iPhone12 miniが小さな画面と5Gを攻略して次のスマホの主役になるかも

  • 2020年11月6日
  • by.nak

iPhone12 価格

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

イギリスはロンドンに本社を持つマーケティング企業Kantarによると、「より小さな画面」と「5G」が今後のスマートフォンの戦場となるだろうと伝えています。

2020年10月から11月にかけてiPhoneは4機種発売されますが、その中での注目はやはり「iPhone 12 mini」です。

今後のスマホのトレンドになるであろうiPhone 12 miniについて、海外の調査も参考にしながら考察してみました。

記事のポイント
  • 次に買うなら5Gが気になる様子
  • 約12%の人がポケットサイズが良いらしい
  • iPhone 12 mini は両方を満たしている

トップ画像引用元:iPhone 12 mini vs iPhone 12 vs iPhone 12 Pro – Apple

iPhone12iPhone12 Pro絶賛発売中!
iPhone12の予約方法
iPhone 12シリーズの予約方法を解説|発売日当日に受け取るための手順

6ヶ月以内にスマホを購入する人が検討している「5G」

調査

画像引用元:KANTAR

対象9カ国において、どの国も少なくても45%以上のスマホ購入検討中ユーザーは、「5Gを検討」しているようです。

やはり次世代通信技術についての関心度の高さと言えば、デジタル先進国である中国やアメリカは凄いです。

日本では実際、まだまだ5Gの電波は整備されていなく発展途上ではありますが、近い将来スタンダードになると予想されておりますので、今後も要注目です。

5Gを検討している割合
  • 中国ではなんと約90%
  • ついでアメリカが約70%
  • ちなみに日本は約45%
スマホの5Gはいつから?おすすめの買い替え時期と人気の5G対応機種

スマホにはポケットサイズを望んでいる?

iPhone12とiPhone11のサイズ比較
中国を除く、すべての市場で販売されているスマートフォンの3分の1が5.5インチ未満のサイズである為、今回AppleもiPhone 12 miniという機種を投下したのでしょう。

スマホの画面サイズがどんどん大きくなる前の時代、例えばiPhone5は当時とても人気でした。

その人気だったiPhone5の形やサイズに似ているので、今回爆発的に人気になるのではと考察しております。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone比較|値段/サイズ/スペックで歴代モデルを比べてみた【2020年】

iPhone 12 miniは売れそう

iphone12-mini-engadget

画像引用元:Apple iPhone 12 Mini hands-on – YouTube

SNSなどをみると、iPhone 12を購入検討している方は多く、その中でもiPhone 12 miniを購入したいと考えている人が多いようです。

iPhone 12 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ133 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー
詳細iPhone 12 mini評価・レビュー
記事のポイント
  • 次に買うなら5Gが気になる様子
  • 約12%の人がポケットサイズが良いらしい
  • iPhone 12 mini は両方を満たしている

小型iPhoneとしてiPhone SE(第2世代)が発売されたばかりですが、小型iPhoneの人気は高いようです。

軽い、薄い、安い、軽いの4拍子揃ったコスパ最強端末。

性能もiPhone 12と変わらないため、めちゃくちゃ売れる可能性を秘めています!!!!

人気が高いことを考えると、発売開始後即完売になる可能性もあり得るため、購入したいなら速やかにサイトにアクセスしましょう!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nak
nak
88世代の神奈川育ち。学生時代に”iPhone3GS”に出会ってからワークスタイルを徐々に確立していく。振り返ればスマホアプリプランナーに始まり、スマホ修理買取事業を経て、現在はbitWave運営。プライベートでは1児のパパ。絶賛育児奮闘中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ