iPhone13におすすめの格安SIMを比較|持ち込み時の設定手順も解説

  • 2021年9月15日
  • by.affiprecious

iPhone 13 Proのカラー

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

ついに詳細が発表されたiPhone 13シリーズ。

相変わらずの高性能スマホですが、価格もまた高性能ならではの高さです。

iPhoneは欲しいけど月々の高い機種代金に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが格安SIMです。

現在の格安SIMは5Gに対応しているところもあり、iPhone 13の5G通信を存分に活かせます。

※本記事では「iPhone 13」をメインに記事を書いていますが、iPhone13 mini・iPhone13 Pro・iPhone13 Pro Maxも同じように格安SIMを使うことができます。

トップ画像引用元:Apple Event — September 14 – YouTube

格安SIMならiPhone13をコスパ良く使える!

iPhone 13のカラー

画像引用元:Apple Event — September 14 – YouTube

まずは、iPhone 13のスペックから確認していきましょう。

iPhone 13
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
重さ173 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA15 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PRODUCT RED)・スターライト・
ミッドナイト・ブルー・ピンク
詳細iPhone 13のレビュー

iPhone 13は画面サイズが6.1インチで、重さは173gとやや軽め。

カメラは広角・超広角のデュアルレンズカメラとなっており、動画撮影では「シネマティックモード」などの新機能を搭載しています。

また、ストレージの最小容量は128GBにアップしたほか、その他の容量もワンランクアップ。

CPUも最新のA15 Bionicを搭載するなど、iPhone 12からの順当進化を遂げています。

なお、iPhone 13シリーズの本体価格は下表のとおり。

機種名容量機種代金(税込)
iPhone13 mini128GB86,800円
256GB99,880円
512GB122,800円
iPhone13128GB99,880円
256GB111,980円
512GB134,800円
iPhone13 Pro128GB122,800円
256GB134,800円
512GB158,800円
1TB182,800円
iPhone13 Pro Max128GB134,800円
256GB146,800円
512GB170,800円
1TB194,800円

iPhone 13・iPhone 13 miniは、iPhone 12の同容量帯と価格がほぼ同じ。

逆に、iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxは前機種に比べて約5,000円の値上げです。

上表のとおり、iPhoneは最安のiPhone 13 miniでも8万円台とそこまで安くはなく、月々の支払いも簡単ではありません。

しかし、回線に格安SIMを利用すれば、通信料金は安く抑えながらもより多くのデータを利用できます。

そこで、ここからはiPhone 13におすすめの格安SIMについて解説していきます。

【比較】iPhone13におすすめの格安SIM5選

iPhone 13のラインナップ

画像引用元:Apple公式サイト

本記事でピックアップした格安SIMには、それぞれの強みがあります。

通信速度や料金、使えるデータ量など、格安SIMによって様々ですが、選んだのは各項目でトップクラスのものばかりです。

格安SIM選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone 13シリーズにおすすめの格安SIM
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • BIGLOBEモバイル
  • mineo

ワイモバイル

Y!mobile ロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営するサブブランドです。

しかし、回線はソフトバンクと同じ通信網を利用しているため、安定した通信速度に定評があります。

まずは、ワイモバイルの料金プランから見ていきましょう。

プラン名シンプルSシンプルMシンプルL
データ量3GB15GB25GB
月額料金2,178円3,278円4,158円
通話料22円/30秒
家族割引
または
おうち割光セット
-1,188円
公式サイトワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルプランのデータ容量は3種類で、うち2つは15GBと25GBという大容量。

iPhone 13の最新ディスプレイで動画を沢山見たいという要望にも応えてくれるプラン構成です。

また、割引サービスが適用になるのもワイモバイルのおすすめポイント。

どちらか一方しか適用できないものの、「家族割引」または「おうち割光セット」で月額1,188円の割引となります。

シンプルSでは月額わずか990円で利用できるようになるため、ライトユーザーにもおすすめの格安SIMです。

なお、ワイモバイルでは5G通信を無料で利用できるため、iPhone 13の5G通信を存分に活かせますよ。

シンプルMとLは速度制限時でも1Mbps

各プランに設けられたデータ容量を超過すると、速度に制限がかかってしまいます。

しかし、シンプルM・Lでは速度制限時で最大1Mbpsでの通信が可能。

動画視聴などは難しいですが、Web閲覧やSNSアプリであれば問題なく利用できる速度です。

逆に、シンプルSの制限速度は最大300kbpsと遅いため、プラン選びでは注意してください。

ワイモバイルは余ったデータ量をくりこしできる!

ワイモバイルでは、その月に余ったデータ量を翌月にくりこしできます。

これは2021年8月から開始された制度なので、知らない方も多いかもしれません。

なお、くりこしできる容量は、適用プランのデータ量分までです。

シンプルSなら3GB、シンプルMなら15GB、シンプルLは25GBまでくりこし出来るということですね。

データ増量オプションでデータ増量も可能

ワイモバイルでは、データ増量オプションによって月に使えるデータ量を増量できます。

プラン名増量オプション加入時の月間データ量
シンプルS+2GB5GB
シンプルM+5GB20GB
シンプルL+5GB30GB

増やせる量は上表のとおりですが、本オプションは月額550円です。

しかし、はじめて本オプションを利用する場合は「データ増量無料キャンペーン2」が適用され、1年間本オプション料金が無料となります。

また、本オプション適用中はくりこしできるデータ量も増量されます。

ワイモバイル公式サイト

UQモバイル

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

UQモバイルはauのサブブランドであり、通信網はauと同じものを利用しています。

通信速度が弱い傾向にある格安SIMですが、UQモバイルならば使い心地がキャリアとほぼ同等です。

では、UQモバイルの料金プランを見ていきましょう。

項目くりこし
プランS+5G
くりこし
プランM+5G
くりこし
プランL+5G
データ容量3GB15GB25GB
基本料金1,628円2,728円3,828円
通話料22円/30秒
国内通話定額無し
※オプションで選択可能
通信方式4G/5G
公式サイトUQモバイルオンラインショップ

使えるデータ量は上表の3種類。上述したワイモバイルと全く同じですね。

UQモバイルでは2021年9月から5G通信にも対応しています。

また、上表のプランは余ったデータのくりこしも可能です。

なお、国内通話料は30秒22円ですが、電話をかけることが多い方は下表の通話オプションもおすすめですよ。

オプション名内容月額料金
通話パック(60分/月)最大60分/月の国内通話が定額550円
かけ放題(10分/回)国内通話10分かけ放題770円
かけ放題(24時間いつでも)国内通話かけ放題1,870円

自宅セット割が新登場

UQモバイルではワイモバイルのような家族割はありませんが、auでんきまたはネットを契約している場合は「自宅セット割」を利用できます。

プラン名くりこし
プランS+5G
くりこし
プランM+5G
くりこし
プランL+5G
基本料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割-638円-638円-858円
合計990円2,090円2,970円

上表のとおり、割引額はプランによって異なりますが、プランSであれば月額990円で利用可能になります。

また、本割引は対象プランを契約している家族全員に適用されるため、使う人数が多いほどお得になりますよ。

通信速度は格安SIMでトップクラス

通信速度が弱い傾向にある格安SIM。

しかし、UQモバイルはauと同じ回線を利用しているため、使い心地はキャリアとほぼ同じです。

その実力は高く評価されており、毎年行われている格安SIM通信速度調査でも、UQモバイルは何度も1位に輝いています。

比較的混雑する平日のお昼休みの時間でも安定した速度が出るため、ストレスなくネットを使いたいならUQモバイルは非常におすすめです。

「節約モード」でデータを賢く運用

UQモバイルの通信では「節約モード」を利用できます。

節約モードでは通信速度が低速になりますが、データ量を消費しません。

通信速度をあまり必要としないSNSなどに使うと、デメリットを抑えながら多くのデータ量を節約できるでしょう。

節約モードはアプリでサッと切り替えができるため、使いやすいのも嬉しいポイントですね。

1万円キャッシュバック実施中!

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのロゴ

画像引用元:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、料金の安さではトップクラスの格安SIMです。

OCN モバイル ONEの料金プランは下表のとおりになります。

データ量音声SIMデータ+SMSデータ専用
1GB770円--
3GB990円990円858円
6GB1,320円1,320円1,188円
10GB1,760円1,760円1,480円
公式サイトOCN モバイル ONE公式サイトocn mobile one

月間データ量1GBの料金は770円と非常に安く、3GBでも990円と1,000円以下でiPhone 13を利用できます。

ワイモバイルやUQモバイルは割引適用でこの価格でしたが、OCN モバイル ONEは最初からこの価格です。

OCN モバイル ONEではOCN光モバイル割適用さらに220円安くなるため、6GBでも1,100円という安さです。

また、OCN モバイル ONEではデータ容量をシェアできるプランもあります。

1契約あたり4枚までSIMカードを使えますので、タブレットなどでデータ専用SIMカードが必要なときに便利ですよ。

容量シェア月額料金
音声対応SIMカード572円
SMS対応SIMカード572円
データ専用SIMカード440円

通話料が安い

OCN モバイル ONEの通話料は11円/30秒。

ワイモバイルやUQモバイルと比べると半額で電話をかけることができます。

専用アプリを使わなくてもこの価格ですので、通話が多い方には嬉しい格安SIMですね。

また、OCN モバイル ONEには下表の通話オプションもありますので、必要に応じて利用しましょう。

オプション名内容月額料金
10分かけ放題10分以内の通話が無料935円
トップ3かけ放題通話料上位3番号の通話が無料935円
完全かけ放題国内通話がかけ放題1,430円

通信速度が速い

キャリアのサブブランドであるワイモバイルやUQモバイルは、通信速度に定評があります。

この2社ほどではありませんが、OCN モバイル ONEはここ数年で通信速度が大きく改善。

特に、格安SIMが苦手としているお昼休みの時間帯の速度が劇的に改善したそうです。

他の格安SIMから見れば一歩抜きん出た存在であり、かつ価格は安いため、速度に対するコスパは非常に優れていると言えるでしょう。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルのロゴ

画像引用元:ビッグローブ株式会社

BIGLOBEモバイルは、プロバイダでお馴染みのBIGLOBEが運営している格安SIMです。

では、BIGLOBEモバイルの料金を見ていきましょう。

項目
(音声通話SIM)
料金
(1年目)
1GB1,078円
(770円)
3GB1,320円
(770円)
6GB1,870円
(1,320円)
12GB3,740円
(3,190円)
20GB5,720円
(5,170円)
30GB8,195円
(7,645円)
エンタメフリー
・オプション
308円
通話料
※アプリ利用時
9.9円/30秒
10分かけ放題
(通話パック90)
+913円
3分かけ放題
(通話パック60)
+660円
詳細BIGLOBEモバイルBIGLOBEモバイル公式サイト

※音声通話SIMの料金のみ記載しています。

1GB~3GBまでのライトユーザー向けプランから、12GB~30GBまでのヘビーユーザー向けのプランまで幅広く用意されています。

しかし、12GB以上はかなり高いため、利用するならば6GB以下のプランがおすすめです。

また、最初の1年間は最大550円の割引が適用されるため、3GBを月額770円で利用することができます。

エンタメフリー・オプションが大人気!

BIGLOBEモバイルで最も魅力的なのが「エンタメフリーオプション」です。

エンタメフリーオプションは、YouTubeなどの動画アプリや、Spotifyなどの音楽アプリの通信料がノーカウントになるオプションです。

動画アプリや音楽アプリは通信量も多くなりがちですが、本オプションならば通信量を気にせず楽しむ事が可能。

動画や音楽を一日中楽しみたい方には非常に魅力的なオプションですね。

データの使い道がエンタメアプリ中心だった場合は、料金プランをワンランク下げることも出来ますので、月額料金を大きく節約できます。

mineo

mineo

画像引用元:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoは格安SIMの老舗であり、ユニークなデータサービスが魅力です。

では、mineoの料金から確認していきましょう。

項目音声SIMデータSIM
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円
5G通信オプション+220円

1GBで1,000円超えと、OCN モバイル ONEなどに比べると高い印象を受けます。

しかし、20GBは格安SIMでは珍しい容量であり、月額料金も2,178円と非常に安価。

世間を騒がせたキャリアのahamoやpovo、LINEMOでも2,000円台後半ですので、20GBで安く済ませたいならmineoは魅力的な選択肢です。

また、mineoは有料オプションですが5G通信にも対応しています。

mineoはデータをシェアできる

mineoには、データをユーザーとシェアできる「パケットギフト」と「フリータンク」があります。

「パケットギフト」は余ったデータ量を家族や友人に分け与える機能。

「フリータンク」はmineoユーザー全員でデータ量を貯めて助け合える機能です。

データが余ったときはパケットギフトなどでデータを誰かにシェアし、足りないときはフリータンクから分けてもらうことも可能。

無制限にデータを増やせるわけではありませんが、ちょっと足りないときなどは非常に便利な機能です。

また、mineoには「マイネ王」というコミュニティサイトもあり、様々な質問をすることができるため、問題を解決できる手助けになるかもしれません。

iPhone13を格安SIMで使う手順

iPhone 13

画像引用元:Apple

ここからは、iPhone 13を格安SIMで使う手順を詳しく解説していきます。

大まかな手続きの流れは下記のとおりです。

iPhone 13を格安SIMで使う手順
  1. iPhone 13を用意する
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 格安SIMに申し込む
  4. SIMカードを入れ替える

iPhone13を用意する

iPhone 13の発売日は2021年9月24日です。

iPhone 13を入手するためには、基本的にApple Storeや各キャリアショップでの予約になります。

iPhone 13の在庫は予約手続きが終わった順で割り当てられるため、発売日当日に入手したい場合は出来る限り早く予約手続きをしましょう。

予約開始日時は9月17日午後9時からですので、できれば予約開始と同時に手続きに移りたいですね。

なお、au・ソフトバンクでiPhone 13を購入した場合はSIMロックがかかっている可能性があるため、ロックの解除も忘れないようにしましょう。

MNP予約番号を取得する

iPhone 13を入手したら、まずは乗り換え元の携帯電話会社で「MNP予約番号」を取得します。

ドコモ・au・ソフトバンクであれば、下記の手段で番号を取得することが可能です。

MNP予約番号の取得方法
  • 電話
  • ネット手続き
  • 各キャリアのショップ

最も手軽なのは電話です。

MNP予約番号の取得には専用窓口が用意されており、電話の待ち時間は比較的短くて済みます。

電話がオペレーターにつながったら、あとはMNP予約番号を取得したい旨を伝えるだけです。

格安SIMに申し込む

MNP予約番号の有効期間は、取得日を入れて15日間です。

この有効期限が切れると乗り換え手続きは出来ません。

さらに、格安SIMによってはこの有効期間の残り日数を一定以上にしなければならない業者もあります。

よって、MNP予約番号を取得したら、そのまま格安SIMの申し込みに進んでしまうのがおすすめです。

格安SIMへの申し込みは、各社の公式Webサイトから行います。

申し込みに必要なものは下記のとおりです。

格安SIMの申し込みに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証・個人番号カードなど)
  • 支払いに使うクレジットカード・口座情報など
  • 連絡先メールアドレス
  • MNP予約番号

注意したいのは、2番めの支払い方法です。

格安SIMの場合、基本的に使える支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替にも対応している業者はありますが、ほとんどいません。

よって、格安SIMを契約する前に、まずはクレジットカードを用意しましょう。

必要なものさえ揃えば、あとは各格安SIMの公式サイトに行って手続きするだけ。

ネットでの手続きは大変かと思いきや、各社ともWebサイト上の案内は非常にわかりやすく丁寧であり、基本的に迷うことはないでしょう。

案内に従って情報を入力すれば契約手続きは完了です。

審査が完了すると、登録したメールアドレス宛てに通知が届きますので、こちらも忘れずに確認してください。

届いたSIMカードを入れ替える

契約から数日後に、自宅に格安SIMからSIMカードとマニュアルが届きます。

まずはマニュアルに従って、iPhone 13にSIMカードを挿入し、回線開通手続きとAPN設定を行いましょう。

これらの手続き等が完了すれば、iPhone 13を格安SIMの安価な回線で利用することができますよ。

iPhone13で格安SIMを使う際によくある質問

iPhone13 Pro

画像引用元:iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)

ここからは、格安SIMでよくある質問について解説していきます。

特に初めて格安SIMを使う方は、乗り換え前の疑問をここで解決しておきましょう。

iPhone13をセット購入できる格安SIMはある?

iPhone 13を購入できるのは、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4キャリアとApple Storeのみです。

格安SIMではどの業者もiPhone 13を取り扱っていないため、セット購入も出来ません。

5Gは使える?

キャリアほどではないものの、格安SIMでも5Gを使える業者が増えてきました。

本記事で紹介した5つの格安SIMのうち、ワイモバイル・UQモバイル・mineoは5Gに対応しています。

ただし、格安SIMによっては5Gが有料オプションの場合もあるため、格安SIM選びは5G関連もチェックしましょう。

5G対応の格安SIMを比較|対応プランと何が変わるかについて解説

アプリや写真のバックアップは必要?

機種をiPhone 13に変更する際は、基本的にバックアップは行っておくことをおすすめします。

現在のiPhoneは簡単な手順でiPhone 13にデータ移行可能であり、その行程でバックアップが必要になることはありません。

しかし、万が一データ移行が失敗した場合は、データが消失する可能性もあります。

iPhone 13に気持ちよく移行するためにも、最低限の備えは行っておきましょう。

iPhone 13の5Gも使える格安SIM!

本記事では、iPhone 13におすすめの格安SIMについて解説しました。

iPhone 13におすすめの格安SIMまとめ
  • ワイモバイルは通信品質が安定しているほか、25GBまでの大容量にも対応。5Gも可。
  • UQモバイルは5Gに対応しているほか、通信品質もトップクラス。データのくりこしもできる。
  • OCN モバイル ONEはトップクラスの安さが魅力。3GBでも月額1,000円以下。
  • BIGLOBEモバイルはエンタメフリーオプションがメリット。動画や音楽好きは相性良し。
  • mineoはユーザー同士のデータシェアが可能なほか、5Gにも対応。

最近は格安SIMでも5G対応の業者が増えてきたため、iPhone 13の通信機能を存分に活かせます。

たとえ5Gに対応していないとしても、月額料金の安さはさすが格安SIMと言ったところでしょう。

また、ワイモバイルやUQモバイルは回線品質もキャリア並みです。

本記事を参考にし、自分にあった格安SIMでiPhone 13を使ってみてくださいね。

【2021年9月】格安SIMおすすめランキング|人気9社の速度・料金を徹底比較!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。