iPhone15

iPhone15が正式発表!|発売日・価格・スペック・デザインの最新情報

  • 更新日:2023年9月16日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2023年9月16日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、iPhone15の発売日・価格・スペック・デザインなど最新情報をまとめて解説します。

日本時間9月13日午前2時にApple Eventが開催され、iPhone 15とiPhone 15 Plus並びにiPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxが正式発表されました。

iPhone15は発表と共に大きな盛り上がりを見せており、いち早く手に入れたいならキャリアでの予約は必須です!

2023年新型iPhoneであるiPhone15がついに登場しました。気になる発売日、スペックや機能をみていきましょう。

iPhone15シリーズの予約・発表日
  • iPhone 15の発表日:
    2023年9月13日(水)午前2時※日本時間
    アップルイベントの情報はこちら
  • iPhone 15の予約開始日:2023年9月15日(金)午後9時
  • iPhone 15の発売日:2023年9月22日(金)

bitWaveの独自調査リリース:【iPhone 15に関する意識調査】はこちらから。

\気になるiPhone15スペック詳細へスキップ!/

iPhoneを買うならau Online Shopで!

  • auで販売している全てのiPhoneが対象!
  • 他社から乗り換えなら最大22,000円相当割引!
  • さらにiPhone15なら最大44,000円相当割引!
目次
この記事を書いた人
出版社に入社、編集者として15年勤務。現在はbitWaveの編集・記事作成を担当しています。初代GALAXY Sを購入しスマホが大好きに!ユーザー視点に立った記事作成を心がけています。時に脚本・演出家。

1分でわかるiPhone15 最新情報まとめ

iPhone 15 Pro

画像引用元:iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

iPhone15に関する発売日や予約開始日、価格、スペック、デザイン、機能の全貌が明らかになりました。

iPhone15シリーズはiPhone14シリーズからどういった進化を遂げたのか見ていきましょう。

iPhone15シリーズ 4機種
  • iPhone15 (6.1インチ)
  • iPhone15 Plus(6.7インチ)
  • iPhone15 Pro(6.1インチ)
  • iPhone15 Pro Max(6.7インチ)

iPhone15シリーズのラインナップはiPhone14シリーズと大きく変わらず、4機種が登場しました。

事前リークの通りiPhone15 miniは登場せず、開発中の噂がある折りたたみiPhoneは2025年以降に登場すると著名リーカーは予想しています。

iPhone15の発売日・予約開始日

iPhone15の発売スケジュール

Appleは、毎年9月に新型iPhoneのフラグシップを発表しています。

2023年も例に漏れず、iPhone15シリーズも日本時間9月13日午前2時に発表されました。

日本時間9月13日午前2時にApple Eventの開催が正式に発表され、iPhone15シリーズが登場しました。

iPhone15の発売日・予約開始日をみていきましょう。

iPhone15の発売までの流れ
  • 発表:日本時間9月13日午前2時
  • 予約開始日:2023年9月15日(金)午後9時
  • 発売日:2023年9月22日(金)

例年通りのスケージュールとなり、日本のキャリアではドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルが取り扱います。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15の発売日・予約開始日予想
  • 発表:2023年9月13日(水)
  • 予約開始日:2023年9月15日(金)?
  • 発売日:2023年9月22日(金)?
  • 9月13日発表になるとの噂も

過去のiPhoneの発表日・予約開始日・発売日

機種発表日予約開始日発売日
iPhone6 / 6 Plus2014年9月10日2014年9月12日2014年9月19日
iPhone6s / 6s Plus2015年9月10日2015年9月12日2015年9月19日
iPhone SE(第1世代)2016年3月21日2016年3月24日2016年3月31日
iPhone7 / 7Plus2016年9月8日2016年9月9日2016年9月25日
iPhone8 / 8Plus2017年9月12日2017年9月15日2017年9月22日
iPhone X2017年9月12日2017年10月27日2017年11月3日
iPhone X / Xs Max2018年9月12日2018年9月14日2018年9月21日
iPhone XR2018年9月12日2018年10月19日2018年10月26日
iPhone11
iPhone11 Pro / 11 Pro Max
2019年9月10日2019年9月13日2019年9月20日
iPhone SE(第2世代)2020年4月15日2020年4月20日2020年4月24日
iPhone12 / 12 Pro2020年10月14日2020年10月16日2020年10月23日
iPhone12 mini2020年10月14日2020年11月6日2020年11月13日
iPhone13 / 13 mini
iPhone13 Pro / 13 Pro Max
2021年9月15日2021年9月17日2021年9月24日
iPhone14 /
iPhone14 Pro / 14 Pro Max
2022年9月7日2022年9月9日2022年9月16日
iPhone14 Plus2022年10月7日

iPhone14シリーズと同じサイクルならば、iPhone15シリーズの発売日は2023年9月15日(金)になると予想できます。

9月23日発売との予想も

アナリストであるJeff Pu氏は「iPhone15シリーズの発売日は2023年9月23日に発売される」と9to5macは報じています。

この場合には9月第4週の土曜日となり、iPhone14シリーズより暦的には1週間遅れることになります。

ソース:9to5mac

iPhone15の製造が試作フェーズへ入った?

中国の経済日報によると、iPhone15シリーズがFoxconnの中国工場で、製造の試作フェーズに入ったと報じています。

また、中国とインドでのiPhoneの量産時間の差が約6~9ヶ月あったものが、今年は数週間に短縮されるとのこと。

このことから、2023年のiPhone15シリーズの発売は例年よりも数週早くなるという予想も出ています。

ソース:經濟日報

iPhone15シリーズの発売が10月になる!?

スマホ関連のリーカーであるYogesh Brar氏(@heyitsyogesh)は、

「高い確率で、10月のiPhone 15シリーズとPixel 8シリーズが発売される」と呟いています。

なぜ10月発売になるのかの理由は説明されていないため、今後の情報を待ちたいところです。

9月13日に発表される?

BloombergのMark Gurman氏(@markgurman)は「iPhone15のイベント日として9月12日(日本時間9月13日)のイベントで発表される可能性がある」と呟いています。

発売は9月22日としており、以前多く噂されていた予定よりも1週間遅れることになります。

iPhone15の値段・価格

iPhone15の価格

iPhone15の価格も発表されました。

Apple公式の価格は発表され、キャリアも続々と価格が決定しています。

iPhone15の値段・価格
  • iPhone15:124,800円〜
  • iPhone15 Plus:139,800円〜
  • iPhone15 Pro:159,800円〜
  • iPhone15 Pro Max:189,800円〜

以下はiPhone15シリーズの価格表になります。

iPhone15の価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)54,820円65,630円85,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常140,800円161,800円199,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
58,400円68,900円87,900円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone15 Plusの価格

iPhone 15 Plusの価格128GB256GB512GB
ドコモ通常168,740円190,080円230,890円
いつでもカエドキプログラム85,580円96,360円116,050円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常163,490円184,850円 225,360円
スマホトクするプログラム(※1)63,790円74,830円95,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常163,440円184,320円224,640円
新トクするサポート(※2)62,016円73,536円95,016円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常156,800円178,800円218,900円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
66,400円77,400円97,450円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常139,800円154,800円184,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone15 Proの価格

iPhone 15 Proの価格128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常192,060円218,790円255,090円291,830円
いつでもカエドキプログラム97,020円110,550円128,370円146,630円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常185,860円211,930円248,560円285,420円
スマホトクするプログラム(※1)77,705円90,930円109,560円128,420円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常185,760円211,680円248,400円285,120円
新トクするサポート(※2)74,136円87,216円108,696円128,376円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常179,800円205,800円240,900円276,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
77,900円90,900円108,450円126,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常159,800円174,800円204,800円234,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000ポイント還元を利用した実質

iPhone15 Pro Maxの価格

iPhone 15 Pro Maxの価格256GB512GB1TB
ドコモ通常236,940円273,680円305,910円
いつでもカエドキプログラム119,460円137,720円154,110円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常230,360円267,100円303,850円
スマホトクするプログラム(※1)100,360円119,105円137,850円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常229,680円266,400円293,040円
新トクするサポート(※2)98,856円118,416円133,056円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常224,800円260,800円288,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
100,400円118,400円132,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常189,800円219,800円249,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 オンラインショップ割を利用した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone15シリーズは124,800円〜

Appleでの価格はiPhone15が124,800円〜、iPhone15 Plusが139,800円〜、iPhone15 Proが159,800円〜、iPhone15 Pro Maxが189,800円〜です。

iPhone14シリーズから大きな値上げはなく、数千円程度の値上げにおさまっています。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15の値段・価格
  • iPhone15 Proは値上げされる?
  • iPhone15 Ultraも価格向上か
  • iPhone15はiPhone14と同価格か
  • iPhone15 Proシリーズも据え置きか価格になる可能性
  • iPhone15 Proシリーズは200ドルの値上げ?
iPhone15シリーズの予想価格
  • iPhone15:$799/£849
  • iPhone15 Plus:$899/£949
  • iPhone15 Pro:$1099/£1199
  • iPhone15 Ultra: $1199/£1299

※Macworldによる予想を基にしています。

ソース:Macworld

iPhone14の価格をおさらい

iPhone15の価格を推測するためにも、iPhone14シリーズの価格をおさらいしましょう。

iPhone14の価格

iPhone 14128GB256GB512GB
ドコモ通常138,930円161,480円201,740円
いつでもカエドキプログラム67,650円81,680円102,140円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常129,990円販売終了販売終了
スマホトクするプログラム32,500円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常137,520円販売終了販売終了
新トクするサポート31,824円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常120,800円135,900円165,900円
アップグレードプログラム60,384円67,944円82,944円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常112,800円127,800円157,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone14 Plusの価格

iPhone 14 Plus128GB256GB512GB
ドコモ通常158,180円179,520円220,330円
いつでもカエドキプログラム79,220円90,000円111,250円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常販売終了販売終了販売終了
スマホトクするプログラム
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常販売終了販売終了販売終了
新トクするサポート
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常135,900円150,900円180,900円
アップグレードプログラム67,944円75,432円90,432円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常134,800円149,800円179,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone14 Proの価格

iPhone 14 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常174,130円198,880円238,480円 275,220円
いつでもカエドキプログラム87,370円99,880円 120,400円139,260円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常175,860円201,925円238,555円275,415円
スマホトクするプログラム78,700円91,925円110,555円129,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常175,680円201,600円238,320円275,040円
新トクするサポート(※)87,840円100,800円119,160円137,520円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常150,900円165,900円195,900円225,900円
アップグレードプログラム75,432円82,944円97,944円112,944円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常販売終了
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone14 Pro Maxの価格

iPhone 14 Pro Max128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常201,850円220,330円257,070円289,300円
いつでもカエドキプログラム101,890円111,250円129,990円144,940円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常201,925円220,355円257,100円293,845円
スマホトクするプログラム91,925円101,355円120,100円138,845円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常201,600円220,320円257,040円281,520円
新トクするサポート(※)100,800円110,160円128,520円140,760円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常165,900円180,900円210,900円240,900円
アップグレードプログラム83,944円90,432円105,432円120,432円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常164,800円179,800円209,800円239,800円
詳細Apple公式サイトを見る


(※)新トクするサポートについて
・最大24回分の機種の分割支払金・賦払金(頭金は対象外)のお支払いが不要となります。
・機種は、特典利用の申し込みの翌月末までに当社指定の条件に基づく回収・査定完了が必要です。
・回収する機種が破損などで査定条件を満たさない場合、機種の回収に加えて22,000円(不課税)のお支払いが必要です。
・回線契約がなくても、特典利用条件を満たせば、特典利用可能です

iPhone13に比べ、若干値上げがありました。

円安の影響もあるため、iPhone15はiPhone14から大きく価格が向上する可能性は低いかもしれません。

iPhone15 Proが値上げされる?

WeiboにiPhone15 Proを値上げするとの予想が投稿されました。

投稿によるとiPhone15 Plusの値段を維持し、iPhone15 Proを値上げすることでモデルの価格差を広げるとしています。

iPhone14 Plusの販売不振が影響しているとされ、2モデルの価格差を広げることで相対的にiPhone14 Plusが安く見えるかっこうになります。

ソース:微博

iPhone15 Ultraも価格向上か

MacworldはiPhone14 Pro MaxをiPhone15 Ultraとしてブランド変更し新機能を追加した場合、価格を約100ドル/100ポンドに引き上げる可能性があると指摘しています。

ソース:Macworld

iPhone15はiPhone14と同価格か

Macworldは、iPhone15の価格はiPhone14とほぼ同じ価格になると予想しています。

この噂が本当ならば、iPhone15の価格は$799ということになります。

ソース:Macworld

iPhone15 Proシリーズも据え置きか価格になる可能性

iPhone15 Proシリーズの値上げが予想される中、経済日報は搭載が予想された感圧式ボタンと、広角カメラに8Pレンズを組み合わせることをキャンセルした報じています。

これにより製造にかかるコストが削減され、iPhone14 Proシリーズと価格を同程度に抑えると予想できます。

ソース:經濟日報

iPhone15 Proシリーズは200ドルの値上げ?

アナリストであるDaniel Ives氏によると、Proモデルの価格は最大200ドル(税込 約3万円)の値上げが見られる可能性があるとのこと。

現在のiPhone14 Pro Maxは1,099ドル(税込 164,800円)、14 Proは999ドル(税込 149,800円)です。

200ドル値上げされた場合には、iPhone15 Ultraは1,299ドル(税込 約195,000円)、iPhone15 Proは1,199ドル(税込 約180,000円)で販売されることになります。

Daniel Ives氏は以前、iPhone14シリーズの国際価格上昇を予測しました。

アナリストもiPhone15 Pro Max(Ultra)の価格が上がると予想

投資会社Haitong International SecuritiesのアナリストであるJeff Pu氏は、「Appleの次世代iPhone15 Pro Maxは、以前のPro Maxモデルよりも高価になる可能性が高い」としています。

価格は明言していませんが、Proシリーズの値上げは多くのリーカーが予想しています。

ソース:MacRumors

iPhone15のカラーバリエーション

iPhone15比較

画像引用元:iPhone 15 Pro Max vs iPhone 15 Pro vs iPhone 15 – Apple(日本)

iPhone15のカラーバリエーションを見ていきましょう。

iPhone15のカラーバリエーション
  • iPhone15/15 Plus
    ブルー・ピンク・イエロー・グリーン・ブラック
  • iPhone15 Pro/Pro Max
    ナチュラルチタニウム・ブルーチタニウム・ホワイトチタニウム・ブラックチタニウム

iPhone15シリーズではブルー・ピンク・イエロー・グリーン・ブラックの5色展開です。新色はピンクとグリーンになります。

iPhone15 Proシリーズではナチュラルチタニウム・ブルーチタニウム・ホワイトチタニウム・ブラックチタニウムの4色が完全新色として登場しました。

iPhone15のカラーバリエーション
項目iPhone15iPhone15 Pro
全面センサー類Dynamic Island
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
ブラックチタニウム
ホワイトチタニウム
ブルーチタニウム
ナチュラルチタニウム
デザインベゼルが曲面

iPhone15は、いずれのカラーも今までのシリーズよりも淡い色合いです。

iPhone15 Proはチタン素材になったことで、カラーバリエーションが一新されています。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のカラーバリエーション予想
  • カラーバリエーションに関する噂は少ない
  • iPhone15 Ultraはチタニウム1色のみ?
  • iPhone15 Pro最新イメージ画像公開
  • iPhone15 Proの新色はダークレッド?
  • iPhone15 Proの新色に赤系はない?
  • iPhone15 新色にクリムゾンとミントグリーンが登場?
  • iPhone15は6色展開?
  • iPhone15 Proシリーズにはチタニウムグレイが登場?

カラーバリエーションに関する噂は少ない

2023年9月現在、iPhone15シリーズのカラーバリエーションに関する噂やリーク情報は錯綜しています。

しかし、新型のiPhoneでは新色が毎年追加されていることから、iPhone15でも新色が追加される可能性は極めて高いと予想できます。

以下はiPhone15シリーズのカラーラインナップの独自予想です。

iPhone15シリーズのカラー予想
  • iPhone15/15 Plus
    ミッドナイト・スターライト・ブルー・(PRODUCT)RED・新色
  • iPhone15 Pro
    スペースブラック・シルバー・ゴールド・新色
  • iPhone15 Ultra
    チタニウム

iPhone15/15 PlusではiPhone14で追加されたパープルに変わる新色が登場し、全5色のラインナップになると予想されます。

また、iPhone15 ProではiPhone14 Proの新色であるディープパープルに変わる新色が追加され4色になるのではないでしょうか。

さらにiPhone15 UltraはApple Watch Ultraのようなチタニウムのみになる可能性もあります。

iPhone15 Ultraのカラーはチタニウムのみ?


iPhone15 Ultraのカラーは「チタニウム」1色のみになるという噂がWeiboに投稿されました。

信憑性は低いですが、iPhone15 Ultraのチタニウムの表面を撮影した写真が存在します。

iPhone15 Pro最新イメージ画像公開


Saad Ism.(@Saad_IsmaiI)氏はTwitterにて、iPhone15 Pro最新イメージ画像公開しました。

これによると既存のシルバー、スペースブラックに加えて、新色とされるサンセットゴールドとブロッサムが追加されています、

どちらの色もiPhone14やiPhone13の時にも噂に上がったモデ、実際には登場しませんでした。

iPhone15 Proの新色はダークレッド?

iPhone15 Pro ダークレッド リーク

画像引用元:iPhone 15 Pro Could Come in Dark Red, With Pink and Light Blue Options for iPhone 15 – MacRumors

9to5MacはiPhone15 Proの新色に「ダークレッド」が追加されると予想しています。

バーガンディに近い濃い赤で、カラーコードは「#410D0D」とのこと。

iPhone15 ピンク ライトグレー リーク

画像引用元:iPhone 15 Pro Could Come in Dark Red, With Pink and Light Blue Options for iPhone 15 – MacRumors

また、iPhone15シリーズには「ライトブルー」「ピンク」の2色が追加される可能性を報じています。

ライトブルーのカラーコードは「#4DB1E2」、ピンクは「#CE3B6C」になるようです。

ソース:MacRumors

iPhone15 Proの新色に赤系はない?

iPhone15 Proの新色に赤系が存在する可能性はないと予想しているのは、Unknownz21(@URedditor)氏です。

Unknownz21氏はTwitterにて赤系は存在しないが、4色展開は変更されていないと投稿しています。

スペースブラック・シルバー・ゴールドの定番色以外に、赤系以外の新色が投入される可能性があります。

iPhone15新色にクリムゾンとミントグリーンが登場?

iPhone15 リーク クリムゾン

画像引用元:9to5Mac

iPhone15シリーズの新色に以下の2色が登場すると9to5Macが報じています。

iPhone15シリーズの新色予想
  • iPhone15 Pro:クリムゾン
  • iPhone15シリーズ:ミントグリーン

iPhone15 Proにはクリムゾンと呼ばれる深い赤色が追加されるとしています。

他にもライトブルーやピンクも噂されています。

iPhone15 リーク ミントグリーン

画像引用元:9to5Mac

iPhone15シリーズにはミントグリーンで淡く明るめの緑色をしています。

どちらもWeiboにリークとして投稿されたもので、真意のほどは定かではありません。

ソース:9to5Mac

iPhone15は6色展開?

リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、iPhone15のカラーラインナップに関する噂をツイートしています。

iPhone15では以下のようなカラバリが予想されています。

iPhone15のカラーラインナップ予想
  • ミッドナイト
  • スターライト
  • グリーン
  • イエロー
  • ピンク
  • Product (RED)

iPhone15はライトブルーが登場するとの噂もあります。

iPhone15 Proシリーズにはチタニウムグレイが登場?

リーカーのUnknownz21氏(@URedditor)はiPhone15 Proシリーズのカラバリを予想しています。

iPhone15 Proのカラーラインナップ予想
  • ブルー
  • スペースブラックまたはスペースグレイ
  • チタニウムグレイ
  • シルバー

注目はチタニウムグレイで、当初はiPhone15 Pro MAXに投入されると噂されていたカラーです。

また、いつものスペースグレイはより黒みの強いスペースブラックになる可能性もあります。

常に投入されていたゴールドがなくなると予想しています。

iPhone15のスペック

iPhone15のスペック

iPhone15のスペックを見ていきましょう。

iPhone15のスペック
  • iPhone15はA16 Bionic搭載
  • iPhone15 ProはA17 Proチップ搭載
  • iPhone15 Proモデルにはアクションボタンを採用
  • 全モデルがUSB-Cに対応

以下はiPhone15シリーズのスペックになります。

iPhone15のスペック

iPhone 15のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.6 mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
重さ171 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク

iPhone15 Plusのスペック

iPhone 15 Plusのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.9mm
幅:77.8 mm
厚さ:7.80mm
重さ201 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク

iPhone15 Proのスペック

iPhone 15 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.6mm
幅:70.6mm
厚さ:8.25mm
重さ187 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間
ストリーミング:最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム

iPhone15 Pro Maxのスペック

iPhone 15 Pro Maxのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:159.9mm
幅:76.7mm
厚さ:8.25mm
重さ221 g
アウトカメラメイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(5倍望遠)
インカメラ1,200万画素
ストレージ256GB
512GB
1TB
CPUA17 Proチップ
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
端子USB-Cコネクタ
バッテリービデオ再生:最大29時間
ストリーミング:最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
高速充電約30分で最大50%充電
カラーナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム

最新チップを搭載

iPhone15シリーズにはA16 Bionic、iPhone15 ProはA17 Proチップ搭載しています。

A16 BionicはiPhone24 Proのチップとして開発された高性能チップです。

また、A17 ProチップはiPhone15 Proで初めて搭載されるチップで、Apple GPU史上最大のアップグレードになります。

どちらのモデルもスペックは大きく上がりました。

アクションボタンを採用

iPhone15 Proモデルにはサイレントスイッチに変わり、アクションボタンが採用されています。

アクションボタンを長押しするだけで以下のような操作が可能です。

アクションボタンでできること
  • 消音モード
  • 集中モード
  • カメラ
  • フラッシュライト
  • ボイスメモ
  • 翻訳
  • 拡大鏡
  • ショートカット
  • アクセシビリティ

事前に設定しておくことで、さまざまな操作がワンタッチで行えるようになりました。

全モデルがUSB-Cに対応

ついにiPhoneがUSB-Cに対応しました。

Lightningケーブルとはお別れになります。

USB-Cコネクタを搭載したので、同じ充電ケーブルを使ってMacやiPadを充電することができます。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のスペック
  • Qualcommの5Gモデムチップが搭載か
  • ProシリーズのみA17 Bionic搭載か
  • ProシリーズのみUSB-C端子か
  • Proシリーズのみ8GBのRAMか
  • 電源やボリュームボタンが感圧式ボタンになる?
  • Ultraは6倍の光学ズーム
  • 感圧式ボタンは不採用か?
  • iPhone15 ProシリーズのアクションボタンがiOS17から判明
iPhone15シリーズ予想スペック
モデル名Phone15Phone15 PlusiPhone15 ProPhone15 Pro Max
画面サイズ6.1インチ6.7インチ6.1インチ
常時点灯ディスプレイ
6.7インチ
常時点灯ディスプレイ
アウトカメラ
メイン
超広角
望遠
メイン:4,800画素
超広角:1,200画素
メイン:4,800画素
超広角:1,200画素
メイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(3倍望遠)
メイン:4,800画素
超広角:1,200画素
望遠:1,200画素(5倍望遠)
インカメラ1,200画素1,200画素1,200画素1,200画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
CPUA16 BionicチップA17 Proチップ
RAM6GB8GB
リフレッシュレート60Hz1〜120Hz
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
ブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク

ブラックチタニウム


ホワイトチタニウム


ブルーチタニウム


ナチュラルチタニウム

ブラックチタニウム


ホワイトチタニウム


ブルーチタニウム


ナチュラルチタニウム
端子USB-Cコネクタ
その他Wi-Fi 6
USB-C 2.0
LiDAR
Wi-Fi 6E
USB-C 3.2
感圧式ボタン

iPhone15シリーズではCPU、RAMの向上はもちろん、USB-C搭載が予想されています。

参考までに、以下はiPhone14シリーズのスペックです。

iPhone14のスペック

iPhone 14のスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重さ172g
アウトカメラ1,200万画素
(メイン、超広角)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブルー
パープル
ミッドナイト
スターライト
レッド
イエロー
詳細iPhone14実機レビュー

iPhone14 Plusのスペック

iPhone 14 Plusのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1 mm
厚さ:7.80mm
重さ203 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラーブルー
パープル
ミッドナイト
スターライト
レッド
イエロー

iPhone14 Proのスペック

iPhone 14 Proのスペック
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:147.5mm
幅:71.5mm
厚さ:7.85mm
重さ206 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラースペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル

iPhone14 Pro Maxのスペック

iPhone 14 Pro Maxのスペック
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.7mm
幅:77.6mm
厚さ:7.85mm
重さ240 g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,200万画素
ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
CPUA16 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応
カラースペースブラック
シルバー
ゴールド
ディープパープル

Qualcommの5Gモデムチップが搭載

China Timesによれば、iPhone15シリーズとiPhone16シリーズは今まで通り、Qualcommの5Gモデムチップが搭載されるとしています。

ただし、製造委託先をSamsungからTSMCになり、4nmプロセスで製造されるとのこと。

Appleが自社開発した5Gモデムチップは2025年以降(iPhone17)に発売されると予想されているため、今年のiPhone15と来年の iPhone16は引き続きQualcommの5Gモデムチップを使用すると報じています。

ソース:工商時報

iPhone15 ProとiPhone15 Ultraにのみ追加される6つの機能

IT之家はiPhone15 ProとiPhone15 Ultraにのみ追加される6つの機能を報じています。

追加される機能
  • A17 Bionic
  • チタニウムボディ
  • USB-C端子
  • 8GBのRAM
  • 感圧式ボタン
  • 6倍の光学ズーム

A17 Bionic

iPhone15 Proモデルには、TSMCの第2世代3nmプロセスに基づくA17Bionicチップが搭載され、パフォーマンスと効率が向上するとしています。

このA17は、昨年と同様にProモデルのみに搭載されるとのこと。

チタニウムボディ

Apple Watch Ultraと同様に、iPhone15 Proモデルのフレームは、ステンレス鋼ではなくチタン製になると、アナリストであるJeff P氏とリーカーのShrimpApplePro氏は予想しています。

USB-C端子

アナリストのMing-Chi Kuo氏は「iPhone15 Proモデルには、少なくともUSB 3.2または Thunderbolt3をサポートするUSB-Cポートが搭載されている」と指摘しています。

これによりデータ転送が大幅に高速化さます。

ただし、iPhone15の標準モデルの USB-Cポートは、引き続きUSB 2.0の速度に制限されるとしています。

8GBのRAM

TrendForceは、iPhone15 Proモデルには8GBのRAMが搭載され、標準モデルは6GBのRAMになる可能性が高いとしています。

RAMのアップにより、Safariなどのアプリはバックグラウンドでより多くのコンテンツをアクティブに保つことができ、アプリが再度開いたときにコンテンツをリロードするのを防いでくれます。

感圧式ボタン

Ming-Chi Kuo氏によると、iPhone15 Proモデルには電源ボタンと音量ボタンが感圧式ボタンになるとしています。

これは最新のiPhone SEのホームボタンや新しいMacBookのタッチスクリーンと同様に、ボタンを実際に動かさずに押す触覚フィードバックがある方式です。

6倍の光学ズーム

Ming-Chi Kuo氏は、iPhone15 Ultraには潜望鏡望遠レンズが搭載されるとしています。

これにより、 iPhone 14 Proモデルの3倍と比較して、少なくとも6倍の光学ズームを持つことができるとのこと。

ソース:IT之家

A17 Bionicのベンチマークスコアが判明!?

Busy Bee氏(@_prophet_futu)はTwitterにて、A17 Bionicと思われるベンチマークスコア(Geekbench 6)を投稿しています。

Busy Bee氏は「3つの高パフォーマンスコアと4つの高効率コアの7コアになる」と述べています。

A16 Bionicはシングル2531、マルチ6299であるため、大きく性能が向上する可能性があります。

なお、今回リークされたベンチマークスコアの信憑性は定かではありません。

感圧式ボタンは不採用か?

iPhone15 Proシリーズに搭載されると予想された感圧式ボタンが、採用されない可能性があるとMacRumorsは報じています。

感圧式ボタンが搭載されない場合には、音量ボタンのデザインはiPhone14 Proと同じものになると予想されます。

価格が変わらないという噂もあるため、コスト削減の可能性があります。

ソース:MacRumors

iPhone15 ProシリーズのアクションボタンがiOS17から判明

iPhone15 Proシリーズに搭載が噂されるアクションボタンの存在が、iOS17開発者向けベータ4から判明したとMacRumorsが報じています。

iOS 17ベータ4のコードによると、アクションボタンはユーザーがカスタマイズした9つの異なるオプションがあるとしています。

アクションボタンの機能
  • アクセシビリティ
  • ショートカット
  • サイレントモード
  • カメラ
  • フォーカス
  • 懐中電灯
  • 拡大鏡
  • 翻訳
  • ボイスメモ

これらがアクションボタンで操作できれば、使いやすさの向上につながる目玉機能になります。

ソース:MacRumors

iPhone15のデザイン

iPhone15のデザイン
iPhone15のデザインをみていきましょう。

iPhone15のデザイン
  • iPhone15はiPhone14に似たデザイン
  • iPhone15 Proはチタニウムを採用した新デザイン

iPhone15はiPhone14に似たデザイン

iPhone15シリーズは基本的には、iPhone14に似たデザインになっています。

ただし、角はiPhone14シリーズに比べてやや丸みを帯びたデザインに変更されています。

iPhone15 Proはチタニウムを採用した新デザイン

iPhone 15 Pro

画像引用元:Apple(日本)

iPhone15 Proは航空宇宙産業レベルのチタニウムを採用した初めてのiPhoneです。

チタニウムは軽量でありながら強度が高いという特徴があります。

形状自体に大きな変化はありませんが、素材が変わることでより高級な筐体になりました。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のデザイン
  • iPhone15はAndroidに似てる?
  • iPhone15 Proシリーズのサイドと音量ボタンは感圧式か
  • iPhone15 Proの最新イメージ画像が公開
  • iPhone15 Ultraの最新レンダリング画像を公開
  • iPhone15 Proの最新レンダリング画像を公開
  • 中国通販サイトでiPhone15シリーズ用ケースが販売か
  • iPhone15 Pro Max用とされるケースをTwitterに投稿
  • iPhone15シリーズの最新モックアップ画像を投稿

iPhone15はAndroidに似てる?

リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)はTwitterにて、「iPhone15はこれまで以上に Androidに見えるようになった」と投稿しています。

どういった点においてAndroidに似ているのかの理由はわかりませんが、縦に長いパンチホールやUSC-C搭載などがAndroidと似ているという可能性もあります。

フルモデルチェンジとまではいきませんが、形状はやや変わる可能性があります。

iPhone15 Proシリーズのサイドと音量ボタンは感圧式か

アナリストであるMing-Chi Kuo氏(@mingchikuo)はTwitterにて、iPhone15 Proシリーズのサイドボタンと音量ボタンは感圧式になる可能性があると投稿しています。

感圧式ボタンはiPhone SE(第3世代)のホームボタンに採用されています。

感圧ボタンは実際にボタンがあるわけではありませんが、ボタンを押したような感触があります。

感圧式にすることで防水性能が向上すると予想されます。

iPhone15 Proの最新イメージ画像が公開

コンセプトデザイナーであるDarvik氏(@darvikpatel)が最新のリーク情報をもとに、iPhone15 Proの最新イメージ画像を公開しました。

端末の素材はチタニウムになり、背面の角は丸みをおびています。

一見するとiPhone14 Proと大きな違いは見られませんが、iPhone15 Proのサイドボタンと音量ボタンは、物理ボタンではなく感圧式ボタンになると予想されています。

iPhone15 Ultraの最新レンダリング画像を公開

iPhone15 リーク

画像引用元:iPhone 15 Ultra: What it may look like, and what to expect in 2023 | AppleInsider

AppleInsiderはiPhone15 Ultraの噂を基にしたレンダリング画像を公開しました。

iPhone15 Ultraは、下端を湾曲させるデザインとなり側面はフラットのままとのこと。

iPhone15 リーク

画像引用元:iPhone 15 Ultra: What it may look like, and what to expect in 2023 | AppleInsider

背面ガラスに接続する部分はMacBook Proのコーナーに似ていると予想しています。

現在のフラットサイドデザインはiPhone12から登場し、iPhone14シリーズも継承しています。

iPhone15シリーズではデザインが刷新される可能性を指摘しています。

感圧式ボタンはケースをつけても問題なく作動

iPhone15 Proシリーズでは音量ボタンが感圧式になると予想されています。

リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)はTwitterにて、

「感圧式ボタンはケースを装着していても問題なく、非常によく設計されています」と呟いています。

感圧式ボタンとはiPhone SE(第3世代)のホームボタンのようなものです。

iPhone15 Proの最新レンダリング画像を公開


デザイナーのWillydoo(@wilson_boi_101)氏はiPhone15 Proの最新レンダリング画像をTwitterにて公開しました。

この画像では噂されていた感圧式ボタンはなく、従来の音量キーを採用していることがわかります。

また、 Apple Watch Ultraに採用された、新しいアクションボタンが搭載されており、さまざまな機能や機能への迅速かつシームレスなアクセスを提供すると予想しています。

ボディの素材もブラッシュ仕上げのチタンになったことで、豪華さが増しているように見えます。

中国通販サイトでiPhone15シリーズ用ケースが販売か

中国通販サイトAliExpressにて、iPhone15シリーズのクリアケースが発売されたとTwitterにてさまざまなリーカーが投稿しています。

iPhone15シリーズのリアカメラ部分は大きくなるとの予想がありましたが、標準モデルもProモデルもiPhone14シリーズと同じようなサイズに見えます。

iPhone15 Pro Max用とされるケースをTwitterに投稿

リーカーのMajin Bu氏(@MajinBuOfficial)はTwitterにiPhone15 Pro Max用とされるケースを撮影した動画を投稿しています。

これによると従来の音量キーの上にはiPhone14 Proシリーズよりも丸みを帯びた穴が確認できます。

これはiPhone15 Proシリーズに搭載が噂されるアクションボタンの穴の可能性があります。

iPhone 15 Pro Case Images

画像引用元:MacRumors

また、Weiboに投稿されたケース画像では左側面上部のボタン(右がiPhone15 Pro)が小さくなっています。

これはサイレントスイッチよりもアクションボタンの方がスペースを小さくできるためのようです。

ソース: MacRumors

iPhone15シリーズの最新モックアップ画像を投稿

リーカーのMajin Bu氏(@MajinBuOfficial)は、iPhone15 Proと思われる最新画像を投稿しています。

左側面はミュートスイッチにから、噂のアクションボタンに変更されているのが分かります。

iPhone15のカメラ

iPhone15のカメラ

iPhone15のカメラ性能をみていきましょう。

iPhone15のカメラ
  • iPhone15シリーズも4,800万画素メインカメラに
  • iPhone15 Proモデルは空間ビデオに対応
  • ポートレートモードも進化

iPhone15のカメラ

項目iPhone 15iPhone 15 Pro
画素数広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
広角:4,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
静止画撮影2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍デジタルズーム
ナイトモード
3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
最大15倍のデジタルズーム
センサーシフト光学式手ぶれ補正
スマートHDR 5
フォトグラフスタイル
ポートレートモード
ナイトモードのポートレート
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
動画撮影4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード(最大2.8K、60fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
-最大4K、60fpsのProResビデオ撮影
Logビデオ撮影
アカデミーカラーエンコーディングシステム
マクロビデオ撮影
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ステレオ録音
最大6倍のデジタルズーム
HEVC、H.264
ビデオの光学式手ぶれ補正(3倍望遠)
ビデオの3Dセンサーシフト光学式手ぶれ補正とAF(5倍望遠)
最大9倍(iPhone 15 Pro)のデジタルズーム
HEVC、H.264、ProRes

iPhone15シリーズも4,800万画素メインカメラに

iPhone15シリーズも4,800万画素メインカメラに進化しました。

iPhone14までは1,200万画素でしたが、これで全てのモデルのメインカメラが4,800万画素になります。

ポートレートモードも進化

被写体の背景がボケるポートレートモードも進化しています。

人物・犬・猫を撮影するとポートレートモード切り替えなしで、巧みなぼかしが入ったポートレート写真として瞬時に表示してくれます。

iPhone15 Proモデルは空間ビデオに対応

iPhone15 Proモデルは画素数などの変更はありませんが、映画の色彩基準への対応やApple Vision Proで視聴できる空間ビデオに対応しています。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のカメラ
  • iPhone15シリーズも4,800万画素メインカメラに
  • iPhone15 Ultraは6倍の光学ズームに進化か
  • iPhone15 Ultraのフロントカメラが2台に?
  • iPhone15シリーズのカメラプロテクターの画像を公開

iPhone15シリーズも4,800万画素メインカメラに

iPhone15とiPhone15 Plusは、Proシリーズと同じように4,800万画素のメインカメラを搭載すると、9to5Macは報じています。

ただし、ミッドレンジのiPhone15モデルには、光学ズーム用の望遠レンズやLiDARスキャナーは搭載されないとしています。

ソース:iPhone 15 rumored to feature 48MP camera, just like Pro models

iPhone15 Ultraは6倍の光学ズームに進化か

iPhone15 Pro Maxは、Appleでは初めて1,200万画素、6倍の光学ズームの望遠カメラ搭載すると9to5Macは報じています。

ただし、iPhone15 Proの光学ズームは3倍のままとのこと。

ソース:iPhone 15 rumored to feature 48MP camera, just like Pro models

iPhone15 Ultraのフロントカメラが2台に?

iPhone15 リーク

画像引用元:iPhone 15 Ultra: What it may look like, and what to expect in 2023 | AppleInsider

AppleInsiderはiPhone15 Ultraではフロントカメラ(自撮りカメラ)が2台になると予想しています。

従来のiPhoneのフロントカメラは1台でした。

2台のフロントカメラは、深度データの収集や被写界深度の向上など、複数の目的に使用するとしています。

サイズとスペックの問題からフロントカメラが2台搭載されるのは、iPhone15 Ultraのみだろうと指摘しています。

ソース:AppleInsider

iPhone15シリーズのカメラプロテクターの画像を公開

リーカーのfix Apple氏(@lipilipsi)はiPhone15シリーズのものと思われるディスプレイプロテクターとカメラプロテクターをTwitterに投稿しました。

それによるとディスプレイ、カメラ共にiPhone14シリーズと同サイズのように見えます。

配置も変わらないことから、フルスクリーンやレンズサイズの向上はないかもしれません。

iPhone15のディスプレイ

iPhone15のディスプレイ

iPhone15のディスプレイをみていきましょう。

iPhone15のディスプレイ
  • 全モデルがDynamic Island搭載
  • 輝度がアップしより明るいディスプレイに

iPhone15のディスプレイ

項目iPhone 15iPhone 15 Pro
サイズ6.1インチ
リフレッシュレート60Hz1〜120Hz
解像度2,556 x 1,179ピクセル
460ppi
種類Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
フロントセンサー類Dynamic Island

全モデルがDynamic Island搭載

今までノッチだった部分が、全モデルでDynamic Island搭載しました。

また、Dynamic Island自体もさまざまな表示が増え、より使いやすくなっています。

輝度がアップしより明るいディスプレイに

iPhone15シリーズはより明るいディスプレイに進化しています。

例えばiPhone15の輝度は最大2,000ニト、iPhone14の輝度は最大1,200ニトです。

単純に約2倍性能がアップしています。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のディスプレイ
  • iPhone15のベゼル部は曲面処理がされる?
  • ディスプレイサイズはiPhone14シリーズと同じか
  • iPhone15の全モデルにホールディスプレイを採用へ

iPhone15のベゼル部は曲面処理がされる?

mcguire氏(@Jioriku)Twitterにて、「画面は平らだが湾曲しており、本体は丸みを帯びていて、側面はまっすぐです」と投稿しています。

このことからiPhone11とiPhone14のデザインが融合したものになる可能性があります。

ディスプレイサイズはiPhone14シリーズと同じか

リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)はTwitterにて、「すべての iPhone15シリーズは、iPhone14 シリーズと同じディスプレイサイズになる」と投稿しています。

また、iPhone15 Proに関してはカーブエッジの薄いベゼルを持ち、ディスプレイはフラットとのこと。

さらにiPhone15シリーズにもDynamic Islandが搭載され、カメラの穴に大きな違いが見られないとしています。

iPhone15の全モデルにホールディスプレイを採用へ

韓国メディアTHE ELECは、iPhone15の全モデルにホールディスプレイを採用すると報じています。

これによりiPhone15の4つのモデルすべてに、Dynamic Island機能が搭載される可能性があります。

Dynamic IslandがなくなりフルスクリーンになるのはiPhone16以降かもしれません。

ソース:THE ELEC

iPhone15のバッテリー

iPhone15のバッテリー
iPhone15のバッテリーをみていきましょう。

iPhone15のバッテリー
  • バッテリー性能が向上

iPhone15のバッテリー

項目iPhone15iPhone15 Pro
バッテリー容量3,877mAh(予想)3,650mAh(予想)
連続ビデオ再生20時間23時間
搭載チップA16 BionicA17 Pro

Apple公式ではバッテリー容量を公開していません。

ビデオ再生時間として電池持ちの目安がわかりますが、iPhone14シリーズと大きく変わっていません。

iPhone15 Proは最新のA17 Proが搭載されたことで、電池効率が良くなったとしています。

この辺りは実機が出てから検証したい箇所です。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のバッテリー
  • バッテリー性能はiPhone14と変わらず?
  • A17チップはバッテリー向上に重点を置いている
  • 遂にUSB-Cを採用か?
  • 新型MagSafeが登場か?
  • 大きなバッテリーを搭載するという噂
  • より速い最大35W充電速度をサポートするという噂

バッテリー性能はiPhone14と変わらず?

mcguire氏(@Jioriku)はTwitterにて、「iPhone14 Proと同じ容量の5,000mAhバッテリーを搭載する」投稿しました。

バッテリーに関しては、大きく変化しない可能性があります。

A17チップはバッテリー向上に重点を置いている

iPhone15 Proシリーズに搭載される可能性が高いA17チップはバッテリー向上に重点を置いていると、9to5Macは報じています。

TSMCによると、同社の3nmプロセスは5nmチップよりも優れたパフォーマンスを提供する一方で、必要な電力は約35%少ないとしてします。

このことから、バッテリー容量は変わらずチップの性能でバッテリー持ちが向上する可能性があります。

ソース:A17 chip for iPhone 15 may focus more on battery life than power

遂にUSB-Cを採用か?

iPhone15 リーク

画像引用元:iPhone 15 Ultra: What it may look like, and what to expect in 2023 | AppleInsider

AppleInsiderは「iPhone15ではUSB-Cを搭載するか否かの選択の余地がない」と指摘しています。

理由として、EUはスマートフォンメーカーにユニバーサルポート採用を義務付ける法律を可決し、Appleは2024年までに準拠する必要があるとしています。

さらにiPhone15 Proでは、最新のUSB4/Thunderbolt仕様(コネクタ形状はUSB‐C)で、最大40Gbpsの有線データ転送速度が可能になり、現在iPhoneで使用されているUSB2.0の約80倍になる可能性を示唆しています。

新型MagSafeが登場か?

Aaron氏(@aaronp613)はTwitterにて、「iOS 17ベータ1には、モデル番号A2781の新しいMagSafeバッテリーパックへの言及がある」と投稿しています。

さらにモデル番号A3088の新しいMagSafe充電器についても触れており、新型MagSafeが登場が予想されます。

これにより、iPhone15シリーズにおけるMagSafeのワイヤレス充電速度が20Wにアップするかもしれません。

現在のMagSafeのワイヤレス充電速度最大15Wです。

大きなバッテリーを搭載するという噂

MacRumorsは、iPhone15シリーズは大きなバッテリーを搭載する可能性があると報じています。

この情報はWeiboに投稿さたもので、iPhone15はバッテリーが18%大きく、iPhone15 PlusとiPhone15 Proは14%大きく、iPhone15 Pro Maxは12%大きくなると主張しています。

iPhone15シリーズのバッテリー容量【予想】
  • iPhone 15: 3,877mAh
  • iPhone 15 Plus: 4,912mAh
  • iPhone 15 Pro: 3,650mAh
  • iPhone 15 Pro Max: 4,852mAh

どのモデルもiPhone14シリーズよりもバッテリー容量がアップしています。

ソース:MacRumors

より速い最大35W充電速度をサポートするという噂

9to5Macは、「iPhone15モデルの少なくとも一部は最大35Wの充電に対応し、より高速な充電速度が可能になる」と報じています。iPhone 14 Proは27W、通常のiPhone14は20Wです。

これらの速度でiPhone14 Pro Maxを完全に充電するには約2時間かかります。

例えばGalaxy S23 Ultraは45Wに対応しているため、1時間で完全充電が可能です。

これよりは遅くはなりますが、iPhone15が35W充電になれば大幅に充電速度が上がる計算になります。

ソース:9to5Mac

iPhone15のストレージ容量・RAM

iPhone15のストレージ容量

iPhone15のストレージ容量とRAMを見ていきましょう。

iPhone15のストレージ容量・RAM
  • iPhone15 ProのRAMは8GBに向上か?
  • iPhone15のストレージのラインナップは変わらず

iPhone15 ProのRAMは8GBに向上か?

AppleはRAMを公式で発表していません。

正確な情報はベンチマークアプリなどによって発売後に判明しますが、iPhone15 ProのRAMは8GBにアップしていると予想されます。

iPhone15のストレージのラインナップは変わらず

iPhone15のストレージのラインナップはiPhone14と全く同じです。

iPhone15のストレージ
  • iPhone15/iPhone15 Plus:128GB/256GB/512GB
  • Phone15 Pro/iPhone15 Pro Max:128GB/256GB/512GB/1TB

どちらのモデルも128GBから購入できます。

噂されていた2TBは登場しませんでした。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15のストレージ容量・RAM
  • iPhone15 ProシリーズのRAMは8GBに向上か
  • iPhone15 Ultraはストレージ容量256GBから販売か

iPhone15 ProシリーズのRAMは8GBに向上か

MyDriversは、iPhone15 ProとiPhone15 Ultraは8GB LPDDR5Xに向上すると予想しています。

iPhone14 ProシリーズのRAMは6GBでしたから、2Gアップすることになります。

ソース:科技改变未来

iPhone15 Ultraはストレージ容量256GBから販売か

リーカーであるMajin Bu氏(@MajinBuOfficial)はTwitterにて、「私の情報源によると、iPhone15 Ultraは256GBから開始され、iPhone15 Proは128GBから始まる」と投稿しています。

この予想が正しい場合にはiPhone15 Ultraの最小容量が128GBから256GBにアップすることになります。

iPhone15 Proに関しては14 Proと同じラインナップとなります。

iPhone15の生体認証

iPhone15の生体認証

iPhone15の生体認証を見ていきましょう。

iPhone15の生体認証
  • 顔認証のみ!指紋認証は搭載されず

iPhone15シリーズの生体認証は顔認証のみです。

期待していた指紋認証は今回も搭載されませんでした。

以下はiPhone15シリーズ発表前のリーク情報です。
iPhone15の生体認証
  • 指紋認証は搭載されない可能性あり

指紋認証は搭載されない?

iPhone15ではディスプレイ内にTouch IDセンサーを搭載し指紋認証が復活するという予測は多くありました。

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は2022年3月にその噂を撤回し、2023年と2024年のiPhone にはこの機能がなく、マスクで解除できるFace IDで十分だと発言したとAppleInsiderは伝えています。

iPhone15シリーズにおいても指紋認証の復活の可能性は低いと考えられます。

ソース:AppleInsider

iPhone15は待つべきか?

iPhone15は待つべきか

iPhone15についてまとめてきましたが、結局iPhone15は発売を待つべき端末なのでしょうか。

ここからはiPhone15を待つべき人と、待つべきではない人の特徴を紹介します。

iPhone15を待つべき人の特徴

iPhone15を待つべき人
  • 最新のスペックの端末が使いたい人
  • USB-C端子を求める人
  • 指紋認証が不要な人
  • 超高性能なiPhone15 Proが気になる人
  • 現在iPhone13シリーズ以前のモデルを使っている人

iPhone15シリーズは確実にiPhone14よりも性能がアップしましたので、最新スペックのiPhoneが使いたい場合にはiPhone15シリーズがおすすめです。

すべてのモデルがUSB-C端子になりましたので、待っていた人には魅力的な一台です。

ただし、指紋認証は今回も搭載なしです。

iPhone15 ProモデルはA17 Proチップでより高性能、チタニウム採用で軽量かつ高級感が増しています。

また、iPhone13シリーズ以前のモデルを現在利用している人は、バッテリーがへたっているため買い替えが吉です。

iPhone15を待つべきではない人の特徴

iPhone15を待つべきではない人
  • 低価格のiPhoneが欲しい人
  • 指紋認証が必要な人

iPhone15シリーズはiPhone14シリーズに比べて価格がやや上がりました。

低価格のiPhoneが欲しい場合には廉価版であるiPhone SE4(仮称)の登場を待つのもおすすめです。

iPhone SEシリーズは例年3月に発売されているため、新型であるiPhone SE4が2024年3月に登場する可能性があります。

また、指紋認証はフラグシップモデルのiPhoneには搭載されていないため、SEシリーズを購入するのが良いでしょう。

iPhone15を予約する手順

iPhone14 Pro
最後にiPhone15を予約する手順をキャリア別に解説していきます。

まだ発表前の端末であるため、iPhone SE3の予約手順を利用して紹介します。

手順は大きく変わらないと予想されるため、参考にしてください。

\キャリア別の予約手順へスキップ/

※予約手順はすべてiPhone SE3の時のものです。

ドコモでiPhone15を予約する手順

ドコモでiPhone15を予約する手順(オンラインショップ)をご紹介します。

  1. STEP.
    予約ページへアクセス

    ドコモオンラインショップ

    まず、パソコンやスマホでドコモオンラインショップを開きます。

    予約が始まれば、上記の画像のオンラインショップのホーム画面にiPhone15の予約ページが掲載されます。

    そこから予約ページにアクセスして、必要な情報を入力してください。

  2. STEP.
    色と容量を選んで必要な情報を入力

    ドコモオンラインショップの予約手順

    iPhone15の予約をする上で必要なのは、色と容量を決めることです。

    また、契約種別(新規や機種変更など)によって求められる情報が異なるので注意してください。

    例えば機種変更なら、ドコモ回線と紐づけられているdアカウントへのログインが求められます。

    必要な項目を全て入力したら、最後に内容確認のページで間違いがないかしっかりチェックしましょう。

  3. STEP.
    申し込み後に届く予約完了メールは大事に保管
    ドコモオンラインショップの予約手順
    予約が完了すると、完了メールが指定したメールアドレス宛に届きます。申込番号など重要な情報が記載されているので、スクリーンショットやメール保護などで大事に保管してください。
  4. STEP.
    本申込メールが届いたら手続きに進む

    ドコモの本申込画面

    画像引用元:予約の方法

    予約後に在庫が確保された時点で、契約手続きを進めて欲しいという旨の「本申込メール」が届きます。

    このメールが届いたらドコモで契約手続きを進めてください

  5. 終了

以上で予約手続きは完了です。

なお、予約後に色や容量を変更する場合は、キャンセルして再予約が必要です。

二度手間になってしまうので、予約する前に購入する色・容量をしっかり決めておきましょう。

auでiPhone15を予約する手順

続いて、auでiPhone15を予約する手順についてご紹介します。

auでiPhone15を予約する場合も、ドコモと同様にオンラインショップがおすすめです。

  1. STEP.
    予約ページへアクセス

    auオンラインショップ

    まず、auオンラインショップへアクセスします。

    予約がスタートしたらトップ画面にiPhone15の予約ページが掲載されるので、そこから予約画面へアクセスしてください。

  2. STEP.
    欲しい機種の色と容量を選んで予約内容を入力

    次に、欲しい機種の色と容量と契約種別を選択します。

    契約種別によって必要な情報が異なり、機種変更の場合はau IDでのログインが求められると思われます。

    その他の必要事項を入力し、内容に問題がなければそのまま予約を完了してください。

  3. STEP.
    申し込み後予約完了メールは大事に保管する

    予約が完了すると、ドコモと同様にメールが送られます。

    今後、キャンセルや変更などの手続きで必要になる申込番号が記載されているので、必ず大事に保管してください。

    予約完了メールは、万が一予約が知らない間に自動キャンセルされていて購入できなかったときのエビデンスにもなります。

    (実際、過去に一部の予約済のiPhoneが勝手にキャンセルされていたというトラブルがありました。)

  4. STEP.
    本申込メールが届いたら手続きを行う

    在庫が確保され次第「本申込メール」が送られます。

    本申込メールが来たら、手順に従って購入手続きをしましょう。

    なお、メールを受け取ってから「3日以内」に手続きを行わない場合、予約が自動でキャンセルされてしまうので要注意。

    メールが届いていないか、小まめにチェックするようにしましょう。

  5. 終了

ソフトバンクでiPhone15を予約する手順

続いて、ソフトバンクでiPhone15を予約する手順についてご紹介します。

ソフトンバンクでiPhone15を予約する際は、ドコモ・auと同様、オンラインショップが便利です。

  1. STEP.
    予約ページへアクセス

    ソフトバンクオンラインショップ

    ソフトバンクオンラインショップへアクセスします。

    他のキャリアと同じく、オンラインショップのトップ画面にiPhone15の予約ページが掲載されると考えられます。

  2. STEP.
    機種の色と容量を選び予約内容を入力する

    他のキャリアと同様に、まずiPhone15の色と容量を選びます。

    ドコモとauも同じですが、後から変更しするには一旦キャンセルして再予約する必要があるので、なるべくじっくりと慎重に考えて選びましょう。

    容量と色を選んだら、契約種別によって必要な情報を入力してください。

  3. STEP.
    予約申し込み後完了メールをしっかりと保管する

    予約が完了すると、同じく予約完了メールが送られます。

    捨てずに必ず保管してください。

  4. STEP.
    本申込メールが届いたら契約手続きを行う
    ソフトバンクから本申込メールが届いたら、そのまま契約の手続きを行ってください。
  5. 終了

楽天モバイルでiPhone15を予約する手順

続いて、楽天モバイルでiPhone14を予約する手順についてご紹介します。

楽天モバイルでiPhone14を予約する際は、楽天モバイルiPhone一覧ページから予約します。

  1. STEP.
    予約ページへアクセス

    楽天モバイルiPhone一覧ページ

    楽天モバイルiPhone一覧ページにアクセスしましょう。

    iPhone15の機種ごとに、予約注文ボタンのある製品紹介ページが用意されています。

  2. STEP.
    色などを選んで予約注文ボタンをタップする

    機種を選ぶと色を選べるようになっています。

    容量も予約開始時にここで選ぶことになるかも知れないため、事前に容量を決めておきましょう。

    そして予約注文ボタンをタップします。

  3. STEP.
    予約申し込み後完了メールをしっかりと保管する

    予約が完了すると、同じく予約完了メールが送られます。

    捨てずに必ず保管してください。

  4. STEP.
    本申込メールが届いたら契約手続きを行う
    楽天モバイルから本申込メールが届いたら、そのまま契約の手続きを進めてください。
  5. 終了

Apple StoreアプリでiPhone15を予約する手順

Apple StoreでiPhone15を予約する手順についても解説していきます。

Apple Storeでは、予約手続きと同時に購入手続きも完了します。

予約手続きをしたら、あとは商品が発送されるのを待つだけです。

キャリアのように、予約が取れてから契約手続きという手順はありません。

なお、銀行振込を指定した場合、振込確認ができてからの発送となるので注意してください。

Apple Storeでは、公式サイトとアプリの両方で予約が可能です。

どちらかというと、アプリからの予約のほうがステップが少ないのでおすすめですよ。

  1. STEP.
    Apple Storeアプリを開く

    まず、Apple Storeアプリを開きます。

    AppleでiPhone15を予約する場合、Apple Storeアプリを利用するのが1番簡単で手早く手続きができます。

    Apple IDでログイン済のiPhoneであれば、再ログインは不要です。

    万が一ログインを求められ際は、自分のApple IDとパスワードを入力してログインしてください。

    スムーズに予約できるように、予約開始前に支払い方法や個人情報の登録を行っておくことをおすすめします。

  2. STEP.
    商品ページにアクセスして色と容量を選ぶ

    Apple Storeアプリ

    新型iPhoneなので、商品ページのトップに掲載されていると思います。

    iPhone15を選択し、色と容量を選んで予約の手続きを進めてください。

    尚、予約後に色や容量を変更する場合、キャリアと同様再予約が必要になります。

    二度手間にならないようになるべく慎重に考えて選びましょう。

  3. STEP.
    「バッグ」から注文を確定して予約完了

    Apple Storeアプリ

    右下の「バッグ」から注文手続きに進み、「ご注文の確定」を押せば予約完了です。

    予約が完了するとメールが送られるので、大事に保管しましょう。

    銀行振込の場合は、振込が確認できてから商品発送となります。

    クレジットカードの場合は在庫が確保でき次第自動的に登録した住所宛に発送されます。

    クレジットカード決済も自動的に行われるので、万が一キャンセルや変更したいという場合は発売日前に手続きすることをおすすめします。

    届いてからの返品返金手続きはかなり面倒になります。

  4. 終了

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple公式サイトでiPhone15を予約する手順

次に、Apple公式サイトからiPhone15シリーズを予約する方法について解説します。

先述の通りApple公式で購入する場合には、Apple Storeのアプリを使用した方が早く申し込める可能性が高いです。

しかし、Apple Storeアプリはスマホ専用なので、PCから予約する場合には、Apple公式サイトを利用しましょう。

  1. STEP.
    Apple公式サイトにてiPhone15を選ぶ

    Apple公式サイト予約注文

    Apple公式サイトを開きます。

    予約が開始されると、トップページにiPhone15が表示されるのでタップして、iPhone15のページに移動します。

  2. STEP.
    iPhone14の「予約注文」をタップ

    Apple公式サイト予約注文

    予約受付が始まると、iPhone15のページに予約注文を受け付けるボタンやリンクが表示されます。

    例えば、右下にある「予約注文」の文字をタップし、予約画面に遷移してください。

  3. STEP.
    色や容量などを選択

    Apple公式サイト

    今使っているiPhoneを下取りに出すか、カラー・容量はどうするかを聞かれます。

    それらを選択して「バッグに追加」をタップ。

    その後「バッグを確認」から「注文手続きへ」で注文画面へ進みます。

  4. STEP.
    サインイン後、配送先・支払い方法を選択して予約完了

    Apple公式サイト

    サインインをしたのち、配送先や支払い方法を選択します。

    最終確認をして「注文する」をタップすれば、無事予約完了です。

    予約完了メールは大事に保管し、本予約メールが届いたら手続きを行いましょう。

    下取りの「Apple Trade In」に出す場合は事前の準備が必要になるので、あらかじめチェックしておきましょう。

  5. 終了

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone15がついに登場。最新情報をチェックしよう

iPhone15

画像引用元:iPhone 15とiPhone 15 Plus – Apple(日本)

iPhone15に関する最新情報を解説しました。

2023年9月22日(金)にiPhone15は発売され、15日(金)から予約が開始されます。

最新情報をチェックして、iPhone15を購入するかどうか検討しましょう。

iPhone15を予約するならキャリアのオンラインショップやAppleのアプリや公式サイトが簡単でおすすめです。