iPhone Xの画面が真っ黒になった場合の確認すべき3つの手順

iPhone Xの画面が真っ黒になった場合の確認すべき3つの手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

皆さんは、突然iPhone Xの画面が真っ黒になってしまったらどうしますか?

とりあえずいろいろなボタンを押してみたり、充電器にセットしてみたり、簡単な対処法から試していきますよね。

でも、iPhone Xの画面が真っ黒になる症状や原因は1つではありません。適切な状況判断をしないと、逆にiPhone Xの寿命を縮めてしまう可能性もあります。

この記事では、そんなトラブル時に確認すべき3つの手順を紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

1 まずはiPhone Xの状態を把握しよう

ある日、大切なデータがたくさん詰まったiPhone Xが、うんともすんとも言わなくなってしまったら困りますよね。

もし故障してしまっているなら、最終的にAppleサポートで修理を受けるか、修理業者に頼むことになりますが、なるべくなら最小限の手数で解決したいものです。

ここでは、修理に出す前に自力でできる唯一の対処法を紹介します。

1-1 どんな状況か確認することが先決!

まずは、どうして自分のiPhone Xが真っ暗になっているのか、状況の切り分けをしていきましょう。

iPhone Xで起こり得るさまざまな症状

  • 電源が入らない
  • 電源をオフにできない
  • 電源が入っているのか入っていないのかもわからない
  • 画面は真っ黒だけどSiriや着信などの音はする
  • 充電ケーブルにつないでもランプが点灯しない
  • 充電できているかわからない

どれも同じように感じますが、「ランプや音は正常なのに画面だけ真っ暗」なのであれば、センサーや表示機能の一部だけが不具合を起こしているだけとも考えられます。

また、「本当に真っ黒でボタンも充電も反応しない」のであれば、端末内部に致命的な損傷が起きているのかもしれません。

いずれにしても、まず手始めにどんな状況なのかをチェックしておくことで、「iPhone Xを修理に出すべきか?」「修理してもらうなら、どれくらいの金額になるか?」など、計画を立てやすくなります。

1-2 画面がフリーズしてしまった場合も一緒

画面は映っているけれど、まったく操作できなくなってしまった……!そんなときも、このあと紹介する対処方法を試してみてください。

こんな場合も対処法は同じです

  • 画面がフリーズしてしまった
  • 画面のタッチ操作は全く効かないが、Siriや着信などの音はする

1-3 直前に落としたり、水没させたりしていたら要注意!

iPhone Xは、これまでのスマホに採用されたものの中で、最も耐久性のあるガラスやステンレススチールを採用しています。

また、電気機械器具の外郭の保護等級を示すIP67等級を有しており、耐水性能も備えているのが特徴です。本体の保護機能は従来のモデルよりも格段にアップしていると言えるでしょう。

しかし「完全防備」ではないため、水の中に長時間浸けてしまうと、多くの場合は壊れてしまいます。また、高所から落とした場合も同様です。

そういったトラブルに心当たりがある場合は、ある程度覚悟しておきましょう。

iPhone Xが水没した場合は、それ以上iPhoneをいじらないで!

スマホが水没状態から復旧できなくなる1番の原因は、むやみに電源を入れてショートさせてしまうことにあります。

ですから、このあとの対処方法は実施せず、専門の業者にお任せしてください。

iPhone8とiPhoneXは防水性能はどれくらい?水没故障の場合の補償は?

次のページでは、iPhone Xを強制終了 → 再起動させる3ステップを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントを紹介しています。この時代にSNSや利便性をかなぐり捨てセキュリティー&プライバシー保護へ走る鎖国型人間。未だ相棒のiPhone6はカメラ兼ゲーム機として愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ