iPhone 12/12 Proにおすすめの格安SIMを比較|セット購入・持ち込みの設定方法

  • 2021年4月17日
  • by.unishi

iPhone 12 Pro Max

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

本記事では、格安SIMでiPhone 12や12 Proを使う方法を詳しく紹介していきます。

iPhone 12や12 Proでも、格安SIMを入れて使えることはご存じでしょうか?

ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMに乗り換えれば、それだけで毎月2,000円以上安くなることは少なくありません。

ぜひとも本記事を参考にしていただき、格安SIMでお得にiPhone 12を楽しみましょう!

iPhone 12におすすめの格安SIM
  • 家族で加入+安定した速度なら「ワイモバイル」
  • あまり通信をしないなら「OCN モバイル ONE」
  • 一人で加入+安定した速度なら「UQモバイル」
  • 低料金で5Gを使いたいなら「mineo」
  • 無駄なくデータを使いたいなら「y.u mobile」
  • YouTubeを頻繁に見るなら「BIGLOBEモバイル」
人気記事

格安SIMを知り尽くしたbitWave編集部が、格安SIM各社を比較しておすすめランキングを作成しました。 通信速度・料金・人気度などを総合的に評価して、本当におすすめできる格安SIM9社を発表します。 よくある格安SIMの悩み[…]

2021年格安SIMおすすめランキングの画像

格安SIMでiPhone 12/12 Proを使う2つの方法

iPhone 12実機レビュー

格安SIMでiPhone 12/12 Proを使うには2つの方法があります。

格安SIMでiPhone 12/12 Proを使う方法
  • 格安SIMでセット購入する
  • iPhone 12/12 Proを持ち込んで使う

iPhone 12/12 Proを持っていない場合は、格安SIMでお得にセット購入をしましょう。

既にiPhone 12/12 Proを持っている場合は、そのまま持ち込みで格安SIMでの利用が可能です。

ではそれぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

格安SIMでセット購入する

ドコモ・au・ソフトバンクがiPhone 12/12 Proをセットで購入できることはよく知られていますよね。

実は格安SIMでもiPhoneのセット購入が可能です。

そのため、現在iPhoneを持っていない場合は、格安SIMでセット購入するとお得です。

iPhone 12をセット購入できる格安SIMについては後述しますので、そちらを参考に格安SIMを選んでくださいね。

iPhone 12/12 Proを持ち込んで使う

既にiPhone 12/12 Proを持っている場合は、そのまま持ち込んで継続して利用できます。

ただし持ち込んで使う場合は、iPhone 12/12 Proの動作確認をしている格安SIMを選択する必要があります。

後述するiPhone 12の持ち込みができる格安SIMを参考にしていただき、格安SIMを選びましょう

またiPhone 12を持ち込んで使うにはAPN設定を行う必要があります。

こちらも後述するiPhone 12を持ち込む際の設定手順を参考に、設定を行っていただければと思います。

iPhone 12をセット購入できる格安SIM

iPhone 12

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

まずはiPhone 12をセット購入できる格安SIMについて見ていきましょう。

月額料金や通信品質、セット料金価格など変わりますので、自分に合った格安SIMを選んでいただければと思います。

iPhone 12をセット購入できる格安SIM
  • ワイモバイル
  • OCN モバイル ONE

ワイモバイル

ワイモバイルのSIMカード台紙

ワイモバイルは、ソフトバンク株式会社が運営する格安SIMで、iPhone 12とiPhone 12 miniのセット購入が可能です。

ワイモバイルオンラインストアでの、新規契約・乗り換え時のiPhone 12/12 miniの割引額は最大18,000円となっています。

ソフトバンクからの乗り換えの場合は、該当しませんのでその点は注意しましょう。

ワイモバイルの料金プラン

シンプルプランSMR
月額2,178円3,278円4,158円
家族割引適応時の月額
(2回線目以降)
990円2,090円2,970円
データ容量3GB15GB25GB
データ増量オプション加入時※4GB18GB28GB
制限時の
通信速度
最大
300kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
※ 月額550円。データ増量無料キャンペーン2により、1年間無料。

ソフトバンク株式会社が運営しているだけあって、他の格安SIMと違って混雑しにくく、通信速度が保たれやすいという強みがあります。

格安SIMとしては多少料金は高いですが、その分通信速度が保たれやすくなっているため速度は妥協したくない方におすすめです。

またプランMとプランLは通信制限後でも最大1Mbpsという速さが魅力的といえますね。

格安SIMの中では珍しく、5Gに対応しているのもおすすめのポイントです。

ワイモバイル公式サイト

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのロゴ

画像引用元:格安SIMカード<料金・コース>

OCN モバイル ONEはNTTコミュニケーションズが運営する格安SIMです。

まさに格安SIMといえるような非常にお得な料金プランで、更にお得にiPhone 12を購入できるのが大きな特徴です。

OCN モバイル ONEの料金プラン

通信容量音声SIM月額料金OCN光モバイル割
適用時の月額料金
1GB770円550円
3GB990円770円
6GB1,320円1,100円
10GB1,760円1,540円
光回線とのセット割引が存在する、格安SIMの中では珍しい存在でもあります。

OCN光を利用していると毎月220円(税込)割引に。「最大○ヶ月間」などではなく、セットで契約している間は永年です。

とはいえ、ドコモ・au・ソフトバンクに比べると、回線が混雑しやすいため注意しましょう。

1GBは割引適応で550円と非常に安いので、あまり通信をしない人や通信速度にこだわりが無い人におすすめです。

業界最安値レベルの新プラン開始!

iPhone 12の持ち込みができる格安SIM

SIMの取り出し
続いてiPhone 12の持ち込みができる格安SIMについて見ていきましょう。

こちらも格安SIMによって通信品質や料金などさまざまですので、自分に合ったものを選んでくださいね。

iPhone 12の持ち込みができる格安SIM
  • UQモバイル
  • mineo
  • y.u mobile
  • BIGLOBEモバイル

UQモバイル

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

UQモバイルは、KDDI株式会社が運営する格安SIMです。

UQモバイルの料金プラン

プラン名くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
月額1,628円2,728円3,828円
データ容量3GB15GB25GB
制限時の
通信速度
最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps

ワイモバイル同様、キャリアが自社の回線を使っているので、混雑しにくく通信速度が保たれやすいという強みがあります。

一方、ワイモバイルと異なるのは、余ったデータの繰り越しが可能であることです。

また一人で利用する場合は、ワイモバイルよりも月額料金は安くなっています。

家族割が無い分、複数の回線を契約する場合はワイモバイルに軍配が上がりますが、一人ならUQモバイルが良いのではないでしょうか。

ただし2021年4月現在では5Gに対応していません。

2021年の夏ごろに5G対応という情報が出ていますので、それまで待つことになりそうです。

1万円キャッシュバック実施中!

mineo

mineo

画像引用元:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoは5Gにも対応した、シンプルな料金プランが魅力の格安SIMです。

mineoの料金プラン

データ容量4G月額料金5G月額料金
1GB1,298円1,518円
5GB1,518円1,738円
10GB1,958円2,178円
20GB2,178円2,398円

mineoはシンプルかつ低料金ということもあって、格安SIMの中でも非常に人気です。

前述したOCN モバイル ONEに比べると少し高いですが、mineoには20GBのプランがあります。

またなんといっても、mineoは5Gに対応している点が魅力的です。

月額料金をプラス220円にするだけで5Gが利用できるようになりますので、iPhone 12の魅力を存分に味わえます。

とはいえ、UQモバイルやワイモバイルと比べると通信は安定しませんので、その点は注意しましょう。

y.u mobile

y.u mobile

画像引用元:y.u mobile | お得なキャンペーン実施中

y.uモバイルは、最大4人で20GBを分け合える、月額4,378円の「シェアプラン」の存在が特徴です。

y.uモバイルの料金プラン

項目月額
5GB
(シングルプラン)
1,639円
20GB
(シェアプラン)
4,378円
y.uモバイルでは使わなかったデータを最大100GBまでずっと繰り越せます

そのためデータを使う量が月によって変化する方に特におすすめです。

またデータが足りないときは、1GBにつき330円という格安価格で追加できます。

更にお得にデータを追加したい場合は、10GBまとめて1,650円で追加できます。

無駄なくデータを使いたいという方はy.uモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

【5月31日まで】
当サイト特別13,000円キャッシュバック!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、3GB以上の契約で加入できるエンタメフリーオプションが人気の格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

項目
(音声通話SIM)
料金
(1年目)
1GB1,078円
(770円)
3GB1,320円
(770円)
6GB1,870円
(1,320円)
12GB3,740円
(3,190円)
20GB5,750円
(5,170円)
30GB8,195円
(7,645円)
エンタメフリー
・オプション
308円
通話料
※アプリ利用時
9円/30秒
10分かけ放題
(通話パック90)
+913円
3分かけ放題
(通話パック60)
+660円
詳細BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイルでは、最初の1年間が特に月額料金が安くなります。

また月額308円のエンタメフリーオプションでは、YouTubeなどのエンタメサービスの通信量がノーカウントになります。

更にエンタメフリーオプションは最初の6ヶ月間は無料で加入が可能です。

つまり、最初の6か月間はYouTubeなどのエンタメが見放題で3GBが770円で利用可能になります。

ビッグローブ光割や家族割を適応させると、なんと550円です。

YouTubeをよく利用する方には特におすすめの格安SIMといえますね。

iPhone 12を持ち込む際の設定手順

LINEモバイル 格安SIMのメリット

画像引用元:格安スマホとは?格安SIMとの違いやメリットデメリットを解説

ここまでiPhone 12の持ち込みができる格安SIMについて紹介していきましたが、設定をしなければインターネットに接続できません。

セット購入の場合の手順は簡単ですが、持ち込みの場合はSIMが届いてから自分で設定を行う必要があります。

ここからはそんなiPhone 12を持ち込む際の設定手順について詳しく解説していきます。

iPhone 12を持ち込む際の設定手順
  • SIMカードを入れ替える
  • APN設定をする

SIMカードを入れ替える

格安SIMへの申し込みが完了したらSIMカードが送られてきます。

送られたSIMカードを現在のiPhoneに挿入しましょう。

古いほうのSIMカードは破棄するか、返却をする必要があります。

キャリアによって古いSIMカードの処置方法は変わりますので、必ず確認しておきましょう。

処分する場合は、シュレッダーにかけて粉々するのがベターです。

粉々にする機械が無ければ、ハサミを使って切り刻んでから捨てましょう。

APN設定をする

格安SIMをiPhoneに挿入したら、その後にiPhoneを操作して初期設定をする必要があります。

設定の手順は各社の案内に従って行いますが、基本的には構成プロファイルを指定サイトからダウンロードするだけです。

構成プロファイルインストール手順
  1. Wi-FiをONにする
  2. Safariで格安SIMのWebサイトにアクセス
  3. 構成プロファイルをインストール

構成プロファイルはSafariでダウンロードすると、自動的にインストール画面が表示されます。

表示された内容をチェックしつつ、案内に従って「インストール」を押せば完了です。

iPhone 12/12 Proを格安SIMで使う際によくある質問

iPhone 12 Pro

最後に格安SIMでiPhone 12/12 Proを使う際のよくある質問をまとめました。

特に初めて格安SIMを利用する方は、契約前に念のためチェックしてください。

5Gは使える?

多くの格安SIMでは、まだ5Gサービスを提供開始していません。

iPhone 12シリーズはiPhone史上初の5G対応モデルなので、5G目当てに購入したという方もいるかもしれません。

しかし、格安SIMで5G回線を提供しているのは、まだ「mineo」「LinksMate」「ワイモバイル」などごく一部だけ。

今後は格安SIMも5Gを提供するようになると思いますが、まだまだエリアが狭いこともあって、現状は4Gで利用することが多そうです。

5G対応の格安SIMを比較|対応プランと何が変わるかについて解説

SIMロックの解除が必要なケースは?

iPhone 12/12 Proをキャリアで購入した方は、購入キャリアと異なる回線の格安SIMに乗り換える場合にSIMロック解除が必要です。

例えば、ドコモで購入したiPhone 12をUQモバイルやワイモバイルで利用するなら、SIMロック解除が必要になります。

また海外旅行に行く際に、現地のプリペイドSIMを利用する場合も、SIMロック解除が必須です。

SIMカードのサイズはどれを選べばいい?

iPhone 12/12 Proで使えるSIMカードは「nano SIM」です。

間違えて他のサイズを選んでしまうと、SIMカードのサイズ変更に2,000円~3,000円前後の手数料が発生します。

格安SIMを契約する際は、SIMカードのサイズを間違えないように注意しましょう。

格安SIMでお得にiPhone 12/12 Proを楽しもう!

今回紹介してきたように、格安SIMにもさまざまな特徴があります。

安ければなんでも良いと思って適当に選んでしまうと、思わぬ後悔をするかもしれません。

しっかりと吟味して自分に合った格安SIMを選んでくださいね

iPhone 12/12 Pro自体は高価なスマホですが、月額料金の安い格安SIMならあまり気になりませんよ。

ぜひとも格安SIMでお得にiPhone 12/12 Proを楽しんでくださいね!

iPhone 12におすすめの格安SIM
  • 家族で加入+安定した速度なら「ワイモバイル」
  • あまり通信をしないなら「OCN モバイル ONE」
  • 一人で加入+安定した速度なら「UQモバイル」
  • 低料金で5Gを使いたいなら「mineo」
  • 無駄なくデータを使いたいなら「y.u mobile」
  • YouTubeを頻繁に見るなら「BIGLOBEモバイル」

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?