格安スマホ端末おすすめランキング|コスパに優れた機種を比較【2021年最新】

  • 2021年1月20日
  • by.bitWave編集部

iPhoneSE2 フロント

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

格安スマホ端末の選び方や、購入するポイントもあわせて解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

コスパの良い機種をゲットして、お得なスマホライフを送りましょう。

格安スマホを購入するポイント
  • 持ち込みかセット購入か
  • セット購入がお得
  • 長い目でコスパを考える

格安スマホ端末おすすめの選び方

AQUOS sense4 パッケージ
格安スマホ端末を選ぶポイントは3つあります。

格安スマホ端末の選び方
  • SIMフリーモデル
  • 格安SIMの動作確認が済んでいる
  • コストパフォーマンス

それぞれ詳しく見てみましょう。

SIMフリーモデル

スマホを選ぶ時は、SIMフリーモデルがおすすめです。

SIMフリーというのは、キャリア関係なくいろいろな会社のSIMを入れて使うことができるスマホのことです。

大手キャリアなどで販売されているスマホは、SIMロックという、その会社のSIMしか使えないようなロックがかかっています。

SIMロックがかかっている場合は、SIMロック解除という手続きをとれば、SIMフリー化することも可能です。

自由度が高いSIMフリーモデルであれば、格安SIMも含め一番自分にとって都合のいい会社を選ぶことができます。

また、すでに使っているスマホを持ちこんで契約する時にも、SIMフリースマホの方がしがらみがなく便利です。

格安SIMの動作確認が済んでいる

今、格安SIMの会社が多くありますが、SIMフリースマホであればどの格安SIMでも使えるというわけではありません。

格安SIMによって、動作確認が済んでいる機種が異なります。

動作確認が済んでいる機種かどうかは、格安SIMの公式サイトで公開されていますので、必ず先に確認をしましょう。

発売されたばかりの新機種は、動作確認までに時間を要する場合があります。

すぐにリストに載っていなくても、数週間で確認済みになる可能性もあるので、狙っている機種がある時はそれも踏まえて焦らずチェックすることをおすすめします。

コストパフォーマンス

格安スマホ端末を選ぶ時は、コストパフォーマンスが良いかどうかを重視しましょう。

安いからといって、その機種のスペックが自分に合っているとは限りません。

「安いから買ったけど、スペックが合わな過ぎて結局買い替える羽目に…」というような話をよく耳にします。

逆に、ハイスペックで高いから誰にでも合うというわけでもないので、自分が求めているスペックと値段のバランスをしっかりと見て機種を選びのがポイントです。

何年使う予定なのか、機種代金はいくらであれば無理がないのかなど、幅広い目でコストパフォーマンスを考えましょう。

格安SIMで端末を使う方法は2種類

Pixel 3のSIMスロット
格安SIMでスマホを利用するには、2つの方法があります。

格安SIMを使う方法
  • 格安SIMで端末をセット購入する
  • 端末を自分で購入して格安SIMに持ち込む

それぞれの購入方法をチェックしておきましょう。

格安SIMで端末をセット購入する

格安SIMでは、端末とセットで購入する方法があります。

セット購入の特徴はこちらです。

セット購入の特徴
  • ポイント還元などキャンペーンがある
  • 料金がお得になる
  • 縛りが発生する
  • クレジットカード必須の場合も

格安SIMはキャンペーンが豊富なので、端末セットが安く購入できることがあります。

SIMカードを単体契約するのに比べて、かなりお得になるケースが多いため、1~2年使うことを想定してトータルでどれだけお得になるか計算して契約をした方が良いです。

場合によっては、新しい機種でも、機種代金がほぼ無料で購入できる時もあります。

ポイント還元も格安SIMによって違うので、チェックしておきましょう。

また、セット購入の場合、月々の支払いがクレジットカードのみや、1年間の縛りなど、条件が厳しくなることもあるので注意が必要です。

端末を自分で購入して格安SIMに持ち込む

既に購入している機種を使って、持ち込みでSIMだけ契約する方法です。

SIMのみ購入の特徴
  • 機種を選ぶ必要がない
  • 機種代金の負担がない
  • セット購入に比べ料金が高くなる可能性も

機種を持ち込む場合は、新たに機種代金の負担をする必要がないので、無駄な出費がありません。

しかしながら、セット購入をした方が月の料金が安くなるため、一番安い機種をセット購入すればSIM単体よりも安く持てる可能性があります。

SIM単体契約の方が手間はありませんが、料金が高くなる可能性も踏まえ、幅広い視野で見てみましょう。

格安スマホ端末ランキング:セット購入編

OCNモバイルONE

画像引用元:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ |

セット購入する場合のおすすめ格安スマホ端末を紹介します!

新たに機種を購入しようと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

格安スマホ端末ランキング:セット購入編
  • 1位:iPhone SE(第2世代)
  • 2位:OPPO Reno3 A
  • 3位:AQUOS sense4
  • 4位:Redmi Note 9S
  • 5位:HUAWEI nova lite 3+

第1位 iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE2
人気のiPhoneも、セット購入で安く手に入れることができます。

iPhone SE(第2世代)をセット購入できる格安SIMも多く、堂々の1位です。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー
iPhoneの安定したスペックをもちながらも、小型で持ちやすくしたモデルです。

4.7インチと手に収まりやすいディスプレイで、薄くて軽い、コンパクトなiPhoneが欲しい人にぴったりの機種です。

CPUは、iPhone11と同じA13 Bionicチップを搭載しているので、動きも申し分ありません。

最近定番となってきた、トリプルカメラやクアッドカメラではなく、シングルカメラではありますが、iPhone特有の綺麗な写真を撮ることができます。

「コスパの良いiPhoneを格安SIMで使いたい」という人におすすめです。

第2位 OPPO Reno3 A

Oppo Reno 3 A

格安SIMで取り扱いの多いOPPOから、2020年6月に発売されたOPPO Reno3 Aがランクインです。

OPPO Reno3 A
ディスプレイ6.44インチ
本体サイズ高さ:160.9 mm
幅:74.1 mm
厚さ:8.2 mm
重さ175 g
アウトカメラ広角レンズ:4,800万画素
超広角レンズ:800万画素
モノクロレンズ:200万画素
ポートレートレンズ:200万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー4,025mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 665
OSAndroid 10
認証指紋・顔
カラーブラック・ホワイト
価格26,980円
詳細OPPO Reno3 A実機レビュー

6.44インチの大画面にクアッドカメラ搭載と、スペックは申し分ありません。

ほとんどの格安SIMで販売しているため、その取扱いの広さから人気度がうかがえます。セット購入にもピッタリですね。

一般的なスマホよりも一回り画面が大きいため、動画をよく見る人やゲームをよくする人におすすめです。

第3位 AQUOS sense4

AQUOS sense4

画像引用元:AQUOS sense4のデザイン・色|AQUOS:シャープ

第3位は、SHARPの看板商品AQUOSのsense4です。2020年秋冬モデルとして発売されました。

AQUOS sense4
画面サイズ約5.8インチ
本体サイズ高さ:148mm
幅:71mm
厚さ:8.9mm
重さ176g
アウトカメラ標準:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠: 約800万画素
インカメラ700万画素
バッテリー4,570mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G
OSAndroid 10
認証顔・指紋
防水IPX5/IPX8
カラーライトカッパー・ブラック・
シルバー・レッド・ブルー・イエロー
詳細AQUOS sense4の評価レビュー
平均的なスペックで、バッテリーが大きいところが特徴です。

バッテリーは4,570mAhと、他の機種よりも大きめというだけでなく、更にSHARP独自の省エネIGZOディスプレイにも対応しているので、省電力にも優れています。

ゲームや動画など消費電力の多い操作をしなければ、1週間程度は充電なしでも持つと言われているほどです。

AQUOS sense4はドコモなどの大手キャリアでも販売されている機種ですが、格安SIMであればセット割で機種代も毎月もお得に使うことができます。

第4位 Redmi Note 9S

Redmi Note 9S

画像引用元:Xiaomoi Reni Note 9S

世界的にみたブランドシェア率で常に上位にランクインしているXiaomiから、人気のRedmi Note 9Sが第4位です。

Redmi Note 9S
ディスプレイ6.67インチ
本体サイズ高さ:165.75mm
幅:76.68mm
厚さ:8.8mm
重さ209g
アウトカメラ広角:4,800万画素
超広角:800万画素
マクロ:500万画素
深度:200万画素
インカメラ1,600万画素
バッテリー5,020mAh
RAM4GB/6GB
ROM64GB/128GB
SoC(≒CPU)Snapdragon 720G
OSMIUI11
(Android 10ベース)
認証指紋・顔
カラーインターステラー
グレー・オーロラブルー・グレイシャーホワイト
セット購入の中でも注目度が高いRedmi Note 9S。

なんといっても、6.67インチという大画面に、クアッドカメラ、更には5,020mAhという大容量バッテリーというスペックの高さが目を引きます。

世界で人気なだけあり、最強スマホとしてよくレビューされているハイスペックモデルです。

しかしながら、画面が大きい分、重さもあり、片手ですんなり持つことができないというデメリットも。

大画面でハイスペックな機種を探している人におすすめです。

第5位 HUAWEI nova lite 3+

HUAWEI nova lite 3+

画像引用元:HUAWEI nova lite 3+、128 GBの大容量メモリ | ファーウェイジャパン

第5位は、格安SIMの中でも定番ブランドのHUAWEIのnova lite 3+です。

HUAWEI nova lite 3+
ディスプレイ6.21インチ
液晶
本体サイズ高さ:155.36mm
横幅:73.55mm
厚さ:8.2mm
重量約163g
RAM4GB
ROM128GB
アウトカメラ約1,300万画素+
約200万画素
インカメラ約800万画素
CPUKirin 710
バッテリー容量3,400mAh
生体認証指紋・顔
防水・防塵-
おサイフケータイ-
ハイスペックではありませんが、最低限のスペックをもち価格が安いことから5位にランクインしました。

防水機能やおサイフケータイ非対応ですが、RAM4GB・ROM128GBと、スマホをあまり使わない人にとっては十分なスペックです。

初めてスマホを使う人や、サブスマホとして持ちたい人におすすめです。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

格安スマホ端末ランキング:持ち込み編

スマホおすすめランキング
セット購入をチェックした後は、持ち込みするのにぴったりの格安スマホ端末を紹介します。

SIMフリースマホはいろいろなところで購入可能なので、自分にぴったりの機種を見つけましょう!

格安スマホ端末ランキング:持ち込み編
  • 1位:iPhone 12/12 mini
  • 2位:OPPO Reno A
  • 3位:HUAWEI P30 lite
  • 4位:ZenFone Max (M2)
  • 5位:moto g8 power lite

第1位 iPhone 12/12 mini

iPhone 12

1位は、新型iPhoneのiPhone12/12 miniです。

iPhone 12/12 Proを格安SIMで使う方法は簡単なので、多くの人におすすめできます。

それぞれのスペックはこちら。

モデルiPhone12iPhone12 mini
ディスプレイ6.1インチ5.4インチ
サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g133 g
アウトカメラ12MP
デュアルレンズカメラ
インカメラ12MP
ROM64GB/128GB/256GB
CPUA14 Bionic
OSiOS 14
認証Face ID
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・グリーン・ブルー
5G対応○/Sub 6GHz
詳細iPhone 12レビューiPhone 12 miniレビュー
iPhone12とiPhone12 miniは、ほとんどスペックが同じです。

どちらも、iPhone史上最速のA14 Bionicチップを搭載しているため、新型iPhoneならではの処理能力の速さを体感することができます。

前回のiPhone11に比べてスペックがアップしているので、非常に人気のアインフォンです。

iPhone12/12 miniは5Gに対応していますが、格安SIMでは4G通信になる場合がほとんどなので注意しましょう。

第2位 OPPO Reno A

oppo reno a

画像引用元:いろいろと余裕のスマホ 6 GB RAM | 64 GB ストレージ | Snapdragon 710 | OPPO 日本

OPPO Reno A 128GB
ディスプレイサイズ6.4インチ
本体サイズ高さ:約158.4mm
幅:75.4mm
厚さ:7.8mm
重さ約169.5g
アウトカメラメイン:1,600万画素
サブ:200万画素
インカメラ2,500万画素
バッテリー3,600mAh
RAM6GB
ROM64GB
※楽天モバイル:128GB
CPUSnapdragon 710
OSAndroid™ 9 Pie
認証指紋・顔
カラーブルー・ブラック
2019年に発売された機種ではありますが、使い勝手のよさから長くランキング上位に入っているスマホです。

カメラも綺麗でRAMも6GBと、十分なスペックにも関わらず、3万円前後で購入できることから、初めてのSIMフリーにもおすすめです。

防水やおサイフケータイなど、基本的な機能もついています。

第3位 HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite

トップ画像引用元:HUAWEI Japan

HUAWEI P30 lite
ディスプレイ約6.1インチ
本体サイズ高さ:約153mm
幅:約73 mm
厚さ:約7.5 mm
重さ約159g
アウトカメラ約2,400万画素
約800万画素
約200万画素
インカメラ約2,400万画素
RAM4GB
ROM64GB
CPUHUAWEI Kirin 710 / オクタコア
OSAndroid 9.0 (Pie)
バッテリー約3340mAh
認識指紋・顔認証
カラーピーコックブルー・パールホワイト・
ミッドナイトブラック
2019年発売後、人気が衰えないHUAWEI P30 liteが3位です。

ベゼルレスのスマートな見た目に、汎用性の高いトリプルカメラを搭載したHUAWEI P30 liteは、長く使える機種と人気があります。

発売してしばらく経っていることもあり、価格は3万前後で販売しているところが多く、値段が手ごろなところも魅力です。

第4位 ZenFone Max (M2)

zenfone max M2
画像引用元:ASUS公式ホームページ ZenFone Max (M2)概要ページ

ZenFone Max (M2)
ディスプレイ6.3インチ
本体サイズ高さ:158.4 mm
幅:76.2 mm
厚さ:7.7 mm
重さ160g
アウトカメラメイン:1,300万画素
深度測定:200万画素
デュアルカメラ
インカメラ800万画素
RAM4GB
ROM32GB・64GB
CPUQualcomm Snapdragon 632
OSAndroid 8.1
解像度1,520×720
バッテリー4,000mAh
認証指紋認証
カラー メテオシルバー・スペースブルー・
ミッドナイトブラック

台湾ブランドASUSのZenFone Max (M2)が第4位です。

ZenFone Max (M2)が人気の理由は、ずばり安さ。決して低いとは言えないスペックにもかかわらず、価格は2万を切るところもあるほどです。

スペックに問題はありませんが、無線LANの5GHzに対応していないので、購入を検討する際はWi-Fi環境を確認しておきましょう。

第5位 moto g8 power lite

BIGLOBEモバイルのmoto g8 power lite

画像引用元:moto g8 power lite|Motorola|BIGLOBEモバイル

moto g8 power lite
ディスプレイ6.5インチ
本体サイズ高さ:164.94 mm
幅:75.76 mm
厚さ:9.2 mm
重さ約200g
アウトカメラメイン:1,600万画素
マクロ:200万画素
深度:200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUMediaTek Helio P35
OSAndroid 9.0
認証指紋
カラーポーラブルー・ロイヤルブルー

第5位は、Motorolaのmoto g8 power liteです。

moto g8 power liteは何といっても1万円台で購入できる破格の安さが魅力。

安かろう悪かろうを覆すような、安定なスペックを持っているので、メイン機としても人気があります。

価格とスペックを踏まえると、コスパの良さはピカイチでしょう。

販売しているスマホの種類が多い格安SIM3選

UQモバイルでSIM変更

画像引用元:【公式】UQモバイルオンラインショップ

格安SIMがあまりに多く、どこで契約すべきか悩んでしまいますよね。

電波の種類や料金など、比較するポイントは多々ありますが、今回は販売しているスマホの種類が豊富な格安SIMをピックアップして紹介します。

セット購入を考えている人は、要チェックです!

OCN モバイル ONE

OCN-mobile

画像引用元:格安SIMカード<料金・コース>|OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

NTTグループでもあるOCN モバイル ONEは、豊富な品揃えで有名です。

セット販売可能な機種が20機種以上あり、大手キャリアと同じくらい選ぶ幅があります。

iPhoneはもちろん、OPPOやTCLなど話題の海外メーカーも多いです。

料金もプランが多く、ユーザーにあったプランを選びやすいので、よりコスパ良くスマホを持つことができます。

IIJmio

IIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

ソニーや富士通など、大手キャリアでも取り扱いのある機種が購入できるIIJmio。

タブレットやパソコンなど、スマホ以外もセット購入ができるので、2台目が欲しい人にもピッタリです。

IIJmioでは、随時キャンペーンを行っており、契約者に5,000円分のギフト券をプレゼントなど特典が多いところも魅力です。

また、IIJmioは中古販売も行っています。未使用品や美品を格安で手に入れることができるので、より安く機種を購入したい人は見逃せません。

mineo

mineo

画像引用元:サイトのご利用にあたって|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

シンプルで安い料金プランが人気のmineoも、機種が豊富なことで知られています。

特にHUAWEIやOPPOなどは、多くのラインナップがそろっています。

mineoは専用フリマで中古を購入したり、買取サービスで古い機種を売ったりできるので、無駄がありません。

また、mineoは全国に200店舗以上のショップがあるところも特徴です。サポートに不安がある人にとっては心強いです。

コスパの良い格安スマホ端末をゲットしよう!

格安スマホ端末ランキングや、購入する時のポイントについて紹介しました。

最後に、改めてランキングを紹介します。

格安スマホ端末ランキング:セット購入編
  • 1位:iPhone SE(第2世代)
  • 2位:OPPO Reno3 A
  • 3位:AQUOS sense4
  • 4位:Redmi Note 9S
  • 5位:HUAWEI nova lite 3+
格安スマホ端末ランキング:持ち込み編
  • 1位:iPhone 12/12 mini
  • 2位:OPPO Reno A
  • 3位:HUAWEI P30 lite
  • 4位:ZenFone Max (M2)
  • 5位:moto g8 power lite

格安スマホ端末は、販売されている機種が非常に多いので、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

持ち込みの場合は動作確認を忘れないようにしてくださいね!

生活に欠かせないものだからこそ、お得に機種をゲットして、コスパの良いスマホ生活を送りましょう。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。