【2020年最新】デビットカード支払いができる格安SIMはこれだ!クレカなしでOKなおすすめ3社

  • 2020年9月4日
  • by.affiprecious

creditcard

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

格安SIMの支払いにデビットカードを利用できるのかと気になっている方。

デビットカードに対応している業者はたしかに少ないものの、人気の格安SIMでもデビットカードを利用できる所は存在します。

本記事では、デビットカードを利用できるおすすめ格安SIMの紹介と、カードを利用する上でのメリット・デメリットについて解説します。

デビットカードを利用できる格安SIMまとめ
  • UQモバイル
    通信速度が最も優れており、全国に2,000以上の店舗も持っている
  • OCN モバイル ONE
    スマホの割引キャンペーンが好評
  • mineo
    データ量をユーザー間で分け合える機能がある

格安SIMのデビットカード支払い対応状況

楽天デビットカード

画像引用元:楽天銀行デビットカード|楽天銀行

では早速、格安SIMのデビットカード支払い対応状況を確認していきましょう。

格安SIM名デビットカード
対応
ワイモバイル×
UQモバイル
LINEモバイル×
OCN モバイル ONE
mineo
BIGLOBEモバイル×
IIJmio×
イオンモバイル×
nuroモバイル×

2020年現在で人気の9社を調査してみましたが、デビットカードに対応しているのは下記の3社のみでした。

デビットカードに対応している格安SIM
  • UQモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • mineo

また、デビットカードに対応している上記3社でも、どのデビットカードでも利用できるわけではありません。

これは、デビットカードを発行している会社によっては、携帯電話料金などへの利用を制限している場合があるからです。

UQモバイル、OCN モバイル ONE、mineoの公式サイトを見ても、どの会社のデビットカードが使えるのかまでは記載がありません。

お手持ちのデビットカードが使えるかどうかは、申込みページで実際に試してみる必要があります。

デビットカード支払いができるおすすめ格安SIM

ここからは、デビットカードで支払いができる下記の3つの格安SIMをご紹介していきます。

デビットカードが利用できるおすすめ格安SIM
  • UQモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • mineo

UQモバイル

UQmobile-logo-momo

画像引用元:【公式】UQ mobile オンラインショップ

最初におすすめするのは、auのサブブランドとしても有名なUQモバイルです。

まずは、UQモバイルの料金から見ていきましょう。

項目プランSプランR
データ容量3GB10GB
基本料金1,980円2,980円
通話料20円/30秒
国内通話定額無し
※オプションで選択可能

UQモバイルには、月間データ量3GB・10GBの2プランが用意されており、「データ増量オプション」を利用することで、月間データ量を1~2GBアップすることができます。

データ増量オプションは、契約から13ヶ月間は無料。これは嬉しいですね。

通話オプションが必要な場合は、無制限かけ放題・10分かけ放題・1ヶ月60分まで定額のいずれかのオプションを選ぶことができます。

通信速度では格安SIM No.1!

格安SIMは大手キャリアに比べて、通信速度があまり安定しないと言われています。

特にお昼休みの時間帯は1Mbps以下になってしまうものも少なくありません。

そんな中、UQモバイルの通信速度はお昼休みの時間帯も含め、大手キャリア並に安定しています。

そのため、通信の使い心地は大手キャリアとそれほど変わりません。

bitWave独自に行った格安SIMの通信速度計測でも上位を取っているほど。評価の高さが窺えますね。

実店舗数も大手キャリア並み

ドコモ・au・ソフトバンクは全国に2,000以上の店舗を持っています。

そのため、スマホについて分からないことがあったときは、近くのショップへ気軽に足を運んで、専門のスタッフさんに質問することができます。

この手厚いサポートと安心感はキャリアならではのものと言えるでしょう。

一方、格安SIMはWeb手続きがメインです。実店舗を1店も持っていない会社も多く、大手キャリアのように実店舗で質問をしに行くということができません。

「スマホ初心者が格安SIMを利用するのは難しい」と言われる由縁の1つですね。

しかし、UQモバイルは全国に2,000以上の店舗を持っています。そのため、大手キャリアのような対面でのサービスを受けることが可能です。

通信速度も使い心地も大手キャリアとそれほど変わらないUQモバイルは、スマホ初心者にもおすすめの格安SIMですよ。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEのロゴ

画像引用元:OCN モバイル ONE

次にご紹介するのは、OCN モバイル ONEです。

まずは、OCN モバイル ONEの料金表から確認していきましょう。

音声通話SIM料金
1GB1,298円
3GB1,628円
6GB2,178円
10GB3,168円
20GB4,840円
30GB6,578円
OCNでんわアプリ10円/30秒
10分かけ放題1,020円
トップ3かけ放題
かけ放題ダブル1,430円
詳細OCNモバイルONE公式サイトOCNモバイル

OCN モバイル ONEは、料金の安さが特徴の1つです。

UQモバイルは3GBで1,980円でしたが、OCN モバイル ONEではなんと1,600円台。

その他の容量帯も、他の格安SIMより安い傾向にあります。

スマホ端末の割引キャンペーンが大好評!

OCN モバイル ONEでは、定期的にスマホ端末の割引キャンペーンを開催しています。

人気機種の大幅値引きのほか、型落ち機種の1円スマホがラインアップされることも。いずれもユーザーから大好評を得ているキャンペーンです。

「型落ち機種」の中には、今でも十分通用するスペックの人気機種が含まれていることもあります。毎月のスマホ代を安くするなら見逃せないですね。

通信速度も優れた格安SIM

OCN モバイル ONEは通信速度も非常に優れている格安SIMです。

実は、2019年前半までは他社と同じくらいの平均的な通信速度だったのですが、同年の後半に速度が一気にアップ。

2020年の現在は、UQモバイルやワイモバイルには及ばないものの、比較的安定した通信速度を維持しています。

格安SIMがとにかく苦手とするお昼休みの時間帯でも、それほど速度が低下しません。快適な使い心地をキープしてくれます。

通信速度と月額料金の安さを重視したい方に適する格安SIMです。

mineo

フリータンク

画像引用元:フリータンク – mineoユーザーみんなでパケットシェア | マイネ王

最後におすすめするのは、2014年にサービスを開始した老舗のmineoです。

では、料金プランから確認していきましょう。

容量Dプラン
(ドコモ)
Aプラン
(au)
Sプラン
(ソフトバンク)
500MB1,400円1,310円1,750円
3GB1,600円1,510円1,950円
6GB2,280円2,190円2,630円
10GB3,220円3,130円3,570円
20GB4,680円4,590円5,030円
30GB6,600円6,510円6,950円
詳細mineo公式サイトマイネオ

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの全回線に対応していますが、回線ごとに料金は異なります。

柔軟にデータを利用できるmineo

mineoに限らず、どこの携帯電話会社でも同じことですが、月に使えるデータ量は予め決まっています。

しかし実際は、使い切れずにデータを余らせてしまったり、一時的に足りなくなってしまったりすることもありますよね。

そんなときは、mineoの「パケットギフト」や「フリータンク」機能がとても便利です。

これらの機能を使えば、余ってしまった月間データ量をユーザー間で分け合うことができるのです。

これにより、データが足りない月でも、追加料金を払うことなくデータ量を増やせます。ユーザーからの評判がかなり良い機能です。

デビットカード支払いをするメリット

cards
ここからは、格安SIMの料金をデビットカードで支払うメリットをご紹介していきます。

デビットカードで支払うメリット
  • 即時決済で残高確認しやすい
  • 利用状況通知がメールで届く
  • デビットカードによってはポイント還元もあり
  • デビットカード作成には審査がない

デビットカードは即時決済!

貯金額の有無に関係なく、「信用」で買い物ができるクレジットカードは、毎月決められた期日に請求が来ます。

「先月は使い過ぎてしまった」と、支払い額に怯えた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

クレジットカードを敬遠している方の中には、この「お金がないのに買えてしまう」感覚がどうにも理解できないという方も少なくありません。

しかし、デビットカードはクレジットカードとは違い、購入と同時に口座から利用金額分が差し引かれる仕組みになっています。

そのため、口座の残高が不足している場合は、買いたくても買えません。

これは、財布の中に現金が入っていなかったら物を買えない、現金払いの感覚とよく似ていますよね。お金が動くタイミングもほぼ同じです。

「クレジットカードが嫌いだから、格安SIMを使えない」という方でも、現金払いの感覚に近いデビットカード払いなら、あまり抵抗なく使えるのではないでしょうか。

支払い状況を管理できる

デビットカードの利用状況は、登録したメールアドレス宛てにメールで通知されます。

もちろん格安SIMの利用料金を支払ったときにも連絡が来るため、メールを消さない限り、過去の支払い履歴を蓄積していくことが可能です。

メールアプリの検索機能で該当メールを絞り込めば、スマホの利用状況が一目瞭然に。料金プランを見直すときの判断材料としても使えます。

もっとも口座振替でも、通帳などを見れば支払い履歴を追うことは可能です。しかし、格安SIMの支払い履歴だけを拾っていくのは非常に面倒なもの。

管理という面でも、デビットカード払いは優れていますね。

デビットカードでポイント還元!

デビットカードの種類にもよりますが、利用額に応じてポイントを貰えるカードもあります。

クレジットカードのような高還元率のものは少ないですが、それでもポイント還元がある分、口座振替で料金を払うよりはお得です。

デビットカードでは審査なし!

「格安SIMは使いたいけど、クレジットカードの審査に落ちてしまった」という方にも、デビットカードはおすすめです。

デビットカードの作成には審査がありません。

デビットカードに対応した銀行口座さえ持っていれば、審査なしで作成できます。

また、学生でも持てる可能性がある点も、デビットカードのメリットの1つです。多くの会社が「満15~16歳以上ならOK」という条件を提示しています。

デビットカード支払いをするデメリット

注意する点
次は、格安SIMの料金をデビットカードで支払うデメリットについて解説します。

デビットカードで支払うデメリット
  • 格安SIMの選択肢が少ない
  • 口座の残高不足には注意
  • 利用できないデビットカードもある

選べる格安SIMは限られている

最も大きなデメリットは、選べる格安SIMがかなり限られるという点でしょう。

上述したとおり、デビットカードを使える格安SIMは、人気の9社のうち3社しかありません。

とはいえ、UQモバイル・OCN モバイル ONE・mineoは、いずれも人気格安SIMの中でも特に優れたサービスを提供している会社です。

通信速度を重視したいならUQモバイル、スマホも購入したい場合はOCN モバイル ONEが良いでしょう。また、mineoは万人におすすめできる格安SIMです。

自分に合うものを選んで契約してくださいね。

デビットカード利用は口座の残高を万全に!

上述したとおり、デビットカードの仕組みは現金払いに非常に似ています。口座残高が足りない場合は、現金払い同様、購入することができません。

これは格安SIMの利用料金の引き落としにおいても言えることです。

格安SIMの決済日に残高が不足していた場合、契約会社から連絡が来ます。そして、このようなことが頻発すると、強制解約される可能性があるので気を付けてください。

格安SIMの料金をデビットカードで支払うなら、口座管理は万全にしておきたいですね。

すべてのデビットカードが利用できるわけではない

デビットカードに対応している格安SIMでも、すべてのデビットカードを使えるわけではありません。

デビットカードを発行している会社が、携帯電話料金の支払いに使うことを制限しているケースがあるからです。

格安SIMの料金をデビットカードで支払いたい場合は、発行会社で携帯電話料金の支払いを許可しているか、必ず確認しましょう。

デビットカードでも格安SIMは契約できる!

今回は、デビットカードでも支払いができる格安SIMについて解説しました。

デビットカードを利用できる格安SIMまとめ
  • デビットカードを利用できる格安SIMは、UQモバイル・OCN モバイル ONE・mineoの3社
  • デビットカードなら現金払いの仕組みに近いため、違和感なく利用できる
  • デビットカードは利用履歴がメールで届くため、スマホ料金の管理が簡単
  • デビットカードには審査がない
  • カードによってはポイント還元もあり
  • 口座の残高が不足していると未払いになってしまう

希少ではありますが、デビットカードに対応している格安SIMは存在します。

デビットカードが使えるUQモバイル・OCN モバイル ONE・mineoの3社は、いずれも人気の格安SIMです。

それぞれ独自の強みを持っているので、自分に合うものを選んでくださいね。

【2020年10月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ