格安SIMって口座振替で契約可能?クレジットカード不要で格安SIMに!

格安SIMって口座振替で契約可能?クレジットカード不要で格安SIMに!

格安SIMを契約する際にネックとなるのが、格安MVNO業者によってクレジットカードが必要になる点が挙げられます。

クレジットカードを持つには審査がありますし、諸々の事情からクレジットカードを持てない、あるいは持たない主義の方も少なくありません。

しかし、「クレジットカードを持たないと格安SIMは契約できないのか?」と言われると答えはNoです。

今回はクレジットカード不要の格安MVNO業者を紹介していきます。

クレジットカード不要で契約可能な格安SIM
  • クレジットカード不要の業者は『UQ mobile』『楽天モバイル』『ワイモバイル』の3社
  • オンラインショップで申込み可能で口座振替可能な『楽天モバイル』が第1候補
  • 口座振替で申し込み時はクレジットカードと手順が異なる時がある
  • 口座振替は受け付けていないが別ルートで口座振替が可能になる業者も多い

口座振替で契約できる格安MVNO業者は限定されている

通帳と支払い

格安SIM業者で格安MVNOを契約する際の決済方法は、主に以下3種類に分けられます。

クレジットカード以外一切受け付けていない業者

クレジットカード以外での決済方法を一切受け付けておらず、口座振替も非対応という格安MVNO業者です。

このタイプの格安SIM業者ではどうあがいても口座振替は出来ないので、クレジットカード不要で申込みたい人にとっては選択肢から外れてしまいます。

口座振替は出来ないが間接的に口座から決済が可能な業者

  • 自社のポイントを銀行決済で購入し決済
  • 特定のSIMカードのみ口座振替で決済
  • 自社発行のプリペイドカードに銀行経由でチャージして決済
  • 特定の窓口から申込む
  • 特定の条件下でのみ支払い方法を口座振替に設定可能

上記のような支払い方法に口座振替は設定出来ないが、何らかの手段で口座振替が間接的にできる格安MVNO業者も存在します。

前提条件があり間接的に口座振替にするには手続きが必要ですが、条件を満たしているなら狙う価値はあります。

クレジットカード不要で口座振替で契約が出来る業者

クレジットカードを持たない人が格安SIMを口座振替で申込む場合、このタイプの格安MVNO業者の格安SIMを狙って契約していくのが定石となります。

このタイプは格安SIM業者の中では割合は少なめですが、大手の業者やキャリア傘下の格安MVNO業者も存在します。

ただし、申し込み方法や利用方法でクレジットカードと差がつけられている事が多いので、その点はご留意ください。

口座振替に対応している格安SIM

格安MVNO業者名口座振替対応可否
UQ mobile
楽天モバイル
ワイモバイル
リンクスメイト
BIGLOBEモバイル
LINEモバイル
OCNモバイル
mineo
DMMモバイル×
IIJmio×
LIBMO×
エキサイトモバイル×
イオンモバイル×

※○は口座振替対応、×はクレジットカードのみ受け付け、△は条件付きで口座振替が可能な特殊な業者です

有名どころの格安SIM業者の口座振替受付可否を示したのが表のようになり、口座振替で契約を希望するには○印、続いて△印の順に検討していきます。

口座振替で格安SIMを申込みたい人は、この時点で×印が付いた『DMMモバイル』『IIJmio』『LIBMO』『エキサイトモバイル』『イオンモバイル』は候補から外れます。

クレジットカード不要の格安SIM

まずは、先程の表のなかから、クレジットカード不要で口座振替に対応している

UQ mobile

UQ mobile

画像引用元:UQ mobileが選ばれる7つのポイント│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

口座振替で格安SIMを申込みたい人におすすめの業者の1つ目が、au傘下の格安MVNO業者『UQ mobile』です。

UQ WiMAXと呼ばれるWiMAX回線のモバイルルーターを提供しており、こちらも口座振替で契約可能です。

格安MVNO業者の中では口座振替がしやすい業者の分類になるかと思われます。

口座振替なら店舗で契約が必要

  • オンラインショップで申し込み
  • 新規お申込み電話窓口で新規契約を申し込み(MNP除く)

UQ mobileは上記2種の申し込み方法で口座振替や自動振り込みを選んで契約を申込むと自動でキャンセルされてしまいます。

MNPの場合は新規お申込み電話窓口で口座振替を申込める可能性もあるようですが、通常の新規契約では電話契約では申し込みできません。

UQ mobileで新規契約を口座振替で申込みたい場合は、UQ mobileを取り扱っている店舗に来店し新規契約を結ぶ必要があります。

UQモバイルの端末購入は店舗とオンラインどっちがお得か比較してみた

楽天モバイル

楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル:スーパーホーダイ

口座振替で格安SIMを申込みたい人におすすめの業者2つ目は『楽天モバイル』で、こちらはオンラインショップでも可能です。

UQ mobileは新規契約時にオンラインショップでの申し込みが出来ないので、オンラインショップから口座振替で格安SIMを申込みたいなら楽天モバイルがおすすめです。

ただし、毎月100円の事務手数料がかかり、クレジットカードでの支払いと異なり楽天スーパーポイントの支払いの対象外といった点で差をつけられています。

支払い方法によって利用出来る申し込み内容が異なる

楽天モバイルで支払い方法をクレジットカードと口座振替に設定した時のサービスの差は下の表のようになります。

支払い方法口座振替クレジットカード
月額料金支払い
楽天スーパーポイントで
月額料金全額、一部支払い
×
端末/アクセサリー購入費用一括払い×
※代金引換のみ可
端末/アクセサリー購入費用分割払い×
毎月の事務手数料100円/月無料

楽天モバイルは口座振替を最初から用意しオンラインショップでも可能で、クレジットカードを持っていない人にとって最も契約がしやすい格安MVNO業者です。

ただ決済方法によって若干利用出来る申し込み内容が変動しますが、来店不要で申込めるので日中忙しい方や来店するのが面倒な方は楽天モバイルで契約を申込むのがおすすめです。

楽天モバイルに乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

ワイモバイル

ワイモバイル

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ソフトバンク傘下の格安MVNO業者『ワイモバイル』も、口座振替による申し込みに対応しております。

ワイモバイルは口座振替の場合来店が必要

ワイモバイルで口座振替を申込むなら店舗で申込む必要があり、オンラインショップでは受け付けておりません。

UQ mobileと同じく来店の必要性がある事から、時間に余裕をもって来店し新規契約を結ぶのがおすすめです。

口座振替希望なら『楽天モバイル』次いで『UQ mobile』『ワイモバイル』を検討

口座振替で格安SIMの契約を希望する場合、まずはオンラインショップで申込みが出来る楽天モバイルから検討するのが来店の手間が省けるのでおすすめです。

楽天モバイルで自身に合ったプランやスマホが無いならUQ mobileやワイモバイルを検討してみるのが良いでしょう。

また楽天モバイルはドコモ、auの回線を取り扱っているので、ソフトバンク回線を利用している格安SIMを希望する場合はワイモバイルを選ぶようになります。

ワイモバイルオンラインストアで機種変更した時の注文から開通までの流れ

次の章では、間接的に口座から決済が可能な格安SIMについて紹介します。

間接的に口座から決済が可能な格安SIM

直接の口座振替は出来ないが、間接的に口座から決済が可能な格安SIMについて紹介していきます。

リンクスメイト(LinksMate)

リンクスメイト

画像引用元:LPについて | リンクスメイト -LinksMate-

スマホゲームとの連携やカウントフリーを売りにしているリンクスメイトは、クレジットカード不要で契約出来る点を売りにしております。

ただし、口座振替を設定するのではなく、リンクスポイント(LP)を1ポイント1円として購入し決済する必要があります。

初期費用はかかりますが、遊びたいスマホゲームとの連携対象に入っていれば選ぶ価値はある格安MVNO業者です。

新規契約時はLP支払いで申込む

リンクスメイトの格安SIMを間接的に口座振替で申込む場合、新規契約時に『LP支払い』を選んで契約を進めていく必要があります。

LP支払いで契約をするには申し込み後にリンクスメイトのマイページより、銀行決済でLPを購入し手続きを進めていくようになります。

ちなみにLP購入の目安ですが、初期費用と次月の決済料金分を前もって購入する必要があり約11,514LP(11,514円)購入する必要があります。

LinksMate(リンクスメイト)の料金|料金プランとオプション一覧

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

画像引用元:おかげさまで総合満足度No.1|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルも格安SIMでは口座振替は可能ですが、申込める格安SIMが限定されており通話機能付きのSIMカードは申し込みできません

BIGLOBEモバイルは、データSIMのみ口座振替可能

BIGLOBEモバイルが口座振替で契約可能なSIMカードはデータSIM、即ちモバイルルーターやタブレットに挿入して利用するネット回線専用のSIMカードです。

音声通話付きのSIMカードは口座振替の対象外なので、音声通話をしたい方で口座振替を希望するなら残念ながらBIGLOBEモバイルは諦めざるをえません。

モバイルルーターに使うデータSIMが欲しいならそもそもUQ mobileがあるので、口座振替を希望するユーザーはBIGLOBEモバイルを選ぶ価値は薄いと言えます。

BIGLOBEモバイルへ機種変更|気になる料金プランとお得な乗り換え方法

LINEモバイル

LINEモバイル

画像引用元:はじめに|サービス紹介・特徴|LINEモバイル

LINEモバイルも口座振替で契約可能な業者ではありませんが、支払い方法にLINE発行のプリペイドカード『LINE Payカード』を設定可能です。

LINE Payカードは銀行から入金が出来るので、LINEモバイル契約後に毎月のお支払い時期が近付いたら銀行からLINE Payカードにチャージをしておくと決済できます。

LINEモバイル契約前にLINE Payカードを発行

LINEモバイルでLINE Payカードを支払い方法に設定するには、事前にLINE Payカードを発行しておく必要があります。

LINE PayカードはLINEアプリ内から申込む事が出来ますが、手元に届くまで1~2週間程かかり、利用開始手続きも必要です。

利用開始手続き後にはLINE Payカードにチャージする銀行口座も登録し、毎月の決済前に入金を忘れないようにご注意下さい。

毎月の請求日(5日)に入金が遅れないように注意

利用開始手続きと銀行口座登録完了後は、晴れてLINEモバイルに申し込みになりますがLINEモバイルは毎月5日に請求がされます。

5日の時点で請求金額より入金残高が足りてないと決済不能となり回線停止になるので、余裕をもって銀行から入金しておきましょう。

ちなみに請求が間に合わなかった時の決済はPay-easyでパソコンやスマホ、ATMから支払うようになります。

LINEモバイルオンラインショップで機種変更6つのメリットとデメリット

OCNモバイル

OCNモバイル

画像引用元:みんなの乗り換え実体験 格安SIMの不安をカイケツ | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCNモバイルは原則クレジットカードでの申し込みとなりますが、口座振替を希望する人はカスタマーズフロントに連絡し申し込みをする事が可能です。

SIMカード送付から開通までの時間はかかるので注意

  1. カスタマーズフロントに口座振替で契約したい旨を電話
  2. 申し込み用紙が発送されるので記入後返送
  3. 格安SIMの受付開始

OCNモバイルの格安SIMを口座振替で契約する場合、上記のような流れになるのですぐに格安SIMを契約出来ず、開通までには時間がかかります

OCNモバイルには即日受渡カウンターと呼ばれる窓口もありますが、この窓口で受け付け出来るのはクレジットカードのみで口座振替には対応しておりません。

OCNモバイルで開通するには時間がかかるので、時間に余裕をもって申込むのが大事になります。

mineo (マイネオ)

mineo (マイネオ)

画像引用元:mineoならau,ドコモ,ソフトバンクのiPhone対応! | mineo(マイネオ)

最後に紹介するmineoですが、こちらも原則的にクレジットカードでのお支払いがメインで口座振替は対応しておりません。

公式で口座振替を申込むルートはeo光ネット経由

mineo公式Q&Aを参照すると、現在eo光ネットをご利用中且つ預金口座振替のお支払い方法を選択している場合のみ同様のお支払い方法を継続できると記載されています。

自宅の固定回線がeo光ネットで預金口座支払いと条件は設定されていますが、条件を満たしているならmineoでも預金口座支払いで申し込みは出来ます。

デビットカードなら受付できたという噂も

mineoがクレジットカードのみの対応ですが、mineoの運営するユーザー同士のQ&Aサイト『マイネ王』によるデビットカードで申込めたという報告が上がっています。

  • ジャパンネット銀行のデビットカード
  • VISAデビット
  • スルガ銀行のデビットカード
  • 楽天銀行のJCBデビットカード

これらの銀行のデビット機能付きキャッシュカードで、デビットカードの実績があったり預金残高を入金しておくと申込めたという報告が上がっています。

これらのキャッシュカードを持っているなら、ダメ元でmineoを申込んでみるのも1つの手ではあります。

ちなみに編集部のまつおは2019年の2月までmineoを利用していましたが、楽天銀行のJCBデビットカードで毎月の支払いをしていました。

mineo(マイネオ)をデビットカード利用する方法と審査内容について

クレカ不要の業者なら『UQ mobile』『楽天モバイル』『ワイモバイル』を選ぼう

口座振替可能な格安MVNO業者ですが、全ての格安MVNO業者の中で比較すると対応している業者は少ないと言わざるを得ません。

クレジットカード不要で契約可能な格安SIM
  • クレジットカード不要の業者は『UQ mobile』『楽天モバイル』『ワイモバイル』の3社
  • オンラインショップで申込み可能で口座振替可能な『楽天モバイル』が第1候補
  • 口座振替で申し込み時はクレジットカードと手順が異なる時がある
  • 口座振替は受け付けていないが別ルートで口座振替が可能になる業者も多い

ただし、格安MVNO業者の大手や、大手キャリアの傘下である下記は対応しております。

  • 楽天モバイル
  • UQ mobile
  • ワイモバイル

この3社は回線の品質も高いので、どの業者を選んだら良いか迷ったらまずは3社の中から料金や提供スマホを調べて契約するのがおすすめです。

格安SIMにしたらメールアドレスはどうなる?今はフリーメールが主流
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ