【2019年】格安スマホ厳選5社を徹底比較!通信速度とおすすめ端末は?

【2019年】格安スマホ厳選5社を徹底比較!通信速度とおすすめ端末は?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

よくある格安スマホの悩み…
  • 格安スマホってどれを選べばいいのかわからない…
  • 通信速度の速い格安スマホは?
  • 料金が安い格安スマホを知りたい!

この記事はこのような思いをお持ちの方にむけて書いています。

2019年現在、日本には数百社を超える「格安スマホ」が存在します。

選択肢が豊富なのはいいことですが、数がありすぎてどこを見ればいいかわからないのも困りものです。

そこで今回は特におすすめの格安スマホ5社を厳選して、料金やサービスを徹底比較しました。

さらに通信速度やおすすめ端末についても解説していきます。

この記事を読めば、あなたにピッタリの格安スマホが見つかるはずです。
ぜひ参考にしてください。

トップ画像引用元:子どもに格安SIMをおすすめしたい理由|LINEモバイル

格安スマホとは?

格安スマホとは?

画像引用元:楽天モバイル: 教えて!格安スマホ/SIM そもそも格安スマホって何?

格安スマホとは、格安で利用できるスマホと料金プランを扱っている業者の事です。
格安SIMという言い方もしますね。

現在では10万円を超えるスマホも多いですが、格安スマホで取り扱っている機種の平均価格は約3~5万円程度。

また、提供しているプランも、月に使えるデータ量は大手キャリアとほぼ同等ながら料金はかなり安めです。

大手キャリアから格安スマホへ乗り換えれば、月額料金で数千円の削減になることもありますね。

購入形態も自由な格安スマホ

大手キャリアで携帯電話を購入する場合は、そのまま料金プランも契約するのが普通ですよね。

しかし、格安スマホではこの限りではありません。

もちろん端末とプランをセットで契約することもできますが、端末を持ち込んでプランだけ契約するということも可能です。

大手キャリアに比べ、携帯電話の購入形態がかなり自由であると言えます。

格安スマホでiPhoneは使える?

iPhone 11 Pro

画像引用元:iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

結論、格安スマホでiPhoneを使うことは可能です。

慣れ親しんだiPhoneを使いつつ、月額料金を下げたい人にとってはぴったりです。

大手キャリアでiPhoneを利用している場合は、お使いのiPhoneとともに格安スマホへ乗り換えをすれば、そのままiPhoneを使用できます。

ただし、格安スマホによってはiPhoneの機種によって使用できない場合もあるため注意したいですね。

各格安スマホの公式サイトには、使用できる携帯電話のリストが掲載されていますので、乗り換え前に必ず確認しましょう。

また、Apple Storeや中古屋でiPhoneを購入し、それを格安スマホで利用するという手もあります。

格安スマホ社で購入できるiPhoneは数世代前のモデルが多い

格安スマホでも、iPhoneを取り扱っている所は数多くあります。

格安スマホ業者の多くは下記の2機種を取り扱っています。

格安スマホで多く取り扱いのあるiPhone
  • iPhone 7
  • iPhone 6s

数世代前とはいえ、普段使いには十分なスペックをもっています。

「どうしても新しいiPhoneがいい!」という方には後述するmineo(マイネオ)がおすすめです。

格安スマホの中では珍しく、iPhone XsやiPhone XRなどの比較的新しいモデルの取り扱いがあります。

格安スマホ厳選5社を徹底比較!

格安スマホの構成

画像引用元:楽天モバイル: 教えて!格安スマホ/SIM そもそも格安スマホって何?

格安スマホ厳選5社
  • LINEモバイル
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • mineo(マイネオ)
  • BIGLOBEモバイル

ここからは、特におすすめできる格安スマホ5社を解説していきます。

世間に認知され始めた2015年は「とにかく安い」というイメージだった格安スマホも、現在では各社の個性が色濃く出ています。

格安スマホを選ぶ際には、料金も大事ですが、自分の使用環境に合っているサービスを提供している業者を選ぶ事が大事です。

LINEモバイル:SNSを多く使うならここ!

はじめてのLINEモバイル

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

まずは、LINEモバイルの料金プランから見ていきましょう。

月に使える
データ量
LINEフリーコミュニケーション
フリー
MUSIC+
1GB500円--
3GB-1,690円2,390円
5GB-2,220円2,720円
7GB-2,880円3,280円
10GB-3,220円3,520円

LINEモバイルの通信料金プランはデータフリー機能で選ぶ!

上表のとおり、LINEモバイルには下記の3つのプランがあります。

LINEモバイルの料金プランは3つ
  • LINEフリー
  • コミュニケーションフリー
  • MUSIC+

データフリー機能とは、対象アプリのデータ通信量を消費しないというサービスです。

データフリー対象サービスはいくらデータを使っても契約している通信量からは消費しないので、実質使い放題です。

データフリー対象サービスは料金プランごとに異なる!

プランごとにデータフリー対象のサービスが異なります。

データフリー対象サービスは下記の通りです。

LINEフリー
  • LINE
コミュニケーションフリー
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
MUSIC+
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

上記の様に、安価なLINEフリーはLINEのみが対象となりますが、コミュニケーションフリーであれば主要なSNSアプリはすべてカバー。

SNSも音楽も楽しみたい方はMUSIC+がおすすめですね。

よって、LINEもプラン選びは月に使えるデータ量のほかに、データフリー機能の対象アプリにも目を向けると良いでしょう。

LINEモバイルの通話料について

LINEモバイルの通話料は下表のとおりです。

項目通話料金
通常通話料20円/30秒
いつでも電話
アプリからの通話料
10円/30秒

「いつでも電話アプリ」から電話をすることで、通話料を半額にすることができます。

また、スマホで通話が多い方には下表のオプションもありますよ。

オプション名無料内容月額料金
10分電話かけ放題オプション1回10分以内の国内通話無料
(いつでも電話アプリ使用時)
880円

LINEモバイルで人気の端末は?

OPPO R17 Pro

画像引用元:OPPO R17 Pro – 美しい夜を撮ろう | OPPO 日本

LINEモバイルで取り扱っている人気のスマホは下記のとおりです。

LINEモバイルで人気のスマホ
  • iPhone 6s
  • HUAWEI P30 lite
  • R17 Pro
  • OPPO Reno A
  • ZenFone 6

この中で特におすすめなのは、「R17 Pro」です。

R17 Proの最大の特長はコスパが非常に良いことですね。

カメラ機能は、HUAWEI製のスマホの方が優れているものの、この価格帯では十分な性能。

本機に搭載されたウルトラナイトモードを利用すれば、失敗しやすい夜間撮影でもきれいな写真を撮影することができます。

また、R17 Proは高速充電にも対応しており、たった10分で1%から40%まで充電できるほか、約50分でフル充電が完了するほどです。

元々のバッテリー容量も非常に多いため、1日使用してもバッテリーの枯渇を心配する必要はありません。

この内容で月々の支払いが1,750円(税抜)となっており、コスパが非常に優れています。

【2019年】LINEモバイルのおすすめスマホ端末まとめ|人気5機種を徹底比較
LINEモバイルのポイント
  • 主要なSNSが使い放題!
  • おすすめスマホ端末はR17 Pro
  • 通信料金は低価格帯

LINEモバイル公式サイトを見る

ワイモバイル:電話が多い人におすすめ

ワイモバイルのおトクなSIM

まずは、ワイモバイルの料金プランから見ていきましょう。

画像引用元:SIMカード を購入|オンラインストア|Y!mobile(ワイモバイル)

項目スマホベーシック
プランS
スマホベーシック
プランM
スマホベーシック
プランR
月額料金2,680円3,680円4,680円
新規割
(6ヶ月目まで)
-700円-700円-700円
おうち割光セット
または
家族割引サービス
-500円-500円-500円
合計月額料金1,480円2,480円3,480円
月に使える
データ量
3GB
→4GB※
9GB
→12GB※
14GB
→17GB※
通話料1回10分以内の国内通話無料
10分超過分は20円/30秒

ワイモバイルの料金は高めだが通話が多い方にはおすすめ

ワイモバイルの料金は上述したLINEモバイルと比べると、少々高め。

割引を利用すればLINEモバイルと同程度にはなるものの、割引の1つである新規割は6ヶ月目までしか効果がないため、700円の割引は半年で無くなってしまいます。

しかし、ワイモバイルのプランは通話料がお得で、1回10分以内の国内通話がすべて無料。

他の格安スマホであれば月額約800円のオプションになっている内容であるため、通話が多い方には嬉しいプラン内容となっています。

ワイモバイルは通信速度に優れている格安スマホ

ワイモバイルの魅力的な点は、通信速度が速いことです。

格安スマホは大手キャリアに比べて通信速度が低く、特に最も混雑するお昼休みの時間帯は1Mbpsを切ることも珍しくありません。

しかしワイモバイルはそんな時間帯でも通信速度が比較的安定しており、その速度は大手キャリアとほぼ同程度です。

最近のほとんどのアプリはネットワーク通信を利用しているため、通信速度は日々の使い勝手に直結します。

上述したプラン料金は高めのワイモバイルですが、通信速度でストレスを感じたくない方には非常におすすめできる格安スマホです。

ワイモバイルで人気の端末は?

Xperia 8

画像引用元:Xperia 8|スマートフォン|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルで購入できる人気の端末は下記のとおり。

ワイモバイルの人気スマホ
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • Xperia 8
  • HUAWEI P30 lite

この中でおすすめなのは「Xperia 8」です。

Xperia 8は2019年秋冬の新モデルで、auからも発売が予定されている新機種。

大人気だったXperia 1の特長を受け継ぐスマホであり、映画を見るのに最適と言われる21:9の画面比に加え、ディスプレイは6.0インチの大型サイズ。

映像コンテンツやゲームアプリなども、大迫力の画面で楽しむことができます。

また、Xperia 8にはカメラレンズが2基搭載されているため、「ぼけ」を生かしたポートレート撮影も可能。

ミドルスペックスマホの中でも、高い性能を持ったおすすめのスマホです。

ワイモバイルおすすめスマホランキング|最新機種を比較【2019秋冬】
ワイモバイルのポイント
  • 1回10分以内の国内通話が無料
  • 通信速度の速さに定評がある
  • 価格帯は高め

ワイモバイルオンラインストア

UQモバイル:通信速度ではNo.1!

UQモバイルの店舗

画像引用元:販売店舗一覧|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

まずは、UQモバイルの料金プランから見ていきましょう。

項目スマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金1,980円2,980円3,980円
UQ家族割
(2台目以降)
-500円-500円-500円
合計月額料金1,480円2,480円3,480円
月に使える
データ量
3GB9GB14GB
通話料20円/30秒

プランは高めだが通信速度は最速

上表のとおり、UQモバイルの料金はワイモバイルと同じく少々高め。

しかも、ワイモバイルのような無料通話も付属していません。

これだとまったくメリットが見出せませんが、UQモバイルの最も魅力的な点は通信速度。

大手キャリア並の通信速度に加え、最も混雑するお昼休みの時間帯でも比較的安定しています。

各調査会社が行っている格安スマホの通信速度調査でも、長年に渡って第1位を獲得し続けているほどです。

ネットワークを利用したアプリなどを使用する際に、大手キャリアと同じ使い心地を求める方はUQモバイルが最適解であると言えますね。

UQモバイルの通話料

UQモバイルの通話料は、30秒につき20円。

また、LINEモバイルの様な専用アプリによる通話料の割引もありません。

通話オプションは下記の内容のものが用意されています。

項目オプション内容月額料金
通話パック国内通話は60分/月まで無料
(無料通話2,400円分)
500円
かけ放題1回10分以内の国内通話無料700円

UQモバイルで人気の端末は?

Galaxy A20

画像引用元:Galaxy A20│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

UQモバイルの人気スマホは下記のとおり。

UQモバイルの人気端末
  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • Galaxy A20
  • AQUOS sense3
  • OPPO A5 2020
  • Xperia 8
  • HUAWEI P30 lite

このうち、2019年秋冬の新モデルは「Galaxy A20」「AQUOS sense3」「OPPO A5 2020」の3機種。

このように、型落ちのスマホだけでなく、購入できる新型モデルが多いのもUQモバイルの特長ですね。

上記の中で最もおすすめなのは「Galaxy A20」

Galaxy A20は2万円台のスマホにしてはかなりの高性能であり、スマホの処理能力の中心であるCPUも、3万~5万円台のミドルスペックスマホに搭載するものを使っています。

ディスプレイサイズは5.8インチで、持ちやすさと大画面を両立させたサイズ。

Galaxy A20は特筆すべき個性はないものの、コスパが良く誰でも安心して使えるスマホです。

UQモバイルの端末購入は店舗とオンラインどっちがお得か比較してみた
UQモバイルのポイント
  • 通信速度がNo.1との評判
  • おすすめ端末はGalaxy A20
  • 通信料金は高め

UQモバイル公式サイトを見る

mineo(マイネオ):ユーザー同士のデータシェアが便利

マイネオのエンタメ

画像引用元:mineoのエンタメ|特集|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

まずは、mineoの料金プランから見ていきましょう。

月に使える
データ量
Aプラン
(au)
Dプラン
(ドコモ)
Sプラン
(ソフトバンク)
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

mineo(マイネオ)の料金は低容量で最安値レベル!

mineoの最大の特長はプランの料金が安い点です。

特に3GBの料金は主要格安スマホの中でも最安。

とにかく安くスマホを使いたいという方にはかなり向いていると言えるでしょう。

mineoだったらプラン内容以上にデータをつかえる!

mineoには「フリータンク」というサービスがあります。

このフリータンクは、一言でいうとmineoユーザー全員のデータ貯蔵庫

mineoユーザーならだれでも余ったデータをタンクに保存できますし、足りないときはデータを取り出すことができるのです。

つまり、プランで定められているデータ量以上に使用することも可能であるということですね。

また、友達同士でデータを送ることができる「パケットギフト」機能もあり、mineoではデータをみんなでシェアすることができます。

mineo(マイネオ)の通話料

項目通話料金
通常通話料20円/30秒
mineoでんわ
アプリからの通話料
10円/30秒

mineoの通話料は上表のとおりで、「mineoでんわアプリ」を利用すれば通話料は半額に。

また、スマホで通話することが多い方には下記のオプションも用意されています。

オプション名無料内容月額料金
mineoでんわ10分かけ放題1回10分以内の国内通話無料
(mineoでんわアプリ使用時)
850円
通話定額30月に30分までの国内通話無料
(無料通話1,200円分)
840円
通話定額60月に60分までの国内通話無料
(無料通話2,400円分)
1,680円

mineoで人気の端末は?

mineoでiPhone XRを購入

画像引用元:iPhone|端末|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoで人気のスマホ
  • iPhone XS(2019年11月1日販売開始)
  • iPhone XS Max(2019年11月1日販売開始)
  • iPhone XR(2019年11月1日販売開始)
  • iPhone 8(2019年11月1日販売開始)
  • Xperia Ace
  • ZenFone 6
  • HUAWEI P30

上記のとおり、mineoでは去年発売されたiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRを購入することができます。

mineoは去年も格安スマホで初めてiPhone 8をラインアップに加えており、格安スマホの中で最も最新iPhoneに強いと言えるでしょう。

iPhone XSとiPhone XS MaxはApple Storeでも販売が終了している機種であり、おそらくあっという間に売り切れになることが予想されるので、狙うなら早めに購入しましょう。

上記で最もおすすめなのはiPhone XR。

この機種はiPhone XSの廉価版ですが、ハイスペックスマホとしてはかなり安く、月々の支払いは2,000円台。

iPhone XSより性能が限定されているとはいえ、CPUは同じものを使っているため、どんなアプリもサクサク処理してくれます。

iPhone XRはiPhone XSとは違って現在でも現役の機種であるため、入手しやすいという点もポイントですね。

mineo(マイネオ)の店舗で乗り換えはオンラインよりお得か比較してみた
mineo(マイネオ)のポイント
  • mineoユーザーでデータをシェアできる
  • iPhone Xsなど新しいiPhoneの取り扱いがある
  • 通信料金は低価格帯

mineo公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル:動画や音楽サービスに強い

BIGLOBEモバイルが選ばれる理由

画像引用元:BIGLOBEモバイルが選ばれる理由|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

まずは、BIGLOBEモバイルの料金プランから見ていきましょう。

プラン名月に使える
データ量
月額料金
1ギガ
音声通話スタートプラン
1GB1,400円
3ギガプラン3GB1,600円
6ギガプラン6GB2,150円
12ギガプラン12GB3,400円
20ギガプラン20GB5,200円
30ギガプラン30GB7,450円

BIGLOBEモバイルの料金は中容量が安い!

BIGLOBEモバイルの料金はLINEモバイルやmineoと同程度。

3GBプランではmineoよりも高いですが、6GBプランではBIGLOBEモバイルの方が安くなっています。

格安スマホでは6GBプランの人気も非常に高いため、このデータ容量を狙っている方にはおすすめですね。

BIGLOBEモバイル最大の特長はエンタメフリーオプション!

BIGLOBEモバイルには「エンタメフリーオプション」というサービスがあります。

これは、対象となる動画や音楽サービスを、データ通信量の制限なく楽しめるというもの。

対象のサービスは下表のとおりです。

ジャンルアプリ・サービス名
動画配信YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
音楽・ラジオ配信Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、
Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、
radiko、らじる★らじる、dヒッツ、RecMusic
電子書籍配信dマガジン、dブック
その他Facebook Messenger

エンタメフリーオプションが最も優れているのはこの対象サービスですね。

最も人気の高いYouTubeをはじめ、動画配信アプリや音楽アプリなどかなり充実したラインアップとなっています。

これらをデータ無制限で楽しめるわけですから、普段から上表のサービスを利用している方にとってはかなりお得なオプション。

月額480円のオプションサービスですが、現在なら最大6ヶ月間無料のキャンペーンも実施していますよ。

BIGLOBEモバイルの通話料

項目通話料金
通常通話料20円/30秒
BIGLOBEでんわ
アプリからの通話料
9円/30秒

BIGLOBEモバイルの通話料は上表のとおりで、「BIGLOBEでんわアプリ」を利用すれば通話料を半額以下にできます。

また、通話が多い方のために下表のオプションも用意されていますよ。

オプション名無料内容月額料金
10分かけ放題1回10分以内の国内通話無料830円
通話パック90月に90分までの国内通話無料
(無料通話1,620円分)
3分かけ放題1回3分以内の国内通話無料600円
通話パック60月に60分までの国内通話無料
(無料通話1,080円分)

BIGLOBEモバイルの人気端末

HUAWEI P30 lite

画像引用元:HUAWEI P30 lite|HUAWEI|BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの人気スマホ
  • iPhone 7
  • HUAWEI P30 lite
  • HUAWEI P30
  • ZenFone Max Pro

上記で最もおすすめなのは「HUAWEI P30 lite」です。

2万円台という価格帯ながら6インチの大画面やトリプルレンズカメラを搭載。

3,340mAhというバッテリー容量も十分で、コスパが非常に高いです。

予算に余裕があれば、上位機種の「HUAWEI P30」を選ぶのもいいでしょう。

BIGLOBEモバイルからHUAWEI P30 liteが発売|スペックや価格をまとめてみた
BIGLOBEモバイルのポイント
  • エンタメフリーでYouTubeが見放題
  • おすすめ端末はHUAWEI P30 lite
  • 通信料金は低価格帯

BIGLOBE公式サイトを見る

格安スマホはサービスで選ぶ時代!

今回は、おすすめの格安スマホ5社を解説しました。

格安スマホを「安い」の一言で済ませる時代は終わりました。

これまで見てきたとおり、各格安スマホが強い部分というのは異なっており、これを自分の使用環境に合わせることが格安スマホ選びのコツです。

おすすめ格安スマホまとめ
  • LINEモバイル
    SNSアプリに強く、データ無制限で楽しめる。
  • ワイモバイル
    無料通話内容が充実しており、通信速度も速い。
  • UQモバイル
    通信速度は格安スマホNo.1。選べる新型スマホも多い。
  • mineo(マイネオ)
    低容量帯の料金の安さが魅力。mineo同士でデータのシェアもできるため、プラン内容以上にデータを利用できる。
  • BIGLOBEモバイル
    中容量帯の料金が安い。動画や音楽アプリに強く、データ無制限で楽しむ事が可能。
シムレーター

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ