レッツノートが起動しない場合の原因と症状別の対処法を解説

レッツノートの電源が入らない、エラーメッセージが表示される、電源ランプが点滅する、起動しない不具合の事例はたくさん存在し、原因も様々です。原因が不明なまま再起動を繰り返す行為は状態の悪化に繋がります。この記事では不具合の原因や症状別の対処法について解説しています。
  • 2022年9月6日
  • by.bitdds

パソコン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

シェア率が高く利用している方も多い、パナソニック製のレッツノート(Let’s note)ですが、何らかの原因で「電源が入らない」「エラーメッセージが表示される」などの不具合が発生することがあります。

普段は正常に起動できていたのに、突然そのような症状が現れるとパニックになってしまい、手あたり次第に試せることを試しがちですが、慎重に作業しなければいけません。

PC(パソコン)が起動できない場合は、簡単に解決できる場合もあれば、既に深刻な問題が発生している可能性が高いです。

誤った対処法を実行してしまうと、二度とデータを取り出せなくなる恐れがあるので、この記事で正しく原因を特定・対処をしましょう。

レッツノートが起動しない場合のまとめ
  •  電源に不具合が起きている可能性があるため、まず電源系統の確認をする
  • 過度な通電や電源のオン・オフは状態が悪化する危険がある
  •  全く起動しない場合は電源の確認・放電を行う
  •  エラーメッセージが表示される場合は周辺機器を取り外す
  •  セーフモードで起動できない場合は複雑な問題が発生している可能性がある
  • データ復旧を優先する場合は早めにデータ復旧業者に相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

レッツノートが起動しない原因

パソコン

レッツノートが起動しない原因を3つ紹介します。

レッツノートが起動しない原因
  • 電源系統・筐体のトラブル
  • 物理障害
  • 論理障害

電源系統・筐体のトラブル

レッツノートの電力供給ができていないケースです。

電源系統のトラブルとしてケーブルの断線や接続ポートの破損があげられ、パソコン自体に問題が発生しているわけではありません。

デスクトップPCで、起動音がしたり電源ランプは付くのに画面が真っ暗な場合は、モニターが故障している可能性があります。

物理障害

内蔵ストレージであるHDD(ハードディスク)やSSDが、物理的に故障している状態を「物理障害」といいます。

原因としては「落下などの衝撃」「経年劣化」があげられ、以下のような症状が発生する可能性が高いです。

物理障害の代表的な症状
  • PCに電源が入らなくなる
  • 異音・異臭がする
  • エラーメッセージが表示される
  • 再起動・フリーズが頻繁に起きる

物理障害が発生している場合、個人での修復は非常に困難な作業であり、修復作業をしたことで状態が悪化し、データが取り出せなくなる可能性があります。

論理障害

ストレージ自体に問題はないが、データやシステムが破損して生じる障害を「論理障害」といいます。

原因として「データの誤削除」「初期化やフォーマットによるデータ自体の破損」などが当てはまるケースが多いです。

論理障害の代表的な症状
  • フォーマットや初期化の要求がされる
  • OSが起動しない・過度にフリーズする
  • 勝手にファイル名の変更がされる
  • 画面が真っ暗、ブルースクリーンが表示される
  • ファイルやフォルダが開けない
  • Panasonicのロゴで止まったままになる

主な症状として、ブルースクリーンの表示やデータが読み込めない、などが挙げられますが、物理障害で起きる症状と被る内容が多いため障害の判別が難しく、併発している可能性も少なくありません。

自己判断で終わらせずに、まずは専門業者に相談しましょう。

レッツノートが起動しない場合の注意点

レッツノートが起動しない際、以下の注意点に気を付けましょう。

誤った操作により障害が悪化し、データを失う可能性があります。

レッツノートが起動しない場合の注意点
  • 通電や過度の電源オン・オフ、再起動をしない
  • 修復ツールを使わない
  • 過度な強制終了をしない
  • OSの再インストールをしない

通電や過度の電源オン・オフ、再起動をしない

通電や再起動といった動作はHDDに大きな負荷がかかり、物理的な破損がある場合はさらに障害が悪化する恐れがあるため控えるようにしましょう。

また、通電を行うだけでもデータの読み込みは行われるため、データの上書きが行われると、データの復旧難易度が高くなる場合もあります。

修復ツールを使わない

エラーチェック・自動修復の機能は非常に便利ですが、改善できるのは「軽度の論理障害」のみです。

エラーチェックで不具合が改善できない場合、重度の論理障害が発生している可能性が高く、この状態でむやみな修復作業を行うと、データ消失や機器の物理的破損に繋がってしまうかもしれません。

レッツノートが起動しない原因はエラーメッセージや停止コードが表示される場合を除き、自己判断できるものではありません。

まずは専門業者で無料診断を受けることをおすすめします。

復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

過度な強制終了をしない

過度な強制終了はデータを失う危険性があるため、誤動作によるもの以外は控えてください。

HDDは常にデータの読み書きを行っていますため、データを更新するためには複数のデータ情報を更新しなければなりません。

その更新が上手く行えない状態で強制的に終了してしまうとデータ消失につながる恐れがあるため注意しましょう。

OSの再インストールをしない

OSの再インストール(リカバリー)を行うと既存のデータは上書きされてしまい消えてしまいます。

上書きされてしまうとデータ復旧は難しくなってしまうので、OSの再インストールには注意しましょう。

レッツノートが起動しない症状別の対処法

レッツノートが起動しない対処法を、それぞれ原因別に解説していきます。

今回自身でできる対処法を試しても解決できない場合、内蔵ストレージが物理的に故障している可能性が高いです。

レッツノートが全く起動しない場合

レッツノートの電源ランプが付かず、起動音もせず起動した気配がない場合は次の対処法を試してみましょう。

レッツノートが全く起動しない場合の対処法
  • 電源ケーブルを確認する
  • 放電を行う
  • 他のモニターに接続する

電源ケーブルを確認する

電源ランプが付かない場合は、ケーブルやコンセント、アダプタなどの電源回りを見直してみてください。

延長コードを使用している場合、必要な電力を供給できていない可能性があるので、できれば壁のコンセントに直接差し込むようにしましょう。

放電を行う

PCに静電気が溜まる帯電が原因になっていると、起動時に誤作動や不具合を起こすことがあります。

この場合は「放電」を行うことによって、静電気や熱を外に逃がすことが大切です。

周辺機器を全て取り外し、電源ケーブルをぬいてから10分以上放置を行いましょう。

他のモニターに接続する

レッツノートの電源ランプが点灯しているのに画面に何も表示されない場合、モニターが破損している可能性があります。

レッツノートのモニターが故障しているか確認するために、他のモニターに接続してみましょう。

別モニターに問題なく表示される場合は、レッツノートの内部ではなくモニターが故障している可能性があるため、モニターの交換を行いましょう。

ブラックスクリーンにエラーメッセージが表示される場合

この場合、メモリやマザーボードなどのハードウェアやBIOSの不具合が考えられます。

ブラックスクリーンにエラーメッセージが表示される場合の対処法
  • 周辺機器を取り外す
  • BIOSを初期化する
  • Disk to Diskで初期化する
  • CMOSの初期化または交換

周辺機器を取り外す

BIOS設定に問題がある場合、Windowsよりも先に外部機器を読み込むためエラーが発生しやすいです。

USBメモリ、外付けHDDなどの周辺機器を全て取り外し、起動してみてください。

これで起動した場合、レッツノートが起動しない問題がどの周辺機器に当てはまるのかが判断できます。

BIOSを初期化する

PCは起動時Windows(OS)よりも先にBIOSを読みますが、何らかの原因で起動の順番が入れ替わるとメーカーロゴから先に進まなくなってしまうことは少なくありません。

Windowsが起動しない場合は、BIOSを初期化することで起動できる可能性があります。

BIOS初期化の作業手順
  1.  PCの起動後「F2」キーを押す
  2. BIOS画面が表示されたら「終了」をクリック
  3. 「コンピューターの修復」を選択
  4. 指示に従って初期化を進める

BIOSの不具合は、BIOSプログラムの破損やチップセットの不具合が考えられます。

Disk to Diskで初期化する

レッツノートにはHDD内に「Disk to Disk(D to D)」というリカバリー機能が搭載されています。

この方法は簡単ですが、リカバリーを行うと全て初期化され、工場出荷状態に戻ってしまうため、データが削除されてしまうかもしれません。

Disk to Diskの作業手順
  1. 「Panasonic」のロゴ表示中に「F2」キーを押してセットアップユーティリティを起動
  2. 右にある「終了」メニューまで移動「Recovery Partition」を選択
  3. 「Enter」キーで実行

初期化することで不具合が改善することがありますが、データがすべて失われるため、おすすめはできません。

PCからデータを取り出したいのであれば、まずは専門業者に相談しましょう。

CMOSの初期化または交換

CMOSはBIOSの変更を記憶している場所であるため、CMOS電池を交換することで、BIOSやメモリの情報を工場出荷時まで戻すことで、不具合を解消できることがあります。

ですが、CMOS電池はマザーボード上に設置されているため、機器を解体しなければいけません。

そのため、ある程度PCの知識が無いと個人での対処は難しく、非常に危険な作業となるため、実行する方は慎重に行いましょう。

ブルースクリーンにエラーメッセージが表示される場合

ブルースクリーンが表示された場合は、OSの起動プログラムやBIOSの破損、内蔵ストレージの物理障害が考えられます。

上記で解説した「放電」「BIOSの初期化」で解決しなかった方は、以下の方法を試してみてください。

ブルースクリーンにエラーメッセージが表示される場合の対処法
  • セーフモードを起動する
  • システムの復元を実行する
  • コマンドプロンプトで修復する
  • セーフモードで起動する

セーフモードを起動する

セーフモードを使用すると、必要最低限のシステム環境でPCを起動することができます。

軽度の論理障害であれば、問題を回避して起動することが可能ですが、セーフモードでも起動できない場合は複雑な問題が発生していることが考えられます。

セーフモードの起動手順
  1. 自動修復失敗後の「自動修復でPCを修復できませんでした」の画面で「詳細オプション」をクリック
  2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「その他の修復オプションを表示」→「スタートアップ設定」→再起動
  3. 「スタートアップ設定」→「(4)セーフモードを有効にする」または「(5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択
  4. セーフモードで起動できたら、起動の支障となるソフトウェアをアンインストール

複雑な問題が発生しているにも関わらず、むやみにセーフモードで起動しようとするとPCが壊れる可能性があります。

システムの復元を実行する

復元ポイントを使って、システムを以前のバージョンに戻すことができます。

「詳細オプション」(Shiftキーを押しながら再起動)から「システムの復元」を実行することによって、以前の正常な状態に戻すことが出来る可能性が高いです。

ただし、復元ポイント作成後に保存したデータは削除されます。

コマンドプロンプトで修復する

コマンドプロンプトを実行することで、誤って上書き・破損したシステムファイルを修復できます。

コマンドプロンプト作業手順
  1.  「詳細オプション」からコマンドプロンプトを起動する
  2. コマンドプロンプトに「sfc /scannow」と入力
  3. 「システムスキャンを開始しています…」と表示されたらスキャン終了まで待機
  4. 「検証100%が完了しました」でスキャン完了

「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした」が表示された場合は「chkdsk c: /f」あるいは「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」で修復可能なケースがあります。

「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」の場合は、再起動またはセーフモードで起動すれば修復できることがあるので試してみてください。

コマンドプロンプトで実行したコマンドは、基本的に取り消すことができないため注意しましょう。

その他のエラーメッセージが表示される場合

その他にも、以下のようなエラーメッセージが表示された場合があります。

その他のエラーメッセージ
  • 「Remove disks or other media. Press any key to restart」
  • 「システムCMOSのチェックサムが正しくありません/システムCMOS値が正しくありません」

「Remove disks or other media. Press any key to restart」

HDDを取り除いても表示が消えず、PCが正常に起動しない場合は、強制終了を行い再起動してください。

まず「Ctrl+Alt+Delete」キーの同時押下をし、シャットダウンを行いましょう。

それで改善しない場合は、HDDのアクセスランプが点いていないことを確認してから、電源スイッチを5秒以上長押しして電源を切ります。

これで立ち上がらなかった場合は、HDDの物理障害を疑いましょう。

この作業はHDDに負荷がかかるため、データが必要な方はこの作業を行わないようにしましょう。

「システムCMOSのチェックサムが正しくありません/システムCMOS値が正しくありません」

このエラーが出た場合は、CMOS RANのテストエラーが発見され、標準設定値が設定されたことを示しています。

この場合は「F2」キーを押してBIOSセットアップを起動し標準設定値を読み込んだ後、設定を保存して起動し直してください。

それでもメッセージが表示されるときはメーカーや修理専門業者、データ復旧業者に依頼しましょう。

電源ランプが異常点滅している場合

レッツノートの電源ランプは通常黄色に点灯し、バッテリーが減少している場合は赤色に点灯。

ですが、ランプが「点滅」する場合、レッツノートに異常が起きていることを表しています。

電源ランプの異常時
  • 赤色に点滅している
  • オレンジ色に点滅している
  • 緑色に点滅している

赤色に点滅している

赤色に点滅している場合は、経年劣化によりバッテリーが正常に充電できなくなっていることを表します。

バックアップを取り、バッテリーを新しいものと交換してください。

それでも赤色に点滅する場合は電源システムの故障が疑わるので、修理交換を行いましょう。

オレンジ色に点滅している

オレンジに点滅している場合は以下のことが考えられます。

オレンジに点滅している場合
  •  バッテリーが高温状態になっており、一時的に充電できない
  •  アプリケーションや周辺機器が電力を消費し、電力不足となっている
  •  電力不足により、USBケーブルで充電している

周辺機器を取り外し、安定した環境で充電しましょう。

電力不足が解消されれば、自動的に充電が始まります。

緑色に点滅している

緑色の点滅は電力消費を防止し、バッテリーの劣化を防止している状態です。

主に長時間使用または、直射日光などによりPCが高温になっていることで起こります。

一度電源の供給を中止し、PCを放熱しましょう。

個人で復旧できない場合は専門業者に依頼する

上記で紹介した対処法で解決しなかった場合、自力での修復作業での改善はほとんど不可能なので、以下のような専門業者に相談してください。

メーカー修理とデータ復旧業者の目的の違い
  •  PCの正常な起動を優先する場合はメーカー修理
  •  データの確保を優先する場合はデータ復旧業者

メーカー修理や修理専門業者に依頼する

機器内部のデータが不要で、機器を正常に動作させることを目的としている場合はメーカーや修理専門業者を選ぶようにしましょう。

事前にPCの保証期間や費用面を調べてから、最適な修理業者を選びましょう。

PCのストレージに不具合がある場合、部品を交換する場合がほとんどですが、このときデータは初期化され、工場出荷状態に戻ります。

大切なデータが機器に保存されている場合は、データ復旧業者に依頼しデータを取り出してから、本体修理をメーカーや修理専門業者に依頼しましょう。

データ復旧業者に依頼する

機器の正常な動作よりもデータを優先したい方は、データ復旧業者に相談しましょう。

技術力が高い復旧業者であれば、自動修復や復旧ソフトでは対応できない機器の不具合からのデータ復旧が可能です。

業者を選ぶ際は実績や対応実績を事前に確認し、障害機器にあった適切な業者を選ぶようにしましょう。

無料相談ができる業者もあるので、一度相談してみましょう。

おすすめのデータ復旧業者

ここで、編集部おすすめのデータ復旧業者の特徴やサービス内容について解説していきます。

データ復旧の依頼を検討している人はぜひチェックしてみてください。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリートップページ

デジタルデータリカバリーは、国内売上11年連続No.1のデータ復旧業者です。(第三者機関調べ/2007年~2017年)

技術力は国内トップクラスで、データ復旧率の最高値は95.2%(※2018年2月)と信頼できる実績があります。

さらに、ハードディスク、PC、スマホ、USB、sdカード、ビデオカメラ等の幅広い機器に対応できる、官公庁・法人からの依頼実績も多数など、技術力の高さは間違いありません。

また相談窓口は年中無休の24時間365日受け付けているので、急なデータトラブルが発生しても安心のサポート体制が整っています。

デジタルデータリカバリーのおすすめポイント
  • 11年連続データ復旧シェアNo.1
  • データ復旧実績は95.2%!
  • 初期診断無料で安心して相談できる
  • 365日営業・最短即日でデータ復旧対応可能
  • 国際水準のセキュリティ対策で信頼できる
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

デジタルデータリカバリーのサービス特徴

項目デジタルデータリカバリー(DDR)
営業時間・相談窓口年中無休 24時間受付 夜間の電話相談あり
持込・宅配・出張 への対応持込:◎
宅配:◎
出張:◎
ラボ見学も可能
初期診断
費用:無料
最短5分で診断完了
配送料無料
(キャンセル時の返送料金のみお客様負担)
実績✓復旧率最高値95.2%
✓ご相談件数29万件超
✓ご依頼の約8割を48時間以内に復旧
設備クリーンルーム クラス100
ドナーHDD 7,000台以上
セキュリティ認証ISO27001/ISMS
Pマーク
従業員数164名
(エンジニア40名以上在籍)
拠点5ヶ所
本社:東京
運営会社デジタルデータソリューション株式会社
詳細公式サイトを見る
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

レッツノートが起動しない場合はデータ復旧業者の利用も検討しましょう

レッツノートが起動しない原因と症状に合わせて対処法を紹介しましたが、今回紹介した対処法で解決しなかった場合は筐体の故障や、記録装置であるHDD・SSDの物理破損が考えられます。

PCを解体して、パーツを交換することができれば治るかもしれませんが、失敗すれば症状が悪化し、復旧難易度をさらに高め、最悪の場合は修復不可能まで陥ることもあるでしょう。

個人での修復が難しい場合「データ」と「機器」どちらを優先するかを判断し、状況に応じて専門業者に相談するようにしてください。

レッツノートが起動しない場合のまとめ
  •  電源に不具合が起きている可能性があるため、まず電源系統の確認をする
  • 過度な通電や電源のオン・オフは状態が悪化する危険がある
  •  全く起動しない場合は電源の確認・放電を行う
  •  エラーメッセージが表示される場合は周辺機器を取り外す
  •  セーフモードで起動できない場合は複雑な問題が発生している可能性がある
  • データ復旧を優先する場合は早めにデータ復旧業者に相談する
復旧率95.2%実績のおすすめ業者↓
24時間対応!無料診断・無料相談もOK

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。