iPhone 11におすすめの格安SIMはこれ!月額を2000円台に抑える方法

  • 2019年9月11日
  • by 
iPhone 11におすすめの格安SIMはこれ!月額を2000円台に抑える方法

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

2019年新型iPhoneにあたるiPhone 11は、9月20日の発売が予想されています。

価格は今年も10万円を平気で超えてくることでしょう。

iPhoneの機種代金が高いのは今さらの話ですが、それならせめて、月々の通信料を抑えたいものですよね。

実は、格安SIM(MVNO)を上手く選べば月額2,000円台やそれ以下も可能なのです。

このページでは、iPhone 11を使うのにおすすめの格安SIMについて、その月額と合わせて紹介していきます。

トップ画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

iPhone 11を大手キャリアで使う必要はない

ドコモショップ

現在、iPhoneを使っている方の多くは、ドコモかau、ソフトバンクからiPhoneを購入して、そのキャリアの通信で使っているのではないでしょうか。

しかし実際は、iPhoneをキャリアで買う必要もなければ、キャリアと契約しなければいけない義務もないのです。

iPhoneはApple Storeで誰でも買える

画像引用元:Apple(日本)

まず、iPhoneはキャリアのショップだけでなく、Apple Storeでも買うことができます。

というより、Apple Storeこそが真のiPhoneの販売元です。

Apple Storeを利用すれば、キャリアと契約していなくても、誰でもiPhoneを買うことができます。

また、古いiPhoneを下取りに出せば、最大31,120円の割引も受けることが可能です。

ドコモキャンペーンバナー

iPhoneに格安SIMを挿れて使うことができる

画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う 設定編

iPhoneに格安SIM(MVNO)のSIMカードを挿れて使うことも可能です。

しかも、格安SIMを上手く利用すれば、キャリアよりもうんと安い月額料金でiPhoneを運用することができます。

もし、これまで「iPhoneはキャリアでしか使えない」と思っていた方がいらっしゃったら、それは誤解です。

もしかしたら、金銭的にものすごく損をしているかもしれませんよ。

iPhone 11で使うのにおすすめの格安SIMを紹介!

画像引用元:楽天モバイル: 楽天モバイルでiPhoneを使う

ここからは、iPhone 11で使うのにおすすめの格安SIMを紹介していきます。

格安SIMに乗り換えれば月額2,000円台やそれ以下でiPhoneを運用することも可能です。

今回は、キャリアの系列に偏りがないように格安SIMを選抜しました。

紹介する順番はおすすめ順というわけではありません。

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

楽天モバイルはドコモ回線かau回線かを選べる格安SIM(MVNO)です。

今後キャリア(MNO)になることもあり、注目度はナンバーワン。

楽天モバイル曰く、「格安スマホでiPhone利用者シェアNo.1」だそうです。

料金プランの内容を見れば、それもうなずけます。

楽天モバイルの現行プラン

音声通話付きプラン月額
ベーシックプラン
(低速通信が使い放題)
1,250円
3.1GBプラン1,600円
5GBプラン2,150円
10GBプラン2,960円
20GBプラン4,750円
30GBプラン6,150円
スーパーホーダイプラン
(10分以内の国内通話無料)
2GB:2,980円
楽天会員なら
2年間-1,500円
6GB:4,480円
楽天会員なら
2年間-1,500円
14GB:5,980円
楽天会員なら
2年間-1,500円
24GB:6,980円
楽天会員なら
2年間-1,500円

3.1GBプランまでは2,000円以下10GBプランまでは2,000円台で使えます。

10GBで2,960円だなんて、大手キャリアでは想像もできませんね。

さらに楽天モバイルユーザーなら、楽天市場での買い物でポイント還元率が2%にアップします。

ポイントは1ポイント=1円として利用可能です。

楽天モバイルに乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

UQモバイル

画像引用元:乗りかえはUQ、だぞっ|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

UQモバイルはauのサブブランドに当たる格安SIMで、その強みを活かした通信の安定性が売りです。

もちろん料金もしっかり格安。

auのサブブランドだから高いなどということはありません。

おしゃべりプラン

おしゃべり
プラン
SML
通話 国内5分間の通話がカケ放題
データ容量/月~25ヶ月目:3GB~25ヶ月目: 9GB~25ヶ月目:21GB
26ヶ月目~:2GB
(機種変更か増量オプションで3GB)
26ヶ月目~:6GB
(機種変更か増量オプションで9GB)
26ヶ月目~:14GB
(機種変更か増量オプションで21GB)
月額2,980円3,980円5,980円
割引13ヶ月目まで-1,000円の割引

ぴったりプラン

ぴったり
プラン
SML
無料通話/月~25ヶ月目:60分~25ヶ月目:120分~25ヶ月目:180分
26ヶ月目~:30分
(増量オプションか機種変更で60分)
26ヶ月目~:60分
(増量オプションか機種変更で120分)
26ヶ月目~:90分
(増量オプションか機種変更で180分)
データ容量/月~25ヶ月目:3GB~25ヶ月目: 9GB~25ヶ月目:21GB
26ヶ月目~:2GB
(機種変更か増量オプションで3GB)
26ヶ月目~:6GB
(機種変更か増量オプションで9GB)
26ヶ月目~:14GB
(機種変更か増量オプションで21GB)
月額2,980円3,980円5,980円
割引13ヶ月目までは-1,000円の割引

その他の料金プラン

料金プラン
名称
月額
基本
料金
通信速度通話料最低
利用
期間
データ高速
プラン
980円
/月
月間データ
容量3GB
まで
受信最大
225Mbps
(送信最大
25Mbps)
3GBを超えた場合は
送受信最大200kbps
なし
データ高速
+音声通話
プラン
1,680円
/月
20円
/30秒
12ヶ月
データ無制限
プラン
1,980円
/月
月間データ容量無制限で
送受信最大500kbps
なし
データ無制限
+音声通話
プラン
2,680円
/月
20円
/30秒
12ヶ月

「データ無制限+音声通話プラン」でも驚異の2,680円です。

あまりにお得過ぎて、何か裏があるのではと勘ぐってしまいそうなほどですが、もちろん裏なんてありません。

月額2,680円でiPhone 11が使い放題なんて、今からわくわくしてしまいます。

2019年11月11日追記
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランの新規受付は終了しております
UQモバイルへ機種変更|気になる料金プランとお得な乗り換え(MNP)方法

LINEモバイル

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルは2018年にソフトバンクの子会社になった格安SIMです。

しかし、ソフトバンク回線だけでなく、ドコモ回線とau回線も選べます。

LINEモバイルの特徴は、LINE、Twitter、Facebook、Instagramをデータ通信利用の対象外とする「データフリー(カウントフリー)」と呼ばれるシステムです。

データフリーでは、どんなにLINEやTwitterをしても、消費されるデータ量が「0GB」として扱われます。

ただし、「スタンプショップ」の利用など、データが消費されるものもあるので注意は必要です。

何がカウントフリーで何がデータ消費されるのか、実際に利用する前によく把握しておくことをおすすめします。

LINEモバイルの現行プラン

容量音声通話付きデータ専用
1GB1,200円500円
3GB1,690円1,110円
5GB2,220円1,640円
7GB2,880円2,300円
10GB3,220円2,640円

楽天モバイルやUQモバイルと比べると、プランがシンプルですね。

ただ料金は少し高めかもしれません。

2,000円台で使えるのは7GBプランまでで、10GBプランは3,220円となってしまいます。

カウントフリーをどこまで活かせるかが、お得さの鍵になりそうです。

LINEモバイルに乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

iPhoneのSIMロックには注意しよう

画像引用元:SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

iPhoneに楽天モバイルのSIMを挿れれば端末を使えるようになりますが、「SIMロック」には注意しましょう。

キャリアで買ったiPhoneには、そのキャリアの回線でしか使えないようにするための「SIMロック」が掛けられています。

例えばドコモショップで買ったiPhoneは、SIMロックが掛かっているため、ドコモ回線でしか使うことができません。

よって、そのままの状態では格安SIMでの運用は不可能です。

ですから、まずはキャリアに依頼してSIMロックを解除してもらいましょう。

ちなみに、ユーザーが自力で解除することはできません

必要ならば、購入元のキャリアに依頼しましょう。

Apple Storeで買ったiPhoneはSIMフリー

Apple Storeで販売されているiPhoneは、すべてSIMフリーです。

格安SIMユーザーであればApple Storeでの購入一択で問題ないでしょう。

スペックの違いもないので、iPhone 11をキャリアで買わなくてはいけない理由は一切ありません。

念のため動作確認済みかもチェックしておこう

画像引用元:使えるiPhone|使い方・設定方法|LINEモバイル

最初からSIMフリーもしくはSIMロック解除済みのiPhoneであれば、基本的にどこの格安SIMでも使えます。

よほど古いモデルでなければ、基本的には問題ないはずですが、念のため契約前に、そのiPhoneのモデルが動作確認済みかチェックしておきましょう。

どの格安SIMの会社も、ホームページ上で動作確認済みスマホ一覧表などを公表しているはずです。

通信速度の速い格安SIM5社を比較|失敗しないMVNOの選び方

次の章では、iPhone 11を買うべきかについて考察します。

iPhone 11は、ずばり買い?

画像引用元:Apple(日本)

9月20日に発売されるともっぱら噂のiPhone 11ですが、今年のiPhoneはいったいどのようなものになるのでしょうか。

アナリストたちの間では、「2018年型を踏襲」「価格は据え置き」「iPadのように『Pro』の冠がつくモデルがある」と囁かれているようです。

総合すると、以下のようなラインナップになると思われます。

2019年新型iPhoneのラインナップ予想
  • iPhone 11(iPhone XRの後継機)
  • iPhone 11 Pro(iPhone XSの後継機)
  • iPhone 11 Pro MAX(iPhone XS MAXの後継機)

去年はiPhone XRが「廉価版」という位置づけでしたが、今年はiPhone XRの後継機を「無印」とし、それより上のスペックのものを「Pro」とするのではないでしょうか。

このほうが確かにわかりやすくてすっきりしそうですね。

iPhone XRのほうを無印にしてしまえば、「廉価版の割に高い」という批判も避けられそうです。

革新的な変化は乏しい?

iPhone 11は、現時点で2018年型から大きな変化はないとされています。

今のところのリークでは、主な変化は以下の2点です。

予想されている2018年型iPhoneからの変更点
  • チップがA12からA13に進化して処理能力が向上する
  • カメラのレンズが増えてトリプルレンズになる

Face IDの精度向上や防水性能の強化はiPhone XSで済ませてしまいましたし、進化させられるところがあまりない感じなのでしょうか。

アナリストたちのリークを素直に受け取れば、iPhone 11はインパクトに欠けるのが本音です。

しかし今後、リークを大きく裏切る発表がある可能性もゼロではないので、発表日当日が楽しみではあります。

iPhone XS以前のモデルを格安SIMで使うのもOK

画像引用元:iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

iPhone 11にこだわらずとも、iPhone XS以前のモデルに格安SIMのSIMカードを挿れて運用するのもおすすめです。

iPhoneも型落ちしたモデルは年々安くなっていきますし、2016年に発売したiPhone 7まではApple Storeで今も販売されています。

iPhone 7以降のモデルであれば今でも最先端で活躍できるスペックです。

中古で入手して徹底的に節約するというのも手ですね。

iPhoneを格安SIMで運用して月額を抑えよう!

以上、iPhone 11におすすめの格安SIMについてでした。

iPhoneにおすすめの格安SIMまとめ
  • iPhoneを格安SIMで運用すれば月額2,000円台やそれ以下も可能
  • 楽天モバイルが安い!10月のキャリア化にも注目
  • UQモバイルはデータ無制限で月額2,680円
  • LINEモバイルにはSNSのカウントフリーサービスがある
  • iPhone 11にこだわらず古いモデルを使うのもおすすめ

iPhoneの本体は、キャリアではなくApple Storeで買うこともできます。

そして、格安SIMで運用するのであれば下記がおすすめです。

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
【2020年】格安スマホおすすめ5社を徹底比較!速度と料金、端末を解説

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ