【2020年】格安スマホおすすめ5社を比較!料金の安い会社と人気端末はどれ?

【2020年】格安スマホおすすめ5社を比較!料金の安い会社と人気端末はどれ?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では格安スマホのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

格安SIMの事業者はスマホ代を安くできることで人気です。

その一方で「どの格安スマホがおすすめなの?」と疑問を持つこともあるでしょう。

格安スマホ会社・格安スマホ本体のおすすめをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

格安スマホおすすめランキング
  • 第1位:ワイモバイル
  • 第2位:LINEモバイル
  • 第3位:UQモバイル
  • 第4位:mineo
  • 第5位:BIGLOBEモバイル

※本記事の価格は税込み表示

トップ画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安スマホとは?

格安スマホとは?

画像引用元:楽天モバイル: 教えて!格安スマホ/SIM そもそも格安スマホって何?

格安スマホとは、格安で利用できるスマホと料金プランを扱っている業者の事です。
格安SIMという言い方もしますね。

現在では10万円を超えるスマホも多いですが、格安スマホで取り扱っている機種の平均価格は約3~5万円程度。

また、提供しているプランも、月に使えるデータ量は大手キャリアとほぼ同等ながら料金はかなり安めです。

大手キャリアから格安スマホへ乗り換えれば、月額料金で数千円の削減になることもありますね。

購入形態も自由な格安スマホ

大手キャリアで携帯電話を購入する場合は、そのまま料金プランも契約するのが普通ですよね。

しかし、格安スマホではこの限りではありません。

もちろん端末とプランをセットで契約することもできますが、端末を持ち込んでプランだけ契約するということも可能です。

大手キャリアに比べ、携帯電話の購入形態がかなり自由であると言えます。

格安スマホでiPhoneは使える?

iPhone 11 Pro

画像引用元:iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

結論、格安スマホでiPhoneを使うことは可能です。

慣れ親しんだiPhoneを使いつつ、月額料金を下げたい人にとってはぴったりです。

大手キャリアでiPhoneを利用している場合は、お使いのiPhoneとともに格安スマホへ乗り換えをすれば、そのままiPhoneを使用できます。

ただし、格安スマホによってはiPhoneの機種によって使用できない場合もあるため注意したいですね。

各格安スマホの公式サイトには、使用できる携帯電話のリストが掲載されていますので、乗り換え前に必ず確認しましょう。

また、Apple Storeや中古屋でiPhoneを購入し、それを格安スマホで利用するという手もあります。

格安スマホ社で購入できるiPhoneは数世代前のモデルが多い

格安スマホでも、iPhoneを取り扱っている所は数多くあります。

格安スマホ業者の多くは下記の2機種を取り扱っています。

格安スマホで多く取り扱いのあるiPhone
  • iPhone 7
  • iPhone 6s

数世代前とはいえ、普段使いには十分なスペックをもっています。

「どうしても新しいiPhoneがいい!」という方には後述するmineo(マイネオ)がおすすめです。

格安スマホの中では珍しく、iPhone XsやiPhone XRなどの比較的新しいモデルの取り扱いがあります。

格安スマホ会社おすすめランキング

格安スマホとは?

画像引用元:格安スマホとは?格安SIMとの違いやメリットデメリットを解説|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安スマホにすることで大手キャリアよりも圧倒的にスマホ代を安くすることができます。

でも、実際にどの格安スマホ事業者がいいのだろう?と疑問も持つ方も多いはず。

この章では格安スマホ会社のおすすめランキングを紹介していきます。

第1位:LINEモバイル

LINEモバイルキャンペーン

画像引用元:SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEアプリ等でお馴染みの、LINE株式会社が運営している格安スマホです。

料金の章で詳しく解説しますが、プランによって特定のアプリのデータ通信量がノーカウントになるなど、通信量の節約をしたいと考えている人にもぴったりです。

さらに、LINE関連アプリで使えるLINEポイントや還元率が高いと定評があるLINE Payで使える残高をもらえるキャンペーンも頻繁に実施しています。

ポイントを貯めたい人やLINE Payユーザーにもお得です。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目ベーシックプラン
500MB1,210円
3GB1,628円
6GB2,420円
12GB3,520円
10分かけ放題+968円

LINEモバイルでは、まずデータ通信量を選び、次に表の右側にある3つのオプションから1つ選択する形となります。

オプションを何も選ばない状態でもLINEアプリやLINE通話のデータ通信量がノーカウントになり、オプションの金額によってノーカウント対象のアプリの種類が異なります。

自分が普段使っているアプリの種類に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、プラス968円で10分かけ放題も利用できます。

LINE通話のデータ通信量がノーカウントなので、通話の品質にこだわりがなければ、普段の電話はLINE通話がおすすめです。

LINEモバイルで取り扱っているスマホ端末

LINEモバイルで取り扱っている端末
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • OPPO A5 2020
  • AQUOS sense3

ワイモバイルのようにiPhone 7やiPhone 6sの取り扱いもあり、基本的に30,000円から50,000円程度で購入できるスマホを中心に取り扱っています。

他社でも取り扱っている機種が非常に多いので、格安SIMで人気のある機種をピックアップしているイメージが強いです。

第2位:ワイモバイル

ワイモバイル

画像引用元:ちゃんとつながるの? | Y!mobile乗り換えガイド | Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルとは、ソフトバンク株式会社が運営している格安スマホです。

大手キャリアであるソフトバンクの回線を使用できる格安スマホであり、他社と異なり回線を借りるのではなく共有して使えることから、通信品質の良さに定評があります。

格安スマホは本来、時間帯によって大きく通信品質が異なります。

その中でもワイモバイルは「キャリアを使っていた時と変わらない」と評判なので、快適にネット通信を利用したい人にもぴったりです。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目プランSプランMプランR
基本料金2,948円4,048円5,148円
データ通信量4GB12GB17GB
国内通話10分以内
無料
新規割
(6ヶ月間のみ)
-770円
おうち割 光セット(A)
または
家族割引サービス
(2回線目以降)
-550円
6ヶ月間の月額料金1,628円2,728円3,828円
7ヶ月目からの月額料金2,398円3,498円4,598円
データ増量オプション
(25ヶ月間無料)
550円
3年目以降の月額料金2,948円4,048円5,148円

全てのプランに10分間の通話かけ放題オプションがついており、さらに1,100円プラスするだけで24時間国内通話かけ放題にすることができます。

ソフトバンク光や家族割引によって1台あたり550円(家族割引は2回線目以降)の割引も適用されるので、光回線や家族で複数台使うのがお得なプランです。

ワイモバイルで取り扱っているスマホ端末

ワイモバイルで取り扱っているスマホ端末
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • Android One S7
  • Xperia 8

ワイモバイルでは、iPhoneをはじめAndroid Oneシリーズなど、他社では発売されていないスマホを多く取り扱っていることが特徴です。

Android OneシリーズはPixelのようなGoogle純正モデルであり、安価な価格と更新されたGoogleのOSや最新サービスを優先的に使えるというメリットがあります。

筆者が知る限り、Android Oneシリーズはワイモバイルのみ取り扱っているモデルなので、Google純正モデルを使いたい人もワイモバイルがおすすめです。

第3位:UQモバイル

UQモバイル

画像引用元:販売店舗一覧|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

UQモバイルは、UQ WiMAXでお馴染みのUQコミュニケーションズが運営している格安スマホです。

KDDIグループの通信会社でもあるので、ワイモバイルと同様大手キャリアであるauと非常に密接な関係のある格安SIMです。

そのため、ワイモバイルと同じく他社と比べて快適にネット通信ができると定評があります。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目プランSプランMプランL
月額料金2,178円3,278円4,378円
UQ家族割
(2台目以降)
-550円-550円-550円
合計月額料金1,628円2,728円3,828円
月に使える
データ量
3GB9GB14GB
通話料22円/30秒
国内通話かけ放題+1,870円
10分かけ放題+770円
最大60分まで無料+550円

通信量は3GBから14GBの3段階から選ぶことができ、UQ家族割で2回線目以降から550円の割引が適用できます。

家族みんなで複数回線利用したいという人にもおすすめの格安スマホです。

また、10分かけ放題だけでなく、月に60分間通話が無料という長電話をする人向けの通話定額オプションもあるので、自分のニーズに合わせてオプションを選ぶことが可能です。

UQモバイルで取り扱っている端末

UQモバイルで取り扱っているスマホ端末
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • Xperia 8
  • AQUOS sense3
  • Galaxy A20

iPhoneの他に、Xperia 8やGalaxy A20、AQUOSシリーズといった人気スマホの廉価モデルを多く取り扱っている印象があります。

その他にもHUAWEIやOPPOといった人気の格安スマホも多数取り扱っているので、非常に選べる機種のレパートリーが多い会社でもあります。

auで人気のある初心者向けスマホ「BASIO4」も取り扱っているので、スマホを初めて使うという人にもぴったりです。

第4位:BIGLOBEモバイル

ビッグローブモバイル

画像引用元:【公式】格安SIM・格安スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、プロバイダサービスでお馴染みのBIGLOBEが取り扱っている格安スマホです。

料金の安さに定評があり、「エンタメフリー」と呼ばれる月額有料のオプションは、YouTubeやApple Musicなどのデータ通信量の消費が激しい動画・音楽アプリの通信量をノーカウントにすることができるので非常に人気です。

対象の動画・音楽アプリは複数あるので、是非公式サイトにてチェックしてみてください。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

BIGLOBEモバイルの料金プランは下記の通りです。

項目
(音声通話SIM)
料金
3GB1,760円
6GB2,365円
12GB3,740円
20GB5,720円
30GB8,195円
通話料
※アプリ利用時
9円/30秒
10分かけ放題(通話パック90)+913円
3分かけ放題(通話パック60)+660円

1GBから30GBまで計6段階のプランが選べます。

かけ放題に関しても、1回あたりの通話時間が制限されているタイプと、1ヶ月あたりの通話時間が制限されているタイプの2種類があります。

必要に応じて選ぶと良いでしょう。

BIGLOBEモバイルで取り扱っているスマホ端末

BIGLOBEモバイルで取り扱っている端末
  • OPPO Reno A
  • OPPO A5 2020
  • AQUOS sense3
  • HUAWEI P30

BIGLOBEモバイルにも、他社でも取り扱いのある人気のスマホが多く揃っています。

第5位:mineo(マイネオ)

マイネオジャンb

画像引用元:マイネオジャンボ 第2弾!パケット放題も!基本料も!端末も!ますますおトクに進化中|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoは、株式会社オプテージという会社が取り扱っている格安スマホであり、同時にeo光やeo電気のサービスも取り扱っています。

「必要なものを必要なだけ」ということをモットーにサービスを運営しており、無駄なく自分の必要な分だけ利用できるプランやオプションが人気の理由です。

パケットを家族や友人、顔も知らないmineoユーザー同士でネット上で分け合うことができる「パケットギフト」や「フリータンク」は、データ通信量を無駄なく利用できる非常に便利なサービスとして好評です。

mineo(マイネオ)の料金プラン

mineoの料金プランは下記の通りです。

項目Aプラン
(au)
Dプラン
(ドコモ)
Sプラン
(ソフトバンク)
500MB1,441円1,540円1,925円
3GB1,661円1,760円2,145円
6GB2,409円2,508円2,893円
10GB3,443円3,542円3,927円
20GB5,049円5,148円5,533円
30GB7,161円7,260円7,645円
通話料
(mineoでんわ利用時)
11円/30秒
10分かけ放題+935円

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから選ぶことができ、回線によって料金が異なるので注意が必要です。

最安プランは500MBのau回線プランであり、別途10分かけ放題のオプションを利用することも可能です。

最小は500MB、最大は30GBまで計6段階からプランを選ぶことができるので、ヘビーユーザーからライトユーザーまで幅広く対応できます。

mineo(マイネオ)で取り扱っているスマホ端末

mineoで取り扱っている端末
  • iPhone 8
  • OPPO A5 2020
  • OPPO Reno A
  • AQUOS sense3
  • HUAWEI P30
  • HUAWEI P30 lite

iPhone 8を取り扱っている数少ない格安SIMであり、入荷待ち状態ではありますがiPhone XRも購入することが可能です。

また、OPPOやAQUOS、HUAWEIなど価格が安く、尚且つ性能が高いと定評のある高コスパスマホを多く取り扱っているので、機種選びで失敗するリスクも低いといえます。

格安スマホおすすめ端末6選!

次に、格安SIMの中で取り扱いが多く、人気のあるおすすめスマホの特長についていくつか紹介します。

OPPO A5 2020

mineoのOPPO A5 2020

画像引用元:OPPO A5 2020|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

各格安SIMで20,000円から25,000円程度で購入できるスマホです。

非常に格安でありながら、超広角を含む4つのカメラが搭載されている点が大きな魅力です。

ワイドな風景や大人数のグループセルフィーはもちろん、夜景など暗い場所での撮影にも適した機能など、非常にカメラ性能が優秀なスマホとして人気が高いです。

OPPO Reno A

mineoのOPPO Reno A

画像引用元:OPPO Reno A|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ】

上記と同じくOPPOスマホである「OPPO Reno A」は、各格安SIMで30,000円から35,000円程度で購入できます。

上記のOPPO A5 2020は防水に対応していないカメラ特化型のスマホですが、こちらの機種は防水に対応しています。

尚且つおサイフケータイも使える非常に日本人向けのスペックとなっています。

RAMの容量は、高性能スマホと同等レベルの6GBなので、ゲームをしたり複数のアプリを一度に使用したい時にも快適に使えるでしょう。

AQUOS sense3

mineoのAQUOS sense3

画像引用元:AQUOS sense3 SH-M12|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

AQUOS sense3は、SHARPが開発している人気のスマホシリーズ「AQUOS」の機種です。

各格安SIMで、大体25,000円~35,000円で購入できます。

防水防塵・耐衝撃に対応しており、外出先での利用や仕事・家事の合間の使用も安心して行うことができます。

さらに、文字やアイコンが大きくて見やすい「かんたんモード」と呼ばれる初心者向けのモードも搭載されているので、スマホ初心者の人やシニア層にもぴったりな機種です。

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 lite

画像引用元:HUAWEI P30 lite|HUAWEI|BIGLOBEモバイル

HUAWEI P30 liteは、格安スマホの中でも特に人気の高いHUAWEIのスマホです。

各格安SIMで取り扱っており、24,000円~32,000円程度で購入が可能です。

人気なので、既に入荷待ちや販売終了の格安SIMもあります。

同時期に発売されたHUAWEI P30の廉価モデルとなります、トリプルカメラ搭載で超広角カメラも利用できる点が魅力です。

さらに、自撮りのビューティーモードや幅広い撮影シーンを最適な状態で撮影できるAI機能など、カメラ性能を重視している人におすすめの機種です。

iPhoneを扱っている格安SIMも多い!

iPhone 7 iPhone 8

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

上記で解説したように、iPhoneを取り扱っている格安SIMも非常に多いです。

iPhoneは、モデルの新旧に関わらず非常に一貫性のある機種として定評があります。

多少の差はありますが、型落ちモデルでも長期間快適に使い続けることができるといわれています。

そのため、iPhone 7やiPhone 8など数世代前に発売された機種が未だに人気が高い理由です。

格安スマホで使うおすすめ端末
  • OPPO A5 2020
    20,000円台でありながら超広角カメラ搭載のクアッドカメラ搭載・5,000mAhの大容量バッテリーが使えてコスパ
  • OPPO Reno A
    海外スマホなのに防水対応・おサイフケータイも使える!RAM6GBでゲームアプリの操作も快適に
  • AQUOS sense3
    防水防塵・耐衝撃対応の安心第一の国産スマホ!初心者向けの「かんたんモードも搭載」
  • HUAWEI P30 lite
    鮮やかなカラーリングがおしゃれで超広角カメラ搭載のトリプルカメラが使えるスマホ
  • iPhone
    型落ちモデルでも安定したスペックが魅力!長く快適に使い続けたい人におすすめ

格安SIMでこれまでよりもお得にスマホを使おう!

格安スマホは料金が安いのはもちろん、データ通信量や通話定額オプション、パケットシェアオプションなど、自分の用途に合ったサービスを無駄なく使えるという点が大きな魅力です。

大手キャリアほどの高い通信品質は不要、そんなに性能の高い機種を求めていないという人も、余計な費用を支払うことなく最低限の料金に抑えることが可能です。

スマホの料金を安くしたい・格安で購入できる機種が欲しいという人は、是非格安スマホへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

格安スマホおすすめランキング
  • 第1位:ワイモバイル
    ソフトバンクと通信品質が変わらないと定評のある格安SIM!
  • 第2位:LINEモバイル
    オプションによって主要SNSのデータ通信量がノーカウント!
  • 第3位:UQモバイル
    ワイモバイル同様通信品質に定評がある格安SIM!富
  • 第4位:mineo
    フリータンクやパケットギフトでデータ通信量が余った・足りない時にも便利!
  • 第5位:BIGLOBEモバイル
    YouTubeなどの通信量がノーカウントになる「エンタメフリーオプション」が大人気!
【2020年8月】格安SIMおすすめランキング|人気10社を料金と速度で徹底比較!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ