【iPhone XS VS iPhone X】徹底比較|どっちが買いか?その理由

【iPhone XS VS iPhone X】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

いよいよ発売が開始された新型iPhoneであるiPhone XS

発売当日はやはりApple Storeに行列ができたことでマスコミに取り上げられていました。

今のところはまだiPhone Xと何が違うのかをよく見て、様子見をしている方も多いでのではないでしょうか。

毎年進化を遂げるiPhoneですが、今年の進化のポイントは一体どんなところなのでしょうか。

また、iPhone XSはどんな人に向いていると言えるのでしょうか。

そこで今回は、

  • iPhone XSの進化したポイント
  • iPhone XSの購入がおすすめな人についてその理由

をまとめてみました。

1 iPhone XSの進化ポイントを徹底解説


画像引用元:iPhone XS 製品情報 | ソフトバンク

まず、新型iPhoneであるiPhone XSは、iPhone Xに比べてどんな点が進化したのかについて見ていきましょう。

iPhone XSの進化したポイント

  • チップセットのグレードアップでiPhone Xよりも賢くなった
  • 内蔵ストレージに512GBが追加された
  • ポートレートモードで後からボケ感を編集できるようになった
  • フロントカメラでの動画撮影が進化している

詳しく、説明していきます。

1-1 iPhone XS進化のポイント | チップセットが高性能化した

まず大きな変更点として、iPhone XSに内蔵されているチップセットがグレードアップしました。

これまでのiPhone Xでは「A11」というチップセットでしたが、iPhoneXsでは「A12」というチップセットが搭載されました。

具体的にどう変化したのかと言うと中々難しいところですが、処理速度の速さに期待できます。

そのため、これまで3Dグラフィックの処理能力が要求されるオンラインゲームなどをプレイしていた人や、iPhoneで動画編集や画像加工を行っていた人には嬉しい進化と言えます。

1-2 iPhone XS進化のポイント | 内蔵ストレージが倍になった

続いてこちらも大きなポイントですが、iPhone Xでは256GBまでだった内蔵ストレージがiPhone XSでは512GBにまで進化しています。

256GBでもかなりの容量ですが、画像や動画をたくさん保存して、かつ音楽ファイルもたくさん保存するといった人にとっては、256GBでも正直足りないという人がいました。

さらにKindleなどの電子書籍データを保存するといった人も、中々に容量が必要となる電子書籍データで容量を圧迫してしまっているという人もいました。

ところが新たに発売されたiPhone XSでは512GBが登場したため、これまでの倍のデータ量保存することが可能となります。

バックアップ先のパソコンの容量やiCloudの容量も大きなものが必要となりますが、容量が大きくなったという点も内蔵ストレージで困っていてた方にとっては嬉しい進化です。

1-3 iPhone XS進化のポイント | 防水性能が進化した

iPhone Xの防水性能は、「水深1メートルの深さで30分の耐水性能」という表記でした。

iPhone XSの防水性能は、「水深2メートルの深さで30分の耐水性能」になりました。

これまでも防水スマホとして販売されていましたが、防水のレベルを表す等級が上がったことによって、胸を張って防水スマホであると言えるようになりました。

ユーザーとしてはiPhoneの水濡れは保証の対象外となってしまうため、防水性能が進化したというのは嬉しい点です。

こちらは細かな変更点ですが、耐えられる水深が深くなったことによってよりユニークな写真を撮影することも可能となりました。

1-4 iPhone XS進化のポイント | ポートレートモードがさらに進化!


画像引用元:iPhone XS – カメラ – Apple(日本)

iPhone Xでは、広角レンズと望遠レンズを搭載してポートレートモードという背景をボカして被写体を際立たせるという機能が使えました。

もちろんiPhone XSでもこのポートレートモードが使えるようになっていて、iPhone Xよりも進化しているという特徴があります。

iPhone Xは「ポートレートモード」という記載のみでしたが、iPhone XSでは「進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード」という記載に変更されています。

進化したボケ効果によって背景のボケ感をより強調することが出来るようになっています。

なんと言ってもこちらの機能で注目なのは、「深度コントロール」機能です。

深度コントロール機能によって、ポートレートモードで写真を撮影した後から写真の背景ボケを編集できるようになっています。

より深いボケ感がほしいときには深度コントロールを行うことでより濃いボケ感を得ることが出来て、逆にあっさりとしたボケ感がほしいとときは深度を浅くすることで浅いボケ感が実現します。

今回のiPhone XSの大きな変更点は、カメラ機能にあります。

その1つとして、「進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード」が挙げられます。

iPhone比較|歴代モデルを価格・サイズ・スペックで比べてみた【2019】

次のページでも、iPhone XSの進化ポイントを徹底解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ