LINEにCSVデータをレスポンス-リクエストのログから広告も

LINEにCSVデータをレスポンス-リクエストのログから広告も

6月末にイノベーションテクノロジー本部主催で「第1回ハッカソン(※)」が開催されました。
テーマは『新たなLINE-BOTを生み出す』。

全16人のメンバーを4チームに分けた社内初の“チーム戦”です。
全チームが通常業務の隙間を縫って考案した『LINE-BOT』を全4回に分けてbitWaveでご紹介させていただきます。

社内サービスに関わることや、今後の商品開発に影響する内容に関してはご案内できませんが、それでも各メンバーの情熱は感じ取れる内容ですので、ぜひご一読ください!

今回は連載第2回目、チームMによる発表内容をご紹介いたします。(1回目はこちら

(※ハッカソンは短期間・短時間で行われるものですが、今大会は約一カ月の長丁場。本来のハッカソンの意味合いとは異なりますが、通常業務の合間を使った“実工数短期間”のイベントであることから、あえてハッカソンと呼ばせていただきます)

LINE-BOT関連記事:『LINE BOT API で「こわい猫」返信ボットを作ってみた』
LINE-BOT関連記事:『LINE BOT API はLINEの大いなる野望への第一手である』

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

『LINE-BOT』ハッカソン、チームMが発表するのは「不動産物件案内BOT」。
[最寄り駅] や [間取り]、 [家賃情報] などのテキスト入力情報や、気になる場所の位置情報を送るだけで、その条件に見合った不動産物件情報を瞬時に応答するといったBOTだ。

調べたいキーワード(最寄り駅、間取り、家賃価格帯)や位置情報を入力することによって、保有するCSVファイル内のデータを即時でレスポンスする仕様だ。

画像をタップすることにより、物件の詳細情報を閲覧することが可能。CSVファイルを入れ替えることにより、不動産物件に限らずECサイト等での利用など汎用性を考慮している。

image05image04

また、このサービスはテキスト入力情報のデータログも取得しているため、同一ユーザに対して取得したログデータを用いて、別アカウントに対してターゲットを絞った広告配信を行うことも可能としている。

不動産案内以外でも活用できそうなサービスを考案した「チームM」に、そのサービスを考案した経緯や開発の挫折、チームのLINE-BOTに関する考えを聞いてみた。(聞き手:約みつる)

Q.ハッカソンは「LINE-BOT」がテーマだったわけですが、どう思いました?

y-matsubara(以下、Y):ウェブサービス系のものとばかり思っていたので、正直驚かされました。変化球かよって(笑)

李 在煥(以下、J):どんなチームに配属されてもいいように、ウェブサービスの新しいアイデアは温めていたので、LINE-BOTと聞かされてから頭が真っ白になりましたよ。やりやがったなって(笑)

Q.「LINE-BOT」については、そもそもどんな印象がありましたか?

ハンナ(以下、H):地名を入力して、その地名の天気を知らせてくれるBOTぐらいしか使っていませんでした。

:「りんなBOT」のようなAIのイメージしかなかったです。そもそもLINEってメッセンジャーアプリとして普及したものなので、BOTを活用する発想はなかった。

Q.不動産物件を仲介してくれるBOTのアイデアのキッカケは?

:知らない街を散歩した際に不動産屋に貼ってある物件情報が気になることがあるじゃないですか。「この辺りの相場は◯万円ぐらいなんだなぁ~」って。スマホは位置情報が容易に取得できるので、それらがスマホで完結出来ないかと思ったのがキッカケです。

:LINE-BOTはクイックレスポンスが命のシステムなので、入力した内容を事前に用意したデータベースに紐付ける必要があります。社内に不動産物件のデータベースがあったので、それを活用すれば、ラクにモックが出来るんじゃないかって。

:日常業務で不動産物件のデータを取り扱っていたので、そのBOTで行くことが決まった時点で、「あぁ、私がメインプログラマーなんだな」って覚悟しました(笑)

:当然、リアルな顧客データを使うわけにはいかないので、みんなで手分けしてダミーの物件データを作っています。

今回作成されたBOTは、どんな手順で作成されたんですか?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

『LINE Simple Beacon』を試してみた! 最近、もっぱらBluetooth Low Energy(BLE)を用いたアプリケーションサービスを考えておりますricemanです。 なかでもLINE Beaconは私が一番期待を寄せているBLE/IOT機器なのですが、残念ながら手元...
Apple TV おすすめアプリとゲームとその傾向... 本日は発送間近となっているApple TVのインストールするべきおすすめアプリの紹介と、どういうアプリの傾向が多いのか考察していきたいと思います。 ◼︎おすすめのアプリ 1:CROSSY ROAD https...
Apple TV専用のtvOSでアプリやゲーム(役員ツムツム)を作ってみる... 新型Apple TVの発売が10月26日頃に発売のようですね。注文受付が始まりました。 それに合わせてXCodeでもtvOSにて開発ができるようになっています。 試しに何かのアプリを作ってみたいと思います。 まずは中身を見てみ...
Android TV アプリ 開発前夜 私の周辺で Android TV アプリの企画が出てきたので通常のアプリとの違いを簡単に調べて羅列してみました。 通常のアプリとの違い 入力方法 デザイン 簡単に羅列してみ...