ドコモ回線の格安SIMで速度が速いのは?通信速度を比較してみた【2019】

ドコモ回線の格安SIMで速度が速いのは?通信速度を比較してみた【2019】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

今回は、ドコモ回線を使用している格安SIM10社の通信速度を実際に測定しました。

格安SIMに限らず、携帯電話の通信回線は時間帯によって通信速度が大きく違うため、複数の時間帯で調査しています。

本記事を読めば、格安SIMの実際の速度と、どの事業者が最も速いかを知ることができますよ。

トップ画像引用元:@niftyの格安SIM NifMo(ニフモ) がおすすめな理由

1 ドコモ回線の格安SIMの速度を時間別に比較!

今回は、以下の場所や方法で各格安SIMの通信速度を測定しました。

項目内容
場所東京都品川駅周辺
測定方法速度調査アプリ「RBB SPEED TEST」を用いて実施。
各時間ごとに10回測定し、それぞれの平均値を算出。
測定する時間帯朝8:30
昼12:00
夕方18:00
夜22:00
測定した格安SIMBIGLOBEモバイル
OCNモバイルONE
IIJmio
mineo
LIBMO
LINEモバイル
楽天モバイル
nuroモバイル
LinksMate
NIfMO

測定した格安SIMは全部で10種類。

格安SIMは時間帯によって大きく通信速度が変動するため、朝・昼・夕方・夜の4つの時間帯で速度を測定しています。

では早速、測定結果を見ていきましょう。

1-1 【朝】格安SIMの通信速度を比較

まずは、朝の時間帯の測定結果です。詳細は表のとおりで、下りの通信速度が速い順に並べています。

MVNO下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
LinksMate7.545.71
nuroモバイル6.794.14
LINEモバイル4.553.33
NifMo3.504.26
IIJmio2.662.90
BIGLOBEモバイル2.593.42
楽天モバイル2.396.05
OCNモバイルONE2.203.45
mineo1.883.62
LIBMO1.733.65
平均速度3.584.05

下り速度が最も速いのはLinksMateの7.54Mbps。nuroモバイルの6.79Mbps、LINEモバイルの4.55Mbpsがこれに続きます。

上り速度は楽天モバイルの6.05Mbpsがトップ。2位はLinksMateの5.71Mbps、そしてNifMoの4.26Mbpsが3位という結果に。

全体的に、下り速度は格安SIM間の差が大きいですが、上り速度に関してはそこまでの差が見られませんでした。

1-2 【昼】格安SIMの通信速度を比較

次は、昼の時間帯の測定結果です。こちらも下りの通信速度が速い順に並べています。

MVNO下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
LinksMate3.723.31
NifMo3.284.01
nuroモバイル1.822.70
楽天モバイル1.544.83
LINEモバイル0.813.33
BIGLOBEモバイル0.672.18
IIJmio0.573.35
OCNモバイルONE0.435.36
mineo0.352.10
LIBMO0.223.06
平均速度1.343.42

まず目につくのは、朝と比べてどの格安SIMも速度が極端に落ちている点です。

朝の平均値は3.58Mbpsでしたが、昼はわずか1.34Mbps。動画などを視聴するには難しいレベルの速度ですね。

なお、第1位は朝と同じくLinksMateで、速度は3.72Mbpsです。2位はNifMoの3.28Mbps、3位はnuroモバイルの1.82Mbpsとなっています。

上り速度では1位がOCNモバイルONEの5.36Mbps。楽天モバイルの4.83Mbps、NifMoの4.01Mbpsがこれに続いています。

この時間帯でもやはり、各格安SIM間での上り速度の差はそれほどでもありませんね。

1-3 【夕方】格安SIMの通信速度を比較

では、帰宅ラッシュの時間帯の測定結果を見ていきましょう。並び順はこれまでと同じで、下り速度の速い順です。

MVNO下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
LinksMate8.817.06
NifMo4.454.92
nuroモバイル4.302.84
楽天モバイル2.374.04
IIJmio1.292.10
mineo1.243.99
LINEモバイル1.103.43
BIGLOBEモバイル0.912.81
OCNモバイルONE0.874.97
LIBMO0.573.96
平均速度2.594.01

平均速度は、昼よりは速いものの、朝の時間帯よりは遅めとなっています。

下り速度の第1位はこれまでと同じくLinksMateで、8.81Mbps。第2位はNifMoの4.45Mbps、3位はnuroモバイルの4.30Mbpsでした。

全体的に、格安SIM間で非常に大きな差がついています。他の時間帯と比較すると、差の開き方が最も大きいです。

また、上り速度についても、下り速度と同じく7.06MbpsのLinksMateが1位という結果に。続いて、OCNモバイルONEが4.97Mbpsで2位、NifMoが4.92Mbpsで3位でした。

1-4 【夜】格安SIMの通信速度を比較

最後は夜の時間帯の通信速度です。

MVNO下り速度
(単位:Mbps)
上り速度
(単位:Mbps)
LinksMate7.645.47
nuroモバイル6.954.88
mineo6.844.41
NifMo6.473.65
IIJmio6.024.87
BIGLOBEモバイル5.713.78
LINEモバイル4.834.81
LIBMO3.954.25
楽天モバイル3.715.50
OCNモバイルONE2.935.25
平均速度5.514.69

「夜間=インターネットが最も混雑する時間帯」というイメージがあったのですが、調査結果はまるで逆になりました。

平均速度は朝の時間帯以上に良好な結果に。なんと全時間帯でトップです。

夜は自宅の光回線経由でインターネットを楽しむ方も多いため、相対的に携帯電話の回線が空いた状態になっているものと推測されます。

また反対に、インターネット回線がこの時間帯に混雑しやすいのは、日中帯に携帯電話の回線を利用していたユーザーが、光回線を使って通信するようになるから、ということなのでしょう。

この時間帯で最も下り速度が速いのは、これまでも第1位を取ってきたLinksMateで、速度は7.64Mbps。6.95Mbpsのnuroモバイルと、6.84Mbpsのmineoがこれに続きます。

2位から6位までの差が僅差であることも特徴的ですね。

上り速度は楽天モバイルの5.50Mbpsが1位、LinksMateの5.47Mbpsが2位という結果に。

他の格安SIMの速度もそれ程変わらず、最も差が少ない時間帯となりました。

LinksMate(リンクスメイト)のMNP|転入・転出の方法と必要費用

次のページでも、引き続き通信速度の測定結果について解説していきます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】... 2019年も様々なスマホが登場し、特にフラグシップモデルは最新Snapdragon 855でさらに性能が上がりました。 ただ、高性能なスマホの機種が増えると、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2019年夏モ...
メールアドレスが使える格安SIM比較!メリット・デメリットまとめ... au、ドコモ、ソフトバンクの大手通信事業者では独自のメールアドレス、いわゆるキャリアメールを提供しています。 その3社の回線やインフラを間借りしている格安SIM会社は、独自メールアドレスの提供までは行っていない所がほとんどです。 ...
【2019年夏版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2019年夏の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホはいったいどの機種なのか? まずはランキング形式で最新スマホの特徴や価格を紹介...
イオンモバイルの取り扱い端末|使えるiPhoneとおすすめAndroid... イオンリテール株式会社の「イオンモバイル」は業界最安級の月額料金を誇る格安SIMです。 全国のイオンの店舗でも契約可能で、初めてスマホを使う方や大手キャリアから初めて格安SIMに乗り換える方でも安心して利用できる点も魅力です。 ...