【iPhone X VS ZenFone 5】徹底比較|どちらもSIMフリーで利用可能

【iPhone X VS ZenFone 5】徹底比較|どちらもSIMフリーで利用可能

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2 iPhone XとZenFone 5のデザインと耐久性に注目!気になるポイントは?


画像引用元:ZenFone 5 (ZE620KL) | スマートフォン | ASUS 日本

ここではiPhone XとZenFone 5のデザインについてみていきます。デザインで特に気になるポイントは次の通りです。

2-1 ディスプレイのデザイン

iPhone Xは2.615:1のディスプレイを、ZenFone 5は2.079:1のディスプレイを搭載しており、いずれも縦長になっています。

スマホ用サイトは縦長のデザインになっていることが多く、縦長ディスプレイを利用すれば一度に多くの情報を表示できるようになります。

これによってWeb閲覧の快適性があがるといえるでしょう。

ノッチに注意


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

iPhone XもZenFone 5もディスプレイの上部にノッチが存在しています。このノッチは通知領域に干渉しているため、その分狭くなっています。

さらに、フルスクリーンアプリを利用する際などはノッチがUIなどに干渉する可能性があるので注意してください。

なお、HUAWEIの最新機種などはノッチを目立たなくする機能を搭載していますが、iPhone XおよびZenFone 5にはそのような機能は存在していません。

2-2 イヤホンジャックについて

iPhone Xはイヤホンジャックを廃止したことで発売時に大きな話題になりました。

そのため、iPhone Xでイヤホンを利用して音楽を聞く場合は変換アダプタを利用する必要があります。

もちろん、利用中はLightning端子が使えなくなるので同時に充電などを行うことはできません。

一方でZenFone 5はUSB-Type C端子の横に従来のイヤホンジャックを搭載しています。

ここにイヤホンを挿すだけで音楽を楽しめますので、スマホでよく音楽を聴くという人にはZenFone 5の方がオススメといえます。

iPhone Xで音楽を楽しみたい人はこちらもチェックしてみてください。

iPhone X対応!おすすめ完全ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン7選

2-3 防水・防塵性能の有無

防水・防塵性能があるスマホは屋外での使用時にも安心できます。そこで、両機種の防水・防塵性能をみてみましょう。

iPhone XはIP67等級に適合した防水・防塵性能を持っています。これは水深1m以下の場所に30分間置いておいても浸水しないというものです。

また、防塵性能は最も高いランクのものですのでこちらも安心できるでしょう。

一方でZenFone 5は防水・防塵性能を持っていません。そのため、雨天時に屋外で利用する場合には注意する必要があります。

防水・防塵性能をもったスマホを探している人にはiPhone Xがオススメです!

デザインの注目ポイント
  • ディスプレイは縦長で情報量が多いがノッチに注意
  • iPhone Xはイヤホンジャックがないのでよく音楽を聴く人は要注意
  • 防水・防塵性能を求める人はiPhone Xがオススメ!
  • 両機種とも背面がガラスなので落下に注意しよう!

次のページでは利用シーン別のオススメスマホを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ