格安SIMに乗り換えたら電話番号はどうなる?引き継げる場合・引き継げない場合

  • 2020年8月29日
  • by.nuko

iPhoneのSIMピンの使い方2

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

大手キャリアから格安SIMに乗り換えるとき、今使っている電話番号が引き継げるのか気になりますよね。

結論からお伝えすると、今使っている電話番号は格安SIMへのMNPで引き継ぎできます。

ただ、一部MNPができないパターンもあります。

格安SIMへ電話番号を引き継ぎたい方は、ここで引き継げる条件と乗り換えの流れをしっかりチェックしてくださいね!

格安SIMへ電話番号を引き継ぐポイント
  • 音声通話のある契約をする
  • キャリアと同じ名義で申し込む
  • 乗り換え先によってはSIMロック解除が必要
  • MNP転出料がかかる

大手キャリアから格安SIMにしたら電話番号は引き継げるのか?

Xperia 10 ll中身
冒頭でもお伝えした通り、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるときも、キャリア間の乗り換えと同様にMNPで電話番号が引き継ぎできます。

逆に言えば引き継げるのは電話番号だけで、大手キャリアが提供しているサービスは軒並み使えなくなることに注意したいですね。

MNPでの引き継ぎ可否
  • 電話番号:引き継ぎOK
  • キャリアのメールアドレス:引き継ぎNG
  • キャリアの独自サービス:引き継ぎNG(一部例外あり)
  • おサイフケータイ:端末によって引き継ぎ可否が異なる

特にキャリアのメールアドレスをSNSや金融機関等の重要な連絡先に設定している方は、格安SIMへMNPをするときに連絡先を変更しておく必要があります。

大手キャリアから格安SIMにMNPをする際の手数料

キャリアから格安SIMにMNPをする際は、次の3種類の手数料が発生します。

MNP関連の手数料
  • MNP転出手数料:3,300円
  • 契約解除料:1,100円 or 10,450円
  • 契約事務手数料:3,300円

利用しているキャリアでMNP転出手数料と契約解除料が発生し、新たに契約する格安SIMでは契約事務手数料が発生します。

契約解除料だけは契約更新月のMNPで無料になりますが、その他2つの費用は必ずかかるものです。

とはいえ、格安SIMを新規契約する場合でも契約事務手数料は発生するので、電話番号の引き継ぎは新規契約より3,300円高くなるだけと考えればいいですね。

格安SIMにしたら電話番号は引き継げるのか?
  • キャリアから格安SIMでも電話番号を引き継ぎできる
  • キャリアメールやキャリアの独自サービスは引き継ぎできない
  • MNP転出料3,300円が発生する

格安SIMに電話番号を引き継げる場合

MNP

画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

続いて格安SIMに電話番号を引き継げる場合を見ていきましょう。

キャリアから格安SIMへ電話番号を引き継ぐ際は、次の2つのポイントを押さえておく必要があります。

格安SIMへ電話番号が引き継ぎできるのは
  • 音声通話のあるプランを契約する場合
  • キャリアと同じ名義で格安SIMを契約する場合

この2つのポイントを押さえておけば、どの格安SIMでもキャリアから電話番号の引き継ぎができます。

音声通話のあるプランを契約する

格安SIMでは、音声通話(普通の電話)のあるプランだけでなく、データ通信のみのプランやデータ通信+SMS付きプランなど、様々な選択肢が用意されています。

しかし、どの格安SIMもMNPでの電話番号引き継ぎに対応しているのは音声通話プランだけです。

仮に電話をほとんど利用しないという方も、電話番号の引き継ぎをするなら音声通話付きのプランを選ぶようにしましょうね。

キャリアと同じ名義で格安SIMを契約する

キャリアから格安SIMへMNPをする際は、キャリアの契約名義と同じ人が格安SIMを申し込みましょう。

キャリア間のMNPは家族名義でも申し込みできますが、多くの格安SIMは家族でも別名義でのMNPは受け付けてくれません。

「子供のスマホは父親名義だけど、格安SIMへの乗り換えを契機に子供名義にしたい。」

こうした方は、MNP予約番号を発行する前にショップで名義変更するようにしましょう。

格安SIMに電話番号を引き継げない場合

ここからは、格安SIMに電話番号を引き継ぎできない場合を見ていきましょう。

次の3つのパターンに当てはまると、キャリアから格安SIMへのMNPができません。

電話番号を引き継げない3パターン
  • キャリアでデータプランを利用している場合
  • 格安SIMのデータプランを契約する場合
  • キャリアとは異なる名義で格安SIMを契約する場合

キャリアでデータプランを利用している場合

今キャリアでデータプランで利用している方でも、SMSを利用していると格安SIMに乗り換える際にMNPしたくなりますよね。

しかし、どのキャリアもMNPは音声通話ができるプランが対象で、データプランはそもそもMNP予約番号の発行ができません。

そのため、データプランで利用している電話番号は、格安SIMに引き継ぎできないということですね。

データプランでSMSを利用している方は、格安SIMに乗り換える際は十分注意しましょう。

データプランを契約する場合

キャリアでの音声通話のあるプランを利用している方でも、格安SIMでデータのみやデータ+SMSプランを契約する場合はMNPができません。

格安SIMのデータプランは、新規で電話番号を発行するしかないということですね。

電話を全く使わないとしても、電話番号を引き継ぎたいなら音声付きのプランを選ぶようにしましょうね。

キャリアとは異なる名義で格安SIMを契約する場合

「キャリアの契約は親名義だけど、格安SIMは自分の名義で契約する。」

こうしたMNP元のキャリアとは別の名義で格安SIMの申し込みでは、電話番号の引き継ぎはできません。

また、格安SIMの多くは婚姻等での改称には対応していますが、名義変更・譲渡は不可になっています。

そのため、格安SIMに乗り換えと同時に名義を変えたいなら、MNP予約番号を発行する前にキャリアの名義を変えておきましょう。

格安SIMに乗り換え(MNP)をして電話番号を引き継ぐ手順

iPhone SEとワイモバイル

続いて格安SIMに電話番号を引き継ぐ乗り換え手続きの流れを見ていきましょう。

格安SIMに乗り換える手順
  1. 現在のキャリアでMNP予約番号を取得する
  2. 格安SIMにMNPで申し込む
  3. スマホの初期設定をして完了

どの格安SIMを選ぶとしても、手続きの流れはこの3ステップです。

手順1:現在のキャリアでMNP予約番号を取得する

格安SIMに電話番号を引き継ぐ際は、格安SIMの申し込み前にキャリアからMNP予約番号を取得する必要があります。

各キャリアのMNP予約番号取得窓口は次の通りです。

各キャリアのMNP予約番号取得窓口

キャリア電話機MNP予約受付窓口受付時間
ドコモドコモ携帯1519:00~
20:00
一般電話0120-800-0009:00~
20:00
auau携帯
一般電話
0077-754709:00~
20:00
ソフトバンクソフトバンク携帯*55339:00~
20:00
一般電話0800-100-55339:00~
20:00

なお、MNP予約番号の有効期限は取得から15日間です。

手続き中に有効期限を迎えるのを防ぐため、7日〜10日の猶予がないと申し込めない格安SIMが多くなっています。

MNP予約番号の取得は、どの格安SIMに申し込むか決めてから取得した方がいいでしょう。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

手順2:格安SIMにMNPで申し込む

MNP予約番号の取得が終わったら、続けて格安SIMにMNPで申し込みをしましょう。

どの格安SIMも基本的に申し込みは公式サイトからになります。

まだ申し込む格安SIMを決めていない方は、次の記事を参考に選んでくださいね!

【2020年10月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

また、申し込みの際に用意しておくものは次の通りです。

格安SIMの申し込みに必要なもの
  • 免許証などの本人確認書類
  • 利用料金の支払いに使うクレジットカード
  • MNP予約番号

ほとんどの格安SIMは、利用料金の支払いにクレジットカードしか使えません。

まだクレジットカードを持っていない方は、楽天カードなど年会費無料で発行まで早いクレジットカードがおすすめです。

手順3:スマホの初期設定をして完了

格安SIMの申し込みが完了したら、数日でSIMカードやセット購入したスマホが届きます。

どの格安SIMも商品が届いたら、次の手順で初期設定を行いましょう。

格安SIMの初期設定
  1. 回線切り替え手続きを行う
  2. スマホに格安SIMのSIMカードを挿れる
  3. APN設定を行う

格安SIMにMNPした際のSIMカードは、届いた時点ではまだ開通していません。

回線切り替えの手続きを行うことでMNPが完了し、およそ10分〜30分程度で通信が始まります。

その間は元のキャリアも格安SIMも使えないので、急ぎの連絡がない時やWi-Fiがある場所で回線切り替えを行った方がいいですね。

また、格安SIMはSIMカードを挿しただけでは使えず、APN設定を行う必要があります。

設定項目は契約する格安SIM毎に違うので、SIMカードと一緒に届く案内をよく確認して設定しましょう。

ここまで設定が終われば、格安SIMでスマホが使えるようになります。

格安SIMに電話番号を引き継いで乗り換える際の注意点

格安SIMに電話番号を引き継ぐ時の注意点

最後に格安SIMに電話番号を引き継ぐ際の注意点を見ていきましょう。

ここまでの解説で触れた内容もありますが、次の5つのポイントは改めて注意してください。

格安SIMにMNPする際の注意点
  • 格安SIMの契約時に音声SIMを選ぶ
  • MNP転出料が発生する
  • MNP予約番号の有効期限に注意
  • スマホにSIMロックがかかっているかを確認しよう
  • 格安SIMのキャンペーンをしっかりチェックする

格安SIMの契約時に音声SIMを選ぶ

格安SIMへキャリアの電話番号を引き継ぐ場合、必ず音声通話の付いたプランを選びましょう。

先に解説した通り、格安SIMのデータプランはMNPでの電話番号の引き継ぎができません。

  • 「普通の電話は全然使わない」
  • 「LINEの無料通話で十分」

そんな方も、格安SIMでは音声通話付きプランを選んでくださいね。

MNP転出料が発生する

キャリアから格安SIMに電話番号を引き継ぐと、最後のキャリア利用料金と一緒にMNP転出料が請求されます。

MNP転出料
  • 全キャリア:3,300円
  • ドコモの旧プランは2,200円

そこまで高い金額ではありませんが、契約更新月にMNPをしたとしても必ず発生する費用なので覚えておきましょう。

MNP予約番号の有効期限に注意

キャリアから格安SIMに乗り換える際に取得するMNP予約番号は、発行から15日間の有効期限があります。

MNP予約番号を発行しても格安SIMへの申し込みを行わなければ、MNP予約番号が使えなくなるだけで済みます。

しかし、格安SIMを申し込んでから回線切り替えを行うまでの間に有効期限が切れると、強制的に回線切り替えが実行されてしまいます。

格安SIMのSIMカードが届く前に回線切り替えされてしまうと、届くまでずっとスマホが使えなくなってしまいますよね。

そのため、有効期限が7日〜10日残っていないと申し込み不可の格安SIMもあります。

とはいえ全ての格安SIMが有効期限を気にしてくれる訳ではないので、MNP予約番号の取得後はすぐ格安SIMの申し込みを行った方がいいでしょう。

スマホにSIMロックがかかっているかを確認しよう

今使っているスマホを格安SIMでも継続利用したい方は、スマホにSIMロックがかかっていないか確認しましょう。

特にキャリアが販売したスマホは、SIMロック解除手続きを行わない限りSIMロックがかかっている状態です。

例えばドコモの販売しているiPhoneなら、ドコモとドコモ系の格安SIMのSIMカードなら利用できます。

しかしau回線やソフトバンク回線を利用した格安SIMのSIMカードは利用できません。

今使っているスマホにSIMロックがかかっているなら、格安SIMに乗り換える際にSIMロック解除をしておいた方がいいでしょう。

格安SIMのキャンペーンをしっかりチェックする

キャリアから格安SIMに乗り換える際は、格安SIMが行っている最新キャンペーンを確認してから申し込みましょう。

どの格安SIMも様々なキャンペーンを実施していて、毎月のようにキャンペーン内容が変わることもあります。

よくあるキャンペーンの種類
  • 特定のスマホが大幅割引き
  • 基本料金や通話料金の割引き
  • キャッシュバックやポイント還元

「格安SIMに乗り換えるから安さ重視で最安値プランを選ぶ!」

という方もいますが、最安値プランより1つ上のプランの方がキャンペーン期間はお得になるということもあります。

実際にキャリアから格安SIMに乗り換えるタイミングで、最新キャンペーンの内容はしっかりチェックしてお得に申し込みましょうね!

大手キャリアから格安SIMに乗り換えても電話番号は引き継げる!

今回はドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、電話番号が引き継げることを解説しました。

格安SIMにキャリアの電話番号を引き継ぐなら、次の2つのポイントを押さえておけばOKです。

格安SIMに電話番号を引き継ぐポイント
  • 音声通話のある契約をする
  • キャリアと同じ名義で申し込む

つまり、スマホを普通にMNP手続きを行えば今使っている電話番号を引き継げるということですね!

また、格安SIMにMNPで電話番号を引き継ぐ際は、次のポイントに注意しましょう。

MNPの注意点
  • 3,300円のMNP転出料がかかる
  • MNP予約番号は有効期限がある
  • 乗り換え先によってはSIMロック解除が必要

特にSIMロック解除を忘れると、せっかく格安SIMに乗り換えたのに使えないということもあります。

キャリアのスマホを格安SIMでも使うなら、先にSIMロック解除をしておいた方がいいでしょう。

今使っている電話番号で格安SIMを使いたい方は、今回の解説を参考に確実に電話番号を引き継いでくださいね!

【2020年10月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ