:9%消費
  • iPhone SE(第3世代):26%消費

同じ条件でiPhone15でも計測しましたが、意外なことにあまり変わりませんでした。

環境によってもバッテリーの減りは変わるため一概に言えませんが、iPhone15 Plusのバッテリーがめちゃくちゃ持つ!というほどではなさそうです。

バッテリー部分に関しては、アップル公式でもiPhone14 Plusと同程度としているので、変化はなさそうですね。

MagSafe & 急速充電にも対応

iPhone15 PlusはQiワイヤレス充電とMagSafeにも対応しています。

別売りの20Wアダプタまたはそれ以上のアダプタ使用すれば、30分で最大50%の急速充電できます。

アダプタに迷った方は、アップル公式の「20W USB-C電源アダプタ」を選べば間違いありません。

iPhone15 Plusのカメラをレビュー

iPhone15

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15 Plusのカメラ
  • 4,800万画素の広角カメラ(ƒ/1.6絞り値)
  • 1,200万画素の超広角カメラ(ƒ/2.4絞り値)
  • 1,200万画素のフロントカメラ(ƒ/1.9絞り値)
  • 2倍の光学ズームオプション
  • フォトグラフスタイル・アクションモード・ナイトモード搭載
  • シネマティックモード搭載

iPhone15 Plusは広角カメラと超広角カメラのデュアルカメラです。

iPhone15 Plusは、広角カメラが4,800万画素に強化されました。この画素数はProモデル同じです。

光学ズームオプションは0.5倍、1倍に加えて、2倍にも対応しました。

広角カメラの画素数と光学ズーム2倍以外は、iPhone14 Plusとほぼ変わりません。

iPhone15 Plusの広角カメラ撮影

iPhone15 Plusの広角カメラ撮影

広角カメラで撮影しました。

iPhoneを向けて撮影しただけですが、自然なボケがかかり印象的な写真が撮れました。

色味もナチュラルで、実際に見た感じに近い写真が撮れます。

iPhone15 Plusの超広角カメラ撮影

iPhone15 Plusの広角カメラ撮影

室内にて超広角カメラで撮影しました。超広角カメラにありがちな歪みも目立たず、綺麗な写真が撮影できました。

画素数は1,200万画素ですが、十分に美しい写真が撮影できます。

iPhone15 Plusのポートレートで撮影

iPhone15 Plusのポートレートで撮影
iPhone15 Plusのポートレートで撮影

iPhone15 Plusのポートレートモードで撮影しました。

カメラと被写体の距離をある程度離すことで、背景がボケた写真を撮ることができます。

被写体とボケの境目も自然で、おしゃれな写真が簡単に撮影できます。

スマホによっては中々ピントが合わないものもありますが、iPhoneは誰でも簡単にポートレートを撮影できます。

超広角・広角・光学2倍ズームで撮影

iPhone15 Plusの超広角・広角・光学2倍ズームで同じ位置から撮影しました。

超広角

iPhone15 Plusの超広角カメラ撮影

広角

iPhone15 Plusの広角カメラ撮影

光学2倍ズーム

iPhone15 Plusの2倍ズームで撮影

新たに追加された光学2倍ズームは荒さもまったくなく、重宝しそうです。

風景だけでなく、近くの人や物を撮るときにも便利です。

iPhone14 Plusからは何が進化した?

ここからはiPhone14 Plusから何が進化したかを具体的に見ていきましょう。

iPhone15 Plus進化のポイント
  • A16 Bionicチップに進化
  • 広角カメラが4,800万画素・光学2倍ズームにアップ
  • ノッチからDynamic Islandに進化
  • カラーインフューズドガラス背面に
  • 重さが2g軽量化
  • LightningからUSB-Cへ
  • 価格はやや値上げ

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのスペックの比較は以下です。

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのスペック比較

項目iPhone 15 PlusiPhone 14 Plus
SoCA16 BionicA15 Bionic
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80 mm
高さ:160.8 mm
幅:78.1 mm
厚さ:7.80mm
重さ201 g203 g
ストレージ容量128GB
256GB
512GB
アウトカメラ48MP(メイン)
12MP(超広角)
12MP(メイン)
12MP(超広角)
インカメラ12MP
Dynamic Island
12MP
生体認証Face ID
防水・防塵IP68
充電USB Type-CLightning

見た目などの変化は少ないですが、スペック面では堅実に性能がアップしていることがわかります。

注目の進化ポイントをそれぞれ解説します。

A16 Bionicチップに進化

iPhone15 PlusはA16 Bionicが搭載され、処理能力などがアップしました。

A16 BionicはiPhone14 Proモデルに搭載されているもので、現役バリバリのチップです。

RAMに関しては正式に公表されていないものの、どちらも6GBと推測されます。

広角カメラが4,800万画素・光学2倍ズームにアップ

iPhone15 Plusの広角カメラは1,200万画素化ら4,800万画素へ大きく進化しました。

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのカメラ性能比較

項目iPhone 15 PlusiPhone 14 Plus
基本性能広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
静止画撮影2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍デジタルズーム
センサーシフト式光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 5
2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
センサーシフト式光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 4
動画撮影シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
アクションモード
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正

画素数がアップしたことで、最大4倍の解像度で写真が撮影できます。

光学ズームオプションも0.5倍、1倍だけでなく、2倍に対応したのも大きな進化です。

ノッチからDynamic Islandに進化

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのディスプレイサイズは6.7インチと同じです。

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのディスプレイ比較

項目iPhone 15 PlusiPhone 14 Plus
サイズ6.7インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,796 x 1,290ピクセル
460ppi
2,796 x 1,290ピクセル
460ppi
輝度最大2,000ニト最大1,200ニト
種類Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
フロントセンサー類Dynamic Islandノッチ

iPhone15モデルがノッチからDynamic Islandに変更になったことで、新型iPhoneはすべてノッチが廃止になりました。

Dynamic Islandは小さなディスプレイで、アプリなどの情報が表示されます。

個人的にはまだ完全に活用できていませんが、今後期待できる機能です。

カラーインフューズドガラス背面に

ディスプレイ面の見た目はあまり変わっていないように感じますが、背面は大きく変わっています。

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのカラー・デザイン比較

項目iPhone15 PlusiPhone14 Plus
前面センサー類Dynamic Islandノッチ
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ブルー
パープル
イエロー
デザインベゼルが曲面フラット
素材カラーインフューズドガラスの背面と
アルミニウム
ガラスの背面とアルミニウム

iPhone15 Plusの背面は今までのガラスとは違い、サラサラとした触り心地です。

淡く薄いカラーリングに磨りガラスが貼られているような質感で、指紋も気になりません。

新色はピンクとグリーンで、どちらも優しい色合いです。

重さが2g軽くなった

iPhone15 Plusのサイズ・重量は、iPhone14 Plusとほとんど変わりません。

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusのサイズ・重量比較

項目iPhone 15 PlusiPhone 14 Plus
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80 mm
高さ:160.8 mm
幅:78.1 mm
厚さ:7.80 mm
重さ201 g203 g

重さが2g軽くなりました!

体感的には差はありませんが、軽くなるという事実が大切です。

片手ですべてを操作するのは難しいサイズですが、重い!とう感じありません。

USB-C対応

iPhone15のシリーズでは、全モデルがUSB-C対応になりました。

Lightningからの卒業です。

これだけで「買い!」という方も多いのではないでしょうか。

価格はやや値上げ

iPhone15 Plusの価格は、iPhone14 Plusよりやや値上げしています。

iPhone15 Plusの価格

iPhone 15 Plusの価格128GB256GB512GB
ドコモ通常168,740円190,080円230,890円
いつでもカエドキプログラム85,580円96,360円116,050円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常163,490円184,850円 225,360円
スマホトクするプログラム(※1)74,790円85,830円106,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常163,440円184,320円224,640円
新トクするサポート(※2) 89,040円99,360円120,840円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常146,800円167,800円204,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
73,392円83,880円102,384円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常139,800円154,800円184,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone14 Plusの価格

iPhone 14 Plus128GB256GB512GB
ドコモ通常158,180円179,520円220,330円
いつでもカエドキプログラム79,220円90,000円111,250円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常販売終了販売終了販売終了
スマホトクするプログラム
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常販売終了販売終了販売終了
新トクするサポート
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常135,900円150,900円180,900円
アップグレードプログラム67,944円75,432円90,432円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常134,800円149,800円179,800円
詳細Apple公式サイトを見る

ドコモで比較すると、iPhone15 PlusとiPhone14 Plusの価格差は128GBで約6,000円(いつでもカエドキプログラム利用時)です。

この程度の価格差なら、断然iPhone15 Plusを選ぶのがおすすめです。

iPhone15 Plusを使ってわかったメリット5つ

メリット
iPhone15 Plusを1週間使用して感じたメリットは以下です。

iPhone15 Plusのメリット5つ
  • 背面が美しい
  • 広角カメラの進化と光学2倍ズーム
  • USB-C最高
  • 大きいは正義
  • iPhone15 Pro Maxに近づいたコスパのいい良端末

背面が美しい

iPhone15 Plusの背面は、カラーインフューズドガラスを採用しており、今までのiPhoneとは違った魅力があります。

指紋が付きにくいだけでなく、淡めのカラーの上にフロストカバーを付けたような質感で上品です。

背面ツルツル指紋ペタペタが苦手でProモデルを選んでいた方も、カラーインフューズドガラスなら欲しくなるかもしれません。

広角カメラの進化と光学2倍ズーム

Androidには1億画素を超えるものも多いため、1,200万画素では物足りなく感じてしまいます。

広角カメラがProモデルと同等の4,800万画素数になったのは嬉しいポイントです。

光学2倍ズームに対応したのもメリットですね。

USB-C最高

USB-Cコネクタ搭載で、充電に使うケーブルを一本化できるようになった方は多いでしょう。

Apple WatchやAirPodsをiPhone15 Plusにつないで充電することもできます。

大きいは正義

iPhone15 Plusの魅力は6.7インチの大型ディスプレイです。

動画をできるだけ大きな画面で見たい方はiPhone15 Plusが最適です。

普段はiPhone14 Proを使用しているせいか、iPhone15 Plusのディスプレイの大きさがより魅力的に感じました。

iPhone15 Pro Maxに近づいたコスパのいい良端末

iPhone15 Plusの価格はApple Storeで139,800円〜です。

キャリアのキャンペーンや割引を利用することで、実質58,730円〜購入できます。

実質価格とはいえ、このスペックのスマホが5万円台なのはコスパ良しと言わざるをえません。

iPhone15 Plusを使ってわかったデメリット2つ

デメリット
iPhone15 Plusを数日使用して感じたデメリットは以下です。

iPhone15 Plusのデメリット2つ
  • 思ったよりもバッテリーの進化がない
  • リフレッシュレート最大60Hzは時代遅れ!?

思ったよりもバッテリーの進化がない

iPhone15 Plusのデメリットを挙げるなら、バッテリー持ちとリフレッシュレートです。

バッテリー持ちはiPhone14 Plusと同程度です。

実際に動画再生でテストしましたが、iPhone15と大きく変わりませんでした。

大型の端末は電池持ちがいいというイメージでしたが、iPhone15 Plusのバッテリー持ちは特別優れているという感じでもなさそうです。

リフレッシュレート最大60Hzは時代遅れ!?

iPhone15 Plusのリフレッシュレートは最大60Hzです。Androidでは最大120Hz以上のスマホが多くあります。

iPhone15 Plusは標準モデルとはいえ、Androidを含めるとハイスペックモデルです。

それにも関わらずリフレッシュレート最大60Hzはやや型落ち感があります。

やはりスクロールの荒さは気になりました。

iPhone15 Plusは大画面かつ機能も大幅に進化!

iPhone15

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15 Plusを実際に使ってわかったメリット・デメリットを解説しました。

最後に、iPhone15 Plusをおすすめできる人、できない人を紹介します。

iPhone15 Plusをおすすめできる人
  • スペックと価格のバランスがとれた端末が欲しい人
  • カメラ性能も重視したい人
  • 大画面のスマホが欲しい人

iPhone15 PlusはiPhone15 Pro Maxにかなり近づいた、コスパの良いスマホです。

広角カメラの画素数はiPhone15 Pro Maxと同様の4,800万画素です。

6.7インチという大画面スマホでありながら、重さは201gと軽量なのも魅力です。

iPhone15 Plusをおすすめできない人
  • 格安スマホが欲しい人
  • 超高性能なスマホが欲しい人
  • 小さなスマホが欲しい人

iPhone15 Plusの価格は、iPhone SE(第3世代)や格安スマホに比べる高くなります。

iPhone SE(第3世代)はキャンペーン利用で3万円台で買えてしまうので、とにかく安いスマホが欲しい方にiPhone15 Plusは不向きです。

また、ベンチマーク最強のA17 Proチップがいい!背面はチタニウムがいい!望遠レンズも欲しい!という最強iPhoneを求める方は、iPhone15 Proモデルをおすすめします。

結論として、iPhone15 Plusは価格と性能のバランスの取れた大画面スマホといえます。

iPhone15 Pro Maxとのスペック差も縮まったので、背面の質感が気に入った方やコスパの良い大画面スマホが欲しい人にはぴったりの一台です。

この記事を書いた人
出版社に入社、編集者として15年勤務。現在はbitWaveの編集・記事作成を担当しています。初代GALAXY Sを購入しスマホが大好きに!ユーザー視点に立った記事作成を心がけています。時に脚本・演出家。