【格安SIM比較】実店舗が多くサポートが充実してるのはどのMVNO?

【格安SIM比較】実店舗が多くサポートが充実してるのはどのMVNO?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

格安SIMは基本的にネットだけ契約が完結できる通信サービスとして定評があります。

家で手続きを済ませることができるというメリットがある一方で、1人では契約内容の全てを理解しきれないというデメリットもあります。

また、格安SIMは店舗がないことで十分なサポートが得られないという声を多く聞きます。

そこで今回は、実店舗が多くサポートが充実している格安SIMを4社ご紹介し比較していきたいと思います。

格安SIMのサポートの少なさをネックに感じていた方は是非参考にしてください。

1 実店舗数が多い格安SIMのメリットとは

はじめに、実店舗数が多い格安SIMのメリットについて解説していきたいと思います。

auやドコモ、ソフトバンクなどは普段、街を歩いていてもすぐに見かけることはあると思いますが、格安SIMの店舗を見たことがない方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には都市部を中心に格安SIMの実店舗は増えつつある状況にあります。

1-1 スマホ慣れしていない方もすぐに店舗に聞きに行くことができる

初めてスマホを購入した際に、使い方がわからずにしばらくショップに通った経験がある方も多いと思います。

もちろん携帯ショップのスタッフはスマホ操作の専門家ではないので、答えられる範囲が限られていますが、やはり実店舗の存在は心強いですよね。

格安SIMの実店舗が多くなれば、スマホを初めて使う方・まだ使い慣れていない方が何か操作でわからないことがあった時に気軽に来店してスタッフに聞くことができます。

もちろん、プランや料金面で不明な点があった時も気軽に行けるようになるので、格安SIMを使用する上での不安や心配を減らすことができるでしょう。

1-2 実店舗があれば人から細かい説明を受けるのでプランが理解しやすい

ネットで契約を行う場合は、自分で契約するプランを選び、自分で長い契約書の内容を読んで手続きを行う必要があります。

スマホに慣れている方であれば問題ありませんが、スマホの料金プランがいまいちな方には苦痛ですよね。

実店舗ではスタッフが噛み砕いて契約内容や料金の内訳を説明してくれます。

また、わからないことや疑問に思ったことをすぐに聞けますし、契約の悩みを相談できるのも嬉しいですよね。

実店舗のスタッフは料金プランを組み立てたり、ユーザーの希望を聞いて適切なプランを提供するプロと言っても過言ではありません。

「携帯のこと全くわからない!」という方にとって、携帯電話の店舗のスタッフは非常に心強いでしょう。

1-3 修理対応など緊急時の対応もすぐに受けられる

格安SIM会社の多くでは、実店舗で修理の受付や「故障かもしれない!」と思った時にどこが悪いのか見てくれるサービスが行われています。

実際に、故障かもしれないと来店し、スタッフと一緒に調べたところ、修理対応もなく改善されたという事例もたくさんあります。

また、修理の受付を実店舗でしてくれるため、代替の機種の在庫があればその場で代替機を借りることもでき、修理によって手元にスマホがない期間を作らずに済む場合も多いです。

さらに、故障以外にも紛失した場合なども近くに実店舗があればどのように対応すべきか相談することもできます。緊急時にも格安SIMの実店舗は非常に頼もしいといえるでしょう。

2 なぜ実店舗を持つ格安SIMが少ないのか

上記のように、実店舗を持つ格安SIMにはメリットがたくさんあります。何よりも実店舗が多い方がユーザーも安心できますよね。

しかし、実店舗を持っている格安SIMは増えつつあると言っても未だ少ない傾向にあります。

そこで、何故実店舗を持つ格安SIMが少ないのか解説をしていきたいと思います。

2-1 格安SIM会社が格安の料金で通信サービスを提供するため店舗が少ない

格安SIMは名前の通り非常に安い価格で通信サービスを利用できる事業者です。そのため、格安SIM同士でもいかに価格を安くするかそれぞれ競争しています。

料金を安くするためには、格安SIM自体に発生するコストを下げることも非常に重要になります。

そもそも、格安SIMは大手キャリアの回線を借りて通信サービスを運営しているため、大手キャリアが負担している基地局や収容局の管理費、増設費、メンテナンス費用などが発生しません。

逆を言えば、大手キャリアは回線の質を保つためにそれらのコストがかかるため、費用がどうしても高くなると考えられます。

格安SIMの場合、回線の管理費用は大手キャリア程かからないので、その時点で大手キャリアよりも安い価格で通信サービスが提供できます。

それをさらに安くしようとすれば、広告費や人件費、店舗の設置費用などを減らしてネットだけで店舗の業務・サービスを行うことになるので、実店舗数がどうしても少ない、もしくは実店舗がない状態になります。

次のページでは、格安SIMで実店舗数が多くサポートが充実している4社を比較します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ドコモ回線の格安SIMで速度が速いのは?通信速度を比較してみた【2019】... 今回は、ドコモ回線を使用している格安SIM10社の通信速度を実際に測定しました。 格安SIMに限らず、携帯電話の通信回線は時間帯によって通信速度が大きく違うため、複数の時間帯で調査しています。 本記事を読めば、格安SIMの実際の...
中古スマホの購入ならここ!おすすめの販売店と通販サイトを紹介... 皆さんは中古スマホを専門の販売店や通販サイトから購入した経験がありますか? 「え、携帯電話会社以外からもスマホ買えるの?」と思われた方も多いかもしれません。 今年は電気通信事業者法などの改正案が国会に提出される見込みであり、その...
Biglobeモバイル|格安SIMで上限気にせず動画見放題のエンタメフリーとは?... 今回はBIGLOBEモバイルの人気オプション「エンタメフリー・オプション」の対象サービスや注意点、キャンペーンについて解説します。 エンタメフリー・オプションでは、YouTubeやApple Musicなど人気の動画・音楽配信サービス...
スマホ・携帯料金を節約する方法|平均よりも安くする5つの技術... 携帯料金は安くはありません。 2016年の総務省の家計調査によれば、平均で約6,400円でした。しかし、これは一人あたりの平均料金ですから、家族全員がスマホを持っていれば数万円単位にもなります。 実は、スマホ・携帯ユーザーのほと...