【2020年】3万円代で買える格安スマホ本体おすすめ5選|コスパがいい端末はこれ!

  • 2020年1月9日
  • by.n-fujii

ピーサーティライト

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

年末から新年にかけて何かと生活費や経費がかさむうえに数ヶ月すれば年度代わりとお金にまつわる悩みは尽きません。

生活の一部ともいえるスマホの料金も安く抑えたいところですが、安くても高性能であればユーザーとしては尚良いと考えられます。

そこで今回は、格安スマホの中でも3万円代で買える本体をおすすめ5選として紹介します。(価格は税抜)

3万円代で購入できるおすすめ格安スマホ5選
  • HUAWEI P30 lite
    トリプルカメラ以外もハイコストパフォーマンス
  • AQUOS sense2
    とにかく安さをもとめるならこれ
  • OPPO A5 2020
    4眼カメラと大容量バッテリーで余裕のスペック
  • ZenFone Max Pro M2
    ゲームを楽しむユーザーにおすすめ
  • Xperia 8
    最新機種と音楽が好きならこれ

画像引用元:HUAWEI P30 lite, 超広角レンズ搭載 24MP AI トリプルカメラ※1 高精細フルHD+ディスプレイ | HUAWEI Japan

おすすめ格安スマホ①HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite

画像引用元:HUAWEI P30 lite, 超広角レンズ搭載 24MP AI トリプルカメラ※1 高精細フルHD+ディスプレイ | HUAWEI Japan

まず最初に紹介するのは、2019年の米中貿易摩擦の影響か発売が延期になるなどもしましたが、無事2019年夏に発売したHUAWEI P30 liteです。

HUAWEIのスマホはほぼ全てが高いコストパフォーマンスを誇っていますが、HUAWEI P30 liteは格安スマホの中でも多くのメディアがおすすめする端末です。

魅力的なスペックは下記の表になります。

HUAWEI P30 liteのスペック
サイズ
※縦・横・厚み
約152.9×72.7×7.4mm
重量 約159g
ディスプレイ約6.15インチ FHD+
CPUHUAWEI Kirin 710 オクタコア
メモリROM 64GB / RAM 4GB
外部メモリmicroSDカード(最大512GB)
バッテリー3,340mAh
※急速充電対応
アウトカメラ約2,400万画素 / 約800万画素 / 約200万画素
インカメラ約2,400万画素
カラーピーコックブルー / パールホワイト
ミッドナイトブラック
取り扱いBIGLOBEモバイル公式ショップ:28,800円
LINEモバイル公式ショップ:29,800円
Y!mobile公式ショップ:18,000円
など

端末の価格は平均すると凡そ2万円代半ばから後半にかけてですが、Y!mobileであれば18,000円とかなり安価で購入が可能となっているのも特徴的です。

また、HUAWEI P30 liteは人気の機種であるため、取り扱いの格安スマホ業者も多く、キャンペーンを併用するとさらに安く購入できるのもおすすめのポイントといえます。

特筆事項:ハイコストパフォーマンスとトリプルカメラ

HUAWEI P30 liteの最大の魅力はなんと言ってもミドルクラスでありながらハイエンドクラスに勝るとも劣らないスペックという、その高いコストパフォーマンスだといえます。

前述の表を見ても一目瞭然で、現行のスマホ全てと比較しても3万円以下で同レベルのスペックというのはそうそうありません。

そして今やスマホの持つ機能としてユーザーが重視する最大のポイントとしてあげられるカメラについては、ハイエンドクラスと同等または超える画素数を誇っています。

中でも自撮りなどで活躍するインカメラにおいてはハイエンドクラスでも希少な2,400万画素ですのでそのコストパフォーマンスの高さは見て取れます。

加えてスマホの一大ブランドであるiPhoneの最新作iPhone 11でも話題になったトリプルカメラをミドルクラスのスマホでありながら採用してある点も見逃せません。

ワイモバイルの「HUAWEI P30 lite」に機種変更|お得に購入する完全ガイド

おすすめ格安スマホ②AQUOS sense2

AQUOS sense2

画像引用元:SHARP AQUOS sense2│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

続いてのおすすめ格安スマホは2018年11月に発売され、今なお根強い人気を誇るAQUOS sense2です。

まずはスマホ選びに重要なスペックを下記の表にまとめました。

AQUOS sense2スペック
サイズ
※縦・横・厚み
148×71×9.4mm
重量155g
ディスプレイ5.5インチ IGZO液晶
CPUSnapdragon 450 SDM450
メモリROM 32GB / RAM 3GB
外部メモリmicroSDカード(最大512GB)
バッテリー2,700mAh
アウトカメラ約1,200万画素
インカメラ約800万画素
カラーニュアンスブラック / ホワイトシルバー
シルキーホワイト / ピンクゴールド
ブロッサムピンク / シャンパンゴールド
アッシュイエロー / アイスグリーン
アーバンブルー
取り扱い楽天モバイル公式ショップ:29,800円
IIJmio公式ショップ:29,800円
UQ mobile公式ショップ:21,600円
など

スペック的に見ると前述のHUAWEI P30 liteよりも見劣りしてしまいます。

しかし、6インチを下回るコンパクトサイズであることや、初心者にも優しい機能が多く搭載されていることからもおすすめ度は高くなっています。

また、メインのアウトカメラも1,200万画素、おサイフケータイや生体認証など外せない機能はしっかりと備わっている点も高評価といえます。

特筆事項:UQ mobileなら圧倒的安さ

UQモバイル

画像引用元:UQモバイルが選ばれる7つのポイント│格安スマホ/SIMはUQモバイル(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

端末を単独で購入する場合は元の販売価格を基準に変動していきますが、格安スマホの場合は取り扱う業者によって料金が大きく変動します。

そうした特徴の中でAQUOS sense2の価格を見ると平均値でいえば2万円代後半ですが、UQ mobileに限りその価格は21,600円と2万円前半となります。

この価格は音声SIMと本体をセットで購入した場合の価格となりますが、前述のHUAWEI P30 liteの価格が他と比較してそれほど安くなっていないことを鑑みると、今まさに買い時の機種といえます。

UQモバイル公式ショップを見る

おすすめ格安スマホ③OPPO A5 2020

OPPO A5 2020

画像引用元:OPPO A5 2020│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

続いてのおすすめは2019年11月に発売され、その高い性能によって俄かに注目を集めているOPPO A5 2020です。

ブランドという意味合いでは他の機種と比較して弱い印象のOPPOですが、質の良さから最近、注目が集まっています

そこでまずは気になるOPPO A5 2020のスペックを下記の表にまとめました。

OPPO A5 2020のスペック
サイズ
※縦・横・厚み
163.6×75.6×9.1mm
重量約195g
ディスプレイ6.5インチ
CPU Snapdragon 665
メモリROM 64GB / RAM 4GB
外部メモリmicroSDカード(最大256GB)
バッテリー5,000mAh
アウトカメラ約1200万画素 / 約800万画素
約200万画素 / 約200万画素
インカメラ1,600万画素
カラーグリーン / ブルー
取り扱い楽天モバイル公式ショップ:26,182円
IIJmio公式ショップ:24,800円
OCNモバイルONEOCNモバイルONE:19,000円
UQ mobile公式ショップ:18,000円
など

2019年11月に発売された最新機種なので、ミドルクラスでありながら全体的にハイスペックとなっています。

目を見張るのは前述のHUAWEI P30 liteを超える4眼カメラを採用している点です。

トータルのカメラスペックではHUAWEI P30 liteに劣るものの、シーンごとに使い分けの出来る4眼カメラはやはりユーザーとしては強い魅力を感じます。

また価格もUQ mobileやOCNモバイルONEなら2万円を切る低価格で購入できるというのも見逃せません。

特筆事項:バッテリー容量はハイエンドクラス超え

OPPO A5 2020の魅力に4眼カメラがありますが、魅力はそれだけではなく、ミドルクラスとしては破格の容量を誇るバッテリーも高い魅力といえます。

現代において生活の一部ともなっているスマホには性能の向上と同時にバッテリー消費という問題が発生します。

もちろんモバイルバッテリーを使用するなどの対策はありますが、近年のスマホではバッテリー容量は増加の傾向にあり、ハイエンド機でも4,000mAhオーバーは希少です。

しかし、OPPO A5 2020のバッテリー容量は驚きの5,000mAhで、従来のスマホと比較しても確実に最高クラスといえるバッテリー容量を誇っています。

ゲームや動画などで日頃のバッテリー消費が多いユーザーには特におすすめですが、大容量バッテリーの影響か重量が約195gと他機種と比較して格段に重いので、重量に限っては注意が必要です。

UQモバイルでOPPO A5 2020に機種変更|お得に購入する完全ガイド

おすすめ格安スマホ④ZenFone Max Pro M2

ZenFone Max Pro (M2)

画像引用元: ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL) | スマートフォン

格安スマホの中でも、高コスパのHUAWEIと並んで人気のあるメーカーのASUSからのおすすめはZenFone Max Pro M2です。

2019年3月に発売されて今まで高い人気を維持していますが、その最大の魅力であるスペックを下記の表にまとめました。

ZenFone Max M2 Proのスペック
サイズ
※縦・横・厚み
157.9×75.5×8.5mm
重量175g
ディスプレイ6.3インチ IPS液晶
CPUSnapdragon 660 SDM660
メモリROM 64GB / RAM 4GB
外部メモリmicroSDカード(最大2TB)
バッテリー5,000mAh
アウトカメラ1,200万画素 / 500万画素
インカメラ1,300万画素
カラーミッドナイトブルー / コズミックチタニウム
取り扱いBIGLOBEモバイル公式ショップ:35,760円
LINEモバイル公式ショップ:35,500円
OCNモバイルONEOCNモバイルONE:24,800円

CPU、バッテリー容量、カメラと総合的に見ても高いスペックであるという事が表を見ると一目瞭然です。

よく比較されるHUAWEI P30 liteとは別系統でハイコストパフォーマンスであることが分かります。

ただし、HUAWEI P30 liteと比較するとZenFone Max Pro M2は全体的に価格が高めで、平均しても2万円代を優に超えてしまいます。

そのため、価格面ではHUAWEI P30 liteに譲る形になります。

とはいえ3万円代という価格帯から見ても総合スペックは十分優秀で、OCNモバイルONEならば他に差をつける24,800円と破格の価格で購入できるためおすすめです。

特筆事項:ゲームをするユーザーには最適

ZenFone Max Pro M2のスペックは総合的にも高く、その適正はゲームをするユーザーにこそあるといえます。

それは比較対象としてよくあげられるHUAWEI P30 liteがトリプルカメラが特徴的なのに対し、ZenFone Max Pro M2はカメラ性能は劣るもののCPUでは上回っていることからも分かります。

加えてZenFone Max Pro M2はバッテリー容量が前述のOPPO A5 2020同様5,000mAhもあります。

電力消費の激しい3Dゲームにも難なく対応できるため、ゲームユーザーには嬉しい特徴を備えています

また、他のスマホと比較すると重い端末といえますが、175gは決して重すぎるということはないレベルであるためデメリットも低くなっているのでおすすめです。

ZenFone Max Pro(M2)レビュー|大容量バッテリーの高性能スマホ

おすすめ格安スマホ⑤Xperia 8

Xperia8

画像引用元:Xperia 8(エクスペリア エイト)| ソニーモバイル公式サイト

格安スマホの中でもさらに安く購入しようとすると大幅な型落ちか海外ブランドが主流となってしまいますが、最後のおすすめであるXperia 8は国内ブランドの最新機種です。

Xperia 8は2019年10月に発売されたスマホのブランドの中でもトップクラスに位置するXperiaシリーズ最新機種の1つで、まずは気になるスペックを下記の表にまとめました。

Xperia 8のスペック
サイズ
※縦・横・厚み
158×69×8.1mm
重量170g
ディスプレイ6インチIPS-TFT液晶
(トリルミナスディスプレイ for mobile)
CPUSnapdragon 630 SDM630
メモリROM 64GB / RAM 4GB
外部メモリmicroSDカード(最大512GB)
バッテリー2,760mAh
アウトカメラ約1,200万画素 / 約800万画素
インカメラ約800万画素
カラーブラック / ホワイト
オレンジ / ブルー
取り扱いY!mobile公式ショップ:39,600円
UQ mobile公式ショップ:32,400円

全体的なスペックとしてはこれまで紹介してきた端末と比較してやや劣ると感じるかもしれません。

しかし、最大の魅力はXperiaシリーズの最新機種が格安スマホで購入できるという点です。

また、Xperia 8は音楽に強いソニーの製品なのでイヤホンジャックは当然の事、音質に至っても現行スマホの中でもトップクラスの性能を誇っているため、音楽を楽しむユーザーであればおすすめとなっています。

特筆事項:格安スマホにおける現行取り扱い業者は2社

ここまでで紹介してきた端末とXperia 8で大きく異なっているのは、Xperia 8は格安スマホでの取り扱い業者が僅か2社しかないという点です。

これまでの端末は多くの業者が販売していますが、Xperia 8に限ってはY!mobileとUQ mobileのみとなっていてます。

しかし、これまでXperiaシリーズの最新機種が格安スマホで購入できるという事は無かったため高い注目を集めています。

なお、Y!mobileとUQ mobileどちらも3万円代となっていますが、購入する場合はUQ mobileの方が僅かに安くなっているのでおすすめとなっています。

Xperia 8実機レビュー|Xperia初のデュアルカメラ搭載モデル

格安SIM会社選びがお得への最大のポイント

3万円代で購入できるおすすめの格安スマホを特徴や各取り扱い業者の価格を交えながらおすすめの5機種を紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

一言で格安スマホといっても1つのスマホで単独で購入する場合と各取り扱い業者ごとの価格で大きく異なっていることがよく分かります。

価格については、各業者ごとの料金プランやキャンペーンなどによって大きく変動します。

現在では格安スマホであっても3万円代のミドルクラススマホの性能向上が著しいため、コストパフォーマンスに優れた機種を選んでも業者選びで損をしてしまう事も少なくありません。

本当にお得にコストパフォーマンスに優れたスマホを購入しようと思った場合、業者選びこそが最も重要なのかもしれません。

3万円代で購入できるおすすめ格安スマホ5選
  • HUAWEI P30 lite
    トリプルカメラ以外もハイコストパフォーマンス
  • AQUOS sense2
    とにかく安さをもとめるならこれ
  • OPPO A5 2020
    4眼カメラと大容量バッテリーで余裕のスペック
  • ZenFone Max Pro M2
    ゲームを楽しむユーザーにおすすめ
  • Xperia 8
    最新機種と音楽が好きならこれ
【2020年9月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ