格安タブレット×格安SIMをセット購入できるおすすめMVNO【2019】

格安タブレット×格安SIMをセット購入できるおすすめMVNO【2019】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナー

「格安SIMでタブレット使いたい!」

本記事は、そんな思いをお持ちの方に向けて書いています。

MVNOではキャッシュバック・端末の割引キャンペーンなどを行っていることもあり、通常よりも安くタブレットを購入できることも。

そこで今回は、格安タブレットと格安SIMをセットで購入することができるMVNOを紹介していきます。

格安SIMでタブレットを使いたい方は参考にしてみてください。

本記事の内容

  • タブレットとSIMがセット購入できるMVNOを紹介
  • 各MNVOで購入できるタブレット端末を紹介

トップ画像引用元:HUAWEI MediaPad M5 Lite|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

格安タブレット×格安SIMをセット購入できるMVNO

早速、タブレットとSIMのセット購入ができるMVNOを紹介していきます。

それぞれのMVNOに特徴があるので、じっくり読んでみてください。

格安タブレットをセットで購入可能なMVNO一覧

  • IIJmio(みおふぉん)
  • 楽天モバイル
  • DMMモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • LINEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • mineo(マイネオ)
  • LIBMO(リブモ)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmioはドコモ回線を利用するプラン「タイプD」と、au回線を使用したプラン「タイプA」を提供している、マルチキャリアに対応したMVNOです。

それぞれのプランではデータSIM・音声通話対応SIMが提供されています。

データSIMでは月額900円からとなり、音声SIMの場合には月額1,600円から利用が可能。

また、IIJmioの光接続サービスをセットで利用した場合には、月600円の割引が受けられる非常にお得な割引サービスも提供されています。

ソフトバンクバナー

楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

楽天モバイルはドコモ・au回線を利用したMVNOサービスです。

月額525円から利用できるデータ専用SIMにはじまり、050番号付きのSMS対応SIM・音声通話SIMのサービスを提供しています。

また、SIMタイプ・高速データ通信量、通話オプションなどをユーザーが自由にカスタムする事が可能なプランが特徴的。

データ通信容量や、かけ放題などがパッケージングされたオールインワンパッケージである「スーパーホーダイ」も提供しています。

使用用途や利用頻度により、多種多様なサービスからユーザーに最適な組み合わせでプランを選択出来るのもユーザーの人気を集めている理由となっています。

さらに楽天モバイルではMVNOのネックともなっている決済方法では、口座振替・デビットカードも選択する事が可能です。

クレジットカードを持っていないユーザーでも契約が可能となるので、より手軽に利用が可能なMVNOであると言えます。

楽天モバイルのデータSIMプランでは最低利用期間もなく、解約金の心配もない為、初めて利用するユーザーも安心して利用出来るのもポイントです。

DMMモバイル

DMMモバイル

画像引用元:DMMモバイル – DMM.com

DMMモバイルは、ドコモの通信回線を利用したMVNOサービスです。

他社と比較した場合に用意されたプランも豊富で、ユーザーの用途に合わせたプランを選択しやすくなっているのが特徴です。

月間1GBの高速データ通信容量が使えるデータSIMプランは月額480円(税抜)と使いやすい料金設定となっているので、タブレット用のSIMとしても優秀となっています。

使い切れずに余ってしまったデータ通信容量を翌月に繰り越しが出来るのもユーザーには嬉しいサービスです。

さらに容量超えてしまった場合には、使う容量の分だけ追加チャージする事も可能となっています。

データ専用SIMプランでは、最低利用期間の設定もありませんので、誰でも気軽に利用しやすい点も高評価を受けている理由です。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

画像引用元:格安スマホ・格安SIMならOCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEはNTTコミュニケーションズが運営するMNVOです。

そのため自社回線であるドコモ回線を利用しています。

データSIMの場合には月額900円、通話SIMの場合でも月額1,600円から利用することが可能。

データ専用SIMの場合には、最低利用期間の設定がありませんので、短期間でも安心して利用可能なのもユーザー側に立ったサービスといえます。

LINEモバイル

LINE MOBILE

画像引用元:SNS使い放題 新・月300円キャンペーン|LINEモバイル

LINEモバイルは、無料通話アプリのLINE・音楽ストリーミング・ゲームなどのサービスを展開する、LINE株式会社が運営をするMVNOです。

回線は、ドコモとソフトバンクを利用しています。

月間のデータ通信容量が1GBのデータSIMプラン「LINEフリープラン」では、月額500円となり、超格安料金で利用する事が可能となっています。

料金的に見ると、非常にタブレット用のSIMとしても最適な優秀なMVNOといえます。

さらに、データSIMのプランであれば、最低利用期間の設定が無いのもユーザーにとっては嬉しい点となっています。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

画像引用元:エキサイトモバイル | 自分にも家族にもぴったりの格安SIM・格安スマホ

エキサイトモバイルは、エキサイト株式会社が新しくサービスを開始したドコモの回線を利用したMVNOとなります。

データ専用SIMだけではなく、音声通話に対応した格安SIMの提供もしているMVNOです。

気になる料金プランは、毎月のデータ通信容量に応じて料金が変動する「最適料金プラン」・毎月定額で利用可能な「定額プラン」の2つのプランが用意されています。

ユーザーのデータ使用容量に合わせたプランを選ぶ事が可能なのもユーザーから選ばれやすい要因の一つとなっています。

「最適料金プラン」であれば、月額500円から利用をはじめられるので、スマホと2台持ちをするユーザーが多いタブレット端末用のSIMとしても最適です。

mineo(マイネオ)

マイネオ

画像引用元:mineo(マイネオ)|au・ドコモ・ソフトバンク対応の格安スマホ(SIM)

関西電力グループのオプテージが運営するMVNOサービスとなっています。

au・ドコモ・ソフトバンクと大手キャリアすべての回線を利用したサービスを提供しているMVNOです。

ドコモ・au回線を使用したプランのデータSIMであれば、月額700円から利用が可能となります。

データSIMの場合には、最低利用期間の設定も無い為、とても利用しやすいプランといえます。

LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)

画像引用元:TOKAIの格安モバイル/格安SIM|LIBMO(リブモ)

TOKAIコミュニケーションズが運営元である、ドコモ回線を利用したMVNOサービスとなります。

低速のライトプランであれば、データSIMは月額480円という格安で利用可能です。

また、通話SIMの場合でも、月額1,180円からととてもリーズナブルな料金でも話題となっています。

SIMカードだけではなく、スマートフォン・タブレット端末・モバイルルータと幅広い取り扱い内容も、総合デバイスのMVNOとして高評価を得ています。

データSIMの場合には最低利用期間の設定などもありませんので、違約金の心配も一切いらずストレスフリーで利用する事が可能なのも優良ポイントです。

【2019年】格安SIMおすすめ人気ランキング|料金プランと通信速度で比較

次のページでは「どんな格安タブレットを選んだらいいの?」という方に向けて、オススメの格安タブレットを紹介していきます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー