iPhone XSは買って正解だったのか?実際に使った感想レビューと不満点

iPhone XSは買って正解だったのか?実際に使った感想レビューと不満点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

バッテリーの持続時間は抜群!ただ、女性には少し重いかも

  • 20歳
  • 女性
  • 会社員

iPhone XSの購入動機は、以前使用していたiPhone 7のカメラの調子が悪く、写真の撮影時に黒い靄が映ってしまったため。

修理に出してしまうくらいならと思い、機種変更しました。iPhone XSの使い勝手はものすごくいいです。

具体的には、ホームボタンが無くなり、画面を有効に使うことができ、とても見やすいこと、電池の持ちがいいこと、カメラの性能が素晴らしいことです。

iPhone 7の前にはandroidのスマートフォンを使っていたことがあり、iPhone 7のホームボタンはすごく邪魔で画面が見にくかったです。

しかし、ホームボタンが廃止されたiPhone XSではホームボタンがあった場所まで液晶となり、無駄のない液晶の作りに変わったおかげでページが見やすくて助かっています。

iPhone XSをまだ購入したばかりというのもありますが、1回の充電で1日中iPhoneを操作できることに感動しました。

iPhone 7は1日に3回は充電が必要でモバイルバッテリーの持ち歩きが必須でしたが、電池パックが改善されたiPhone XSはモバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなり、便利になったなぁと思います。

カメラの性能については、ポートレート機能に感動しました。

主役のものにピントを合わせて撮影すると自動で周囲のものをぼかしてくれるので、素晴らしいカメラだなぁと思いました。

iPhone XSの悪い点は、iPhone本体が重いことです。

iPhone 7が軽かったせいもあるのか、機種変更してからはiPhoneを持つ時間が少なくなり、今までひたすら更新していたSNS等の更新が減りました。

これから購入する方は、実物を実際に店頭で見て触ってから購入を検討したほうが良いと思います。

重さや画面の操作方法等が大きく変わってしまったため、自分には合わないと感じる場合もあると思います。

また、値段も高額になり、さらに慎重に購入を検討しなければならないとおもいます。

複数のアプリを起動していてもカクツキなくゲームアプリも快適にできる

  • 35歳
  • 男性
  • 事務職

2018年の10月にiPhone XSに機種変更しました。

購入の動機ですが、1つ目は、2年間使用してきたiPhone 7のバッテリーの減りが早く充電池の劣化が酷くなってきた事です。

そして2つ目は、ライトニングケーブルを差し込むジャックの接点不良で充電が行えなくなったりパソコンとの通信が途切れるなどの不具合が度々起こるようになった為です。

iPhone 7の外観やディスプレイ自体は、傷や破損などが無かったため上記2点の不具合が起こらなければ買い替える事はなかったかも知れません。

使い勝手ですが、iPhoneの代名詞の1つでもあったホームボタンが廃止されたため、最初の1週間ほどはホームボタンを押す癖が抜けなかったため違和感を感じていました。

しかし、現在では操作にも慣れ特に不自由や違和感を感じることは無くなりました。

CPUもヘキサコアの物が搭載されGPUもiPhone 7に搭載されていた物からバージョンアップされているため、動作に関しては今のところ特に不満な点は無く快適に使用しています。

次にiPhone XSの良い点ですが、前述した通りCPUとGPUがバージョンアップしたことに加えてメインメモリも4GBの物が搭載されているため動作に余裕を感じられる点です。

前機種のiPhone 7には2GBのメインメモリが搭載されていましたが、複数のブラウザやアプリを起動したままだと、動作が不安定になったり、カクツキやプチフリーズなどを起こしやすい状況にありました。

しかし、4GBのメインメモリを搭載するiPhone XSに替えてからはこの様な事は1度も起きていません。

さらに私は休日や通勤時にゲームをやりますが、パワフルなCPUと大容量のメインメモリのおかげで3D描写の多いゲームアプリもストレス無く快適にプレイ出来ます。

この点に於いてもiPhone XSに機種変更を行って良かったと思っています。

また私の場合に限ったことですが、手に持って扱うデバイスは、ある程度重みがある方が手に馴染みやすい感覚があるため、重量が重くなった点に関しては良かったと思います。

次はiPhone XSの悪い点についてですが、画面サイズが大きくなったことによってボディーサイズも大きくなってしまったと言う点です。

PHSやフィーチャーフォンを扱ってきた世代から言うと現在でも片手持ちでデバイスの操作を行うと言う癖が残っています。

そのため、今までは自分の片手で操作が行える最大限のサイズである4.7インチディスプレイのiPhoneを使用してきました。

しかし、iPhone XSは約5.8インチとサイズアップしてしまったため片手での操作が行えなくなってしまったのが残念です。

また、新機種が発売される度に端末価格が上がっています。

iPhone 7の時には、分割支払額が携帯電話会社の分割サポートを受けて約\25.000-だったのに対して、iPhone XSは約\70.000-と言う価格になっている事も悪い点だと言えます。

iPhone 6や7など旧世代機種から買い替える場合には十分に端末の進化を感じる事ができるためおすすめの機種だと言えます。

しかし、iPhone 8やXなどの先代機からの買い換えでは変化を感じる機会は少ないかも知れません。

価格的にも2年以上の長期間の使用を予定している方に向いている機種と言えます。

iPhone XSレビュー|最強スペックの最先端機種はデザインも最高

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ