【2019年夏】iPhone 6sはまだ現役で使えるか?LINE・Twitterはいける!

  • 2019年9月9日
  • by 
【2019年夏】iPhone 6sはまだ現役で使えるか?LINE・Twitterはいける!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

もうすぐ発売から4年目を迎える「iPhone 6s」。

格安SIM各社では安く購入できるiPhoneとして、普通に販売されていますね。

とはいえ、「今更iPhone 6sで大丈夫なの?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhone XSをさっさと壊してiPhone 6sに戻った著者が、「iPhone 6sはまだ現役で使えるのか?」をざっくり解説します。

格安SIM等でiPhone 6sの購入を検討している方は参考にしてくださいね!

iPhone 6sを取り扱う格安SIM

アイフォンシックスエス

画像引用元:iPhone 6s を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

まずはiPhone 6sを取り扱っている格安SIMと、各販売価格をチェックしましょう。

iPhone 6sの価格

格安
SIM
事業者
32GB128GB購入
ワイ
モバイル
実質0円540円×24ヶ月
総額:12,960円
Y!mobile公式ショップ
UQ
モバイル
432円×24ヶ月
(初月のみ540円)
総額:10,476円
972円×24ヶ月
(初月のみ1,080円)
総額:23,436円
UQ mobile公式ショップ
mineo
2,475円×24ヶ月
総額:59,400円
-mineo公式ショップ
LINE
モバイル
1,490円×24ヶ月
総額:35,760円
1,920円×24ヶ月
総額:46,080円
LINEモバイル公式ショップ
※:mineoのみ海外版iPhone 6s 64GB

2019年8月現在、iPhone 6sはサブブランド2社と主要格安SIM2社が取り扱っています。

iPhone XS 64GBがApple Storeで112,800円もすることを考えると、iPhone 6sはかなり安く購入できるiPhoneになっていますね!

iPhone 6sのスペックを確認

アイフォンシックスエス

画像引用元:iPhone 6s を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

続いてiPhone 6sのスペックを確認しましょう。

項目スペック
サイズ高さ 138.3mm
幅 67.1mm
厚さ 7.1mm
重さ143g
OSiOS11
CPUA9チップ
メモリ2GB(測定値)
ストレージ32GB、128GB
ディスプレイ4.7インチ
メインカメラ12MP
サブカメラ5MP

それでは特筆すべき点について詳しく見ていきます。

iPhone 6sはメモリが少ない

iPhone 6sのスペックで気になるのは、メモリが実測2GBしかないことでしょう。

iOS自体のメモリ効率がいいので基本的な動作はサクサク動きますが、複数のアプリを起動しているとバックグラウンドのアプリが勝手に終了していることもしばしば。

マルチタスクでアプリを切り替えた時にアプリの起動待ちになることがあります。

1回の待ち時間はごく僅かなものですが、隙間時間に使う時や急いでいる時に待たされると歯痒く感じるかも知れませんね。

自撮りが多い人はツラいかも

iPhone 6sメインカメラは1,200万画素あり、普通に撮影するなら全く困らない性能があります。

しかし、インカメラはスマホカメラとしては必要最低限の500万画素です。

500万画素あれば撮った写真を見るだけなら問題ないでしょう。

ただ、自撮りした写真や動画を加工する場合には、iPhone 6sのインカメラの画質では満足できない可能性があります。

おすすめカメラアプリ|自撮りが盛れる女子に人気の8選

LINEやTwitter、ネットは普通に使える

LINE

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

iPhone 6sでLINE・TwitterなどのSNSやSafari・Chrome等のブラウザは全く問題なく使えます。

サクサク快適に使えるアプリ例
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Chrome
  • Safari
  • YouTube
  • Apple Music

こうしたアプリは各メニューの表示等の操作に遅延を感じることもないので、iPhone 6sでも最新スマホでも大きな差はほとんどありません。

ただ、iPhone XSから出戻りした感覚では、次の2点が気になりました。

iPhone 6sで気になった点

  • Wi-Fiの感度が少し悪い
  • アプリの起動に時間がかかる

Wi-Fiの感度が少し悪い

iPhone 6sはIEEE802.11acまで対応し、Wi-Fiがしっかり届いていれば動画も超快適に使えます。

ただ、Wi-Fiルーターから離れた部屋で電波が弱まると、どうしても速度が出なくなりますよね。

著者の自宅は一般的な建売り一軒家で、Wi-Fiルーターが設置された部屋から1番離れた部屋を自室にしています。

iPhone XSでは、この自室でもWi-Fiもバッチリ届いていましたが、iPhone 6sに戻してからはWi-Fiが少し弱くなってしまいます。

iPhone XSでは全く問題なかったことから、iPhone 6sのWi-Fiアンテナの感度は最新モデルより悪いということでしょう。

私と同じ様にWi-Fiルーターから離れた部屋で利用する方や、マンション等電波干渉の多い環境で利用する方は、Wi-Fiが届かない可能性を考慮したほうがいいかも知れませんね。

アプリの起動に時間がかかる

iPhone 6sはLINE等の軽いアプリの動作はすこぶる快適ですが、アプリの起動には若干時間がかかります。

例えばLINEなら、起動時にLINEのロゴ画面が表示されますよね。

このロゴ画面が表示されている時に、ストレージからメモリにLINEを動かすのに必要なデータが呼び出されています。

ストレージから読み込む速度やメモリに書き込む速度が、iPhone 6sはiPhone XS等の最新モデルより遅いので、結果的にアプリの起動時間がかかるということですね。

iPhone 6sの動作で気になるポイント
  • Wi-Fiルーターから離れた場所ではWi-Fiが弱くなりがち
  • SNSやブラウザは快適に動くけど、アプリ起動に時間がかかる

この2点を気にしない方なら、iPhone 6sでも普段使いは快適に使えます!

iPhone 7とiPhone 6sを徹底比較!価格差ほどの違いはあるか考察【2019】

次のページでは、最新ゲームを使う場合に注目して、iPhone 6sが現役で使えるか見ていきましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ