iPhone8とiPhoneXは防水性能はどれくらい?水没故障の場合の補償は?

iPhone8とiPhoneXは防水性能はどれくらい?水没故障の場合の補償は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「実際のところ、iPhoneの防水性能ってどれくらい耐えられるの?」と、思っている方は多いのではないでしょうか。

iPhone7までの機種には防水性能は搭載されておらず、防塵・防水性能が不安で、AndroidからiPhoneに変えられないという方も今まで多かったはずです。

今回の記事では、最新機種のiPhone8とiPhoneXの防水性能について紹介していきます。

また、万が一水没させてしまった場合に備えて、各キャリアでの補償対応は行われているのかについても紹介していきます。

iPhone8とiPhoneXの防水性能は?

iPhone7以降に防水性能が搭載されたと話題になっていたため、iPhone8とiPhoneXには防水性能が備わっていること自体は、大体の方がご存知かと思います。

とはいえ、「海やプールなどで写真を撮れるレベルなのか?」など、どの程度までなら濡らしても大丈夫なのか、具体的に把握している方は少ないはず。

iPhone8とiPhoneXの防水性能がどくれらいのレベルなのか見ていきましょう。

防水性能には規格(レベル)がある

スペック表の防水性能の欄には、よく「IP○○」と表記されていますよね。

これは国際電気標準会議が制定した国際規格で、そのスマホがどれくらいの防水性能を備えているのかを表しています。

iPhone8とiPhoneXの防水性能に違いはあるのか?

iPhone8とiPhoneXの防水性能は、どちらもIP67等級です。つまり、防水性能レベルには違いがありません。

では実際、IP67とはどれくらいの防塵・防水性能なのでしょうか?

「IP67」のうち、6が防塵レベルを表し、7が防水レベルを表しています。

防塵レベル6は防塵の最高等級で、【粉塵が内部に侵入しない】レベルです。

そして、防水の7等級とは、【一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない】ことを表しています。

つまり、防塵に関してはかなり性能がいいといえますが、防水については「完全防水」というわけではなさそうですね。

「一時的に…水没しても」ということですから、水の中で長時間に渡って使用することはできません。イメージとしては、生活防水といったところです。

スマホ・携帯が水没した時の修理の流れと直ぐにやるべき4つの対応

iPhone8とiPhoneXの防塵・防水性能まとめ

  • 防塵に関しては最高等級。防塵性能は優れている
  • 防水性能に関しては完全防水というわけではない
  • 防水性能は生活防水レベルであり、水の中での使用には向かない

iPhone8とiPhoneXが水没故障した場合の対処方法は?

iPhone8とiPhoneXの防水性能では、「水にぬれても絶対に壊れない!」とは言い切れません。両方とも完全防水ではないため、水没故障することもあり得ます。

  • 水に濡れて全く動かない
  • 水に濡れて操作が思うようにできなくなった

なんてことも十分に考えられるのです。

では、iPhone8とiPhoneXが水没した場合は、どんな対処方法をとればいいのでしょうか。

水に濡れたらそのままにせず拭き取りましょう

iPhone8とiPhoneXが濡れてしまった場合は、防水性能があるからといって、濡れた状態のままにしておくのは避けましょう。

濡れてしまった場合は必ず水を拭き取り、スマホ内に入ってしまった水分も軽く叩いて外に出しましょう。このとき、iPhoneを激しく振ってしまいがちですが、これはNGです。

iPhoneを優しく乾燥させるイメージで、そっと振ってください。

水に濡れた状態での充電は避けましょう

iPhoneが濡れてしまった場合、電源がつかなくなることもありますが、そのまま置いておけば再度つくようになる可能性もあるため、急いで充電するのは厳禁です。

Appleの公式サイト上にも、「iPhoneが濡れている場合は充電しないでください」と書かれています。

防水性能があるからといって、濡れてる状態での充電は避けましょう。

iPhone8とiPhoneXの水没故障、補償は効くの?

iPhone8とiPhoneXには防水性能が備わってはいますが、前述でも紹介した通り、絶対に水没故障しないというわけではありません。

iPhoneはかなり高価なもののため、補償がきかないとなると高額の実費負担が発生してしまいます。

では、iPhone8とiPhoneXが水没した場合、果たして補償は適用されるのでしょうか?

また、どんな状態や条件であれば、補償が適用されるのかについても、併せて紹介していきます。

その補償、水没故障はカバーしていますか?

iPhoneの補償サービスは、大きく分けて2つあります。Appleの補償サービスと、各キャリアの補償サービスです。

この補償サービスは、基本的には購入時にしか加入できません。

水没故障の際に補償が適用されるか否かは、この時点で決まってしまいます。

iPhoneが水没してしまった場合、まずは以下2点について知っておく必要があります。

  • 自分が補償サービスに入っているのか
  • その補償サービスが水没にも適用されるのか

iPhoneの定番補償サービス AppleCare+ for iPhone

AppleCare+ for iPhoneは、iPhoneの公式補償サービスです。料金は発生しますが、2年間は手厚い補償サービスを受けることができます。

AppleCare+ for iPhoneでは、過失や事故による故障でも補償サービスを受けることが可能です。しかし、水没故障の場合は修理代金がかかってしまうので注意してください。

とはいえ、その金額はAppleCare+ for iPhoneに加入しないで修理した場合よりも、断然安く済みます。

トータルで考えるとAppleCare+ for iPhoneに加入した方がお得?

AppleCare+ for iPhoneでは、過失や事故による損傷の修理は2回まで受けることが可能です。このとき、画面の損傷には3,400円、そのほかの損傷には11,800円がかかります。

水没は「そのほかの損傷」にあたるため、11,800円で修理が可能です。

補償に入っていない場合は、iPhone8かiPhoneXかによっても金額が変わりますが、おおよそ4万円という高額な修理費用が発生してしまいます。

また、AppleCare+ for iPhoneでは、iPhone本体だけではなく、バッテリーや付属のイヤフォン、アクセサリーなどにも補償が適応されます。

また、専任のサポート担当者が相談にのってくれることもあります。

水没対策のみならず、iPhoneを使うのであれば加入しておいて損はないサービスです。

AppleCare+て必要?保証内容と修理費用と無償サポートの範囲を解説

次のページでは、各キャリアでの水没補償の違いについて比較していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ