iPhone15実機レビュー

iPhone15 実機レビュー|使う人を選ばない安心の性能と価格

  • 更新日:2023年10月19日
  • 本記事には広告が表示されます

2023年9月22日(金)、アップルのiPhone15がアップルストア及び各キャリアから発売されました。

iPhone15の実機(グリーン)を入手しましたので、徹底レビューしていきます。

また、iPhone15の発売日や価格、デザイン、サイズ感、スペックなど、使用してわかったメリット・デメリットも解説するので是非参考にしてください。

iPhone15以外のおすすめiPhoneランキングはこちらからご確認ください。

iPhone15 実機レビューまとめ
目次

iPhone15の発売日・価格

iPhone 15

画像引用元:Apple(日本)

まずは簡単に、iPhone15の発売日・価格をチェクしましょう。

iPhone15の発売日と価格は以下のとおりです。

iPhone 15の発売スケジュール
  • 発表日:2023年9月13日(水)
  • 予約開始日:2023年9月15日(金)21時〜
  • 発売日:2023年9月22日(金)
iPhone15の発表日・予約日・発売日スケジュール

予約開始日は2023年9月15日(金)21時〜、発売日は2023年9月22日(金)に発売されました。

iPhone15のApple Store及び各キャリアの端末価格は以下になります。

iPhone15の価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム62,898円73,040円89,540円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円65,630円85,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート36,144円83,160円103,800円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone15は、iPhone14よりやや高い価格ですが、キャリアのキャンペーンや割引を利用することで、実質49,760円〜購入できます。

実質価格とはいえ、5万円をきる価格は「コスパ最強クラス」といえます。

iPhone15の外観をレビュー

iPhone15グリーン

今回入手したのはiPhone15のグリーンになります。

iPhone15 パッケージ

パッケージはシンプルで、表面にはiPhone15の端末写真がリアルサイズでプリントされています。

付属品は4つ

iPhone15 付属品
iPhone15の付属品はシンプルで、以下の4つだけです。

iPhone15の付属品
  • マニュアル
  • USB-Cケーブル
  • SIMピン
  • ステッカー

付属品はiPhone14と変わらず、電源アダプタやイヤホンは付いていません。

感慨深いのがLightningケーブルではなく、USB-Cケーブルが入っていること!

これだけで、iPhone15は神です。

iPhone15のディスプレイ面

iPhone15ディスプレイ

iPhone15のディスプレイ面にはホームボタンはなく、iPhone14と大きく変わりません。

iPhone15ベゼル

ベゼル幅もほぼ同じでしょうか。

指紋認証は非対応で、Face ID(顔認証)のみです。

目を引くのはノッチがDynamic Islandへ変更になったところです。

Proシリーズの特権だったDynamic Islandが標準モデルに搭載されたことで、一層差がなくなっています。

iPhone15の背面

iPhone15背面

背面の左上部には広角と超広角カメラがあります。

リンゴマークの位置は中央で、iPhone14と同じ配置になります。
iPhone15レンズ

カメラ部分は出っ張りがあるので、ケースをつけないで机などに置いた場合には傾きます。

iPhone15はカラーインフューズドガラスを採用しており、背面がサラサラしているのが特徴になります。

カラーリングが淡く上品な仕上がりになっているだけでなく、指紋がまったく目立たないのは大きなメリットです。

iPhone15の側面

iPhone15右側面

iPhone15の右側面にはやや上寄りに電源キーがあります。
iPhone15左側面

左側面は、上からサイレントモーに切り替えるスイッチ、音量キー、SIMスロットが配置されています。

iPhone15はデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)、デュアルeSIMに対応です。

iPhone15の上部と下部

iPhone15上部

iPhone15の上部は何もなく、イヤホンジャックは使用できません。
iPhone15下部

下部は待望のUSB-Cケーブルの差し込み口があり、左に3つ右に5つのスピーカーの穴があります。

空間オーディオ再生、ドルビーアトモスにも対応しています。

iPhone15のサイズ感をレビュー

Phone15サイズ

iPhone15のサイズはiPhone14とほぼ同じで中型スマホです。

iPhone15のサイズ

項目iPhone 15
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅 :71.6 mm
厚さ:7.80 mm
重さ171g

iPhone15は6.1インチSuper Retina XDRディスプレイを搭載しており、端末サイズは高さ147.6mm×幅71.6mm×厚さ7.80mmとほぼiPhone14と変わりません。

重さは171gと、近年のスマホの中では軽量です。iPhone14よりも1g軽くなりました。

iPhone15の持ちやすさをチェック

iPhone15グリップ

iPhone15を持った第一印象は軽い!持ちやすい!です。

普段はiPhone14 Proを使用しているせいか、iPhone15がとても軽く感じます。

iPhone15角

側面はアルミニウムでマットであるため、滑りにくく手にフィットします。

左手で持つと人差し指が電源キーあたりにくるので、無理なく操作できます。

iPhone15と従来モデルのサイズ比較

項目高さ厚さ画面サイズ
iPhone SE367.3mm138.4mm7.3mm4.7インチ
iPhone SE(第2世代)67.3mm138.4mm7.3mm4.7インチ
iPhone 867.3mm138.4mm7.3mm4.7インチ
iPhone 13 mini64.2mm131.5mm7.65mm5.4インチ
iPhone 1371.5mm146.7mm7.65mm6.1インチ
iPhone 1471.5mm146.7mm7.80mm6.1インチ
iPhone 1571.6 mm147.6 mm7.80 mm6.1インチ

iPhone15と従来モデルの重さ比較

項目重さ
iPhone SE3144g
iPhone SE(第2世代)148g
iPhone 8148g
iPhone 13 mini140g
iPhone 13173g
iPhone 14172g
iPhone 15171g

ここ数年サイズはほとんど変わりませんが、重さはちょっとずつ軽くなっています。

iPhone15のスペックをレビュー

iPhone15のA16 Bionic

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15のスペック
  • A16 Bionicチップ搭載
  • RAMは6GBのまま
  • ROMは128GB・256GB・512GBの3種類

iPhone15のスペック

iPhone 15のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
iPhone 15の評価
総合評価A
カメラ性能4.0
処理性能4.5
画面性能4.0
バッテリー性能4.0
コストパフォーマンス4.5

A16 Bionicチップに順当に進化

iPhone15はA16 Bionicチップを搭載しています。このA16 BionicチップはiPhone14 Proモデルに搭載されたものです。

1世代前のチップになりますが、現在でもトップクラスの性能です。

iPhone14から標準モデルとProモデルのチップに差を出すようになったので、今後もこの流れは続くでしょう。

iPhone15のベンチマークを測定

AnTuTuでベンチマーク(Ver10.0.2)を測定しました。

ベンチマークはスマホがどのくらいの性能であるかを数値化したものです。

iPhone15のベンチマーク

iPhone15 ベンチマーク

ベンチマークテストの結果、iPhone15は120万を超える結果に。

以下はこれまでのiPhoneシリーズのベンチマークテストの結果です。

iPhoneシリーズのベンチマーク
  • iPhone15:1,274,377
  • iPhone14:813,546
  • iPhone SE(第3世代):734,035
  • iPhone12 Pro:700,896

AnTuTuのテストでは、約50万点以上あれば動作に不満がないレベルとされます。iPhone15は標準モデルでありながら、めちゃくちゃ高性能ということが分かります。

RAMは6GBのまま

iPhone15のRAMは6GBです。

RAMとは「メモリ」のことで、数値が大きいほどストレスなく複数の作業をこなせます。

アップルはRAMを公表していませんが、ベンチマークアプリを利用することでおおよそのRAMが判明します。

iPhone15 RAM

「5695M」がRAMとなり、6GBであることが分かります。

iPhone15の内蔵ストレージ

iPhone15の内蔵ストレージは、128GB・256GB・512GBの3種類で、iPhone14と同じ構成です。

今回入手したのは128GBモデルになります。

iPhone15 ストレージ

2個ほどアプリを入れましたが、残りは107GBほど利用できます。

動画を多く編集するという方でないなら、128GBモデルで十分でしょう。

iPhone15のディスプレイをレビュー

iPhone15 ディスプレイ

iPhone15のディスプレイ
  • 6.1インチ OLEDディスプレイ
  • 2,556×1,179ピクセル解像度 460ppi
  • Dynamic Island搭載
  • 最大輝度1,000ニト(標準)

iPhone15のディスプレイは6.1インチ、Super Retina XDRを搭載しています。

iPhone15のディスプレイ

項目iPhone 15
サイズ6.1インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,556 x 1,179ピクセル
460ppi
種類Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
フロントセンサー類Dynamic Island

リフレッシュレートは60Hzとやや物足りません。

ノッチはなくなり、Dynamic Islandが搭載されました。

Dynamic Islandはノッチとは違い、様々な情報が表示され便利です。

常時表示ディスプレイは非対応、生体認証はFace IDのみ対応です。

日光下でもはっきり見える

最大輝度1,000ニト(標準)、ピーク輝度1,600ニト(HDR)、ピーク輝度2,000ニト(屋外)と、iPhone14から数字上はアップしています。

実際に屋外でディスプレイをチェックしましたが、輝度MAXなら日光下でもはっきりと見えます。

iPhone15のバッテリー性能をレビュー

スマホにとって、バッテリーがどのくらい持つのかは重要です。

iPhone15のバッテリー

項目iPhone15
連続ビデオ再生最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大16時間
オーディオ再生最大80時間
高速充電30分で最大50%充電

アップルはバッテリーサイズを公表していません。

iPhone15のビデオ再生は最大20時間、オーディオ再生は最大80時間としています。

YouTubeアプリでバッテリー性能を検証

iPhone15のバッテリー
  • iPhone14と変わらず
  • YouTube2時間視聴の消費量は11%
  • MagSafe&急速充電に対応

バッテリーがどのくらい持つのかは、数値だけでは分かりづらい部分です。

今回は以下の条件で実際にバッテリー性能を計測してみました。

実験環境
  • YouTubeアプリで2時間視聴(1,080p)
  • 明るさMAX
  • 音量半分

YouTubeで動画(1,080p)を2時間視聴する実験をして、バッテリー残量をチェックしました。

YouTubeアプリ使用、ディスプレイ輝度MAX、音量は半分、True Toneオフ、自動で明るさが変わる設定もオフにしています。

iPhone15 バッテリー

YouTube2時間視聴した場合の電池残量は89%だったため、消費量は11%です。

歴代iPhoneバッテリー比較
  • iPhone15:11%消費
  • iPhone14:9%消費
  • iPhone SE(第3世代):26%消費

歴代のiPhoneでも同様のテスト(720p)で行いましたが、iPhone14と同程度の電池持ちであることがわかります。

バッテリー部分に関しては、アップル公式でもiPhone14と同程度としているので、変化はなさそうです。

MagSafe & 急速充電にもしっかり対応

iPhone15はQiワイヤレス充電にも、MagSafeにも対応しています。

別売りの20Wアダプタまたはそれ以上のアダプタを使用することで、30分で最大50%の急速充電にも対応しています。

どのアダプタを購入すればいいかわからない!という方は、アップル公式の「20W USB-C電源アダプタ」を選べば間違いありません。

iPhone15のカメラをレビュー

iPhone15

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15のカメラ
  • 4,800万画素の広角カメラ(ƒ/1.6絞り値)
  • 1,200万画素の超広角カメラ(ƒ/2.4絞り値)
  • 1,200万画素のフロントカメラ(ƒ/1.9絞り値)
  • 2倍の光学ズームオプション
  • フォトグラフスタイル・アクションモード・ナイトモード搭載
  • シネマティックモード搭載

iPhone15は広角カメラと超広角カメラの2眼構成です。

iPhone15のカメラの最大の特徴は、広角カメラが4,800万画素に強化されたことです。

これで画素数はProモデルと同等になりました。

光学ズームオプションは0.5倍、1倍だけでなく、2倍にも対応しています。

iPhone15の広角カメラ撮影

iPhone15の広角カメラで撮影

iPhone15の広角カメラで撮影

晴れたに日に広角カメラで撮影しました。

草むらの部分のディテールもしっかりと表現されています。

大袈裟な色味ではなく、iPhone特有のナチュラルな写真が撮影できます。

iPhone15の超広角カメラ撮影

iPhone15の超広角カメラで撮影
超広角カメラで撮影しました。スマホの超広角カメラにありがちな歪みはややありますが、クセのない美しい写真が撮影できました。

ただし、草むらなどの表現は画素数の関係か、広角カメラよりやや荒く感じます。

iPhone15のポートレートで撮影

iPhone15のポートレートで撮影

iPhone15のポートレートで撮影

iPhone15のポートレートモードで撮影しました。

カメラを被写体に合わせることで、簡単に背景ボケのある写真が撮影できます。

被写体との距離を取る必要はありますが、認識はスムーズで使いやすい印象です。

ボケもナチュラルで、映える写真を何も考えずに撮影できるのはiPhoneの強みです。

iPhone15とiPhone14 Proで比較

iPhone15のカメラがどのくらい優れているのか、iPhon14 Proと比較してみます。

iPhone15とiPhone14 Proで比較

左がiPhone15、右がiPhone14 Proで撮影したものです。

違いがほとんど分からず、ほぼ同じ写真に見えます。

iPhone15とiPhone14 Proで比較

拡大してみたところ、ややiPhone15のほうが精彩に見えますが、撮影時の手ブレ等によるものでしょう。

iPhone15とiPhone14 Proの広角で撮影した場合には、ほとんど違いがないといえます。

iPhone14からは何が進化した?

iPhone14とiPhone15を比較

ここからはiPhone14から何が進化したのかをみていきます。

iPhone15進化のポイント
  • A16 Bionicチップに進化
  • 広角カメラが4,800万画素にアップ
  • Dynamic Island搭載
  • カラーインフューズドガラスの背面に
  • 重さが1g軽くなった
  • USB-C対応
  • 価格はやや値上げ

iPhone15とiPhone14のスペックの比較は以下になります。

iPhone15とiPhone14のスペック比較

項目iPhone 15iPhone 14
SoCA16 BionicA15 Bionic
ディスプレイ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g172g
ストレージ容量128GB
256GB
512GB
アウトカメラ48MP(メイン)
12MP(超広角)
12MP(メイン)
12MP(超広角)
インカメラ12MP
Dynamic Island
12MP
生体認証Face ID
防水・防塵IP68
充電USB Type-CLightning

スペック表を眺めてると、細かな点で性能がアップしていることがわかります。

注目の進化ポイントを詳しくみていきましょう。

A16 Bionicチップに進化

iPhone15はA16 Bionicが搭載され、処理能力がアップしました。

ベンチマークスコアでもかなり差があるので、重たいゲームなどをより快適にプレイできるようになりました。

RAMに関しては正式に公表されていないものの、どちらも6GBと推測されます。

広角カメラが4,800万画素にアップ

iPhone15の広角カメラは4,800万画素と大きく進化しました。

iPhone15とiPhone14のカメラ性能比較

項目iPhone 15iPhone 14
基本性能広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
静止画撮影2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍デジタルズーム
センサーシフト式光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 5
2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
センサーシフト式光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
スマートHDR 4
動画撮影シネマティックモード
(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
アクションモード
1080p HDビデオ撮影
720p HDビデオ撮影
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正

写真の綺麗さは画素数ではない!などといわれますが、やはり体感的には1,200万画素よりも4,800万画素のほうが綺麗に感じます。

光学ズームオプションも0.5倍、1倍だけでなく、2倍に対応したのも嬉しいポイントです。

Dynamic Island搭載

iPhone15とiPhone14のディスプレイサイズは6.1インチと変わりません。

iPhone15とiPhone14のディスプレイ比較

項目iPhone 15iPhone 14
サイズ6.1インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,556 x 1,179ピクセル
460ppi
2,532×1,170ピクセル
460ppi
輝度最大2,000ニト最大1,200ニト
種類Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
フロントセンサー類Dynamic Islandノッチ

注目のポイントはノッチからDynamic Islandに変更になったことでしょう。

Dynamic Islandは小さなディスプレイのようなもので、さまざまな情報が表示されます。

個人的にはあまり使い勝手がいい機能に感じませんが、今後に期待できる機能です。

カラーインフューズドガラスの背面に

iPhone15背面

デザイン自体は大きく変わっていませんが、背面の素材は違います。

iPhone15とiPhone14のカラー・デザイン比較

項目iPhone15iPhone14
前面センサー類Dynamic Islandノッチ
カラーブラック
グリーン
ブルー
ピンク
イエロー
ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
ブルー
パープル
イエロー
デザインベゼルが曲面フラット
素材カラーインフューズドガラスの背面と
アルミニウム
ガラスの背面とアルミニウム

iPhone15ではカラーインフューズドガラスの背面を採用しているため、触り心地や見た目の印象がかなり違います。

iPhone15はサラサラとした磨りガラスのような質感で、高級感があります。

指紋が気にならないのも個人的には好印象です。

iPhone14は「THE ガラス」という質感でしたから、この辺りは好みでしょう。

新色はピンクとグリーンで、全体的に淡い色合いです。

重さが1g軽くなった

iPhone15のサイズ・重量は、iPhone14とほとんど変わりません。

iPhone15とiPhone14のサイズ・重量比較

項目iPhone 15iPhone 14
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g172g

ベゼルがより曲面になったとのことですが、持った感じ大きな違いは感じませんでした。

地味に重さが1g軽くなっています。

ここ数年は軽くなる傾向にあるので、iPhone16では思い切った軽量化を期待したいところです。

USB-C対応

iPhone15の目玉はなんといってもUSB-C対応でしょう。

ついに、やっと、待望のLightning脱却です。

充電端子の一本化が可能になった方も多いのではないでしょうか。

私はiMacを使用しているため、マウスとキーボードの充電は変わらずLightningとなり、脱却できず…。

価格はやや値上げ

iPhone15の価格は、iPhone14よりやや値上げしています。

iPhone15の価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム62,898円73,040円89,540円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円65,630円85,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート36,144円83,160円103,800円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone14の価格

iPhone 14128GB256GB512GB
ドコモ通常124,465円161,480円201,740円
いつでもカエドキプログラム22,033円81,680円102,140円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常販売終了販売終了販売終了
スマホトクするプログラム
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常127,440円販売終了販売終了
新トクするサポート44,016円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常120,800円135,900円165,900円
アップグレードプログラム60,384円67,944円82,944円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常112,800円127,800円157,800円
詳細Apple公式サイトを見る

例えばドコモで比較すると、iPhone15とiPhone14の価格差は128GBで6,000円(いつでもカエドキプログラム利用時)ほどです。

そこまで変わらないため、今から購入するなら断然iPhone15でしょう。

iPhone15を使ってわかったメリット4つ

メリット
iPhone15を1週間使用して感じたメリットは以下です。

iPhone15のメリット4つ
  • 背面の素材が秀逸
  • 広角カメラが4,800万画素と光学2倍ズーム
  • やっぱりUSB-C
  • iPhone15 Proに近づいたコスパ最強クラスの端末

背面の素材が秀逸

iPhone15はとにかく使いやすいサイズ感で、大満足の1台に仕上がっています。

デザイン自体は大きく変わっていませんが、背面のカラーインフューズドガラスが秀逸です。

指紋が付きにくいだけでなく、カラーが抑えめに表現され高級感がグッと増しています。

広角カメラが4,800万画素と光学2倍ズーム

広角カメラがProモデルと同等の画素数になりました。

光学2倍ズームに対応したのもメリットです。

やっぱりUSB-C

USB-Cも晴れて搭載となり、キャンペーン利用で実質49,760円〜購入可能な点も魅力です。

中途半端な5万円台のスマホを購入するのなら、断然iPhone15をおすすめします。

iPhone15を使ってわかったデメリット2つ

デメリット
iPhone15を1週間使用して感じたデメリットは以下です。

iPhone15のデメリット2つ
  • バッテリー持ちの進化がイマイチ
  • リフレッシュレート最大60Hzは物足りない

バッテリー持ちの進化がイマイチ

iPhone15のデメリットをあえて上げるならばバッテリー持ちとリフレッシュレートでしょう。

バッテリー持ちはiPhone14とほぼ同じです。

実際に動画再生でテストしましたが、大きな進化は見られませんでした。

リフレッシュレート最大60Hzは物足りない

リフレッシュレートも最大60Hzです。

普段最大120Hzのスマホを使用していると、スクロールの荒さが目立ちます。

個人的には少し物足りなさを感じました。

iPhone15は万人にオススメできるコスパ最強iPhone

iPhone15

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15を実際に使ってわかったメリット・デメリットを解説しました。

最後に、iPhone15をおすすめできる人、できない人を紹介します。

iPhone15をおすすめできる人
  • コスパの良いスマホを購入したい人
  • カメラ性能も重視したい人
  • コンパクトなスマホが欲しい人

iPhone15はiPhone15 Proにかなり近づいた、コスパの良いスマホです。

広角カメラの画素数はiPhone15 Proと同様の4,800万画素です。

近年巨大化するスマホの中でもiPhone15は軽量ですから、コンパクトなものが欲しい方にもおすすめです。

iPhone15をおすすめできない人
  • 格安スマホが欲しい人
  • 超高性能なスマホが欲しい人

iPhone15の価格はそこまで高くありませんが、iPhone SE(第3世代)に比べると高いと感じてしまいます。

iPhone SE(第3世代)はキャンペーンなどの利用で3万円台で買えてしまうので、とにかく安いスマホが欲しい方にiPhone15は向いていません。

また、望遠レンズが欲しい!ベンチマーク最強のA17 Proチップがいい!チタニウムボディがいい!という最強iPhoneを求める方は、iPhone15 Proモデルをおすすめします。

結論として、iPhone15は価格と性能のバランスの取れた良端末といえます。

iPhone15 Proとの差も少なくなったので、iPhone15はライトユーザーからヘビーユーザーまで、万人におすすめできます。

この記事を書いた人
出版社に入社、編集者として15年勤務。現在はbitWaveの編集・記事作成を担当しています。初代GALAXY Sを購入しスマホが大好きに!ユーザー視点に立った記事作成を心がけています。時に脚本・演出家。