iPod時代からiTunesを使っていればiPhoneでもデータ移行が簡単

iPod時代からiTunesを使っていればiPhoneでもデータ移行が簡単

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

トップ画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ ソフトバンク | ソニーモバイル公式サイト

iTunesで曲を取り込むことに慣れていた


画像引用元:Xperia™ Z2 SO-03F | カラーバリエーション | ソニーモバイルコミュニケーションズ

  • 26歳
  • 男性
  • 技術職
  • Android利用歴(年):3年
  • Androidスマホの機種名:Xperia Z2
  • 機種変更するキャリア:ドコモ
  • AndroidからiPhoneに乗り換え予定時期:2018年

iTunesを使っていたので、曲をiPhoneに取り込むことが簡単という理由で乗り換えました

曲の取り込み作業は、iPodを使っていた時からやっており、慣れた作業ということも理由の一つです。

また、iPhoneはタッチレスポンスの感度がよく、動作がサクサクだと感じています。

他にも、主観ですがバッテリーの持ちがiPhoneの方が良いと感じました。iPhone 7を使っているのですが、1日使っていても50%を切りません。(1年以上使っています)

あとはデザイン性も良いです。解像度を表す数値はAndroidの方が勝っている場合もあると思いますが、感覚としてiPhoneの方が画面が綺麗に見えます。

iPhone 7の32Gモデルを使用しているのですが、ほかにも64Gモデル、256Gモデルと幅広いストレージの方を選ぶことができます。

iPhoneは毎年大きいアップデートと、細かなアップデートがあるので、常に最新OSが利用できるという面が強みです。OSが進化すれば、それに伴って古い端末も使いやすくなるところが良いと思います。

iPhoneに使われているOSは、「iOS」というもので、これは使用していないアプリを制御しているため、電池を無駄に消費することがないというメリットがあります。

Androidの場合は、現在使用していないアプリが表示画面の裏で稼働していることがあるので、バッテリーの持ちはここに影響しているのだと思います。

電子マネーの観点では、Androidの場合、楽天Edyとnanacoなどの主力な電子マネーが使えます。

iPhoneでもiD、QUICPay、モバイルSuicaなどの電子マネーに対応しています。私はSuicaを使っていたので、iPhoneの場合無料でモバイルSuicaが利用できる点が良いと思いました。

AndroidでもモバイルSuicaが使えますが、年会費がかかってしまうので、使い勝手はiPhoneの方が良さそうです。(Androidの場合、年会費1000円くらいかかります)

Androidももちろん良い点が多くあります。カスタマイズ性は断然Androidが優れています

テキストメッセージのアプリ、アイコンのデザイン、デフォルトのウェブブラウザなどの変更が可能なので、自由度が高いです。

端末の価格もiPhoneと比べるとはるかに安いです。スマートフォンに限らずですが、結果的にはどの機能に重点を置くかによって使うものが変わります。

iPhoneの場合は、操作が簡単で使いやすい、いろんなケース・アクセサリを楽しみたい(種類が圧倒的に豊富)等があります。

Androidの場合は、音質やカメラ性能が良い、コスパが良い。(型落ちモデルが安い)等があります。

どちらも使っていたので、お互いの良い点、悪い点わかります。しかし、現状ではiPhoneの方が使い勝手が良いです。

iPhone XSも採用のiOS12新ジェスチャー|ホームボタン無しでも便利な機能

iTunesとiCloudの使いやすさが魅力的


画像引用元:Xperia(エクスペリア) XZ ソフトバンク | ギャラリー | ソニーモバイル公式サイト

  • 40歳
  • 男性
  • Android利用歴(年):1年8ヶ月
  • Androidスマホの機種名:Xperia XZ
  • 機種変更するキャリア:ドコモ
  • AndroidからiPhoneに乗り換え予定時期:2018年12月

iTunesとiCloudの使いやすさが魅力的です。加えてiTunesは取り込みのインポートのやりやすさと速度が魅力的です。

一方でAndroidに関しては、PCでのミュージックの取り込みで、なぜか曲名が取り込まれないということが多々あります。何故か他の曲を後日入れた際に取り込まれる場合もあります。

今までに多かったのは英語のCDがきちんと編集されませんでした。また、英語に関して言えば番号順に取り込まれないことがあります。

こういうことがあると勉強する気がなえてしまったり、原因を突き止めなければならず時間を取られてしまいます。

パソコンを使わずに取り込める機器の購入をして解消されたのですが、やはり圧倒的にiTunesでのインポートの方が早いです。

あとiCloudに関してですが、iPhoneは別売りのキットを購入して、SDカード等を使えるようになりました。

ただし、SDカードは次の機種でも使用しできるかわかりません。

どんどん型落ちしていき、新しい機種に見合わなくなり、故障の原因になりうるからです。(故障してから店員さんから聞きました)なのでiCloudがあれば安心です。

AndroidにもGooleドライブというものがありますが、世間ではあまり知られていなくて友人等に相談が難しいです。

それとiPhoneはアプリ審査も厳しと聞いているので使用面に関しての安心感があります。

また、世間で流行ったとか使いやすいアプリはiPhoneにしかない場合が多い気がします。流行りについていきたい場合はiPhoneの方にどうしても軍配が上がってしまいます。

Android良い点としては、故障した際の各店舗でのキャリアショップで対応してもらえる点でしょう。

ドコモの場合は約1万円での故障対応できる修理保証に加入しました。

ただ今回の乗り換えはきちんと故障のことも想定して、Apple care等に加入すれば対応できるんじゃないかと考えています。

アクセサリー面に関してもiPhoneの方が豊富にあると感じていますので、今現在は自分自身は総合的に判断してiPhoneの乗り換えに軍配が上がります。

DearMob iPhoneマネージャーを使えば安全・簡単にiPhoneバックアップできる

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

iTunesに強く魅力を感じている方の意見でした。iPhoneより先にiPodを使ったことがある、という方は結構多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人です。確かにiPhoneのデータ移行など最初からスムーズに出来たと思います。

基本的に新モデルが出てもiTunesでデータ移行する手順は変わらないので、機種変更してもスムーズにデータ移行できる点はiPhoneの強みといえるでしょう。

AndroidからiPhoneへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ