【2020年】LGスマホおすすめ人気機種|スペック・価格を比較してみた

  • 2020年5月26日
  • by.ssisdk

ドコモ LG V60 ThinQ 5Gの製品イメージ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

いままで、LG製スマホはキャリアで低価格のエントリーモデルを販売するメーカーという評判でした。

しかし、5G到来に伴いハイスペックモデルを投入するなど従来のイメージを良い意味で破壊しようとしています。

更に2画面スマホといったユニークなスマホも販売しています。

今回は最新モデルやSIMフリーモデル、対応のスマホケースについて調査しました。

また、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアでの取り扱いについても言及しています。

今後の機種変更や乗り換えを考えている方は是非ご一読下さい。

2020年版LGスマホの評判とポイント
  • LGスマホの4Gモデルは2万~5万円台で購入できてスペックも高いコスパの良さが評判
  • 5Gモデルでは方針転換して、4Gモデルと比較してハイスペックモデルを投入中
  • 専用のスマホケースを装着して2画面で操作できるモデルも販売中
  • 2020年にはLG style3をドコモからスタンダードモデルとして発売予定
  • SIMフリーのLGスマホは数が少なく、中古ショップで購入するのが基本
  • LGスマホ対応のスマホケースもサードパーティ製がメイン・通販や家電量販店で購入が主流

※本記事中の価格は税込み表示

トップ画像引用元:LG V60 ThinQ 5G L-51A

2020年発売中の最新LGスマホ

LG

画像引用元:LGエレクトロニクス製品情報 | LGエレクトロニクス・ジャパン

2020年5月時点でドコモ、au、ソフトバンクと格安SIMで発売されているLGスマホの機種名・キャリア・価格・発売日をまとめると下記表のようになります。

機種名機種代金発売日
LG it LGV3622,000円2018年11月9日
LG V60 ThinQ
5G
139,680円2020年5月11日
LG G8X ThinQ55,440円2019年12月6日
LG V60 ThinQ
5G L-51A
112,508円2020年5月11日
LG style2 L-01L38,016円
※在庫はブラックのみ
2019年7月12日
Android One X533,119円2018年12月13日

5Gの名称が含まれる5G対応モデルは高額なハイスペックモデルとなっています。

その他の4Gモデルは低価格帯モデルです。

LG製スマホは「低価格の4Gスマホ」「高価格・高スペックの5G対応スマホ」と棲み分けが出来ています。

これから機種変更・乗り換えを考えている方は、モデル選びの参考にしてみてください。

噂の2画面スマホも登場

LG G8X ThinQとLG G8X ThinQ 5Gは専用のディスプレイ付きスマホケースを装着することで、2画面で操作できるユニークなスマホです。

片方の画面にネットの画面、もう片方の画面にSNSを表示したり、ゲームを遊びつつ別の画面では攻略サイトを見るという使い方も可能です。

もちろん、ケースを取り外せば単独のスマホとしても使えるので、ゲームもWebもSNSも同時に動かしたい、という欲張りな人に向いています。

ディスプレイ付きの専用ケースは付属品で再販無し

LG G8X ThinQとLG G8X ThinQ 5Gにはディスプレイ付きのケースが付属していますが、この専用ケースはLGのサイトや取扱いキャリアで販売されていません

通常のスマホケースであれば、サードパーティ製のケースが販売されるのが通例ですが、LG G8X ThinQはディスプレイ付き専用ケースという特殊なスマホケースです。

その為、サードパーティ製のスマホケースも販売されていないので、今後LG G8X ThinQとLG G8X ThinQ 5Gの購入を考えている人は、専用ケースは大切に扱いましょう。

2020年6月以降、LG style3が新発売

2020年6月以降には新モデルのLG style3をドコモから発売予定です。

ドコモオンラインショップやドコモ公式サイトでは専用ページも作られています。

LG Style3は4G用モデルで「ハイスペックモデルの性能をスタンダードモデルに採用しました」と表記されています。

この点を考慮するとLG style3は既に発売済みの4Gモデルと同じく、低~中価格帯でお財布に優しいスマホと予想できます。

価格や発売日は未発表ですが元々コスパに優れていると評判のスマホなので、2020年夏モデルの人気スマホの有力候補です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【au】LG it LGV36

LG it LGV36

画像引用元:au公式サイトLG it LGV36

キャリアで購入できるLG製スマホの中で、最も格安で購入できるのがauのLG it LGV36です。

項目LG it LGV36
プロセッサSnapdragon425
RAM/ROM3GB/32GB
ディスプレイ5.0インチ
バッテリー容量2,500mAh
背面カメラ1,300万画素
前面カメラ500万画素
発売日2018年11月9日
機種代金22,000円

LG it LGV36はスマホ初心者用、あるいはスマホデビューする人を主なターゲットにしており、スマホ本体に画面操作を学ぶ機能やケータイ感覚で使っていた機能を使えます。

機種代金も22,000円で手を出しやすいので、高額なスマホばかりでスマホデビューに躊躇していた人でも手軽に手を出せるでしょう。

一方で価格が安い分スペックは控えめなので、本格的にスマホゲームを遊びたい人や動画編集や色々なアプリを並行して使うには力不足です。

防水防塵にも対応していないので、スマホ初心者がどういった使い方が出来るのかを試すスマホと言えるでしょう。

【ソフトバンク】LG G8X ThinQ

ソフトバンクのLG G8X ThinQ

画像引用元:LG G8X ThinQ | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG製スマホの中でも特にユニークな2画面スマホを使ってみたいなら、55,400円で購入できるソフトバンクのLG G8X ThinQがおすすめです。

項目LG G8X ThinQ
プロセッサSnapdragon855
RAM/ROM6GB/64GB
ディスプレイ6.4インチ
バッテリー容量4,000mAh
背面カメラ1,200万画素+1,300万画素
前面カメラ3,200万画素
発売日2019年12月6日
機種代金55,400円

前述の通りLG G8X ThinQはディスプレイを搭載した専用ケース「LGデュアルスクリーン」で2画面の操作が可能という最大の特徴を持っています。

プロセッサも2020年の中でもトップクラスの性能を持っているので、複数のアプリを同時起動してもサクサク動く処理能力の高さも魅力です。

他にも防水防塵・おサイフケータイ・フルセグに対応しつつ5万円台で購入できるコスパの良さでは他社のスマホの追随を許しません。

2画面操作に目が行きがちですが、目立った隙が無いスマホなので万人向けと言えるでしょう。

【ドコモ】LG V60 ThinQ 5G L-51A

docomo LG V60 ThinQ 5G

画像引用元:LG V60 ThinQ 5G L-51A

2020年から提供が始まった5Gを安く使いたいなら、5G対応モデルの中でも特に安いドコモのLG V60 ThinQ 5G L-51Aがおすすめです。

項目LG V60 ThinQ 5G L-51A
プロセッサSnapdragon865
RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイサイズ6.8インチ
バッテリー容量5,000mAh
背面カメラ6,400万画素+1,300万画素
前面カメラ1,000万画素
発売日2020年5月11日
機種代金112,508円

5G対応モデルは軒並み高額なモデルが多く、13万円以上を超すモデルも少なくありません。

しかし、LG V60 ThinQ 5G L-51Aは11万円台で購入できます。

LG V60 ThinQ 5G L-51Aは4G専用モデルだったLG V60 ThinQを5G仕様に変えたモデルで専用ケースを装着すると2画面操作可能なのは共通です。

アプリを同時に表示して2画面操作する使い方も可能ですが、1つの画面をコントローラにするLG Game Padで携帯型ゲーム機のように遊べます。

動画も8K画質で撮影できるので、カメラ性能を重視する人向きと言えるでしょう。

惜しむらくはドコモの5Gのエリア自体がまだ狭いの状況なので、LG V60 ThinQ 5G L-51Aの性能をフルに生かせないのが難点です。

格安SIM(SIMフリー)で買える!オススメLGスマホのスペック

ワイモバイルオンラインストア

画像引用元:製品を探す|オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

SIMフリーで購入できるおすすめLGスマホは以下の3機種です。

LGスマホのSIMフリー版
  • Android One X5
  • LG Q Stylus
  • LG X Screen

LGは海外のメーカーですが主にキャリア販売が主流でSIMフリーモデルが少なく、更に販売終了モデルも多いので入手難易度は高めになっています。

その為、主流のキャリアのモデルと比較するとややスペックは控えめです。

【ワイモバイル】Android One X5

Android One X5|スマートフォン|製品|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

画像引用元:Android One X5|スマートフォン|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

SIMフリーで入手できるLG製スマホの中で、最も入手難易度が低いのがAndroid One X5です。

項目Android One X5
プロセッサSnapdragon835
RAM/ROM4GB/32GB
ディスプレイ6.1インチ
バッテリー容量3,000mAh
背面カメラ1,600万画素
前面カメラ800万画素
発売日2018年12月13日
機種代金33,119円

Android One X5は発売日から2年間最新OSアップデートが1回保証、更に毎月のセキュリティアップデートが実施されるので安心して長く使えるのが特徴です。

防塵・防水・耐衝撃やおサイフケータイにも対応、よく使われるGoogle製アプリだけが最初からインストールされているので、非常にシンプルです。

更に本体左側面部のGoogleアシスタントボタンで、すぐにGoogleアシスタントとGoogleレンズを起動可能なので、すぐ音声検索や文字の読取ができます。

データ増量キャンペーン実施中!

【楽天モバイル】LG Q Stylus

LG Q Stylus前面・背面部

画像引用元:楽天モバイル:LG Q Stylus

LG製スマホの中でも「専用のペンを付属させた」ユニークなSIMフリーモデルが大画面スマホのLG Q Stylusです。

項目LG Q Stylus
プロセッサSnapdragon450
RAM/ROM3GB/32GB
ディスプレイサイズ6.2インチ
バッテリー容量3,300mAh
背面カメラ1,600万画素
前面カメラ800万画素
発売日2018年11月22日
機種代金24,000円 
※楽天市場モバックス価格

LG Q Stylusは付属のスタイラスペンで画面を操作できるので細かい場所のタッチや画面に直接描画できるのが最大の特徴です。

スタイラスペン以外にも頑丈さに評判があり、防塵防水仕様は勿論の事、米国国防総省制定の耐久試験を14項目クリアしており耐久性能の高さはお墨付きです。

価格も24,000円とお手頃なのに6.2インチフルHD+の大画面を搭載しているので、画面操作がしやすく、動画も大迫力で楽しめるでしょう。

欠点としては発売が2018年と約2年前で新品の入手が難しく、主な購入先は中古ショップになるので品質には当たり外れがあります。

また、スペックも2018年当時のエントリーモデル、お世辞にもスペックは高いと言えないのでLG Q Stylusで本格的にお絵描きしたい!という人には向いていません。

2020年5月現在、楽天モバイル 楽天市場店で販売しています。

通話専用なら買う価値あり?LG X Screen

LG X screen

画像引用元:LGエレクトニクス 公式サイト

「LG X Screen」をもし見つけたら、SIMフリースマホで通話だけを考えている人にはおすすめの1台になります。

項目LG X Screen
プロセッサSnapdragon410
RAM/ROM2GB/16GB
ディスプレイサイズ4.93インチ
バッテリー容量2,300mAh
背面カメラ1,300万画素
前面カメラ800万画素
発売日2016年8月18日
機種代金36,300円

LG X Screenは発売日が2016年と古く新品も生産終了しており、J:COMモバイルで限定発売されたレアモデルです。

中古ショップでも見かける事は少ないモデルですが、状態の良い掘り出し物なら通話専用として活用するのはアリでしょう。

新品では36,300円ですが中古ショップでは数千円程度ということもあるので、通話専用のセカンドスマホとしてなら使い道があります。

ただし、スペックは前述のLG Q Stylusよりも下がっているので、あくまで通話出来ればOKの人に限られてしまします。

ドコモ・au・ソフトバンクのLGスマホ価格

ソフトバンクショップ

画像引用元:「ソフトバンク銀座」がリニューアルオープン! | ソフトバンクNOW | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

2020年5月時点でドコモ、au、ソフトバンクが販売しているLGスマホの価格は下記の通りです。

ドコモ・au・ソフトバンクで買えるLGスマホ
  • ドコモ
    LG style2 L-01L・LG V60 ThinQ 5G L-51A
  • au
    LG it LGV36
  • ソフトバンク
    LG G8X ThinQ・LG V60 ThinQ

ドコモで買えるLGスマホ

ドコモで購入できるLGスマホは2020年5月時点でLG V60 ThinQ 5G L-51AとLG style2 L-01Lの2台です。

機種名価格発売日
LG style2 L-01L38,016円2019年7月12日
LG V60 ThinQ 5G
L-51A
112,508円2020年5月11日

高額な5G対応モデルと2019年発売の低価格帯を取り扱っていますが、2020年6月以降はスタンダード級のLG style3の発売が決まっています。

L-01Lのゴールドは在庫無し(ブラックは在庫有り)なので、今後はLG style3とLG V60 ThinQ 5G L-51Aの2本立てとなるでしょう。

auで買えるLGスマホ

auで購入できるLGスマホは2020年5月時点でLG it LGV36の1台のみです。

機種名価格発売日
LG it LGV3622,000円2018年11月9日

auは過去isai等の格安で購入できるLG製スマホを提供していましたが、2018年のLG it LGV36を最後に新規で取扱いしていません。

auも5G提供を開始していますが、5G対応のLGスマホを導入するかは未定となっています。

ソフトバンクで買えるLGスマホ

ソフトバンクで購入できるLGスマホは2画面操作が出来るLG V60 ThinQとLG G8X ThinQの2種類です。

機種名機種代金発売日
LG V60 ThinQ 5G139,680円2020年5月11日
LG G8X ThinQ55,440円2019年12月6日

4G版のLG G8X ThinQは価格が安くスペックもミドルクラス級です。

5G版のLG V60 ThinQは機種代金が約2倍以上、スペックも特にカメラ性能が大幅強化されています。

価格の安さを取るかスペックの高さを選ぶか、この辺りはユーザー毎によって評価の分かれ目と言えるでしょう。

SIMフリーのLGスマホ価格

SIMカード

SIMフリーのLGスマホを新品で購入できるのは、ワイモバイルのAndroid One X5のみとなっています。

項目機種代金発売日
Android One X533,119円2018年12月13日

今でこそLG製スマホを取り扱っている格安SIMはワイモバイルだけですが、過去にはJ:COMモバイルやUQモバイル、楽天モバイル等の格安SIMでも取り扱われていました。

ただ2020年5月の時点ではワイモバイル1社のみと少なくなっており、並行してSIMフリーのLG製スマホも数が少なくなっているのが現状です。

データ増量キャンペーン実施中!

歴代LGスマホ一覧

LG Style2

画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG製スマホは4GやVoLTEが普及する前よりも発売されているロングセラーモデルで、今まで発売されたモデルをまとめると下記のようになります。

歴代LGスマホの一覧
  • L-41A
  • L-51A
  • LG V60 ThinQ 5G
  • LG G8X ThinQ
  • L-01L
  • LGK50
  • Android One X5
  • LG Q Stylus 801LG
  • LG it LGV36
  • L-03K
  • LGV35
  • Disney Mobile on docomo DM-01K
  • JOJO L-02K
  • LG V30+ L-01K
  • LG V20 PRO L-01J
  • isai Veat LGV34
  • LG X screen
  • Disney Mobile on docomo DM-02H
  • isai vivid LGV32
  • Nexus 5X
  • Disney Mobile on docomo DM-01G
  • 402LG
  • G3 Beat
  • isai VL LGV31
  • LGL24
  • LG G2 mini
  • G Flex LGL32
  • LGL22

LGは他社とのコラボで新モデルを販売することもあり、ディズニーとコラボしたDM-01Kや人気漫画とのコラボJOJO L-02K等も販売しています。

Googleと共同開発したNexus 5Xもあり、自社単独で開発することが多いスマホメーカーとしては異例のフットワークの軽さが目に付きます。

現在、ドコモやソフトバンクで発売されているLG V60 ThinQのような独自性を持ったスマホが出るのも、柔軟性が優れているからなのかもしれません。

LG style2レビュー|3万円台でこのスペック!高コスパのバランススマホ

2020年LGスマホのおすすめケース3選

今後LG製スマホの購入を考えている人、あるいは既にLG製スマホを使っている人向けにおすすめのスマホケースを3つ紹介します。

LG it ブックタイプケース/ブラック

LG it LGV36ブックタイプケース

画像引用元:LG it ブックタイプケース/ブラック 通販 | au オンラインショップ | スマホ・携帯電話向けオプション品

auのLG it LGV36を使っている人はLG it ブックタイプケース/ブラックがおすすめです。

商品名LG it ブックタイプケース/ブラック
価格3,520円
対応モデルLG it
購入場所au Online Shop

シンプル且つスタイリッシュなブラックカラーのブックタイプケースで、本体内側には定期券や各種カードを入れられるカードポケットと便利なスタンド機能付いているのが特徴です。

スタンド機能を使えばスマホスタンドを購入する必要もありませんし、ブラックカラーのお陰でビジネスシーンでも映えます。

au公式のオンラインショップでも購入できるので、ケースを探しに街中に繰り出す必要が無いのもメリットと言えるでしょう。

L-01 ハイブリッドケース

ドコモ スマホケースLG L-01L

画像引用元:L-01L ハイブリッドケース

ドコモでL-01を使っている人はL-01 ハイブリッドケースがおすすめです。

商品名L-01 ハイブリッドケース
価格1,980円
対応モデルL-01
購入場所ドコモオンラインショップ

L-01Lは丈夫で透明度の高いハード素材と、衝撃から保護するソフト素材を組み合わせたハイブリッドタイプのスマホケースです。

高い保護性能を維持しつつ柔軟な素材によって着脱のしやすさが特徴ですが、価格も1,980円と安価なのも魅力と言えるでしょう。

LG K50 TPUソフト ウルトラクリア

ソフトバンク スマホカバー ray-out LG K50 TPU

画像引用元:ray-out LG K50 TPUソフト ウルトラクリア通販|ソフトバンクセレクション

ソフトバンクでLG K50を使っている人はLG K50 TPUソフト ウルトラクリアがおすすめです。

商品名LG K50 TPUソフト ウルトラクリア
価格1,408円
対応モデルLG K50
購入場所ソフトバンクセレクション オンラインショップ

LG K50 TPUソフト ウルトラクリアは、名称通りクリアケースなので透明感があるカジュアルな場面で映えるお洒落なスマホケースです。

ケース本体がねじれるほどの柔らかな素材なので取り外しがしやすい他、本体背面部のマイクロドット加工で粘着痕も軽減されます。

価格は前述2つよりも更に安い1,408円で手が出しやすいので、LG K50を使っている人はLG K50 TPUソフト ウルトラクリアで保護するのがおすすめです。

LGスマホケースは通販や家電量販店等で購入するのが主流

LG公式ではスマホケースの取り扱いがないので、通販サイトや家電量販店、スマホケース専門店で購入するのが主流です。

必然的にサードパーティ製のスマホケースを購入するようになるので、対象機種なのかどうかは、よく確認してから購入しましょう。

LGスマホの特徴はコスパの良さ

LG V60 ThinQ 5G

LGスマホはスペックの高さの割に価格が安いので、コスパの面では他社よりも頭1つ飛びぬけて優秀という評判です。

5G対応スマホも他社の5G対応モデルと比較してもスペックは互角、しかし価格は他社より安いという方針に変わりありません。

6月以降発売予定のLG style3も同様の流れと予想されるので、コスパの良いスマホに機種変更したい人はLG製スマホを是非検討してみてください。

2020年版LGスマホの評判と傾向のまとめ
  • LGスマホの4Gモデルは2万~5万円台で購入できてスペックも高いコスパの良さが評判
  • 5Gモデルでは方針転換して、4Gモデルと比較してハイスペックモデルを投入中
  • 専用のスマホケースを装着して2画面で操作できるモデルも販売中
  • 2020年中にはLG style3をドコモからスタンダードモデルとして発売予定
  • SIMフリーのLGスマホは数が少なく、中古ショップで購入するのが基本
  • LGスマホのスマホケースもサードパーティ製がメインなので通販や家電量販店で購入するのが主流
最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ