口座振替できるおすすめ格安SIMはこれ!知っておきたい手数料・注意点

  • 2020年8月30日
  • by.araki

通帳と支払い

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事では、クレジットカード払いだけでなく口座振替もできる、おすすめの格安SIMを紹介します。

格安SIMを契約する際にネックとなるのが、一般的にクレジットカードを持っていないと契約できない点です。

クレジットカードを持つには審査がありますし、諸々の事情からクレジットカードを持てない、あるいは持たない主義の方も少なくありません。

しかし、数は少ないながらも口座振替で契約できる格安SIMもあります。

口座振替できるおすすめ格安SIM
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • ONE モバイル ONE
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

主要格安SIMの口座振替対応状況

はじめに、主要な格安SIMの口座振替対応状況を見てみましょう。

格安SIM口座振替対応手数料
ワイモバイル0円
UQ mobile0円
LINEモバイル0円
OCN モバイル ONE0円
y.uモバイル×-
mineo0円
BIGLOBEモバイル200円
イオンモバイル×-
nuroモバイル×-

○は口座振替対応、×はクレジットカードのみ受け付け、△は条件付きで口座振替対応です。

「△」の条件
  • LINEモバイル:LINE Payカードで支払う
  • OCE モバイル ONE:カスタマーフロントに相談
  • mineo:eo光ネット加入者のみ
  • BIGLOBEモバイル:データSIMのみ

ワイモバイルかUQモバイルが基本線

OCE モバイル ONE以外の△の条件は、正直言ってハードルが高いです。

元々LINE Payカードやeo光を使っているというわけでなければ、避けるのが無難でしょう。

BIGLOBEモバイルに至っては、音声通話付きSIMではなくデータSIMのみの対応です。

よって、まずは条件のないワイモバイルかUQモバイルがおすすめです。

口座振替できるおすすめ格安SIMはこれ!

格安SIMおすすめランキング
それでは、口座振替できる格安SIMについて、それぞれの料金プランや特徴をまとめていきます。

特に条件のないワイモバイルとUQモバイルは要注目です。

ワイモバイル

Y!mobile ロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルでは、条件なし・手数料0円での口座振替が可能です。

ワイモバイルの料金プラン

ベーシックプランSMR
月額2,680円3,680円4,680円
データ容量3GB10GB14GB
通話国内通話
1回10分以内無料

大手キャリア運営の格安SIM

ワイモバイルを運営しているのは、ソフトバンク株式会社です。

ソフトバンク株式会社による「ソフトバンク」とは別のサービスブランドなので、「サブブランド」という呼ばれ方もしています。

大手キャリアが自分で運営しているため、大手キャリアの回線帯域を一部借りて使っている他の格安SIMと違い、混雑しにくいという特長を持っています。

「格安SIMは通信速度が遅い(遅くなりやすい)」ことに不安を抱えている方におすすめです。

【2020年】格安SIM厳選10社の通信速度を比較|計測してわかった速い回線おすすめランキング

料金プランに「無料通話オプション」がコミコミ

ワイモバイルの欠点ともいえるところは、他社ならオプション扱いの「国内通話1回10分以内無料」サービスが、強制で付いてくることです。

それだけならお得なようにも感じますが、その分、料金も高く設定されています。

UQモバイルと比較すると差額は700円。しかもUQモバイルでも、必要なら任意で700円追加すれば同じサービスを受けられます。

どっちみち自分の意思で無料通話オプションを付ける予定でいる方なら良いのですが、そうでない場合は、ワイモバイルだと毎月700円だけ多く払うことになってしまいます。

データ繰り越しなし

ワイモバイルでは、当月に使い切れなかったデータ容量の繰り越しはできません。

他の格安SIMだと、むしろ翌月まで繰り越しできるのが一般的なので、この点はちょっと残念ですね。

Yahoo!プレミアム会員になるとお得

ワイモバイルと契約すると、無料でYahoo!プレミアム会員となり、そのサービスを受けることができます。

プレミアム会員の会費は月額462円です。

そのため、「Yahoo!プレミアム会員になりたい(すでになっている)、他社でも無料通話オプションは付けたい」という方なら、ワイモバイルはこの分お得になります。

UQモバイル

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

UQモバイルでは、条件なし・手数料0円での口座振替が可能です。

UQモバイルの料金プラン

スマホプランプランSプランR
月額1,980円2,980円
データ容量3GB10GB

大手キャリア運営の格安SIM

UQモバイルは、2020年10月1日から正式にKDDI株式会社が運営します。

KDDI株式会社による「au」とは別のサービスブランドなので、「サブブランド」という呼ばれ方もしています。

ワイモバイルと同様、大手キャリアが自分で運営するので、やはり大手キャリアの回線帯域を一部借りて使っている他の格安SIMと違い、混雑しにくいのが特長です。

「格安SIMは通信速度が遅い(遅くなりやすい)」ことに不安を抱えている方におすすめです。

【2020年】格安SIM厳選10社の通信速度を比較|計測してわかった速い回線おすすめランキング

一番おすすめの格安SIM

UQモバイルには、わざわざ指摘しなくてはいけないような欠点がありません。

強いて言うなら、ワイモバイル以外の他の格安SIMより料金プランの水準が少しだけ高いことでしょう。

しかしそれは、自社回線ならではの混雑しにくさで十分に元が取れます。

余計なサービスやそれに伴う料金がなく、極めてシンプルでわかりやすい上に、安くて速い。

現状では、口座振替の件を抜きにしても、一番おすすめできる格安SIMです。

LINEモバイル

LINEモバイル

画像引用元:LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEでは、LINE Payカード払いが可能です。

LINEモバイルの料金プラン

ベーシックプラン音声通話付き
500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
12GB3,200円
最低利用期間なし
解約違約金1,000円

LINE Payカードの支払いを口座振替にできる

LINE Payカードは、クレジットカードではなく、チャージした分だけ使えるプリペイドカードです。

銀行口座からチャージでき、これを利用してLINEモバイルと契約することができます。

口座振替までの手順
  1. LINE Payカードを作成
  2. LINE Payカードにチャージ
  3. LINEモバイルと契約手続き
  4. LINE Payカード支払いを選択

これで「クレジットカードなしでLINEモバイルと契約」という目的が達成できます。

LINE Payカードは年会費無料で作成可能です。国内外JCB加盟店での支払いに使えます。

独自のデータフリーオプション

LINEモバイルには、SNSなど一部サービスの対象機能でのデータ消費をゼロにするオプションが存在します。

上手く使えば、他の格安SIMより安い料金で、大量のデータ通信を行うことも可能です。

LINEデータフリー(+0円)

これは標準で付いてきます。LINEサービスでの対象機能ではデータ消費されません。

SNSデータフリー(+280円)

以下のサービスの対象機能ではデータ消費されなくなるオプションです。

SNSデータフリーの対象
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

SNS音楽データフリー(+480円)

以下のサービスの対象機能ではデータ消費されなくなるオプションです。

SNS音楽データフリーの対象
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • AWA

ドコモ・au・ソフトバンク回線を選べる

LINEモバイルでは、使う回線をドコモ・au・ソフトバンクから選ぶことができます。

3社とも選べるというのは格安SIMでも珍しいです。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのロゴ

画像引用元:格安SIMカード<料金・コース>|OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCN モバイル ONEは、カスタマーズサポートと相談することで、口座振替が認められることがあります。手数料0円です。

OCN モバイル ONEの料金プラン

新コース音声通話付き
1GB1,180円
3GB1,480円
6GB1,980円
10GB2,880円
20GB4,400円
30GB5,980円

カスタマーズサポートへの連絡手段

OCN モバイル ONEでは、「クレジットカードをお持ちでないなどの理由から口座振替でのお支払いをご希望のお客さまはカスタマーズフロントへご連絡ください」と案内されています。

カスタマーズフロント
  • フリーダイヤル:0120-506506
  • 受付時間:10:00~19:00

ただし日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は除きます。

即時受渡しは不可

OCN モバイル ONEの即日受渡しカウンターで申し込む場合は、クレジットカードのみでの支払いになってしまいます。

口座振替では、どうしても開通まで期間が必要なようです。

回線はドコモ

OCN モバイル ONEではドコモ回線を使うことになります。

ちなみにOCNモバイル ONEを運営しているのは株式会社NTTコミュニケーションズです。

mineo

mineo(マイネオ)

トップ画像引用元:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoでは、eo光ネット契約中の方のみ、口座振替できます。

mineoの料金プラン

音声通話付きAプラン
(au回線)
Dプラン
(ドコモ回線)
Sプラン
(ソフトバンク回線)
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,590円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

使う回線によって料金が変わる

mineoは使う回線をドコモ・au・ソフトバンクから選べます。

ただし、選んだ回線によって料金も変わるので要注意です。

mineoユーザー向けのコミュニティサイトが充実

mineoを運営する株式会社オプテージはマイネ王というmineoユーザー向けのコミュニティサイトも運営しています。

そこでは、mineo同士や、mineoスタッフとの交流も盛んです。

料金プランやスマホについての質問はもちろん、mineoとはまったく関係ない雑談からデータ容量の分け合いまで、各々が自由に活動しています。

マイネ王を目当てにmineoユーザーを続けている方も多いようですね。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

画像引用元:BIGLOBEモバイル 選ばれてNo.1|格安SIM_スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、データSIMのみ口座振替できます。手数料は200円です。

そのため、BIGLOBEモバイルでは音声通話付きプランではなく、データ通信プランを紹介します。

BIGLOBEモバイルのデータ通信プラン

プラン種別データ通信のみ
3GB900円
6GB1,450円
12GB2,700円
20GB4,500円
30GB6,750円

エンタメフリー・オプション

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションがあるのが特徴です。

エンタメフリー・オプションとは、YouTubeやAbemaTVなどの対象機能ではデータ消費されなくなるオプションです。

データ通信プランでは月額980円で付けることができます。

対象サービスは全21種類です。どのようなサービスが対象か、ジャンルごとに見てみましょう。

動画配信
  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
音楽・ラジオ配信
  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko
  • らじる★らじる
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック
電子書籍配信
  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo
その他のアプリ
  • Facebook Messenger

ただし、対象サービスでもデータ消費されるケースもあります。

例えば、YouTubeに自分でアップロードする場合などです。

データ消費される例外
  • YouTube
    動画、音楽等のコンテンツのアップロード
  • U-NEXT
    ダウンロード機能
  • Apple Music
    ビデオの再生
  • Spotify
    ポッドキャストに係る通信
  • Amazon Music
    ブラウザ上での再生
  • LINE MUSIC
    ダウンロード機能、動画の視聴
  • dヒッツ
    dミュージックで購入した楽曲のダウンロード
  • RecMusic
    動画の視聴
  • Facebook Messenger
    ビデオ通話、第三者が提供しているGIFやゲームなどのコンテンツ

事前に把握しておかないと、すぐにデータを消費して制限をかけられてしまう可能性があるので注意が必要です。

格安SIMで口座振替を選択する際の注意点

注意する点
最後に、格安SIMでの口座振替全般に言える注意点を解説します。

口座振替の注意点
  • 振替手数料がかかることがある
  • クレジットカードよりも手続きが面倒
  • インターネットから手続きができないことも

振替手数料がかかることがある

口座振替では、振替手数料を取られてしまうところもあります。

格安SIMは料金プランがどこも安いので、振替手数料のために数百円高くなるだけでも、他社との大きな差になってしまいますよね。

手数料0円のところも少なくないので、よほどのこだわりがなければ振替手数料のかかる格安SIMは避けましょう。

クレジットカードよりも手続きが面倒

一般的に、クレジットカード払いよりも口座振替のほうが手続きは面倒です。

例えばワイモバイルでは、手続きに以下の3つを必要としています。

  • 本人名義のキャッシュカードおよび通帳
  • 本人確認書類
  • 金融機関お届け印

一方、クレジットカード払いなら、クレジットカードと本人確認書類類だけで済みます。

また、クレジットカードより開通までに時間がかかってしまう点もデメリットです。

インターネットから手続きができないことも

口座振替では、実店舗からの手続きしかできないことも多いです。

例えばワイモバイルでも、口座振替ではワイモバイルショップに行かなくては手続きできません。

インターネットだけで手続きできるクレジットカードと比べたら、面倒という他ありません。

クレカ不要!格安SIMでも口座振替はできる

以上、口座振替もできるおすすめの格安SIMについてでした。

口座振替できる格安SIM
  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • ONE モバイル ONE
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル

ワイモバイルとUQモバイルが条件なし、他は特殊な条件付きで口座振替できます。

一番のおすすめはUQモバイルです。

条件なし・手数料0円はもちろん、それを抜きに考えても通信速度と料金プランの面で極めて優れています。

ワイモバイルは、他社ならオプション扱いの「国内通話1回10分以内無料」サービスが強制で付いてくるので、その分料金が高いです。

とはいえ、通話オプションを必要とする方ならまったく問題はありません。

逆に通話オプションが不要な方は、他の格安SIMも視野に入れて検討すると良いでしょう。

なお、条件付きで口座振替できる格安SIMについては、元々条件を満たしているならいいですが、そうでないならあえて選ぶ必要性は低いです。

【2020年10月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ