楽天モバイルの「つながる端末保証」は必要?故障から修理までの手順

楽天モバイルの「つながる端末保証」は必要?故障から修理までの手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

毎日使うスマホですが、心配なのが故障したときですよね。

落としてしまってガラス割れさせてしまったり、誤って水没させてしまったりと故障は思わぬシーンで起こってしまいます。

大手キャリアであればショップに持っていけば、修理や代替機の貸し出しなどの対応をしてもらうことができましたが、格安SIMの場合は店頭での対応がほとんどありません。

今回はその中でも楽天モバイルの修理の手順について解説いたします。

1 楽天モバイルの保証サービスに加入する

楽天モバイルでの修理を利用するには保証サービスへの加入が必須となります。

楽天モバイルの保証サービスに加入しない場合は、それぞれの端末のメーカー保証を利用するか、端末自体を買い替えるしかありません。

保証サービスの加入は楽天モバイル契約時に同時申し込みができるようになっており、

  • 端末補償
  • つながる端末保証 by 楽天モバイル

の2種類が用意されています。

簡単に説明すると、「端末補償」は楽天モバイルでスマホを同時購入する場合です。

「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は今まで使っていたスマホや別途購入したSIMフリースマホを利用する(持ち込み)場合です。

保証サービスに関しては大手キャリアと同様に、楽天モバイル契約時のみの受付となっており途中からの加入はできませんので注意が必要です。

「端末補償」と「つながる端末保証 by 楽天モバイル」では、保証の内容や修理の手順が少し違ってきます。

ここからはそれぞれの保証内容と修理の手順について見ていきましょう。

2 楽天モバイルの「端末補償」


画像引用元:楽天モバイル:端末補償

「端末補償」はSIMとスマホを楽天モバイルで同時購入する場合に加入することのできる補償サービスです。

月額料金は500円(税抜)となっており、購入時に同時申し込みをすることで利用が可能です。

期間の定めはなく、「端末補償」に加入している限りは保証が受けられるので長期の利用でも安心して使うことができます。

電源が入らなくなるなどの内部の故障から、水濡れによる水没や落下によるガラス割れといった外部の損傷まで全般的に対応してくれます。

過失の有無に関わらず補償は受けられるので、万が一の備えとして加入しておくと安心でしょう。

スマホ・タブレットであれば修理ではなく、本体交換になります。

楽天モバイルから送られてきた交換品のスマホにSIMを差し替えるだけなので、非常にスムーズで代替機を使ったり、スマホを使えなかったりする期間はほとんどありません。

スマホの画面が割れた!反応しない端末を修理に出してみた

では、詳細な保証内容について見ていきましょう。

2-1 楽天モバイル「端末補償」の内容

まずは楽天モバイルでスマホを購入した場合の「端末補償」について説明いたします。

楽天モバイルの「端末補償」では、故障の原因や内容に関わらず、全てが本体交換での対応となります。

交換の費用は、利用しているスマホの機種に応じて4,000〜7,000円の負担金を支払うことでできます。

最新のフラッグシップモデルのSIMフリースマホでも7,000円で交換ができると考えれば、非常にお得な補償であると言えるでしょう。

原則として、それまで利用していた機種と同一機種・同一カラーとの交換になっていますが、在庫等の関係で用意ができない場合は相当機種との交換となっています。

また、一部の場合には補償を受けることができないようになっているので注意が必要です。

  • 1年以内に既に2回利用している場合
  • 紛失や盗難、故意により生じた故障である場合

上記については補償を受けることができません。

紛失や盗難の場合に補償が受けられないというのは、大手キャリアの同様のサービスと異なるので注意が必要です。

2-2 楽天モバイル「端末補償」でのスマホの交換

では、実際に故障してしまった場合はどのようにして交換すればよいのでしょうか。

2-2-1 楽天モバイル端末補償センターに連絡する

手順は至って簡単です。

まず、「楽天モバイル端末補償センター」に電話をします。

そこで故障状況についての確認と、利用状況の確認があって交換の受付となります。

「楽天モバイル端末補償センター」の電話番号に関しては、端末補償申し込み後、楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズステーション」から確認することができます。

通話料無料で受付時間は9:00〜18:00、年中無休となっています。

平日であれば16:00まで、土日であれば12:00までの受付で当日中に発送してもらうことができます。

急な故障であっても、すぐに交換用のスマホを送ってもらうことができるので安心です。

2-2-2 交換用のスマホが送られてくる

電話での受付が完了すると、交換用のスマホが送られてきます。

それと同時に故障したスマホの集荷が行われるので、故障した方のスマホを送ることで交換は完了です。

あとは送られてきたスマホに、元のSIMカードを差し替えて初期設定を済ませれば、すぐに使うことができるようになります。

楽天モバイルおすすめ最新スマホランキング【2018春夏モデル】

次のページでは、もう1つのサービスである「つながる端末保証 by 楽天モバイル」について説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ワイモバイルの「故障安心パックプラス」は必要?修理サポートの流れ... スマホは便利でどこでも使用できるという利点を持っていますが、外部からの衝撃を受けてしまうことも多いため、故障しやすい機器です。 今回は、ワイモバイルで購入したスマホが故障した場合や、液晶画面のガラスが割れてしまった場合、修理を依頼する...
LINEモバイル「端末保証オプション」は必要?故障から修理までの手順... 「突然スマホが動かなくなってしまった」、「水に落としてしまった」 こんなトラブルになった時に修理対応のある格安SIMはとても安心できます。 そこで今回は、格安SIMで端末故障した場合にどのような対応をすべきなのかという点について...
UQモバイルの「端末補償サービス」は必要?故障から修理までの手順... 大手キャリアでは、端末が故障しても修理に出すことができます。 しかし、格安SIMを利用していた場合、「きちんと修理してくれるのかな」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、格安SIM業者UQモバイルを利用...
SIMフリースマホが壊れたらどうする?修理と保証の仕組みを解説... 「SIMフリースマホって壊れたらどうするの!?」 SIMフリースマホを使っている方も、これから購入しようと考えている方も、故障時の対処は知らない人が多いようです。 そこで今回はSIMフリースマホが壊れた時の修理の流れや、保証につ...