iPhone XRの防水・防塵性能のレベルは?おすすめ防水ケースはコレ!

iPhone XRの防水・防塵性能のレベルは?おすすめ防水ケースはコレ!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone XRは防水・防塵に対応していますが、だからといって水や塵に無敵というわけではありません。

使い方を間違えると故障の原因にもなりますので、iPhone XRはどこまで大丈夫か知っておきましょう。

プールなど水まわりでスマホを活用したい!という人には、防水ケース装着がおすすめです。iPhone XRを水まわりで使う際におすすめの防水ケースも合わせて紹介します。

1 iPhone XRの防水・防塵、どこまで大丈夫?

では、iPhone XRのスペックから、実際の生活の中でどこまでの水や塵に耐えられるのかを確認してみましょう。

まずは、スペックに書いている防水・防塵の等級の見方から解説します。

1-1  防水・防塵性能の見方

iPhoneなど電子機器のスペック表には、防水・防塵の欄に“IP○○”といったアルファベットと数字の配列がよく記載されています。これは防水・防塵のレベルを表しているものです。

防水・防塵のレベルを示す規格にはいくつかの種類がありますが、iPhone XRはIEC規格60529という国際規約に基づいてテストされています。

IEC規格は最も一般的な規格で、ほとんどのスマホやデジカメがこの規約に基づいて防水レベルを表記しています。

“IP○○”の見方

「IP」の後ろに続く2つの数字には、それぞれ意味があります。

例えば、「IP68」と記載されている場合、「6」は防塵のレベルを表し、「8」は防水のレベルを示しています。

防塵レベル

機器本体が耐えられる塵のレベルです。

レベル防塵保護サイズ
0なし
150mm以上
212.5mm以上
32.5mm以上
41mm以上
5粉塵
6全て

防水レベル

機器本体耐えられる水の強さを表しています。

レベル内容
0対応なし
1重力に落下する水滴を受けても影響なし
215度以内の向きで傾いた状態で、重力に落下する水滴を受けても影響なし
3鉛直より60度以内で水滴が噴霧状に落ちても影響なし
4あらゆる方向からの水飛沫を受けても影響なし
5勢いのある水流を当てても影響なし
6強い勢いのある水流を受けても影響なし
7水圧が一定の状態で30分水に浸かっても影響なし
8連続的な水中でも影響がない

表を見てもわかるように、数字によって防水・防塵レベルにかなりの差があります。

つまり、「防水・防塵対応」と書いてあるからといって、どんな状況でも安心して使えるというわけではないということです。

稀にですが、「防水・防塵」と謳っているにもかかわらず、“IP○○”のレベルが明記されていない商品もあります。

このような場合は、どれくらい水につけてもOKなのかが全くわかりませんから、気をつけないといけません。

1-2  iPhone XRの防水・防塵性能は?

iPhone XRはIP67等級です。

先ほどの表に当てはめると、防水レベルは「6」・防塵レベルは「7」ということになります。

つまり、一定の水圧で30分間水に浸かっていても影響がなく、固形物や塵は侵入しないレベルということです。残念ながら、完全防水ではありません。

また、液体の種類によっても耐性が異なりますから、使い方に気をつけましょう。

1-3 iPhone XRはどこまでの水に耐えられる?

防水・防塵レベルがIP67等級のiPhone XR。では、実際の生活において、どのようなシーンで使うことができるのでしょうか?

防水レベル自体は、「30分間水に浸かっていても大丈夫」という等級ですが、実はこれには条件があります。

iPhone XRが防水性能を発揮できる条件

  • 真水であること
  • 常温であること

iPhone XRの防水・防塵試験は、この条件を前提に行っています。

ということは、これらの条件に当てはまらない状況下では、iPhone XRの防水機能が上手く働かない可能性があるということです。

例えば、以下のようなシチュエーションには注意すべきでしょう。

  • お風呂での使用
  • 海での使用
  • ジュースなど真水以外の液体をiPhone XRの近くに置く

防水=お風呂に持っていっても大丈夫、と思われがちですが、防水テストは常温の真水で行っています。

40度前後のお湯では防水効果を発揮しない可能性があるので注意してください。

スマホを半身浴のお供にする人も多いかと思います。それ自体がダメというわけではありませんが、万が一のリスクを理解した上で、使うようにしましょう。

「海に落としたけど大丈夫だった」という噂を聞いた

もしかしたら、中には「海や川にiPhone XRを落としてしまったけど、特に問題なかった」という人もいるかもしれません。

しかし、それはたまたま運が良かっただけ。性能テストの範囲外のことですから、その後の動作が保証されているわけではありません。

1-4 iPhone XRの防水性能が真価を発揮するシーン

では逆に、どんな時であればiPhone XRの防水性能が活かされるのでしょうか?

具体的には、以下のようなシチュエーションとなります。

  • キャンプ
  • 料理中
  • 水仕事の合間

濡れた手でも触れるというところが、防水非対応機種に比べて安心できるところですね。

また、あまりないシチュエーションではありますが、次のような状況でもiPhone XRは水に耐えてくれます。

  • プール(塩素なし)での使用
  • バケツに常温の水を溜めてiPhone XRを浸ける

ただし、常温の塩素なしプールでも、30分以上浸けておくのは危険です。

水に濡れても大丈夫だったからと油断しないで

iPhone XRが濡れてしまったときは、しっかりと水分を拭き取るようにしてください。

濡れたままにしておくと、カビの原因になることもあります。そうすると電源が急に落ちたり、電源が入らなくなるといったトラブルが発生する場合も。

また、iPhone XRが濡れた後、すぐに充電するのは大変危険です。タオルで拭いた後は、充電部分がきちんと乾いていることを確認してから、充電器を差し込むようにしましょう。

iPhone8とiPhoneXは防水性能はどれくらい?水没故障の場合の補償は?

iPhone XRの防水レベルと注意すべきこと

  • iPhone XRはIP67等級に対応
  • 常温の真水ならOK
  • 濡れた後はタオルでしっかりと拭くこと
  • 完全に乾いてから充電すること

次のページでは、防水ケースを使う時のポイントについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ