新型iPhone SE2/iPhone 9は5Gに対応する?iPhone 12で5G対応する説も

  • 2020年2月27日
  • by 
新型iPhone SE2/iPhone 9は5Gに対応する?iPhone 12で5G対応する説も

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

新型iPhoneの公式発表はまだですが、Appleは2020年3月31日にiPhone SE2(仮)を発表し、4月3日に発売されると噂されています。

名称はiPhone SE2になるともiPhone 9、iPhone(2020)になるとも言われ、また次世代の通信技術である「5G」に対応するとも噂されていますね。

iPhone SE2は、何度も発売情報が噂されては裏切られてきたので、「この時を待っていた!」という方も多いですよね。

ただ、これから5Gサービスの開始を控えているので、iPhone SE2が5Gに対応するかどうかは気になるところだと思いますので、iPhone SE2の今噂されている最新情報をまとめます。

iPhone SE2の5G対応は…
  • iPhone SE2は5Gに対応しない可能性大
  • iPhoneの5G対応はiPhone 12から?
  • 2020年9月販売のiPhone 12はサブ6対応?
  • ミリ波対応iPhone 12は2020年12月〜2021年1月になる?


新型iPhone SE2/iPhone 9は5Gに対応するか?

iPhone SE

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

結論からお伝えすると、iPhone SE2またはiPhone 9は5Gには非対応との見方が有力です。

iPhone SE2が5G非対応と考えられる理由は次の2つです。

5G非対応の理由は…
  • iPhone SE2/iPhone 9の中身はiPhone 11と同等か
  • iPhone SE2のメインターゲットは中国やインドか

iPhone SE2/iPhone 9の中身はiPhone 11と同等

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

iPhone SEはiPhone 5sの筐体にiPhone 6sの性能を詰め込んだ端末になっていましたよね。

同じように、iPhone SE2で予想されているスペックは、iPhone 8の筐体にiPhone 11を詰め込んだ性能になるのではないでしょうか。

また、iPhone SEの頃も3D Touchは非搭載など、機能を削ることはあっても追加機能はありませんでした。

これらのことを考えると、iPhone SE2も性能はiPhone 11と同等ですが、新たに5Gに対応する可能性は低いと考えていいでしょう。

iPhone SE2のメインターゲットは中国やインド

タージマハル

iPhone SE2は日本で待ちわびている方が多いモデルですが、Appleがメインターゲットとしているのは中国やインドといったビッグマーケットです。

日本では2019年11月時点でのiPhoneのシェアが約57%と、全世界で見ても随一のシェア率をキープしています。

ただ、世界的に見ると低価格なAndroidに人気が集まる大きな市場が多いのが現状ですね。

iPhone SE2の価格は約400ドルほど?

iPhone SE2は約400ドルの販売価格になると予想され、海外のシェア率が低い市場を狙っていると考えられています。

中国は2019年11月から5G対応はしていますが、サブ6での展開なのでフル5Gになるのはまだ先でしょう。

また、インドはそもそも5G対応の計画がまだ発表されていないので、当面は4Gまでの対応になります。

iPhone SE2は、こうした市場をターゲットにしているモデルなので、日本国内で販売されても5G対応はしないと考えていいですね。

以上2つの理由から、iPhone SE2は5G対応はせず、iPhoneシリーズ最後の4G端末となる見込みです。

日本の各キャリアは2020年3月以降に5Gサービスを開始する予定と発表しているので、5Gで使ってみたい方はiPhone SE2は見送った方がいいかもしれませんね。

5G対応
  • 中国:2019年11月
  • インド:未定
  • 日本:2020年3月以降

5Gに対応すると何がよくなるの?

Galaxy 5G対応

画像引用元:Design | Samsung Galaxy S20, S20+ & S20 Ultra – The Official Samsung Galaxy Site

ここまでの解説で、iPhone SE2は5Gに非対応となる可能性が高いとわかりましたが、そもそも5Gになって何がよくなるのかイマイチ分からないという方も多いですよね。

4Gと5Gでは次のような性能面の違いがあります。

4Gと5Gの比較

項目5G4G
通信速度最大20Gbps最大1Gbps
遅延速度約1ms約10ms〜
同時接続数平均100万台/㎢10万台/㎢

こうして4Gと5Gの回線性能を比較すると、単純に速度が非常に速くなると考えていいですね。

上記を参考に、5Gに対応すると何がよくなるのかチェックしておきましょう。

5Gのメリットは
  • 通信速度が速くなる
  • 混雑しても遅くなりにくくなる
  • 通信の遅延がほぼなくなる

通信速度が速くなる

auの5Gでできること

画像引用元:渡航費もパスポートも不要? 海外旅行の新しいスタイル『SYNC TRAVEL』とは

5Gの最大のメリットは、通信速度が4Gより大幅に速くなることでしょう。

スペックの比較でも分かる通り、4Gが最大1Gbpsに対して5Gは最大20Gbpsと約20倍です。

4Gでは実効速度が10〜30Mbpsという方が多いのですが、5Gだと100Mbpsを超えることも多くなるでしょう。

スマホで動画を見る方もどんどん増えているので、5Gに対応したら4K以上の動画も気軽に見られるようになるかもしれませんね!

混雑しても遅くなりにくくなる

ドコモ 5Gでできること

画像引用元:NTTドコモ 5G |記事 Tokyo Game Show

5Gになると同時接続台数が約10倍に増えることで、混雑する場所での通信の安定性・速度も十分に出せるようになります。

例えば、連休のディズニーやコミケ等のイベントなど、1箇所に人が集中するとスマホが繋がりにくくなりますよね。

5Gではこうしたアクセスの集中にも強くなり、混雑による接続不良・低速化が大幅に軽減されます。

通信の遅延がほぼなくなる

ドコモの5Gで変わること

画像引用元:NTTドコモ 5G | 5Gでできること

5Gになると、通信速度だけでなく通信の遅延もほとんどなくなります。

よくネットゲームで「Ping値が少ない方がラグが少なくなる」と言われていますが、4Gでは10ms〜とPing値は少し高めです。

一方、5Gは約1msとトップゲーマーの方でも満足できる数値になっています。

FPSや格闘ゲームなど、リアルタイムの反応速度が結果に大きく影響するゲームをプレイする方は、Wi-Fiが無くてもラグに悩むことはなくなりそうですね!

また、ゲーム以外でも通信遅延が少なくなるメリットがあります。

通信遅延が少ないと
  • Webカメラの遠隔操作がスムーズ
  • ビデオチャット・テレビ会議の会話の遅れが無くなる

室内のペットの様子を見るためにWebカメラを設置している方や、離れて暮らす家族・親戚とビデオチャットを利用している方は、5Gになるとより快適になりそうですね!

5Gのメリットまとめ
  • 5Gにすると通信速度が大幅に速くなる
  • 混雑での通信速度・安定性の低下が少なくなる
  • 通信遅延がなくなってゲームやWebカメラ・ビデオチャットが快適になる

iPhone SE2は5Gに非対応になる見込みなので、こうした5Gのメリットは享受できないモデルになりますね。

5Gに対応するのは新型のiPhone 12から?

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

海外のApple製品の有名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、2020年9月に発売されるiPhone 12から全モデルが5Gに対応するとされています。

ただ、9月に発売されるモデルはサブ6までの対応モデルで、ミリ波にも対応したフル5Gモデルは2020年12月〜2021年1月の発売になるとも予想しています。

また、5G非対応の国・普及率が低い国は5G機能を無効化する可能性があるとしています。

この点は、日本の各キャリアは2020年3月以降に5Gサービスを展開する見込みなので問題ないでしょう。

iPhoneで5Gに対応したい方は、iPhone SE2は見送ってiPhone 12を狙った方がいいかもしれませんね。

参考:Kuo: All 5G iPhones on Track to Launch in Fall 2020, Including Both Sub-6GHz and mmWave Models – MacRumors

サブ6とミリ波について

ドコモ 5Gプレサービス

画像引用元:報道発表資料 : NTTドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日(金曜)より開始 | お知らせ | NTTドコモ

ここで5Gの電波の種類「サブ6」と「ミリ波」について簡単に触れておきます。

どちらも5Gサービスで利用される電波の周波数のことで、それぞれ次の特徴があります。

5G電波の違い
  • サブ6:6GHz未満の周波数。4Gの技術を応用できるが速度はミリ波より遅い。
  • ミリ波:28GHz前後の周波数。速くて遅延が少ない反面、伝送距離が短く障害物に弱い。

サブ6は、4Gで利用されている周波数に近い性質の電波なので、各キャリアサービス展開がしやすい周波数といえます。

現に、海外ですでに5Gサービスを開始している国も、主にサブ6でのサービス展開ですね。

一方、ミリ波は5Gの本領発揮ができる周波数で、先の4Gと5Gの比較表で見たような大幅な速度アップが期待できます。

ただ、ミリ波は「伝送距離が短い」「直進性能が高く障害物に遮られやすい」という弱点があります。

つまり、キャリアが今と同じサービスエリアをミリ波だけでカバーするには、様々な工夫が必要になるということですね。

このことから、国内の5Gも当面はサブ6中心になるはずです。

ミリ波対応のiPhoneが遅れて発売されると予想されていますが、iPhone 12で5G対応を狙うなら9月発売モデルでも問題なく使えそうですね。

iPhone SE2/iPhone 9のデザイン・スペックは?

iPhone SE2(iPhone 9)のデザイン・スペックは?

最後にiPhone SE2のデザインやスペックについてのリーク情報・噂から注目したいポイントをまとめます。

iPhone SEのデザイン・スペック
  • デザインはiPhone 8と同じ
  • 性能はiPhone 11より少し低い
  • Apple Payは対応、防水は要チェック

デザインはiPhone 8と同じ?

iPhone8とiPhone 8 Plus

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

iPhone SE2は、iPhone 8で使われていた筐体が元になっている模様です。

iPhone SEはiPhone 5sの筐体をそのまま流用した4インチモデルでしたが、iPhone 8を元にすると4.7インチと少し大きくなりますね。

とはいえ、ここ最近のスマホ全体で見てもかなり小型モデルですね。

また、筐体素材もiPhone 8と同じくガラス素材になるという情報が多くなっています。

ただ、一部ではiPhone 7と同じアルミ素材にして価格を押さえているという予想もあります。

いずれにせよ、小さくて軽いiPhoneがいいという方にとって、iPhone SE2は魅力的な1台になるでしょう。

性能はiPhone 11より少し低い?

iPhone 11

画像引用元:iPhone 11を購入 – Apple(日本)

iPhone SE2は、iPhone 11シリーズと同じA13 Bionicを搭載すると見られています。

初代のiPhone SEも、当時最新モデルだったiPhone 6sと同じプロセッサをiPhone 5sの筐体に搭載していました。

そのため、今回もプロセッサは最新モデルと同じになり、高い処理能力をバッチリ引き継いでくれると考えていいですね!

ただ、iPhone SE2は400ドル程度で発売されると予想されているので、価格を押さえるために他の部分で機能削減がされる可能性があります。

スペックダウンする可能性があるのは
  • iPhone 8に搭載されている3D Touch撤廃
  • メモリが3GBになる(iPhone 11は4GB)
  • ワイヤレス充電非搭載
  • カメラはiPhone 8と同じ

上記はあくまで予想ですが、A13 Bionicが搭載されること以外はiPhone 11より機能が少ないと思った方がいいでしょう。

Apple Payは対応、防水は要チェック

iPhone 11 Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone SEはiPhone 5sがベースだったので、防水・防塵やApple Payは非対応でした。

iPhone SE2はiPhone 8がベースになるので、この2つの機能も搭載されると考えられます。

ただ、1つ懸念材料となるのがiPhone SE2のターゲットが中国市場・インド市場ということですね。

キャッシュレス決済は中国でかなり浸透しているので、Apple Payは問題なく搭載されると見ていいでしょう。

一方、海外ユーザーは日本ほど防水・防塵を重要視しない傾向にあるため、低価格化のために防水機能が削減される可能性があります。

防水機能が必須という方は、Appleの公式発表でしっかりチェックした方がいいですね。

新型iPhone SE2は5Gに対応するかまとめ

今回は2020年4月発売が予想されているiPhone SE2(iPhone 9)が5Gに対応するかについて解説しました。

iPhone SE2の5G対応は…
  • iPhone SE2は5Gに対応しない可能性大
  • iPhoneの5G対応はiPhone 12から?
  • 2020年9月販売のiPhone 12はサブ6対応?
  • ミリ波対応iPhone 12は2020年12月〜2021年1月になる?

iPhoneで5Gサービスを利用したい方は、iPhone SE2ではなくiPhone 12の発売を待った方が良さそうですね。

逆に4GのままでOKという方で、小型モデルがいいという方ならiPhone SE2がピッタリでしょう。

iPhone SE2のスペック予想まとめ
  • デザインはiPhone 8を踏襲?
  • A13 Bionic搭載で処理性能は高い?
  • RAM3GB等、iPhone 11より少し性能抑えめ?
  • Apple Pay対応、防水は対応の可能性が高いが要チェック!

iPhone SE2は5G非対応という予想ですが、小型モデルが好きな方には魅力的な1台になりそうですね!

新型iPhone SE2(iPhone 9)の価格/サイズ/スペック最新情報[2020年4月]

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ