家計簿アプリの危険性とは?銀行口座・クレジットカードの連携リスクを解説

  • 2020年4月14日
  • by.araki

056367c689efc4689ba77d7a8b514510_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

アナログよりもデジタルで情報管理することが多くなった現代。

家計簿をスマホで付けている方も多いのではないでしょうか。

特に家計簿機能に特化した家計簿アプリは、銀行口座の残高やクレジットカードの使用履歴など、お金に関するあらゆる情報を一括管理できる優れものです。

しかし、いくら便利とはいえ、金融情報と連携することによるセキュリティリスクに目をつむるべきではありません。

このページでは、家計簿アプリの危険性について解説します。

トップ画像引用元: 家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できるアプリ

家計簿アプリには危険がいっぱい

マネーフォワード moneyforward top

画像引用元:無料家計簿・お金の見える化アプリ│マネーフォワード ME

家計簿アプリは、たとえそれ自体が詐欺アプリのような悪意のあるものでなくても、様々な危険をはらんでいるものです。

これは、「どのアプリが危険」だとか「このアプリなら安全」という話ではありません。

「家計簿アプリを使用する」ということ自体に注意すべきです。

家計簿アプリの危険性を大別すると、以下の4点が挙げられます。

家計簿アプリの危険ポイント
  • スマートフォンで管理する危険
  • レシートを読み取る危険
  • 銀行口座と連携する危険
  • クレジットカードと連携する危険

これらは全部、個人情報やID、パスワードの流出につながりかねないものです。

それぞれについて解説します。

スマートフォンで管理する危険

これは家計簿アプリに限ったことではありませんが、スマートフォンで大事な情報を管理することは、それ自体がやはり安全とは言えません。

紛失のリスク

初歩的なものとしては、紛失の危険性があります。

基本的に紙の家計簿は家の中でしか開かず、屋外に持ち出すことはありませんよね。

しかし、スマホは常に持ち歩くものです。

紙の家計簿に比べて、紛失するリスクは圧倒的に高くなります。

しかも、「スマホには重要な情報が入っている」ということは、今や誰も知っていることです。

悪意ある者の手に渡ったら、積極的に悪用されかねません。

故障のリスク

また、スマホは精密機械ですから、故障とも隣り合わせです。

突然すべてのデータが吹き飛ぶということもあります。

スマホを失ったらすべてを失ってしまった、なんてなりかねないのが、現代ならではの怖さです。

レシートを読み取る危険

最近の家計簿アプリは、レシートをカメラで撮影するだけで、その内容を読み取ってデータとして書き込んでくれます。

とても便利な機能ですが、残念ながら、このレシートを読み取ってアプリで管理するという行為にも危険が潜んでいるのです。

レシートには直接的な個人情報は載っていません。

しかし、買い物の内容から消費傾向趣味嗜好はつかむことができます。

もっとも、レシートからこういった情報を暴く手口は、今に始まったことではありません。

昔は、ストーカーや悪徳な訪問販売業者がゴミとして捨てられたレシートを漁り、ターゲットの趣味嗜好をリサーチしていた……、なんて話もありました。

レシートを全部外に持ち歩くなんてことは、普通なら絶対にしないことです。

ところが、家計簿アプリではそれが容易にできてしまいます。

これこそが、アプリで買い物内容を管理することの良いとこでもあり、悪いとこでもあるのです。

銀行口座と連携する危険

Zaim

画像引用元: 家計簿 Zaim:無料で使える人気の家計簿アプリ

家計簿アプリを銀行口座と連携することで、入出金などの明細が自動的に記録されます。

これも家計簿アプリの大きな魅力のひとつなのですが、やはりこのような金融情報の連携には、危険もいっぱいあるものです。

家計簿アプリと口座を連携するためには、インターネットバンキングのログインIDパスワードをアプリに入力しなくてはいけません。

しかし、これらの情報が外に漏れてしまっては大変です。

ログインIDとパスワードがあれば、誰でも口座にアクセスできてしまいます。

そこから不正送金被害にあってしまうかもしれません。

もっとも、今は2段階認証やワンタイムパスワードといったセキュリティ対策も施されています。

とはいえ、それはログインIDとパスワードが流出していい理由にはなりません。

インターネットバンキング自体が絶対安全とは言えない中、家計簿アプリを利用することで、さらに危険度がアップする可能性もあるのです。

クレジットカードと連携する危険

家計簿アプリはクレジットカードとも連携でき、利用状況などを自動で入力してくれます。

銀行口座と同様、この連携ももちろん危険です。

家計簿アプリはクレジットカードの情報を取得するために、カード会社のWebページにアクセスし、利用状況を参照します。

この「Webページにアクセス」するときに必要となるのが、ログインIDパスワードです。

これらの情報は、ユーザーがあらかじめアプリに登録しておく必要があります。

この行為による危険性は、銀行口座のときと同様です。

家計簿アプリからログインIDとパスワードが流出するリスクがあります。

クレジットカードのWebページに不正アクセスされたとしても、そこから直ちに不正利用につながるとは限りません。

カードを利用するためには、クレジットカード自体の番号やセキュリティコードも必要になるからです。

それでも本来は絶対知られてはいけない情報であることは確かですし、不正利用されなくても、購入履歴などは丸見えになってしまいます。

リスクと対処法をきちんと知っておくことが大事

家計簿アプリを使うことは、個人情報や資産状況の流出リスクを高めることに繋がります。

よって、一番安全なのは家計簿アプリを使わないことです。

ただ、それは事故を起こしたくないから車に乗らないというような、そりゃそうだけど元も子もないよねって話になります。

家計簿アプリは便利であり、リスクを承知の上で使いたいという方はたくさんいると思います。

そこで次の章では、家計簿アプリに潜む危険性をできるだけ抑えるためにできることを解説します。

家計簿アプリの危険性を最小限に抑える方法

Zaim

画像引用元: 家計簿 Zaim:無料で使える人気の家計簿アプリ

では、ここまで見てきたような家計簿アプリの危険性を最小限に抑えるには、どのような使い方をすべきなのでしょうか。

家計簿アプリの危険性を減らす方法
  • 登録する銀行口座は1つだけにする
  • クレジットカードの管理に気を配る
  • 自動ログアウトを設定する

登録する銀行口座は1つだけにする

家計簿アプリに登録する口座は1つまでにしておきましょう。

例えば会社員の方の場合、給与が振り込まれる口座だけを登録しておくのが良いでしょう。

そして、貯蓄用の口座など、資産状況が把握できてしまう口座は家計簿アプリに登録しないのがおすすめです。

このようにすることで、生活に必要な最低限のお金の流れは、家計簿アプリ上で確認できます。

また、資産を管理している口座への不正アクセスは防ぐことが可能です。

クレジットカードの管理に気を配る

家計簿アプリを使うなら、やはりクレジットカードの利用状況も登録しておきたいですよね。

むしろこの機能があるからこそ、家計簿アプリをインストールしたという人も多いのではないでしょうか。

アプリに情報を登録する以上、情報の流出を100%防げる方法はありません。

しかし、ユーザーの日頃の心がけ次第で、被害を最小限に抑えることはできます。

毎日ログイン履歴を確認すること

最低でも1日1回、クレジットカードのWebページにログインして、自分以外のログイン履歴がないか確認してください。

それが大変な場合は、ログイン通知メールの機能をオンにしておきましょう。

これは、あなたのIDを使って誰かがログインしたときに、指定のアドレス宛てにメールを送ってくれるサービスです。

もちろん、あなた自身がログインしたときにもメールで通知されます。

このメールを受信したら、すぐに確認するクセをつけてください。

自分がログインする度にメールが来るのは鬱陶しいかもしれませんが、とても大事なことなので我慢しましょう。

自分自身でも利用履歴を把握しておくこと

不正利用に備え、自分がいつどこでいくらクレジットカードで支払ったのか、日頃から覚えておくことも大切です。

会計時に受け取ったレシートを保管しておくのも良いでしょう。

大事なのは、家計簿アプリに頼り切らず、常に自分で管理しようとする姿勢です。

家計簿アプリの自動ログアウトを設定する

多くの家計簿アプリは、自動でログアウトするよう設定できます。

使用中のアプリにこの機能がある場合は、忘れずに設定しておきましょう。

自動ログアウトを設定すると、アプリを立ち上げる度にログインIDやパスワードの入力を求められます。

そのため、かなり不便です。

しかし、安全性を求めるのであれば、便利さは多少なりとも捨てなければなりません。

安全性と便利さはトレードオフの関係にあります。

2020年人気のおすすめ家計簿アプリを紹介

Zaim

画像引用元: 家計簿 Zaim:無料で使える人気の家計簿アプリ

ここからは、多くの人から支持されている家計簿アプリを3つ紹介します。

どれもすでに定評のある定番アプリです。

これから家計簿アプリを使ってみようと考えていた方は、今回紹介するものの中から選ぶのが、入門という意味でも良いと思います。

ただし、どのアプリにも危険性はあります

冒頭でもお伝えしましたが、その危険性は「このアプリだからダメ」というものではありません。

ユーザーの心がけ次第で防げるリスクはたくさんありますし、また反対に、危険度を増す可能性もあります。

そのことだけは忘れないようにしてくださいね。

おすすめの家計簿アプリ
  • 家計簿マネーフォワード
  • Moneytree
  • Zaim

家計簿マネーフォワード

au new selection

画像引用元:家計簿 マネーフォワード ME 無料で人気の家計簿アプリ – Google Play のアプリ

2014年から3年連続でGoogle Playが選ぶベストオブアプリに選ばれるなど、非常に人気の高い家計簿アプリです。

無料版ではニュースや広告などが表示されますが、有料であるプレミアム版では非表示になります。

銀行や証券など、ありとあらゆる口座と連携することができ、その数はなんと2,600以上!

地方銀行などもほぼ網羅されているので、どこに住んでいる方でも便利に活用することができます。

マネーフォワード

画像引用元: 家計簿 マネーフォワード ME – Google Play のアプリ

有名なファイナンシャルプランナーが監修した、収入・年代・家族構成・都道府県といったデータによって算出される「理想的な家計」を元に、家計を診断してくれる機能もあります。

積極的に家計簿を管理して節約を目指したい人には、とても使い勝手の良いアプリです。

気になるセキュリティ面では、最高水準の暗号方式である2,048bitのSSL証明書を利用した通信方式を採用。

ユーザーから預かったデータは別サーバーで暗号化して保存するなど、厳重な管理を行っています。

アップルストア グーグルプレイ

Moneytree

au new selection

画像引用元:Moneytree 家計簿より楽チン – Google Play のアプリ

マネーフォワードと同等の口座連携力があり、2,600以上の銀行や証券と連携できます。

スマホ家計簿で一般的なレシート読み取り機能がなく、連携した口座やカードの収支をAIを使って自動判別するという仕組みになっています。

徹底的にスマホ任せで家計簿を管理したいなら、Moneytreeを選ぶべきでしょう。

セキュリティ面では、ファイナンスアプリとして国内で初めて「TRUSTe(トラストイー)」を取得のが強みです。

TRUSTeは、個人情報保護法よりも高度で厳密な情報保護を行っている事業に付与されます。

最高レベルの安心が欲しい方におすすめのアプリです。

アップルストア グーグルプレイ

Zaim

au new selection

画像引用元:家計簿Zaimレシート・銀行カード対応が無料の簡単人気アプリ – Google Play のアプリ

口座連携においてはマネーフォワードやMoneytreeよりも劣りますが、支出の登録で15種類にのぼるカテゴリー分けができるため、分類するのが好きな人におすすめのアプリです。

また、家計簿のアカウントを共有する機能があるので、家族で1つのアカウントを共有管理することができます。

家族みんなで収支の把握や節約などに取り組みたい方にもぴったりです。

セキュリティに関しては、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「JIS Q 27001 : 2014( ISO / IEC 27001 : 2013)」の認証を取得。

通信の暗号化と預かったデータの暗号化もしっかり行っているため、セキュリティ面においても安心度の高いアプリと言えます。

アップルストア グーグルプレイ

使うなら危険を承知の上で注意して使おう

以上、家計簿アプリの危険性についてでした。

家計簿アプリの危険まとめ
  • スマートフォンで管理することの危険
  • レシートを読み取ることの危険
  • 銀行口座と連携することの危険
  • クレジットカードと連携することの危険
  • 使うなら日頃から注意が必要
おすすめの家計簿アプリ
  • 家計簿マネーフォワード
  • Zaim
  • Moneytree

家計簿アプリは、連携した口座の入出金やクレジットカードの利用状況を自動で入力してくれる、とても便利なものです。

しかし、その便利さの裏には、たくさんの危険性も潜んでいます。

この危険性をゼロにすることはできません

今はアプリ側で厳重なセキュリティを用意してくれていますが、利用者の意識も非常に重要です。

アプリ側のセキュリティ機能は、最後の砦と認識してください。

登録する銀行口座を絞ったり、クレジットカードの利用状況を自分でも覚えておいたり、1回ごとに自動ログアウトするようにしたりと、日頃から利用方法に細心の注意を払いましょう。

もし、こういったことが「面倒くさい」、「大変そうで嫌だ」と感じるのであれば、家計簿アプリを使うのは控えた方が良いと思います。

使わないことが一番の安全策ですから。

夫婦で共有できる人気のおすすめ家計簿アプリ【Android/iPhone対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ