Lineなどライトアプリにおすすめ携帯SIM|トップ3

Lineなどライトアプリにおすすめ携帯SIM|トップ3

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

LINEやTwitterなど、ライトなアプリを使用することが最大の目的になっている場合、それほど多くの高速通信を必要とすることはありません。

SNSや無料通話アプリなどを駆使した場合、どのキャリアを利用するのがお得なのでしょうか。

3大キャリアだけでなく格安SIM業者も含めて料金や使い勝手などを比較してみました。それでは編集部が勝手にランキングしたお得なサービスTOP3を紹介しましょう。

第1位 LINEモバイル

SNS利用やLINEアプリの使用がメインであれば、一番お得なキャリアです。料金、使い勝手ともにトップレベルです。

カウントフリーシステムが魅力で、LINEに関係する通信量がカウントされない「LINEフリープラン」と各種SNSの通信量がカウントされない「コミュニケーションフリープラン」の2種から選択が可能です。

他のMVNOでもカウントフリーを採用している会社はありますが、オプション料金が発生するか利用できるSNSが限られることがほとんどです。LINEモバイルは月額基本使用料のみで利用できるのが利点です。

LINEを運営している会社だけあって限定サービスも豊富です。またプランが2種類とシンプルなことも、ライト層には分かりやすいでしょう。

料金プラン

LINEフリープラン

LINEアプリの通話とトークが使い放題になります。もちろんタイムラインと画像や動画の送受信もフリーです。
通信量は1GBの固定ですが、追加チャージが可能になっているため問題はありません。

料金プランは3種から選べます。

データのみ 月額500円
データ+SMS 月額600円
データ+SMS+音声通話 月額1200円

1GBの通信目安は300文字のテキストメールで6万回以上、一般的なホームページ閲覧なら3000回以上、Youtube(4MB)の動画閲覧が4時間分です。

コミュニケーションフリープラン

通信量を自分で選びたい方や、各種SNSもカウントフリーにしたい方におすすめのプランです。LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題になります。

LINEは音声通話とトーク、画像・動画の送受信、タイムラインが使い放題です。
Twitter、Facebook、Instagramはタイムライン、画像投稿、メッセージやコメントなどが対象になります。

料金プランはデータSIM(SMS付き)と音声通話SIMで各4種から選べます。LINEフリープランよりも通信量を多く設定したい方向けです。

3GB
データSIM 月額1110円
音声通話SIM 月額1690円

5GB
データSIM 月額1640円
音声通話SIM 月額2220円

7GB
データSIM 月額2300円
音声通話SIM 月額2880円

10GB
データSIM 月額2640円
音声通話SIM 月額3220円

LINEモバイルには限定サービスがあります。例えば月額基本使用料の1%がLINEポイントがもらえるのも魅力です。

また他MVNOでは難しいLINEの年齢認証機能に対応している他、ID検索もスムーズに行えます。

LINEで通話を済ませられる方で、SNS利用程度しか行わないのであれば月額500円でほぼ使い放題になります。

またLINE通話をメインにしている方でも、音声通話もリーズナブルに利用可能です。

LINEモバイルには10分かけ放題のオプションが追加できるため、通話アプリ「いつでも電話」を使えば10分以内の通話はオプション料金のみで使えます。

10分かけ放題のオプションは月額880円で、キャリアであれば5分かけ放題が主流ですが長い通話にも対応しています。

通信量の追加チャージは500MB、1GB、3GBから選択できます。一度にたくさん購入しても金額はお得にならないため、必要な分だけ追加購入しましょう。

100MB100円の計算になっています。1ヶ月に3回まで追加購入が可能です。

第2位 DMMモバイル

安さを重視するのであれば、DMMモバイルもおすすめできます。ライトアプリの利用がメインなら速度的にもそれほど問題はありません。

データSIMのみで契約するなら最安値でスマホを運用することも可能です。

ワイモバイルバナー

DMMモバイルでおすすめのプラン

データSIM
ライトプラン 月額440円
1GB 月額480円
2GB 月額770円
3GB 月額850円
5GB 月額1210円

音声通話SIM
ライトプラン 月額1140円
1GB 月額1260円
2GB 月額1380円
3GB 月額1500円
5GB 月額1910円

DMMモバイルの場合20GBまで通信量が選べる他、シェアプランも充実しています。ですが個人のライト層なら5GB程度通信量があれば問題ないでしょう。

DMMモバイルのプランはすべてが業界最安値ではありませんが、ライトプランはデータ、通話SIMともに業界最安値です。
またデータSIMの1GBと5GB、音声通話プランの2GBと5GBも業界最安値になっています。

オプションでSNSフリーサービスが利用できますが、月額250円かかります。また3GB以上のプランに加入することがオプション付帯条件となるため気をつけておきましょう。

またデータSIMにSMSを付帯する場合はオプション料が150円かかります。
10分かけ放題のオプションも用意されており、月額850円で利用可能です。

SMSを付帯したい方やSNSフリーオプションを利用したい場合は最安値での運用はできませんが、自宅や職場にWiFi環境があるなど高速通信を必要としない方なら月額440円から運用ができます。

とにかく安くスマホを持ちたい方には最適な会社です。

DMMモバイルも通信量の追加チャージに対応しています。もしも月の途中で高速通信がなくなってしまってもチャージで対応可能です。
4タイプから選択できます。
100MB 200円
500MB 600円
1000MB 1100円
1000MB(繰り越しなし) 480円

もし普段高速通信なしのライトプランを利用している人でも、追加チャージを使えば高速通信を利用できます。
当月末までに使い切るのであれば480円で1000MB追加できるので、通常のプランと同額で高速通信が可能になります。

第3位 FREETEL

こちらも安さを重視する方におすすめのMVNOです。つい先日楽天に買収されたこともあり、今後の動きは気になりますがライト層には便利なプランが用意されています。

使った分だけ安心プラン定額プランスマートコミコミ+の3種があります。

FREETELでおすすめのプラン

使った分だけ安心プラン
データSIM
~100MB 月額299円
~1GB 月額499円
~3GB 900円

データSIM+SMS
~100MB 月額439円
~1GB 月額639円
~3GB 月額1040円

音声通話
~100MB 月額999円
~1GB 月額1199円
~3GB 月額1600円

使った分だけ安心プランは最大20GBに設定されています。一定の通信量を超えるごとに料金が高くなるシステムです。
最大の20GBの料金はデータSIMで4870円、データSIM+SMSで5010円、音声通話SIMで5570円です。

使いすぎないのであれば料金を抑えることができます。

FREETELには高速通信ONとOFFを切り替える機能がマイページに備わっているため、必要ない時は切っておくことで使いすぎを防げます。

月額299円で抑えることができれば、SIM運用としては業界でも最安値です。

使いすぎが気になる場合には、定額プランを選択しましょう。定額プランは1GB~50GBまで用意されており、20GBまでの月額料金は使った分だけ安心プランと同額です。

スマートコミコミはスマホ買い替えや端末補償が気になる方向けのプランのため、安さを重視する方やライトな機能しか使わない方にはやや不向きです。

FREETELはメッセンジャーアプリデータ通信料0円サービスが自動で適用されるところが魅力です。
LINE、WhatsAp、WeChatは1GB以上のプランの方に自動適用です。

またTwitter、Facebook、Facebook Messengerアプリ、Instagramは定額プラン3GB以上の契約で自動適用となります。

ただし無料通話やトークはカウントフリーの対象外になるため、他社のSNSフリーと比べるとやや使い勝手は落ちます。
無料でセットされるサービスのため、SNSやメッセンジャーアプリが使いやすくなる程度に認識しておくのがおすすめです。

ほとんど高速通信を使わない方なら最安値での運用も可能になるため、使い方を工夫できる方に向いています。

FREETELにもかけ放題サービスオプションがあります。1分かけ放題は月額299円、5分かけ放題は月額840円、10分かけ放題は月額1499円となっています。

通話料半額サービスは月額使用料0円です。

TOP3の最安プラン例と月額料金の比較

LINEモバイル

LINEフリープラン
高速通信1GB付きデータ通信のみの場合
月額500円

音声通話が欲しい方
LINEフリープラン
月額1200円
10分かけ放題もセットにしたい場合、1200円+オプション利用料880円=月額2080円

LINEモバイルのメリット

LINEのトーク・通話は高速通信いくら使っても高速通信にカウントされず使い放題です。

LINEモバイルのデメリット

LINE以外のSNSカウントフリーを利用したい場合は3GBプランを提供しているコミュニケーションフリープランへの加入が必要です。

DMMモバイル

データSIM
高速通信なしのライトプラン
月額440円
高速通信1GB+データ通信のみの場合
月額480円

音声通話が欲しい方
ライトプラン
月額1140円
高速通信1GB
月額1260円
10分かけ放題もセットにしたい場合、ライトプランなら1140円+オプション利用料850円=月額1990円、1GBプランなら月額2110円

DMMモバイルのメリット

高速通信不要の場合月額料金が安く抑えられます。

DMMモバイルのデメリット

SNSフリーのオプションがありますが、オプション料が250円かかります。3GB以上のプランにしか付帯できないため最安値プランでは利用不可です。

FREETEL

データSIM
使った分だけ安心プラン(定額プランは1GBからの提供)
~100MB 月額299円
~1GB 月額499円

音声通話が欲しい方
~100MB 月額999円
~1GB 月額1199円

FREETELには1分かけ放題・5分かけ放題・10分かけ放題の3つのかけ放題プランがあります。
10分かけ放題は月額1499円と高めですが、5分かけ放題で問題ない場合は他MVNOと大差ない月額850円で契約可能です。

FREETELのメリット

高速通信が100MBまで利用できるプランが月額299円と最安値。音声通信も999円から利用可能。SNSやメッセンジャーアプリのカウントフリーオプションが無料で利用可能(メッセンジャーアプリは1GBプランから、SNSフリーは3GBプランから)

FREETELのデメリット

楽天に買収されたため、今後の動向が不明。かけ放題オプションは他MVNOよりやや高めです。

LINEなどライトアプリを使いたい方におすすめのキャリアまとめ

高速通信をそれほど必要としないライトアプリを利用するのであれば、MVNOでも十分に活用できます。

またSNSのカウントフリーサービスを取り扱うMVNOが増えているため、SNS利用が多い方はキャリアよりも有利です。

特にLINEモバイルはLINEトークや通話が無料になるオプションが自動的にセットされているため、高速通信が1GBでも十分にLINEアプリを活用できます。

LINEモバイルよりも安いプランを求めている場合は、DMMモバイルやFREETELの高速通信なし(または少なめ)のプランを選択することが最適です。

参考:http://smartphone-japan.com/kakuyasu-smartphone-kaisetsu/

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー
この記事を書いた人
アバター
Hiroyuki Kawaguchi
ペルソナ・マーケティングとSEOが大好きで、この道 ◯十年。(歳がバレるから秘密です。) 猫との生活に至福を見出して、地方でテレワークに励んでいるbitWaveのゴーストライター。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ