【iPhone XR VS iPhone X】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2018年10月7日
  • by 
【iPhone XR VS iPhone X】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone XRは2018年10月19日(16:01以降)から予約受付を開始し、10月26日に発売する新型iPhoneです。

まだ発売前ですが、iPhone XSやiPhone XS Maxよりはスペック面で劣ることが判明しています。

一方のiPhone Xは去年の目玉商品です。これまでのデザインを刷新したことや、iPhoneでは初めて有機ELディスプレイを採用したことなどで大きな注目を集めました。

このページでは、今から買うならどちらを選択すべきかについて、スペックや本体サイズなどから考察していきます。

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

1 まずはiPhone Xについておさらいしておこう


画像引用元:iPhone X | iPhone | NTTドコモ

はじめに、去年発売したiPhone Xについておさらいしましょう。iPhone Xのスペックは以下のようになっています。

項目スペック詳細
スペックラインフラグシップモデル
取り扱いキャリアドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ174g
CPUA11チップ
OSiOS11
ストレージ(ROM)64GB、256GB
メモリ(RAM)非公開
ディスプレイ5.8インチ True Toneディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素

1-1 有機ELディスプレイをiPhoneで初めて搭載!


画像引用元:iPhone X | iPhone | NTTドコモ

iPhone Xは、iPhone史上初めて有機ELディスプレイを搭載した機種です。一般的に有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイよりも優れているとされています。

有機ELディスプレイはバックライトを必要としない分、より自然な色合いを表現でき、省電力にもなるからです。

iPhone Xが実現した、有機ELディスプレイによるベゼルレスなボディは、市場に大きなインパクトを与えましたね。

有機ELディスプレイが最新スマホの主流!そのメリットとデメリット

1-2 広角レンズ+望遠レンズのデュアルレンズカメラ


画像引用元:iPhone X | iPhone | NTTドコモ

iPhone Xは、メインカメラとして広角レンズ+望遠レンズのデュアルレンズカメラを搭載しています。画素数は約1,200万画素です。

2つのレンズを搭載していることで、被写体の距離や位置を正確に把握でき、一眼レフで撮影するような「背景ぼかし」を可能にしました。

また、望遠レンズによって2倍までは画質を落とさない光学ズームが可能で、デジタルズームは10倍まで対応しています。

1-3 Face IDを初搭載!


画像引用元:iPhone X | iPhone | NTTドコモ

今ではお馴染みになりつつあるFace IDを搭載したのもiPhone Xからです。一方でTouch IDを廃止したことは物議を醸しましたね。

iPhone XS、iPhone XS Max、そしてiPhone XRでもFace IDが搭載され、Touch IDは搭載されていません。

iPhone比較|歴代モデルを価格・サイズ・スペックで比べてみた【2019】

次のページでは、iPhone XRの特徴について詳細にご紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ