新型iPhone SE2/iPhone 9の発表・発売はいつ?過去の発売日から予想

新型iPhone SE2/iPhone 9の発表・発売はいつ?過去の発売日から予想

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

毎年新型iPhoneを発売するApple社の動きが今年も噂されています。

「iPhone SE2」または「iPhone 9」となる見込みの新型iPhoneはいつ頃発売されるのでしょうか?

Appleの発表目前であるとの情報を聞きつけて入念にリサーチしてみました。

この記事では、iPhone SE後継モデルのリーク情報をもとに、概要や発売日について予想しております。

Apple公式発表前の参考情報として見ていただけますと幸いです。

新型iPhone SE2(iPhone 9)の価格/サイズ/スペック最新情報[2020年2月]
新型iPhone SE2/iPhone 9の発表・発売日
  • 発表も発売も3月と予想

新型iPhone SE2/iPhone 9の発表・発売はいつ?

iPhone SE au

画像引用元:au iPhone SE

iPhone SE後継モデルにあたる、新型iPhone SE2/iPhone 9の試験生産が開始されたという報道が入ってきています。

手ごろな価格で新型iPhoneを手にするチャンスはいつ頃訪れるのでしょうか。

発売日は2020年3月が濃厚

新型iPhone SE2/iPhone 9はいつ発売されるのでしょうか?

それに関しては、多くのメディアが2020年3月ではないかと予測を立てています。

というのも、Appleは基調講演(キーノート)と呼ばれるスペシャルイベントで新型モデルを発表しているのですが、ここ数年は3月に集中しているのです。

発表日時発表内容
2019年3月25日・Apple News+
・Apple Arcade
・Apple TV+
・Apple Card
2018年3月27日・第6世代iPad(9.7インチ)
2016年3月21日・iPhone SE
・iPad Pro(9.7インチ)
2015年3月9日・MacBook(12インチ)
・Apple Watch

また、発表から発売まではとてもスムーズに進行しています。

2016年に発売されたiPhone SEの発売スケジュールは以下のとおりでした。

2016年 iPhone SE発売までのスケジュール
  1. 3月11日…スペシャルイベント告知
  2. 3月21日…基調講演をライブストリーミング公開
  3. 3月24日…予約開始(16:01~)
  4. 3月31日…発売

2020年3月末に発表・発売されるという見込みは、リーク情報に詳しいMing-Chi Kuo氏の見解とも一致しており有力視されています。

iGeeksBlogがレンダリング画像をリーク

インドのメディア「iGeeksBlog」は、長きにわたり愛されているAppleニュースブログの1つです。

1月7日に公開されたiPhone SE後継モデルのレンダリング画像は、iGeeksBlogがリーク情報に詳しいスティーブ・H・マクフライ氏の協力をもとに作成したものでした。

スティーブ・H・マクフライ氏は、iPhone 11 Proの正確なレンダリングを公式発表の9ヶ月前からリークしていた経緯があり、今回も情報の精度に注目が集まっています。

今回は、そんなiGeeksBlog×OnLeaksのコンセプト・アートから、iPhone SE後継モデルの概要を予想してみようと思います。

iPhone 11よりもiPhone 8に近い

iPhone 8

画像引用元:Apple(日本)iphone 8

新型iPhone SE2/iPhone 9のリーク情報

項目想定
モデル名iPhone SE2 もしくは
iPhone 9
高さ138.5mm
67.4mm
厚み7.8mm
カメラの突起を含めた厚み8.6mm
ディスプレイ4.7インチ

OnLeaksがリークする寸法は、約138.5 x 67.4 x 7.8mm(背面カメラの突起を含むと8.6mm)であり、Appleの2017年フラッグシップであるiPhone 8に近いものとなっています。

iPhone 8とiPhone 11とのサイズ比較

モデル名iPhone SE後継モデル(仮)iPhone 8iPhone 11
発売日2020年3月(※予測)2017年2019年
高さ138.5mm138.4mm150.9mm
67.4mm67.3mm75.7mm
厚み7.8mm
(8.6mmカメラの突起を含めた厚めた場合)
7.3mm8.3mm
重さ予測なし148g194g
ディス
プレイ
4.7インチ
4.7インチ6.1インチ

高さと幅は、iPhone 8+0.1mmで、誤差とも呼べる範囲ですね。

注目したいのは厚さで、iPhone 8+0.5mmとなっています。

とはいえ微々たる数値なので、iPhone 8のスマホケースはiPhone SE後継モデルでも使える可能性が高まります。

ほかにも、4.7インチのRetinaディスプレイやシングルのアウトカメラ、ホームボタンなどの類似点が見られます。

iPhone 8との類似点
  • 全体的なサイズ感
  • 4.7インチのRetinaディスプレイ
  • シングルのアウトカメラ
  • ホームボタン/Touchi IDセンサー
  • 画面に向かって左側にサウンドオン/オフ、ボリューム調節ボタン
  • 画面に向かって右側に電源ボタン
  • 背面左上にカメラの突起、背面側マイク、フラッシュ
  • Lightingコネクタの位置など

背面ガラスでiPhone 8との差別化か

iPhone 11 pro iPhone 11 Pro Max

画像引用元:Apple(日本)iPhone 11 Pro/Pro Max

一方、iPhone 8とは異なる点も推測されています。

OnLeaks氏は背面ガラスについて、iPhone 8の光沢のあるガラス素材ではなく、iPhone11 Pro/iPhone11 Pro Maxのようなつや消しガラスで差別化を図るのではないかと指摘します。

iPhone11 Pro/iPhone11 Pro Maxで採用されたマットガラスは、すりガラスのように表面がさらさらしていて指紋が目立たないという優れた一面がありました。

また、既存のガラス素材よりも頑丈だとAppleは説明しており、iPhone SE後継モデルはiPhone 8よりも落下時の「割れ」に強いモデルであることが伺えます。

そのほかの外見的な差分では、Appleの象徴的なロゴマークが背面上部から中央へと移動しています。この特徴はiPhone 11シリーズと同じですね。

また内部に関しては、iPhone 11シリーズと同じA13チップ、Touch ID、高度なシングルカメラを搭載しているとのことです。

iPhoneの心臓部であるチップが最先端であることは非常に喜ばしいと言えます。

iPhone 8との外見の相違点
  • 光沢のある背面ガラスではなくマットガラス
  • 背面上部にあるAppleロゴマークが背面中央に移動
  • 背面下部にあるiPhoneロゴマークが消失
  • iPhone 11シリーズと同じA13チップ、Touch ID、高度な単眼カメラを搭載
  • 非常に優れたバッテリー性能を備える

ベゼルは必要なのか?という声も

「競合他社がローエンドモデルでもフルスクリーンを提供しているのに、なぜ厚いベゼルで売り出そうとするのか」という声もあるようです。

確かに、ライトユーザー向けのPalm Phoneや、どちらかといえばローエンド寄りのZenFone Max(M2)なども、べセルを狭めてディスプレイを拡張したデザインになっています。

たた、こうした意見は当然Appleも把握しているとは思いますし、社内でも議論されているのではないかと思います。

初代iPhone発売から10年以上も搭載してきたホームボタンを廃止し、イノベーションを起こしたのがiPhone Xでした。

その手前、iPhone 9と呼ばれる可能性が高い廉価版モデルは、あえて1ケタ台のフォルムに寄せてきたのではないかと考えられます。

「ホームボタンが便利だと感じる人にはiPhone 9を、フルスクリーンを歓迎する人にはiPhone X以降をおすすめするよ。君にとってのベストを選択してくれ」。

そんなスティーブ・ジョブズ氏の声が聞こえてきそうです。

想定価格は399ドル(約43,500円)~

Apple製品に精通した世界的に著名なアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によれば、iPhone SE後継モデルの価格は399ドル(約43,600円)~

iPhone 8の販売価格(64GBが52,800円、128GBが57,800円)よりもさらにリーズナブルになると予想しています。

iPhone 11の販売価格が74,800円~であることを考えると、同じA13プロセッサを搭載する新型モデルのお得さが際立ちますね。

新型iPhone SE2/iPhone 9の情報まとめ

新型iPhone SE2/iPhone 9の発表・発売日
  • 発表も発売も3月と予想

以上のように、新型iPhone SE2/iPhone 9は3月にも発表・発売されるのではないかと言われています。

ただ一部の報道では、コロナウイルスの影響で中国の工場が打撃を受け、生産スケジュールが危ういとの情報もあるので要注意ではあります。

Apple公式サイトなどをこまめにチェックして、常に最新の情報をゲットしていきましょう。

bitWaveでも引き続き新型iPhoneの最新情報やお得に機種変更する方法などの記事を出していく予定ですのでお楽しみに。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントを紹介しています。この時代にSNSや利便性をかなぐり捨てセキュリティー&プライバシー保護へ走る鎖国型人間。未だ相棒のiPhone6はカメラ兼ゲーム機として愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ