このiPhone初期化しても大丈夫?初期化すべき状況と方法まとめ

このiPhone初期化しても大丈夫?初期化すべき状況と方法まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

通常、iPhoneを使っている時に初期化をする人はほとんどいないと思います。

では、何故iPhoneには初期化できる機能があるのでしょうか。

それはiPhoneを使わなくなった時や、自分の手元から離れる時に、iPhoneの中のデータを他の人に見られないようにするためです。

今まで使っていたiPhoneから、新しいスマホに機種変更をしても、今まで使っていたiPhoneを持っている人は多いと思います。

しかし、中には機種変更した時点でそのiPhoneを手放す人も少なくありません。

そんな時に必要になってくるのが初期化なのです。

そこで今回は、iPhoneの初期化をしなければならない状況と、初期化の手順、そして初期化の前にやっておくべきデータのバックアップの仕方を解説します。

iPhoneを初期化すべき状況

スマホを操作する男性

まず、iPhoneを初期化すべき状況とはどんな状況なのか解説します。

iPhoneを初期化すべき状況
  • iPhoneを修理に出す時
  • iPhoneを下取りや中古ショップ・ネットオークションで売る時
  • 家族や友人にiPhoneを渡す時
  • その他、使わないなら初期化をしておく方が無難

iPhoneは必ずしも初期化する必要はありません。

しかし、どうしても初期化しなければいけない状況はいくつかあります。

どんな時に初期化をすべきなのかは、初期化しなければいけない時に、「誤って初期化せずに処理してしまい情報が漏れてしまった」という事態を避けるためにも、しっかりと知っておくべきです。

初期化しなければいけない状況はどんな人にも起こりうる状況ばかりです。

しっかりとここで覚えておきましょう。

iPhoneを修理に出す時

  • iPhoneの画面が割れてしまった
  • ボタンの操作が効かない
  • 電源が頻繁に落ちてしまう

などの不具合が発生した際に、まず考えるのは修理に出すことだと思います。

基本的に、iPhoneを修理する時はiPhoneの中のデータが全て消えてしまいます

そのため、あらかじめデータのバックアップをしておいた方が、万が一の時も安心できます。

一方で、修理をする時に事前にユーザー側でiPhoneの初期化をしておく必要があります。

もちろん、初期化せずに出したとしても修理の段階でデータは完全に消去されてしまいますが、修理に出すというのは他の人に自分のiPhoneを見られるということになります。

そのため、もし万が一データの漏えいがあった場合、まず疑うべきは修理をした関係者全員ということになってしまいます。

そのリスクを避けるために、Apple側でもデータの初期化はしておくようにとユーザーにお願いをしています。

そして、万が一初期化せずに修理に出して何かあった場合も、責任は取らないということは明言されています

そのような情報漏えいのリスクを避けるため、Apple側とのトラブルを避けるため、そして自分の大事なデータを守るためにも、修理前の初期化は必ずしておきましょう。

iPhoneを下取りに出したり、中古ショップやネットオークションで売る時

使わなくなったiPhoneを、キャリアの下取りプログラムに出したり、中古ショップやネットオークションで売る人は少なくありません。

iPhoneは中古でも比較的良い価格で売れることが多く、機種変更や乗り換えのタイミングで、古いiPhoneを売ることはかなりおすすめの手段です。

ネットオークションの場合は、完全に個人で取引をするものになりますが、中古ショップで売る場合も、必ずデータの初期化の確認が行われます

これも、万が一データが残っている状態で売り出してしまった際に、情報漏えいになってしまうリスクを避けるためです。

中古ショップやネットオークションで売るということは、ほぼ確実に顔も知らない第三者へと自分が使っていたiPhoneが送られ、自分が使っていたように彼らも使うということになります。

その時に、自分の個人情報やクレジットカードの情報が残っていて、それを悪用しないという確証は絶対に100%はありません。

このように、自分の使ったiPhoneを他者に売る時も、情報を守るために初期化は必ずしておくべきです。

家族や友人に使っていたiPhoneを渡す時

家族や友人に使わなくなったiPhoneを渡すこともあると思います。

※SIMカードが入っている状態で回線が使える状態で譲渡するのは違法になるので注意してください。

その場合はしっかりと名義変更を行いましょう。

家族だから、気心の知れている友人だからと、データの初期化がおざなりになってしまう人も多いかもしれませんが、この場合も初期化は必ずしておくべきです。

というのも、もし家族や友人に渡したことが決定的な原因でなかったとしても、万が一情報が漏れている・クレジットカード不正利用などのトラブルが発生した時に、どうしても疑ってしまうことになるからです。

家族や気心の知れた友人を疑いたくないですよね。

余計なトラブルを招かないようにするためにも、親しき仲にも礼儀ありということで、しっかりとデータの初期化をするようにしましょう。

そもそも、iPhoneやスマホの多くはプライベートな内容の塊だと思うので、知られたくないと思う人の方が多いかもしれません。

水没したiPhoneを修理・データ復旧するために必要な手順と費用【キャリア別】

次のページでは、iPhoneの初期化の方法について詳しく解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ