格安SIM・格安スマホの中でも特にワイモバイルに向いてるユーザーは?

格安SIM・格安スマホの中でも特にワイモバイルに向いてるユーザーは?

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

高性能の格安スマホを取り扱っている格安SIMとして定評のあるワイモバイル。

格安SIMの中でもダントツでシェア率が高いことが特徴であり、通信品質の高さやアフターサービスが充実していると言う点が魅力です。

そこで今回は、ワイモバイルの概要とワイモバイルに向いているユーザーの特徴を紹介します。

併せて、ワイモバイルのメリットやデメリットについても触れていくので、ぜひ参考にしてください。

1 格安SIMでも人気の高いワイモバイルの概要


画像引用元:ワイモバイル

まずは、ワイモバイルの概要について紹介します。

ワイモバイルは一体どのような格安SIMなのか、どのキャリアの回線を使っているのかという点や料金形態についても併せて触れていきます。

ワイモバイル契約を検討中の方は是非チェックしてください。

1-1 ワイモバイルはソフトバンクの弟分的な立ち位置の格安SIM


画像引用元:ソフトバンク

ワイモバイルは、株式会社ソフトバンクが運営している格安SIMです。

株式会社ソフトバンクと聞くと連想されるのは、大手キャリアの1つであるソフトバンクだと思います。

ワイモバイルはソフトバンクを運営している株式会社ソフトバンクがリーズナブルな通信サービスを提供する事業者として立ち上げました。

つまり、ソフトバンクの弟分のような立ち位置の格安SIMなのです。

そのため、格安SIMのレビューなどでは、ワイモバイルを格安SIMとしてではなく、かなりキャリアに近いサービスを取り扱う格安SIMとして「準キャリア」と呼んだりします。

1-2 ワイモバイルの料金は最安値1,980円から


画像引用元:ワイモバイル

ワイモバイルの月額料金を簡単に表にしてみました。

プランスマホプランSスマホプランMスマホプランL
基本料金(1年目)1,980円2,980円4,980円
基本料金(2年目)2,980円3,980円5,980円
データ通信量(2年間)2GB6GB7GB
2018年9月~
データ通信量
3GB9GB21GB

表の通り、ワイモバイルの最安値は1,980円となっています。

ワンキュッパ割と呼ばれる割引によって、1年間は通常の基本料から1,000円割引が適用されます。

そこに、2年間データ通信量2倍キャンペーンが適用され、通常1GBのプランが2年間は2GBになり、3GBのプランであれば6GBになりますからかなりお得なサービスです。

2018年9月1日からさらにデータ通信量倍増!

さらに、2018年9月1日からデータ通信量が倍増されることになりました。

表の通り、1GBのプランであればあと1GB追加され、3GBのプランであればさらに3GB追加され、もちろん追加料金はかかりません

ヘビーユーザーの方にとってもかなりお得に使いやすくなりました。

また、ワイモバイルの基本料には10分以内の国内通話が通話し放題のオプションが組み込まれています。

追加1,000円で時間無制限の通話し放題にすることも可能なため、通話ヘビーユーザーの方にもかなりおすすめです。

2 ワイモバイルのメリット


画像引用元:ワイモバイル

次にワイモバイルのメリットについて解説します。

料金表を簡単に作りましたが、かなり安くそしてデータ通信量も通話も申し分なく使うことができます。

格安SIMといえば通信品質が不安定であったり、店舗がないなどのネックがありますが、ワイモバイルは格安SIM特有のネックがほとんどないことでも知られています。

2-1 ワイモバイルの通信品質は格安SIMの中でもダントツ


画像引用元:ワイモバイル

前述で軽く触れましたが、ワイモバイルはソフトバンクの弟分のような立ち位置の格安SIMです。

一部で準キャリアと呼ばれているのは、ただ大手キャリアの弟分だからということではありません。

通常、格安SIMは大手キャリアから回線をレンタルして通信サービスを運営しています。

独自で回線を持たないため、回線の管理や基地局の増設などの設備費が一切かかりません。

これが格安SIMの料金の安さの理由です。

一方で、レンタルしているだけなので通信品質を一定に保つことが難しく、回線混雑時には繋がりにくくなるなどのデメリットもあります。

ワイモバイルはソフトバンクの回線を借りているのではなく、一緒に使うことができる格安SIMです。

そのため、大手キャリアであるソフトバンクとほぼ同じように快適にネットを使用することができるのです。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて年間6.5万円トクする全手順

ワイモバイルの通信品質は口コミでも好評

口コミでも、大手キャリアから乗り換えた方の多くが「今まで使っていた時と支障がない」と言っています。

大手キャリアの安定した通信品質の回線を、格安で使うことができるという点がワイモバイルの大きな魅力なのです。

2-2 ワイモバイルでは格安スマホだけでなくiPhoneの取り扱いもあり


画像引用元:ワイモバイル

格安SIMの大きなデメリットとして挙げられるのは、取り扱いしているスマホのほとんどが格安スマホと呼ばれるものであるということです。

格安スマホだからと言って全てのスマホのクオリティが良くないわけではありません。

しかし、今までXperiaやGalaxy、iPhoneなどの人気スマホを使っていた方にとっては不安になってしまうものです。

しかし、ワイモバイルではiPhoneを契約することができるのです。

最新のiPhoneではなく2、3世代前の少し古いモデルの取り扱いとなりますが、iPhoneをワイモバイルの格安な料金で使用できます。

格安SIMでiPhoneを取り扱っている会社はとても少ないので、ワイモバイルは今まで使い慣れていた、または憧れのiPhoneを使うことができる数少ない格安SIMといえるでしょう。

2-3 ワイモバイルは全国4,000店舗以上ショップを展開している


画像引用元:ワイモバイル

格安SIMは基本的にネットのみの受付であったり、店舗があったとしても都市部に数店舗、または家電量販店に併設されているケースが非常に多いです。

一方でワイモバイルは、なんと全国に4,000店舗以上展開しており、比較的いつでも気軽に来店してアフターサービスを受けられるという安心感があります。

ワイモバイルはイーモバイルとウィルコムが合併してできた会社

全国に4,0000店舗あるのは、ワイモバイルがそれだけの店舗を展開したのではなく、ワイモバイルがイーモバイルとウィルコムが合併して生まれたブランドだからです。

そのため、今までのイーモバイルやウィルコムが全てワイモバイルになったということなのです。

これだけ店舗数が多い格安SIMは他にはなく、イオン系列の店舗で契約ができるイオンモバイルでさえも全国200店舗程度だといいます。

店舗があることが当たり前だと思っており、手厚いアフターサービスやわからないことがあった時にすぐに相談したいと考えている方にもおすすめです。

ワイモバイルのメリット
  • 通信品質が格安SIMの中でもダントツ
  • iPhoneの取り扱いもあり
  • 全国4,000店舗以上ショップがあるから安心

次の章では、ワイモバイルのデメリットついて説明します。

3 ワイモバイルのデメリット

ワイモバイルは前述の通り、たくさんメリットがありますが、一方でデメリットとして挙げられる要素もあります。

ソフトバンクの弟分だというのは良いことばかりではありませんので、メリットだけでなく、しっかりとデメリットも知っておきましょう。

3-1 ワイモバイルはソフトバンクのサービスの影響を強く受けている

ワイモバイルはソフトバンクの弟分であり、ソフトバンクの快適なネット回線を一緒に使うことができるという最強のメリットがあります。

そのため、格安SIMでも快適にネットを使いたいと考えている方にとてもおすすめです。

しかし一方で、ソフトバンクの弟分なのでソフトバンクのサービスをかなり色濃く受け継いでいるという一面もあります。

ソフトバンクに影響されている点

  • 2年契約自動更新つき
  • ソフトバンク光の加入促進
  • ソフトバンクAirの販売促進

大きな特徴は上記の3点です。

格安SIMは契約期間の縛りなどがないという点も大きなメリットで、あったとしても半年や1年程度の最低利用期間のみです。

格安SIMの大きなメリットである契約期間の縛りがないという点が、ワイモバイルでは通用しません。

ワイモバイルを利用するなら2年契約で自動更新となります。

そのため、大手キャリアの2年契約に疲れて格安SIMにしたいと考えている方にはおすすめできません。

さらに、ソフトバンク光やソフトバンクAirなどのソフトバンクのネット回線サービスの販売も促進しているため、ただスマホを契約したいだけなのにしつこく勧められる可能性もあります。

ソフトバンク光の料金を徹底ガイド|お得に使うためのポイントを解説

3-2 ワイモバイルの店舗だと頭金を取られる可能性がある

ワイモバイルの店舗では頭金を導入していることが多いです。

頭金というのは、店舗がキャリアから求められているオプションやアクセサリーの契約数を達成するために、店舗それぞれで定めているお金のことをいいます。

当店では契約時に頭金が5,000円かかります。しかし、このオプションに入ってくれたら頭金を免除します。

このような文言で説明されることが多いと思います。

そのため、店舗で契約すると必要以上にお金がかかったり、いらないオプションに加入させられる可能性が高くなります。

頭金は大手キャリアでも見られるシステムです。

頭金はスマホ機種代金に充てられるわけではない

そもそも頭金という名称でも、スマホの機種代金に還元されるわけではなく、ただ店舗に支払うお金です。

頭金という呼び方がそもそも間違っている気もしますが、残念ながらこれは法律上違法ではありません。

頭金が嫌ということであればワイモバイルの公式サイトのオンラインショップから契約すると良いでしょう。

3-3 ワイモバイルは他の格安SIMよりも若干料金設定が高め

ワイモバイルはソフトバンクの回線をソフトバンクと同じように使えるという点から、他の格安SIMよりも料金設定が若干高めである傾向があります。

また、基本料金に10分通話し放題が含まれていたり、1番安いプランでも3GB使えるという点から、ほとんどスマホを使わないライトユーザーの方には多すぎると感じることも多いです。

ライトユーザーの方からすれば、そこまで使わないのにこれだけ払っているのは勿体無いと思ってしまいますよね。

通信品質の良さで料金が高めになっているのは、他の格安SIMと差別化する上でも良いと思いますが、とにかく安くしたいと考えている方にはあまりお得に感じないかもしれません。

4 ワイモバイルに向いているユーザー

次に、ワイモバイルを使うにあたって向いているユーザーの特徴を説明します。

これまでワイモバイルのメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、ワイモバイルは全ての人におすすめできる格安SIMというわけではありません。

格安SIMとしての魅力が少なく、大手キャリア寄りのサービスであるワイモバイルはどのようなユーザーに向いているのでしょうか。

4-1 ワイモバイルに向いているユーザー | 初めて格安SIMを使ってみようと考えている

ワイモバイルは安すぎず高すぎない料金と通信品質の良さから、格安SIMを初めて使ってみようと考えるユーザーに向いています。

大手キャリアに不満があって格安SIMに変えようと考える方は多いと思いますが、大半の方の理由は「料金を安くしたい」だと思います。

確かにワイモバイルよりも安い格安SIMはたくさんあります。

しかし、今まで何1つ不自由なくスマホを利用していたのが一転、いきなり従来の格安SIMに変えてしまうと「こんなつもりじゃなかった」とギャップに戸惑ってしまう可能性もあります。

ワイモバイルは料金が大手キャリアの約半額程度になり、大手キャリアと同じようにネット回線を使用することができます。

そのため、いきなり格安SIMに変えるのではなく、まずはワイモバイルを試して格安SIMがどのようなものなのか知っていく方が今後従来の格安SIMにした時に馴染みやすくなるでしょう。

次の章ではワイモバイルに向いているユーザーの続きを紹介します。

4-2 ワイモバイルに向いているユーザー | 安定した通信速度と品質を求めている

「料金は安くしたいけど、通信品質は安定していて欲しい」と考える方も非常に多いです。

安定した通信品質を求めるのであれば、ワイモバイルが最適な格安SIMだと胸を張って言えます。

他の格安SIMと比べて料金は高めに設定されていますが、それでも大手キャリアで使っていた時の金額の約半分までは安くすることは可能です。

今まで使っていた金額から半額になるのであれば、十分安くなっているのではないでしょうか。

全ての格安SIMの料金の安さが通信品質と比例しているわけではありませんが、ある程度の通信品質を求めているのであれば、それだけ料金が高くなることは想定しておくべきです。

大手キャリアと大差ないと言われているワイモバイルであれば、通信品質を重視するユーザーの方にもきっと満足して使ってもらえるでしょう。

【2020年7月】格安SIMおすすめランキング|人気10社を料金と速度で徹底比較!

4-3 ワイモバイルに向いているユーザー | 現状格安SIMを使っていて不満を抱えている

現状、別の格安SIMを使っていて不満のある方も一度ワイモバイルに変えてみてはいかがでしょうか。

格安SIMユーザーの主なは満点は以下の通りです。

格安SIMユーザーが抱える不満点

  • 通信品質が悪すぎる
  • スマホの性能が悪い
  • アフターサービスがなさすぎて困っている

ワイモバイルは、何度も言っていますがソフトバンクと大差ない通信品質を誇っています。

そのため、今より快適にスマホを使いたいと考えている方は、ワイモバイルに変えれば一気に今までの不便さを解消することができるでしょう

また、ワイモバイルはiPhoneだけでなく、Android OneというGoogle純正モデルのスマホも取り扱っています。

格安スマホという部類ではありますが、決して性能の低いスマホばかりではありません。

今使っているスマホの性能に不満がある方も、ワイモバイルでスマホを変えたら一気に使い心地が変わるかもしれません

そして、アフターサービスがなさすぎて、いざという時に困ったことのある方も、ワイモバイルであれば比較的店舗へのアクセスがしやすい傾向にあります。

このように、現状格安SIMを使っていて不満点がある方も、一度はワイモバイルを試してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルの「故障安心パックプラス」は必要?修理サポートの流れ

5 ワイモバイルにぴったりなのは格安SIM初心者や通信品質重視のユーザー!

最後に、ワイモバイルのメリットをまとめます。

ワイモバイルを選ぶメリット
  • 通信品質が高い
  • 最安値1,980円で3GB使える
  • 10分話し放題と時間無制限話し放題がある
  • 全国4,000店舗展開

ワイモバイルは通信品質に優れた格安SIMとして定評があり、一部では「格安SIMに分類してはいけないのでは?」「他の格安SIMが不公平なのでは?」という声もあります。

しかし、それだけ品質が良いということで料金が高めに設定されているなど、しっかり差別化されている傾向にあります。

とことん安くしたい方には向いていませんが、格安SIM初心者の方や今使っている格安SIMに不満点がある方は是非一度ワイモバイルを試してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルは格安SIMの中でもトップクラスの通信品質を誇るので、通信品質を重視する方にもおすすめできます。

また、2018年9月1日より、ワイモバイルのデータ通信量が増量されていて、例えば1年間2,980円で9GBも使えるんです。

最安値1,980円でも3GB使えるようになりました。

ますますヘビーユーザーの方も使いやすくなってきているワイモバイル。この機会に是非検討してみてください。

【2020年】ワイモバイルおすすめスマホランキング|最新機種を比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ