海外でスマホを使う方法|データ通信・Wi-Fi・海外SIMの料金比較

海外でスマホを使う方法|データ通信・Wi-Fi・海外SIMの料金比較

いつも使っているスマホを海外旅行時にも利用したいと考えている人は多いかもしれません。

しかし、海外でスマホを利用するためにはいくつか準備をしておく必要があります。
そこでこの記事では海外でスマホを利用する方法をいくつかチェックしていきます!

海外旅行の予定がある人は、ぜひチェックしておくことをオススメします。
最後まで読めば海外でいつものスマホを利用する方法を理解できるでしょう。

海外でスマホを使う方法のポイント
  • 海外でスマホを使う方法をチェック
  • 準備すべきものと注意点を紹介
  • 料金とお得に利用する方法を紹介

1 海外でスマホを利用する4つの方法を紹介!

travel

海外でスマホを利用するためには、主に以下の4つの方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので比較検討して自分にピッタリなものを選びましょう。

海外でいつものスマホを利用する方法
  • データ通信のローミングサービスを利用
  • 日本国内で海外用SIMをあらかじめ準備する
  • 現地でSIMを調達する
  • ポケットWi-Fi(レンタルWi-Fi)を利用する

利便性を取るかコストを取るか、使い勝手を取るかによって最適な手段は異なるので、詳しくチェックしていきましょう!

なお、ローミングサービスとポケットWi-Fi(レンタルWi-Fi)を利用する方法以外で接続する場合、SIMフリースマホを利用していることを前提にしています。

SIMロックがかかったスマホしか持っていない場合、解除するか新たにSIMフリースマホを入手するかしてください。

1-1 海外でスマホを使う際の利便性を比較

Smartphone

まずは利便性を一覧で比較していきます。
上記の手段を利便性が高い順に並べると以下の表の通りです。

手段特徴
ローミングサービス簡単な手続きで使えるようになるが高価
ポケットWi-Fiレンタルサービスを使えば簡単に使える
国内でSIMを準備渡航前に準備できるが設定の必要がある
現地でSIMを調達最もコストが安いが 開通に時間がかかることがある

いずれの方法を利用するにしても、何らかの手続きが必要になることが多いので注意してください。

1-2 海外でスマホを使う際の料金比較

money

利便性よりコストを重視したいという人も多いかもしれません。

ランニングコストを重視する場合のオススメ手段を順番に並べると次の表の通りです。

手段特徴
現地でSIMを調達最も安くスマホを利用できる
国内でSIMを準備現地調達よりは高いものの、比較的安価
ポケットWi-Fi渡航日数によってコストが変わり、長期の場合は高くなりがち
ローミングサービス1日あたり1,000~3,000円かかるので高価

基本的に、利便性が高い手段ほどコストが高くなると覚えておきましょう。
具体的なコストをチェックすると次の表の通りになります。

利用手段料金利用サービス
ローミング980~2,980円/日
海外パケ・ホーダイ(ドコモ)
レンタルWi-Fi1,670円/日Global Wi-Fi(アメリカ本土 1.1GB/日)
国内でSIM調達4,380円ZIP SIM(通話+SMS+データ1.5GB)
現地でSIM調達40 USD(約4,400円)AT&T(通話+SMS+データ8GB)

上記の表をみてみるとコストを抑えたい人は、現地でSIMを調達するか国内で海外用SIMを準備するかするようにするのがオススメです。

ローミングやレンタルWi-Fiに比べてかなり安価であることがわかるでしょう。

1-3 高額請求回避のためにできること

海外でスマホを使う場合「知らないうちに高額請求されないか」が心配だという人も多いでしょう。

意図しない高額請求を回避するために以下の設定をしておくことをオススメします。

ローミングサービスをOFFにする

Deta roaming

海外利用において、高額請求が発生する主な原因が「意図しないうちにローミングサービスを利用していた」というものです。

基本的に、ローミングサービスは申し込んで開通の設定をしなければ利用できませんが、緊急時に備えて申し込んでいる人も多いかもしれません。

しかし、操作ミスでうっかり開通してしまうことがあるので、スマホの設定をいじってデータローミングをOFFにしておくことをオススメします。

手順は次の通りです。
1スマホの設定画面を開く
設定画面

2通信のオプションをタップする
通信のオプション

3データローミングをOFFにする
ローミングオフ

海外渡航時には、データローミングがOFF(スイッチが左側にある状態)になっているかをチェックしておきましょう。

ローミングを利用する場合は、料金をしっかり確認してから開通手続きをしてください。

1-4 日本で利用しているSIMを抜く

SIM

現地SIMを利用する場合は、日本で利用しているSIMを抜いてしまうのも1つの方法です。

SIMが入っていなければ回線を使えないので、勝手に通信して高額請求が発生することを避けられます。

現地SIMの開通を確認したら日本のSIMを抜き、紛失しないように別途管理しておきましょう。

それでは、それぞれの方法を1つずつ詳しくみていきましょう!

2 ローミングを利用して海外でスマホを使う方法をチェック

Roaming

画像引用元:パケットパック海外オプション | サービス・機能 | NTTドコモ

最初にみていくのは国内キャリアのローミングサービスを利用する方法です。
コストは掛かるものの、利便性が高いので数日程度の利用に向いています。

2-1 利用開始手順をみてみよう

Roaming

画像引用元:パケットパック海外オプション | サービス・機能 | NTTドコモ

ローミングサービスは自動的に利用できるものではなく、あらかじめ簡単な手続きをしておかなければなりません。

基本的な手続きは次の通りです。

  1. 各キャリアのローミングサービスに加入する
  2. スマホにローミングの設定をする
  3. 渡航後に利用開始の手続きをする

渡航前にローミングサービスに加入してスマホに設定しておくこと、渡航後には利用開始の手続きをすることを忘れなければ問題なく利用できるでしょう。

もちろん、あらかじめローミングサービスの対象国をチェックしておくのも忘れないようにしてください。

2-2 海外利用時の利用料金

money

各キャリアにおけるローミングサービスの利用料金は次の通りです。
高額請求を回避するためにも、あらかじめチェックして概算しておきましょう。

キャリア料金
ドコモ980~2,980円/日
au980~2,980円/日
ソフトバンク0~2,980円/日

いずれのキャリアもデータ通信量が少ないと料金も安くなっていますが、わずか25MB程度の通信で上限に達します。

そのため検索やマップの閲覧など、普通に使っていると上限料金を支払うことになるので注意してください。

渡航期間が10日の場合で概算すると2,980円 x 10日 = 29,800円となり、30,000円近くかかるでしょう。

2-3 ローミングサービスのメリット

ローミングサービスを利用して海外でスマホを利用するメリットをチェックしていきましょう。

利便性が高い

渡航前にローミングサービスに加入し、渡航後に利用開始の手続きをするだけで使えるので、利便性がかなり高くなっています。

簡単に使いたい人にオススメの方法といえるでしょう。

トラブルのリスクが少ない

設定したのに通信できない、開通手続きがうまくいかないなどのトラブルが少ないのもメリットの1つです。

後述する現地SIMの調達などでは、開通手続きがうまく進まなかったり通信が遮断されたりするトラブルも発生しがちなので、トラブルが少ないのは大きなメリットです。

2-4 ローミングサービスのデメリット

bad

ローミングサービスのデメリットは次の通りです。

コストが掛かる

前述の通り、1日あたり約3,000円の通信料金がかかるので、他の方法と比べてコストがかかります。

渡航期間が長くなればかなりの金額になるので、コストを削減したい人は他の方法がオススメです。

海外で使いやすいおすすめスマホ6選|SIMフリーでもサポート充実

3 日本国内で海外SIMを調達する方法

SIM

渡航先の国によっては、日本国内であらかじめSIMを準備することができます。
今回は一例として「ZIP SIM」使ってチェックしていきましょう。

ZIP SIMはアメリカで利用できるSIMなので、アメリカに渡航する人は参考にしてください。

3-1 開通までの流れをチェック

日本国内でSIMを準備する場合の開通までの流れは以下の通りです。
いざとなって慌てないようにしっかりチェックしておいてください。

  1. 国内ECサイトからSIMを購入する
  2. スマホとSIMを持って渡航する
  3. SIMを入れ替えてスマホの電源を入れる
  4. 自動的にアクティベーションされる
  5. 利用開始

ZIP SIMはアクティベーションの手続きが簡単で、渡航後SIMを差し替えて電源を入れるだけで自動的に行われます。

ただし、場合によってはアクティベーションされない時があるので、その場合はサポートに連絡してアクティベーションしてもらいましょう。

アクティベーションが完了するとSMSで電話番号などが通知され、通信が可能になるのであとは普段どおり利用してください。

3-2 ZIP SIM利用時の利用料金

ZIP SIM

画像引用元:【楽天市場】アメリカ プリペイド SIM ZIP SIM

日本国内のECサイト(楽天など)では、通話+SMS+データ1.5GBがセットで有効期間が21日間のものが4,000~5,000円程度で販売されています。

前述のローミングサービスよりかなり安価であることがわかるでしょう。
対象地域に渡航する人は、ぜひ使ってみてください。

なお、ZIP SIM以外にも国内で調達できるSIMが存在しているので、渡航先で使えるSIMを見つけた場合はそちらを利用するのがオススメです。

3-3 日本国内で海外SIMを調達するメリット

SIM

日本国内であらかじめSIMを調達するメリットには次のようなものがあります。

安くスマホを利用できる

この方法は、現地SIMをあらかじめ日本国内で調達しておくという方法なので、ローミングなどに比べてかなり安く利用できます。

ランニングコストを押さえたい場合に特にオススメだといえるでしょう。現地SIMとほとんど変わらない価格で利用できるのは大きなメリットです。

入手難易度が低い

現地で調達する場合、プリペイドSIMの販売店がみつからないなどの理由でなかなか購入できないことがあります。

しかし、あらかじめ準備しておけばそのような心配をしなくて済むので安心できるでしょう。

3-4 日本国内で海外SIMを調達するデメリット

SIM

もちろん、この方法にもデメリットがあるのでこちらもしっかりみておいてください。

対応している国が少ない

現地SIMをあらかじめ日本で購入する場合において、対応している地域の少なさはデメリットになります。

アメリカや中国を始めとする渡航者が多い国のSIMは販売されていることが多いものの、渡航先によってはあらかじめSIMを入手できないので注意してください。

そのような国に渡航する場合は現地でSIMを調達する必要があります。

4 コスト重視なら現地でSIMを調達しよう!

SIM

海外渡航時に最もポピュラーなSIM調達方法の1つが現地で調達するというものです。
多くの国において短期滞在者向けのプリペイドSIMが販売されているので、これを利用します。

SIMフリースマホを所有しており、対応バンドに問題がなければ最も安価に利用できるので最もオススメの方法です。

4-1 開通までの流れをチェック

Smartphone

SIMを現地調達する場合、開通までの流れは以下の通りです。迷わないようにしっかりチェックしておきましょう。

  1. SIMフリースマホを持って渡航する
  2. 到着後にプリペイドSIMを購入する
  3. SIMを挿し替える
  4. アクティベーションする
  5. 通信を利用する

この方法を利用する場合、渡航後にすぐにSIMを調達することをオススメします。

アクティベーション手続きに多少時間がかかることが多く、完了するまで通信できないので注意しましょう。

なお、販売場所は国によって異なりますが、空港などで販売されていることが多いので探してみてください。

一例としてハワイでは空港内で、香港では街中の家電量販店や携帯ショップ、アメリカ本土の中規模都市ではウォルマートを始めとするスーパーマーケットで販売されています。

中期滞在の場合などで、通信コストを抑えたい場合は現地SIMの利用が最もオススメなので、ぜひ使ってみてください。

4-2 現地SIM利用時の料金

Verizon Wireless

画像引用元: Prepaid Cell Phones & No Contract Plans | Verizon Wireless

現地SIMを利用する場合、国によって料金が全く異なるので今回はアメリカを例にしてチェックしてみましょう。

アメリカでモバイル通信を提供している会社のプリペイドプランの料金は以下の表の通りです。

キャリア料金備考
AT&T40 USD
(約4,400円)
通話+SMS+データ8GB
(45 USDと65 USDのプランはデータ無制限)
Verizon Wireless50 USD
(約5,500円)
通話+SMS+データ15GB
T-Mobile40 USD
(約4,400円)
通話+SMS+データ10GB

いずれも短期滞在には十分なデータ通信量がついています。また、国内通話も無料なので電話を利用する場合でも安心できるでしょう。

料金は3キャリアとも似たようなものなので、対応バンドや好みに応じて好きなキャリアと契約してください。

4-3 現地SIM利用時のメリット

T-Mobile

画像引用元:T-Mobile

現地SIMを利用する場合のメリットには次のようなものがあります。

さまざまなプランが用意されている

プリペイドプランにもさまざまなものが用意されており、自分の利用スタイルに合ったものをチョイスできます。

中にはデータ通信無制限のものもあるので、滞在中に大容量通信を必要とする場合はこちらを使うのがオススメです。

とにかく安価

現地SIMの最大のメリットはとにかく安価だということです。また、料金の割にデータ通信量が多いのでお得に感じるでしょう。

コストを削減したい人や安価に大容量通信を使いたい人はこちらがオススメです。

4-4 現地SIM利用時のデメリット

Smartphone

もちろん、現地SIMにもデメリットがあります。主なデメリットは次の通りです。

対応バンドや通信方式に注意が必要

最も注意すべきなのは「対応バンド」「通信方式」です、

快適に通信するためには持ち込むスマホの対応バンドとプリペイドSIM提供キャリアの対応バンドが一致している必要があります。

これが一致していないと通信が途切れたり、圏外になったりするので渡航前にしっかり調べておきましょう。

さらに重要なのは通信方式で、これが合っていないと通信が一切できません。

一例として、今回紹介したVerizon Wirelessは3GにCDMA 2000という特殊な通信方式を利用しています。

これは世界的に珍しい通信方式で、対応しているスマホが少ないので注意してください。

CDMA 2000に対応していないスマホでVerizonを利用する場合、3G経由の通信は一切利用できません(4Gは利用可能)。

アクティベーション時にトラブルが発生することがある

実際に利用する際は、現地SIM購入後にアクティベーションする必要があります。

通常はすぐに完了しますが、回線状況や何らかのトラブルによってなかなかアクティベーションされないことがあるので注意してください。

もし、トラブルが発生した場合はプリペイドSIMを発行しているキャリアのショップへ行き、スタッフに話せば大抵の場合はなんとかなるのでショップに駆け込みましょう。

現地SIMは最もオススメの方法ですが、デメリットもあるのでしっかり把握した上で利用するのがオススメです。

海外プリペイドSIMカードの満足度は?料金や接続設定も満足

5 複数のデバイスを接続したい場合はポケットWi-Fiのレンタルもオススメ

Global Wi-Fi

画像引用元:海外WiFi レンタル | 海外でWiFiを使うならグローバルWiFi

海外でスマホを利用する場合、スマホのモバイル通信は遮断してポケットWi-Fi経由で接続する方法もあります。

こちらは複数のデバイスを利用する場合にオススメです。

5-1 レンタルWi-Fiを利用するまでの流れ

Global Wi-Fi

画像引用元:海外WiFi レンタル | 海外でWiFiを使うならグローバルWiFi

まずはレンタルWi-Fiを契約して実際に渡航先で利用するまでの流れをチェックしていきましょう!

  1. 渡航前にレンタルWi-Fiを契約する
  2. 指定したカウンターでポケットWi-Fi端末を受け取る
  3. 渡航する
  4. スマホ側にWi-Fiの設定をして通信する
  5. 帰国後に返却する

渡航前に契約し、端末を受け取って利用して帰国後に返却するというシンプルな流れになっています。

貸出時に設定されていることが多いため、特にアクティベーション手続きをする必要はありません。

5-2 レンタルWi-Fi利用時の料金

money

次に料金をチェックしていきましょう。有名レンタルWi-Fi事業者として知られる「Global Wi-Fi」と「イモトのWi-Fi」の料金は次の通りです。

キャリア料金データ通信量
Global Wi-Fi1,670円/日
1.1GB/日
イモトのWi-Fi1,880円/日1GB/日

ローミングサービスよりは安いものの、現地SIMより高いことがわかります。

なお、レンタルWi-Fiを利用する場合は前もって契約しておけば早割が適用され、本来の価格より安くなることがあります。

渡航予定がわかっている場合は早割の適用も検討してみてください。

5-3 レンタルWi-Fiのメリット

Wi-Fi

レンタルWi-Fiには以下のようなメリットがあります。

複数のデバイスを一度に接続できる

ポケットWi-Fiルータを利用して接続する仕組みであるため、複数のデバイスを一気に接続できるのが大きなメリットです。

複数人で旅行する場合や、ノートPCなども合わせて使いたい場合は便利なので検討してみてください。

利便性が高い

あらかじめ契約して受け取り、渡航先で利用するだけで複雑な手続きが必要ないため、簡単に利用できるのが特徴です。

現地SIMのアクティベーション手続きが不安な人や、なるべく簡単に利用したい人にオススメといえるでしょう。

5-4 レンタルWi-Fiのデメリット

Wi-Fi

レンタルWi-Fiを利用する際に押さえておきたいデメリットは次の通りです。

料金が高い

1日あたりの料金はローミングサービスより安いものの、それでも1,000円以上に設定されています。

早割を適用すれば少し安くなりますが、それでも滞在期間が長くなると料金がかさむので注意してください。

さまざまな手数料がかかる

あくまでもポケットWi-Fiのレンタルサービスなので、受渡手数料や延滞手数料などのさまざまな手数料が設定されています。

また、端末が故障した場合は実費で賠償しなければならないのでこちらもリスクだといえるでしょう。

レンタルWi-Fiを検討している人は、このようなデメリットがあることを理解した上で利用してください。

グローバルWiFi|特徴・料金プラン・お得なキャンペーンまとめ

6 海外でスマホを使う方法まとめ

Airport

この記事では、いつものスマホを海外で利用する方法としてローミングサービスの利用、国内でSIMを入手する方法、現地SIMの利用方法、レンタルWi-Fiの利用方法について見ていきました。

それぞれにメリット・デメリットがあることがわかったかもしれません。最後に、今回チェックしたポイントを簡単に振り返りましょう。

ローミングサービスの特徴
  • 簡単な手続きですぐに利用できる
  • 複雑な設定やアクティベーションは必要なし
  • 料金が極めて高い

便利だけど高いのがローミングサービスの特徴といえるでしょう。

とはいえ、現地SIMを利用する場合でも何らかのトラブルが発生した時の予備に使えるので契約しておくことをオススメします。

なお、その場合はローミング開始の手続きをしない限り課金されないので安心してください。

国内で海外SIMを入手するメリット
  • 渡航前にあらかじめ準備できる
  • 現地で調達できずに迷う心配がない
  • 現地SIMについで安い

利便性と安さを兼ね備えた手段がこちらの方法です。

あらかじめ準備しておくので、いざ渡航してから迷わずに済むのが大きなメリットだといえるでしょう。

現地SIMの特徴
  • プランが豊富
  • かなり安価に利用できる
  • 対応バンドと通信方式に注意が必要

現地SIMはコストパフォーマンス重視の人や大容量通信が必要な人にオススメです。

ただし、対応バンドや通信方式を十分調べておき、持ち込むスマホに一致したキャリアのSIMを選ぶようにしてください。

また、トラブルが発生したらSIMを発行したキャリアのショップに駆け込んで助けを求めるということも覚えておきましょう。

レンタルWi-Fiの特徴
  • 手続きが簡単
  • 複数のデバイスを接続するのに最適
  • さまざまな手数料に注意が必要

レンタルWi-Fiはローミングより安く現地SIMより高い価格で利用できる方法です。

複数のデバイスを利用する場合はうまく使えばとても便利なので、一度検討してみることをオススメします。

このように海外でスマホを利用する方法にはさまざまなものがあるので、自分の利用スタイルにピッタリ合ったものを選んでください。

快適にスマホが利用できれば滞在期間がもっと楽しくなることでしょう!

デュアルSIMとは|メリット・対応機種・海外でのお得な使い方
この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ