【iPhone XS VS iPhone SE】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2018年10月3日
  • by.a-sato

ec_iphonese20170900

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone XSがついに発売されました。予約していた方はもうすでに手に入れて新しいiPhoneを堪能しているのではないでしょうか。

さて、今現状で販売されているiPhoneで逆に古いモデルはいつまで発売されているのでしょうか。

調べてみたところ、iPhone 6sまたはiPhone SEが発売されています

iPhone SEといえば、今はもうほとんど見ないほどのコンパクトなサイズ感が人気のモデルでした。

そこで今回は、iPhone XSと数世代前のモデルであるiPhone SEのスペックや価格を比較してみました。

どちらを購入すべきなのかも解説しているので是非参考にしてください。

1 iPhone XSのスペックやデザイン、価格

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

まず、iPhone XSのスペックを簡単に表にしてみました。

iPhone SEと比較をしているのでどのようにスペックが異なるのか確認してみてください。

モデルiPhone XSiPhone SE
画面サイズ5.8インチ4.0インチ
本体サイズ143.6×70.9×7.7124.0 × 59.0 × 7.6mm
重量177g113g
CPUヘキサコア
A12 bionicチップ
デュアルコア
A9チップ
RAM/ROM約3GB/64GB・256GB・512GB約2GB/32GB・128GB
ピクセル密度458ppi326ppi
広角カメラ1,200万画素
新しいイメージセンサー搭載
1,200万画素
インカメラ700万画素120万画素
Face ID×

iPhone XSの価格

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
価格
Apple販売終了
販売終了
販売終了
ドコモ販売終了
販売終了
販売終了
au販売終了
販売終了
販売終了
ソフトバンク販売終了
販売終了
販売終了
楽天モバイル取扱なし
取扱なし
取扱なし
OCNモバイルONE100,540円
115,170円
取扱なし
mineo106,920円
122,232円
取扱なし

※1 半額サポート for iPhone適用時
※2 月々サポート適用時

iPhone SEは2016年3月31日に発売されたiPhone 5s・5cの後継機にあたるモデルです。

iPhone SEからiPhone XSに至るまでに約2年半の期間が経過していることがわかります

急速に技術が発達するスマホ業界で2年半というのはかなり長い期間だと思われます。

iPhone XSの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

1-1 iPhone XS | 5.8インチの全画面ディスプレイで動画やゲームを楽しむ

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone XSは5.8インチの大画面で使うことができます。

また、5.8インチという大きな画面の割にiPhoneのサイズは1万円札より少し大きめ程度のサイズ感であり、そこまで大きすぎるという印象はありません。

その理由は、従来のiPhoneにあったホームボタンがなくなったからです。

これはiPhone Xの時からの仕様です。

ホームボタンがなくなり、フレームがほぼない全画面ディスプレイとなっているため、画面の大きさの割にサイズが比較的コンパクトなのです。

画面がとても大きいので、映画やドラマをスマホで観たい時にも快適に観ることができます。

また、3Dグラフィックの鮮やかなムービーが挿入されたスマホゲームなどにも良く映えます。

普段からゲームや動画アプリを楽しむ方にぴったりだといえます。

1-2 iPhone XS | 格段にアップしたカメラで色鮮やかな写真を撮影

iPhone XSは今までのiPhoneと比べてカメラの性能が一気にアップしました。

新しいイメージセンサーを備えているだけでなく、広角と望遠のデュアルカメラ仕様になっています。

デュアルカメラによって写真をより鮮明に、そして明暗のはっきりした風景写真を撮ることにも適しています

さらに、ポートレートモードも進化しています。

ポートレートによる背景のぼかし具合を調整できたり、自然光やスタジオ照明仕様など、5つのポートレートのエフェクトが追加されているため、より雰囲気のあるおしゃれな写真を撮ることにも繋がります。

カメラ性能は今までのiPhoneよりも遥かに高くなっていますので、普段からスマホで写真を撮る方や、ポートレートなどインスタ映えを意識した写真を撮る方にもおすすめです。

1-3 最新チップ搭載で処理速度も格段にアップ


画像引用元:iPhone XS – A12 Bionic – Apple(日本)

iPhone XSにはA12 bionicと呼ばれる最新のチップを組み込んでいます。

CPUはヘキサコアと呼ばれる、人間で言う脳が6つ備わったプログラムが埋め込まれています

A12 bionicチップは、A11 bionicと比べて約15%パフォーマンスが向上しているといわれています。そのため、より処理速度が速くなり、さくさくと快適にiPhoneを使えるようになります。

最新モデルのiPhoneの性能が一番良いというのは当たり前かもしれませんが、iPhone XSは大量のデータを処理したり動作が重いとされるゲームをたくさんプレイするようなヘビーユーザーの方に適しています

A12 Bionicチップって?歴代のiPhone搭載チップと性能を比較
iPhone XSの特徴
  • 5.8インチの全画面ディスプレイ
  • 最新のA12 bionicチップ搭載
  • 広角と望遠レンズのデュアルカメラ
  • より詳細な調整ができるポートレートモード

次の章では、iPhone SEのスペックやデザイン、価格について確認します。

2 iPhone SEのスペックやデザイン、価格

次に、iPhone SEのスペックについて解説をしていきたいと思います。

もう一度iPhone SEとiPhone XSのスペックを見比べてみましょう。

モデルiPhone XSiPhone SE
画面サイズ5.8インチ4.0インチ
本体サイズ143.6×70.9×7.7124.0 × 59.0 × 7.6mm
重量177g113g
CPUヘキサコア
A12 bionicチップ
デュアルコア
A9チップ
RAM/ROM約3GB/64GB・256GB・512GB約2GB/32GB・128GB
ピクセル密度458ppi326ppi
広角カメラ1,200万画素
新しいイメージセンサー搭載
1,200万画素
インカメラ700万画素120万画素
Face ID×

iPhone SEの価格

キャリア容量端末実質価格購入
ドコモ32GB648円×24回
(15,552円)※1
ドコモ公式ストア
128GB1,080円×24回
(25,920円)※1
ソフトバンク32GB1,350円 × 24ヶ月
(32,400円)※2
ソフトバンク公式ストア
128GB1,620円 × 24ヶ月
(38,880円)※2

※1 端末購入サポート適用時
※2 半額サポート for iPhone適用時

iPhone SEで特筆すべき点は値段の安さと超コンパクトな軽量サイズであるという点です。

値段の安さに関しては既に数世代前のモデルであることもあり、年々価格が下がってきている傾向にあります。

最近ではiPhone SEを取り扱うキャリアも少なく、どちらかというと格安SIMでメインに取り扱われてるiPhoneでもあります。

だからこそ値下げされているという背景があるのかもしれません。

では、1つ1つiPhone SEの特徴を見ていきましょう。

2-1 iPhone SE | 超コンパクトなサイズ感でラクラク扱える

現在市場に出回っているiPhoneの中でも、iPhone SE並に小さいモデルはありません。

iPhone SEはとてもコンパクトで軽量なモデルであることが特徴です。

iPhone SEを見たことがない、触ったことがない方は、iPhone 5やiPhone 5s・5cを思い出してみてください。

iPhone SEはiPhone 5シリーズと同じサイズ感で作られています。

実はこのサイズ感が気に入っているという方も少なくなく、好んでiPhone SEを使い続けている方も非常に多いです。

筆者がiPhone SEを取り扱う格安SIMで働いていた頃も、iPhone 6sを使っていた方で「やっぱりこっちのiPhoneの方が持ちやすくて好きだったんです」と言ってiPhone SEに乗り換える方もいました。

女性でも片手で簡単に扱えるサイズ感だからこそ、育児や仕事の合間に連絡をチェックしやすいというメリットもあります。

2-2 iPhone SE | 支障のない程度のスペックでライトユーザーにも丁度良い

iPhoneに限りませんが、最近のスマホはかなり性能が良くなっています。

それこそパソコンの代わりで使うことも不可能ではありません。

その一方で、性能が高くなるにつれてスマホの機種代金が高くなるといった一面もあります。

全てのスマホが性能が高くなり、機種代金が高くなるというのは、ヘビーユーザーの方には問題ありませんがライトユーザーの方にとっては少し勿体無いと感じてしまうと思います。

「ここまで使わないのに、こんなに良いものを買っても意味がないんだけどな・・・」と考える方も少なくないのではないでしょうか。

iPhone SEはiPhone XSと比較すると間違いなくスペックは劣ります。

しかし、全てのモデルにおいて統一性の高いiPhoneだからこそ、今でも数世代前のモデルを使ったとしても支障なく使えるという点がiPhoneシリーズの魅力ともいえます。

それほどヘビーな使い方をするには適していませんが、ライトユーザーの方が日常的に必要なことを最低限使う分には十分すぎるほどに使うことができるiPhone SEはまさしくライトユーザーにぴったりだといえます。

2-3 iPhone SE | 価格がとにかく安い!

iPhone SEはとにかく値段が安いです。

32GBモデルであれば4万円程度で購入することができるので、この機種代金は格安スマホとあまり変わりません。

iPhoneを使ってみたいけど機種代金が高くて手が出せないという方も多いのではないでしょうか。

または、興味はあるけどそれだけお金を出してまで使いたいと思わないという方も多いと思います。

しかし、格安スマホとほぼ同じくらいの相場で購入できるiPhone SEなら気軽にiPhoneを試すことができます。

10万円を超える機種代金が普通になりつつあるiPhoneで安く購入できるiPhoneはかなり貴重だといえます。

新型iPhoneが出てもiPhone SEは買いか?小さいスマホの需要はまだある?
iPhone SEの特徴
  • 片手で簡単に扱える軽量コンパクトサイズ
  • 適度なスペックで高い性能を求めていないユーザーにもぴったり
  • 最安値で4万円程度で購入できるリーズナブルさ

次の章では、iPhone XSとiPhone SEの違い、どちらを買うべきなのかを説明します。

3 iPhone XSとiPhone SEの違い、どちらを買うべきなのか

ここで、iPhone XSとiPhone SEの違いをまとめます。

iPhone XSとiPhone SEの違い
  • サイズ
  • 搭載されているCPU性能
  • 機種代金
  • カメラ性能

このように、様々な点で大きく異なるiPhone XSとiPhone SEですが、どちらを購入すべきなのかタイプ別に解説しますので、是非参考にしてください。

3-1 iPhone SE | コンパクトサイズが好きな方・片手間で操作したい方

スマホ業界の動きと世間のニーズはスマホの画面を大きくする方向に動いています。

しかし、その中でも片手で扱えるコンパクトサイズのiPhone SEを求める方が多いのも事実です。

持ち運びも便利で小さなバッグにも簡単に収納できるサイズのスマホが良いという方や、仕事や育児の合間など片手でスマホを操作する機会が多い方はiPhone SEがおすすめです。

今後iPhone SEの後継機が出るかどうかはわかりませんが、画面を大きくする方向にスマホ業界が動いている以上可能性は低いといえます。

小さいサイズのスマホが欲しいという方はiPhone SEを販売している今がチャンスかもしれません。

3-2 iPhone SE | 安くiPhoneを手に入れたい!古いなんて関係ない!という方

iPhone SEは機種代金が4万円程度と非常にリーズナブルな価格です。

そのため、iPhoneに興味がある方や、価格の高さから購入を諦めていた方も気軽に購入しやすいのではないでしょうか。

iPhone SEは確かに数世代前の比較的古いモデルですが、必ずしも最新のiPhoneを使わなくても良い、古いモデルのiPhoneでも良いと考えている方にも適しています。

そもそもiPhoneは全モデルと通じて比較的統一性の高いブランドなので、iPhone SEでも十分にiPhoneとして使うことができます。

iPhoneを試したいという方にぴったりではないでしょうか。

3-3 iPhone XS | 大容量大画面でヘビーにスマホを使いたい方

iPhone XSは512GBまで容量を選ぶことができ、大画面で動画やゲームを楽しむことができます。

つまり、普段から動画をダウンロードしたりゲームをたくさんするヘビーユーザーにはかなりぴったりなiPhoneなのです。

また、iPhone XSシリーズではアンテナが追加されて搭載されているといわれており、口コミでは桁違いに通信速度が速いといわれています。

そのため、ネットをたくさん使う方にも最適なiPhoneだといえます。

3-4 iPhone XS | 綺麗にそしておしゃれに写真を撮りたい方

iPhone XSはカメラの性能も今までiPhoneと比べてかなり上がっています。

ポートレートもぼかし具合を調整することもでき、照明やエフェクトなどさまざまな効果を写真に追加することもできるようになりました。

広角と望遠のデュアルカメラ搭載で、旅行中の景色の写真などもより鮮明に綺麗に撮影することができます。

そのため、iPhone XSは

  • 普段からスマホのカメラである程度の写真の撮影をする方
  • スマホのカメラである程度の写真の撮影をする方
  • インスタなどのSNSを積極的に使っている方

にもぴったりなiPhoneだといえます。

4 iPhone SEは他のiPhoneと比較しても安く格安SIMでも取扱中

iPhone SEは他のiPhoneと比べても圧倒的に機種代金が安いです。

さらに、ワイモバイルや楽天モバイル、UQモバイルをはじめとする格安SIMが中心となってiPhone SEを取り扱っているので、月々の利用料金もiPhone XSを使うよりもかなり安くなります。

もちろんスペックはiPhone XSの方が格段に上ですし、ネットや動画、スマホゲームのヘビーユーザーやSNSユーザーはiPhone XSがおすすめです。

しかし、そこまでスマホを使わないという方や、少しiPhoneを試してみたいと考えている方はiPhone SEでも十分に使えると考えられます。

機種代金だけでなく月額料金も安くなる格安SIMでiPhone SEは購入できるので、是非この機会に検討してください。

5 iPhone XSとiPhone SEを比較した結果

最後に、iPhone XSとiPhone SEを比較した結果をまとめました。

iPhone XSとiPhone SEを比較した結果
  • 格安で使えるiPhoneを求めるならiPhone SE
  • ライトユーザーの方はiPhone SE
  • コンパクトサイズを求めるのであればiPhone SE
  • 高スペックiPhoneを求めるならiPhone XS
  • ヘビーユーザーの方はiPhone XSがおすすめ

スペックを比べるのであれば圧倒的にiPhone XSの方が高いです。

しかし、iPhone SEで特筆すべきはコンパクトなサイズ感と価格の安さです。

iPhone SEのサイズ感は今現状発売されているスマホの中にはほとんどありません。

女性でも簡単に手のひらに収まるサイズはかなり貴重と言っても良いでしょう。

この先iPhone SEのサイズ感で発売されるiPhoneが登場するかわかりませんが、現状のスマホ業界の動向を見ているとかなり可能性は低いと思われます。

コンパクトサイズが良い、できるだけ安くiPhoneが欲しいという方はiPhone SEをおすすめします。

また、iPhone XSは最新のiPhoneということもあってかなり性能の良いモデルです。

口コミによると通信速度が前モデルのiPhone Xと比べてかなり速いようです。

容量も最大512GBまで選ぶことができるので、容量ネット通信ともにたくさん使うヘビーユーザーの方は是非iPhone XSを検討してみてはいかがでしょうか。

自分のiPhoneに対するニーズを今一度見直して、ぴったりなiPhoneをゲットしてくださいね。

iPhone比較|値段/サイズ/スペックで歴代モデルを比べてみた【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ