iPhoneを初期化/リセットする方法|できない場合の対処法や注意点も

iPhoneの初期化機能を使うことはほとんどありません。ただしiPhoneを手放す時には初期化が必要です。今回はiPhoneを初期化するタイミングや初期化の方法、初期化前に行うバックアップ方法などを解説しました。iPhoneを初期化する方は必見の記事です!
  • 2021年6月5日
  • by.yoshinaga0719

iPhoneを初期化/リセットする方法|できない場合の対処法や注意点も

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneを初期化する前にするべきことや初期化の方法、初期化できないときの対処法などを紹介しています。

iPhoneを修理にだすときや売却をする際には、初期化する必要があります。

これは、iPhoneの中身を他人に見られないようにし、情報を抜き取られないようにするためですね。

ちなみに初期化とは、工場出荷時の状態にすることを指します。

iPhoneのデータを全部消去するため、不安に思う方は多いでしょう。

でも大丈夫です。この記事を読めばアプリや写真などをバックアップし、スムーズな初期化作業ができますよ。

iPhoneを修理に出す予定がある方や売却するために初期化する必要がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhoneの初期化の手順
  1. iCloudやiTunesにバックアップをとる
  2. 手順に従い初期化をする
  3. 初期化できない場合は強制初期化する

iPhoneを初期化する前にやるべきこと

TODOリストとボールペン

まずは、iPhoneを初期化する前にやるべきことを知っておきましょう。

いきなりiPhoneの初期化をしてしまうと、写真や動画、アプリ情報、パスワードといった大切な情報が消えてしまう可能性があるからです。

安全に初期化をして新しいスマホにデータを復元するために、以下の点を行いましょう。

初期化前にやるべきこと
  • iPhoneのバックアップをとる
  • 「iPhoneを探す」をオフにする
  • iCloudからサインアウトしておく
  • Apple Watchのペアリングを解除する(Apple Watchを持っている方のみ)
  • Apple Watchのペアリングを解除する(Apple Watchを持っている方のみ)

iPhoneのバックアップをとる

まずは、iPhoneのバックアップをとっておきましょう。

バックアップをせずに初期化をすると、全てのデータが消えます。

初期化とは工場出荷時の状態を指すので、新しくiPhoneを購入したときのように、純正のアプリ以外はすべて消えます。

大事なデータを新しいスマホに復元するためにも、初期化の前には必ずバックアップをしましょう。

基本的なバックアップ方法は、以下の通りです。

基本的なバックアップの方法
  • iCloudにバックアップする
  • iTunesにバックアップする

iCloudにバックアップする方法は、パソコンがなくてもiPhoneの設定から行えるため、誰でも簡単にデータを保存できます。

一方でiTunesでバックアップを取る方法は、パソコンがないとできません。

「iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneを初期化する前には、「iPhoneを探す」をオフにしましょう

「iPhoneを探す」は、iPhoneのセキュリティ機能です。

iPhoneを無くしてしまったときにどこにあるか探したり、遠隔でデータを消去したり、ロックをかけたりできます。

「iPhoneを探す」がオンになっていると、iPhoneにロックがかかってしまいます。

そのため修理ができなかったり、遠隔からハッキングされたり、下取りに出せなかったりします。

以下の項目に当てはまる方は初期化の前に必ず「iPhoneを探す」をオフにしましょう。

「iPhoneを探す」をオフにすべきとき
  • iPhoneを初期化するとき
  • 修理やバッテリー交換にだすとき
  • 下取りに出すとき
  • 友達や友人にあげるとき

また、「iPhoneを探す」をオフにする手順は以下の通りです。

1分程度で誰でも簡単にできますよ。

「iPhoneを探す」をオフにする手順
  1. 「設定」を開く
  2. 一番上の自分の名前が記載されている情報をタップ
  3. 緑アイコンの「探す」をタップ
  4. 一番上の「iPhoneを探す」をオフにする

iCloudからサインアウトしておく

初期化の前には、iCloudからサインアウトしておきましょう。

サインアウトせずに初期化をすると、「アクティベーションロック」がかかります。

「アクティベーションロック」がかかるとiPhoneは使用できず、ロックを解除するにはApple IDとパスワードを入力する必要があります。

これはとても面倒ですよね。

なので、初期化の前にはiCloudからサインアウトしましょう。

  1. 「設定」を開く
  2. 一番上の自分の名前をタップ
  3. iPhoneの初期化方法【iCloudからログアウト1】

  4. 画面一番下にある「サインアウト」をタップ
  5. iPhoneの初期化方法【iCloudからログアウト2】

  6. 「iCloudからサインアウト」をタップ
  7. iPhoneの初期化方法【iCloudからログアウト3】

  8. 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか」のメッセージですべてをオフにし、右上の「サインアウト」をタップ
  9. iPhoneの初期化方法【iCloudからログアウト4】

  10. 「本当によろしいですか」というメッセージが表示されたら「サインアウト」をタップし完了
  11. iPhoneの初期化方法【iCloudからログアウト5】

Apple Watchのペアリングを解除する(Apple Watchを持っている方のみ)

Apple Watchを持っている方は、ペアリングを解除しましょう。

iPhoneを下取りに出すときや友達に譲るときにペアリングがオンの状態のままだと、iPhoneの情報が駄々洩れになってしまいます。

ペアリングを解除するとApple Watchは初期化されますが、同時にiPhoneにバックアップされるので、安心してくださいね。

ペアリングの解除方法
  1. iPhoneとApple Watchを近づける
  2. iPhoneでWatch Appを開く
  3. 「マイウォッチ」を開き、「すべてのWatch」をタップする
  4. ペアリングを解除したいApple Watchの横にある情報マーク(黄色のビックリマーク)をタップ
  5. 「Apple Watchとのペアリングを解除」をタップして完了

GPS+Cellularモデルを使用している方は、モバイルデータ通信プランを維持するか削除するか選択する必要があります。

Apple WatchとiPhoneを再度ペアリングする方は、維持を選択してください。

Apple WatchとiPhoneを今後ペアリングしない方は、削除を選択します。

iMessageをオフにする(Androidへ移行する方のみ)

iPhoneからAndrodへ移行される方は、iMessageをオフにしましょう。

iMessageがオンのままだと、Androidに移行した際にメッセージが届かなくなるからです。

一度セットアップをすると、iMessageと電話番号が紐づけられます。

Androidスマホへ移行したり電話番号が変わると、送信先の電話番号が無くなっている状態になるため、メッセージは届かなくなります。  

これを防ぐためにも、初期化の前にiMessageをオフにすることを忘れないようにしましょう。

  1. 設定を開く
  2. 画面をスクロールし、緑色の吹き出しアイコン「メッセージ」をタップ
  3. iPhoneの初期化方法【iMessageをオフにする1】

  4. 一番上の「iMessage」をオフに変更
  5. iPhoneの初期化方法【iMessageをオフにする2】

iPhoneを完全に初期化する方法

ここからは、iPhoneを完全に初期化する手順を画像付きで紹介していきます。

といっても手順は簡単で、上記で紹介した初期化前にやるべきことを行っていれば、5分程度で初期化は完了します。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」をタップする
  3. iPhoneの初期化方法1【一般を開く】

  4. 画面下の「リセット」をタップ
  5. iPhoneの初期化方法2【リセットをタップ】

  6. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  7. iPhoneの初期化方法3「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ

  8. 「今すぐ消去」をタップして完了
  9. iPhoneの初期化方法4「今すぐ消去」をタップ

iPhoneを初期化できない場合は強制初期化をする

iPhone12 Pro

上記で紹介した方法で初期化ができなかった場合は、強制初期化という方法で初期化ができます。

強制初期化とは、本体の操作ができない、パスコードが分からないといったときに、強制的に初期化する方法です。

つまり、初期化の最終手段ということになりますね。

強制初期化には、以下のような方法があります。

強制初期化の方法
  • リカバリーモードで強制初期化する
  • DFUモードで強制初期化する
  • パソコンもしくはタブレットから初期化する
  • Apple Storeや正規サービスで強制初期化する
  • 10回連続でわざとパスワードを間違える

リカバリーモードで強制初期化する

リカバリーモードとは、iPhoneの動作がおかしいときやパスワードが分からないとき、iTunesに繋ぎ強制初期化をする方法です。

パソコンにインストールされたiTunesがないと強制初期化はできませんが、最も有効な方法です。

また、使用しているiPhoneの機種によって、操作方法が少しだけ異なります。

まずはiPhone8以降の場合の手順を見てみましょう。

iPhone8以降の場合
  1. iPhoneのバックアップをとる
  2. iPhoneを探すをオフにした状態にする
  3. Lightningケーブルでパソコンに繋ぎiTunesを起動する
  4. iTunesの自動設定が「有効」の場合は「自動同期しない」に変更しておく
  5. 電源ボタンと音量を上げるボタンを同時に押す
  6. 音量を上げるボタンをすぐに離し音量を下げるボタンを押す
  7. 音量を下げるボタンをすぐに離す
  8. 電源ボタンを押し続けるとスマホ画面上にiTunesのマークが表示される
  9. パソコンの画面に「復元」が表示されるのでクリックして初期化の完了

iPhone7/7plusの場合

次は、iPhone7/7plusの場合を紹介します。

基本的な流れは同じですが、音量ボタンの押す時間や方法が異なります。

Phone7/7plusの場合
  1. iPhoneのバックアップをとっておき、iPhoneを探すをオフにした状態にする
  2. Lightningケーブルでパソコンに繋ぎ、iTunesを起動する
  3. iTunesの自動設定が「有効」の場合は「自動同期しない」に変更しておく
  4. 電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に押す
    (iPhone6sまでの機種の場合は、電源ボタンとホームボタンの長押し)
  5. 10秒ほど押し続けると、スマホ画面上にiTunesのマークが表示される
  6. パソコンの画面に「復元」が表示されるのでクリックして初期化の完了

DFUモードで強制初期化をする

DFUモードとはデバイス・ファームウェア・アップデートの略で、リカバリーモードで強制初期化できなかったときの対処方法です。

リカバリーモードよりも強制力の強い方法であり、Apple公式の方法ではないため、トラブルが起こったときの保証はされません。

また、iPhoneに損傷がある場合(画面が割れている、水没した)、DFUモードで初期化すると全く反応せず、使えなくなってしまう可能性があります。

つまり、DFUモードで強制初期化するときはすべて自己責任になるので、注意しましょう。

手順はリカバリーモードと全く同じですが、表示される内容が異なります。

DFUモード時の画面表示
  • スマホ画面・・・最初から最後まで何も表示されない真っ暗なまま
  • パソコン画面・・・「iTunesはリカバリーモード中のiPhoneを見つけました」と表示される

パソコンもしくはタブレットから初期化する

パソコンやタブレットからiPhoneを強制初期化する方法もあります。

この方法で強制初期化するには、以下2つの条件が揃っている時に有効です。

  • iPhoneが手元にない
  • 「iPhoneを探す」がオンになっている

「iPhoneを探す」がオンになっていれば、パソコンやタブレットからiCloudにログインして、初期化をすることができます。

パソコンやタブレットからの手順
  1. iCloudにログインする
  2. ログインしたら、「iPhoneを探す」をクリックする
  3. 「すべてのデバイス」から初期化したいiPhoneを選び、「iPhoneの消去」をクリックして完了

Apple Storeや正規修理店で強制初期化をする

パソコンやタブレットがなく、自分で強制初期化できない方は、Apple Storeもしくは正規修理店に持って行きましょう。

どちらかにiPhoneを持って行くときは、Apple IDとパスワードが必須になります。

パスワードを忘れてしまった方は、「設定」からパスワードを変更しておきましょう。

また、Apple Storeもしくは正規修理店に持って行く場合は予約が必要であり、費用もかかりますよ。

10回連続でわざとパスワードを間違える

iPhoneは10回連続でパスワードの入力を間違えると、強制的に初期化されます。

パスワードの入力を何回か間違えた際に、一定時間再入力ができなくなった経験がある方は多くいるでしょう。

  • 6回連続ミス:1分間のインターバル
  • 7回連続ミス:5分間のインターバル
  • 8回連続ミス:15分間のインターバル
  • 9回連続ミス:60分間のインターバル
  • 10回連続ミス:強制初期化

10回連続で間違えると、強制的に初期化されます。

しかし、この方法を利用するには、iPhone内で準備をする必要があります。

強制初期化の手順
  1. 設定から「Touch IDとパスコード」を開く
  2. 現在使用しているパスコードを入力する
  3. 一番下までスクロールし「データ消去」をオンにする

iPhoneの初期化をすべきパターン4つ

注意点を指摘する人

iPhoneの初期化は、前述した通りすべての情報が消去されます。

唯一消去されない情報は、iOSのアップデートだけです。

では、iPhoneはどういった状況のときに、初期化をする必要があるのでしょうか。

iPhoneを初期化すべき4つのパターン
  • iPhoneの動作が重かったり誤作動があるとき
  • iPhoneを修理やバッテリー交換に出す時
  • iPhoneを下取りや売却するとき
  • 家族や友人にiPhoneを渡す時

iPhoneの動作が重かったり誤作動があるとき

iPhoneを2年3年使っていると「動作がもっさりしている」「電源がよく落ちる」といった不具合が起き、ストレスを感じる方も多いでしょう。

そのような場合は、初期化を行うことで症状が改善されるケースがあります。

とはいえ、初期化はデータがすべて消去されるのでリスクが高いですよね。

そのため、まずは再起動をして改善されなかったら、バックアップをとり初期化を試してみましょう。

iPhoneを修理やバッテリー交換に出す時

iPhoneを修理やバッテリー交換にだすときには、初期化をしておいたほうが安心です。

なぜなら、修理やバッテリー交換をする際にスマホのデータを抜かれたりデータが消えたり、といったケースがあるからですね。

Apple Storeや正規店の場合、データを抜かれる心配は少ないですが、修理をするとデータは消えます。

Appleの公式サイトには、修理時には必ずバックアップを取っておくように、と記載されていますよね。

また、バックアップを取ってもスマホ内にはデータは残っている状態です。

そのため、少し手間はかかりますがバックアップをしてデータを他の場所に移し、初期化をしたほうが安心して修理に出すことができますね。

iPhoneを下取りや売却するとき

下取りや売却をする時は、初期化をしなければいけません。

中古ショップやキャリアに下取りをする際には、初期化した状態じゃないと引き取ってくれません。

また、ヤフオクやメルカリでiPhoneを売却する場合、スマホ内にクレジットカードの情報やサイトのパスワード、ID情報が残っている状態で売りに出してしまうと、ほぼ確実に悪用されます。

そのため、下取りや個人で売却する際は、必ず初期化して個人情報流出のリスクを防ぎましょう。

家族や友人にiPhoneを渡す時

家族や友人にiPhoneを渡すときにも、初期化は必須です。

気の知れた家族や友人であっても、どのようにiPhoneを使用するかは分かりませんよね。

「クレジットカードの情報が残っていたら…」「見られたくないサイト情報がある…」といった方は多くいるでしょう。

気の知れた仲であっても、知られたくないことは誰にでもあります。

お互いが安全に利用するためにも、iPhoneの初期化は必須ですよ。

常にiPhoneのバックアップは取っておこう

この記事では、iPhoneの初期化の方法や初期化ができない時の方法について紹介しました。

最後に、この記事で紹介した内容を再度おさらいしておきましょう。

iPhoneの初期化する前にやるべきこと
  • iCloudやiTunesにバックアップをとる
  • 「iPhoneを探す」をオフにする
  • iCloudからサインアウトする
  • Apple Watchのペアリングを解除する(Apple Watchを持っている方のみ)
  • Apple Watchのペアリングを解除する(Apple Watchを持っている方のみ)

iPhoneの初期化とは、スマホ内のデータをすべて消去し、工場から出荷した状態に戻すことだと説明しました。

そのため、iPhoneを初期化する前には、バックアップを取り各種設定をするといった準備が大切です。

また、日常生活を送っていると紛失・盗難・水没・落下などによって、iPhoneが使えなくなったりデータが消えたりします。

スマホ内のデータがなくなってもいいように、常にバックアップを取ってデータを別の場所に保管しておくことが大切ですね。

iPhoneの写真をバックアップする方法|パソコン/iCloud/Googleフォトを比較

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。