楽天モバイルの「つながる端末保証」は必要?故障から修理までの手順

楽天モバイルの「つながる端末保証」は必要?故障から修理までの手順

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナー

『つながる端末保証』は必要?

これまで、サービス内容や故障から修理までの手順、注意点等を解説しましたが、つながる端末保証は本当に必要なのでしょうか。

キャリアで購入したスマホは、キャリアを解約して楽天モバイルに乗り換えた時点でキャリアの保証サービスが使えなくなってしまいます。

メーカー保証は購入日から1年間使えますが、メーカー保証はあくまで自然故障にのみ対応しています。

画面を割ってしまったり、水の中に落としてしまったような顧客過失のある故障に対しては、利用することができません。

そのため、この先故障しても修理代金が満額かかってしまい、最悪新しいスマホを購入した方が安いという場合もあり得ます。

そんな時に助かるのが、楽天モバイル以外のスマホにも利用できるつながる端末保証です。

特に頻繁にスマホを壊してしまう人は、加入しておいた方が無難でしょう。

楽天モバイルで購入していないスマホが保証対象となるのでかなり便利

楽天モバイルで購入していないスマホが保証対象となるのはかなり嬉しいですよね。

キャリアを解約したらもう二度と保証サービスが利用できないと思っている人も多いと思います。

しかし、つながる端末保証のような保証サービスがあれば、故障したとしても無償または格安で修理ができます。

スマホを長く快適に使い続けるためにも、つながる端末保証は是非加入しておくべきサービスでしょう。

ソフトバンクバナー

紛失・盗難には一切対応していないので保証範囲は狭い

紛失・盗難に対応していないなど、保証範囲が狭い点はデメリットです。

スマホを失くしてしまうことが多いという人には、つながる端末保証は意味のない保証サービスになるでしょう。

毎回スマホを壊すことがある人は入っておくべき

笑顔でスマホを持つ女性

普段からよくスマホを壊す人や、常に画面が割れている状態でスマホを操作しているような人は、つながる端末保証に入ることをおすすめします。

筆者もよく壊してしまいますが、「今度は大丈夫!」という言葉ほど当てにならないものはありません。

初月は実質課金されないのでとりあえず加入して様子を見るのもあり

課金開始日と保証開始日は申込み月の翌月1日なので、初月は実質無料です。

そのため、とりあえず加入しておいて後から外すということもできます。

故障してからでは遅いので、事前に加入しておいて、不要だと思ったら外すという方法が無難ではないでしょうか。

初月中に解約する場合は25日までに解約の申込みをしてください。

つながる端末保証は楽天モバイルで購入していないスマホが対象

最後に、つながる端末保証は必要かどうかまとめます。

つながる端末保証は必要かどうか
  • 楽天モバイルで購入していないスマホが保証対象になるのは便利
  • 紛失・盗難などには一切対応していないので保証範囲は狭い
  • スマホを壊すことがある人は入っておくべき
  • 初月は実質的に無料なので、とりあえず加入しておくのもおすすめ

つながる端末保証は、楽天モバイル以外のスマホも対象となっている保証サービスです。

自然故障に関してはスマホの発売日から36ヶ月間利用できますし、水没や画面割れなど顧客過失のある故障にも対応している点が非常に嬉しいポイントです。

紛失・盗難に対応していないという点は少し不便ですが、そもそも楽天モバイルで購入していないスマホでも安く修理できるのですから、普段からスマホを壊すことが多い人は是非加入することをおすすめします。

修理上限額が5万円という点や、修理完了品を受け取る際の送料は自己負担になるなど、注意点もしっかり知っておきましょう。

実質的に初月は無料になるので、とりあえず加入しておいて不要だと思ったら外すというのもおすすめです。

楽天モバイルに乗り換え(MNP)時の開通手続きとかかる時間

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー